読書ノート

みすず」読書アンケートでふれた本

みすず書房(http://www.msz.co.jp/)の月刊誌 「みすず」では、毎年、「読書アンケート」特集をしています。 そのアンケートに答えてわたしがあげた本と、 ウェブ上の読書ノートまたはブログの読書メモがあるものはそこへのリンクをここにも示しておきます。 わたしが推薦する本もありますが、そうでないものもあります。 雑誌上でそれぞれの本についてつけたコメントは、雑誌のほうをごらんください。 (2008年アンケートのぶんは読書ノートに要旨として書きこみました。)


2016年読書アンケート (2017年1・2月号)

  1. 沖 大幹, 2016: 水の未来。 岩波新書。 [読書メモ]
  2. 沼田 英治, 2016: クマゼミから温暖化を考える。 岩波ジュニア新書。 [読書メモ]
  3. Hasok CHANG, 2004: Inventing Temperature. Oxford University Press. [読書メモ]
  4. カピル・ラジ (Kapil RAJ) 著, 2007, 水谷 智、水井 万里子、大澤 広晃 訳, 2016: 近代科学のリロケーション -- 南アジアとヨーロッパにおける知の循環と構築。 名古屋大学出版会。 [読書メモ]
  5. Philip E. TETLOCK, Richard Ned LEBOW & Geoffrey PARKER 編, 2006: Unmaking the West -- "What-If?" Scenarios That Rewrite World History. University of Michigan Press. [読書メモ]

2015年読書アンケート (2016年1・2月号)

  1. 吉岡 斉、名和 小太郎, 2015: 技術システムの神話と現実。 みすず書房。 [読書メモ]
  2. 寺門 和夫, 2015: 宇宙から見た雨 -- 熱帯降雨観測衛星TRMM物語。 毎日新聞社。 [読書メモ]
  3. National Research Council, 2015: Climate Intervention (全2冊)。 National Academies Press. [読書メモ]
  4. Gillen D'Arcy WOOD, 2014: Tambora -- The Eruption that Changed the World. Princeton University Press. [読書メモ]
  5. 羽田 正, 2007: 東インド会社とアジアの海。 講談社。 [読書メモ]

2014年読書アンケート (2015年1・2月号)

  1. Olivier DARRIGOL, 2005: Worlds of Flow. Oxford University Press. [読書メモ]
  2. 荒木 健太郎, 2014: 雲の中では何が起こっているのか。 ベレ出版。 [読書メモ]
  3. 五島 綾子, 2014: 〈科学ブーム〉の構造。 みすず書房。 [読書メモ]
  4. Pamela A. MATSON 編, 2012: Seeds of Sustainability. Island Press. [読書メモ]
  5. 松尾 匡, 2014: ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼。 PHP新書。 [読書メモ]

2013年読書アンケート (2014年1・2月号)

  1. 斎藤 貴男, 1997, 文庫本2000: カルト資本主義。 文春文庫。 [読書メモ]
  2. 佐藤 康雄, 2013: 放射能拡散予測システム SPEEDI なぜ活かされなかったか。 東洋書店。 [読書メモ]
  3. 江守 正多, 2013: 異常気象と人類の選択。 角川マガジンズ(角川SSC新書)。 [読書メモ]
  4. 立本 成文 編著, 2013: 人間科学としての地球環境学。 京都通信社。 [読書メモ]
  5. セオドア M. ポーター (Theodore M. PORTER) 著, 1995, 藤垣 裕子 訳, 2013: 数値と客観性 -- 科学と社会における信頼の獲得。 みすず書房。 [読書メモ]

2012年読書アンケート (2013年1・2月号)

  1. Mark LYNAS, 2011: The God Species -- How Humans Really Can Save The Planet. London: Fourth Estate. [読書メモ]
  2. 田中 直, 2012: 適正技術と代替社会 -- インドネシアでの実践から。岩波新書。 [読書メモ]
  3. 蔵治 光一郎, 2012: 森の「恵み」は幻想か -- 科学者が考える森と人の関係。化学同人。 [読書メモ]
  4. アイザック・アシモフ (Isaac ASIMOV) 著, 1967, 山高 昭 訳, 1968: 生命と非生命のあいだ。早川書房。 [読書メモ]
  5. 川端 裕人, 2012: 雲の王。集英社。 [読書メモ]

2011年読書アンケート (2012年1・2月号)

  1. 栗原 康, 1975: 有限の生態学。岩波新書。 [読書メモ]
  2. 半谷 高久, 安部 喜也, 1966: 社会地球化学。紀伊国屋新書。 [読書メモ]
  3. 島津 康男, 岸保 勘三郎, 高野 健三, 1975: 自然の数理。筑摩書房。 [読書ノート(予定)]
  4. 中西 準子, 1979: 都市の再生と下水道。日本評論社。 [読書メモ]
  5. 柴谷 篤弘, 1973: 反科学論。みすず書房。 [読書メモ]

