渡部 雅浩 (2018) 絵でわかる 地球温暖化

  • 渡部 雅浩, 2018: 絵でわかる 地球温暖化 (An Illustrated Guide to Global Warming)。講談社, 185 pp. ISBN 978-4-06-511946-4.

2018年6月の新刊。わたしは、9月に日本気象学会の『天気』に紹介されているのを見て存在を知り、いくつかの本屋をまわって実物を見つけた。店に出ている部数があまり多くないのかもしれない。

地球温暖化を主題としてはいるが、もっと広い範囲の気候の変化・変動も話題に含めた入門書。第3章では地球史の中の気候の変遷、第6章では年々変動や十年規模の変動もあつかっている。図解((株)アート工房による)がくふうされているが、ページ数のわりに話題の数が多いので、それぞれの話題の説明に不足を感じる読者もいるだろうと思う。文献リストは巻末にあるが、著者が参考にした文献をならべたものである。もう少しくわしく知りたい読者への文献案内があるともっとよいと思った。

第1章で説明された著者の用語では、「気候」は30年程度の平均状態、「気象」は気候のまわりのゆらぎとされている。また、30年程度の平均状態が変わることのうちで、「気候変動」は気候システム内部に原因のあるゆらぎ、「気候変化」は気候システムの外側(大気組成、火山噴火、太