2010年読書アンケート (2011年1・2月号)

  1. Paul N. EDWARDS, 2010: A Vast Machine. MIT Press. [読書ノート]
  2. トーマス・ヘイガー (Thomas HAGER) 著, 2008, 渡会 圭子 訳, 2010: 大気を変える錬金術。みすず書房。 [読書メモ]
  3. Eli KINTISCH, 2010: Hack the Planet. Wiley, [同じ話題の別の著者の本の読書メモ]
  4. Harry COLLINS & Robert EVANS, 2007: Rethinking Expertise. University of Chicago Press. [読書ノート]
  5. 日本生態学会 編, 2010: なぜ地球の生きものを守るのか。文一総合出版。 [読書メモ]

2009年読書アンケート (2010年1・2月号)

  1. Mike HULME, 2009: Why We Disagree About Climate Change. Cambridge University Press. [読書ノート]
  2. Wolfgang SACHS & Tilman SANTARIUS 編, 2005 (ドイツ語版), 2007 (英語版): Fair Future. Zed Books, [読書ノート]
  3. 上田 信, 2009: 大河失調。 岩波書店。
  4. Donella H. MEADOWS (Diana WRIGHT 編), 2008: Thinking in Systems. Chelsea Green / Earthscan. [読書ノート]
  5. James BOYLE, 2008: The Public Domain. Yale University Press. [読書ノート]

2008年読書アンケート (2009年1・2月号)

  1. Stephen SCHNEIDER, 1976; Genesis Strategy. Plenum Press. [読書ノート]
  2. 川島 博之, 2008: 世界の食料生産とバイオマスエネルギー。 東京大学出版会。 [読書ノート]
  3. David R. MONTGOMERY, 2007: Dirt: The Erosion of Civilizations. University of California Press. [読書ノート]
  4. デイヴィッド・ストローン (David STRAHAN)著, 2007, 高遠 裕子 訳, 2008: 地球最後のオイルショック。 新潮社。 [読書ノート]
  5. Ted TRAINER, 2007: Renewable Energy Cannot Sustain a Consumer Society. Springer. [読書ノート]

2007年読書アンケート (2008年1・2月号)

  1. Susan SOLOMON ほか編, 2007: Climate Change 2007: The Physical Science Basis. Cambridge University Press. [IPCC第4次報告書の第1作業部会の部] [関連する本の読書ノート]
  2. Michael HANTEL 編, 2005: Observed Global Climate. Landort-Börnstein Numerical Data and Functional Relationships in Science and Technology, New Series, Group V, Volume 6. Springer.
  3. Oliver M. ASHFORD, 1984: Prophet or Professor? The Life and Work of Lewis Fry Richardson. Bristol: Adam Hilger. [関連する本の読書ノート]
  4. Alf HORNBORG and Carole CRUMLEY 編, 2007: The World System and the Earth System. Walnut Creek CA USA: Left Coast Press. [読書ノート]
  5. 山崎 茂明, 2007: パブリッシュ・オア・ペリッシュ -- 科学者の発表倫理。 みすず書房. [読書ノート]

2006年読書アンケート (2007年1・2月号)

  1. Renée MARLIN-BENNETT, 2004: Knowledge Power -- Intellectual Property, Information & Privacy. Boulder CO USA: Lynne Rienner. [読書ノート]
  2. 槌田 敦, 2006: CO2温暖化説は間違っている。 ほたる出版。 [同じ著者の別の本の読書ノート]
  3. ジェームズ・ラブロック (James LOVELOCK) 著, 竹村 健一 訳, 2006: ガイアの復讐。 中央公論新社。 [読書ノート]
  4. Eric D. SCHNEIDER and Dorion SAGAN, 2005: Into the Cool -- Energy flow, thermodynamics and life. University of Chicago Press. [読書ノート]
  5. David ARCHER, 2007: Global Warming -- Understanding the Forecast. Blackwell. [読書ノート]

2005年読書アンケート (2006年1・2月号)

  1. Jared DIAMOND, 2005: Collapse: How Societies Choose to Fail or Succeed. New York: Viking. [読書ノート]
  2. ドネラ・H・メドウズ (Donella H. MEADOWS) ほか著, 枝廣 淳子 訳, 2005: 成長の限界--人類の選択。 ダイヤモンド社。 [読書ノート]
  3. Kenneth S. DEFFEYES, 2005: Beyond Oil: The View from Hubbert's Peak. New York: Hill and Wang. [読書ノート]
  4. James Howard KUNSTLER, 2005: The Long Emergency. New York: Atlantic Monthly Press. [読書ノート]
  5. ハーマン・E・デイリー (Herman E. DALY) 著, 1996; 新田 功ほか訳, 2005: 持続可能な発展の経済学。 みすず書房。 [読書ノート]

2008-03-16; 更新(最新) 2017-01-23
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[読書ノート全体目次へ]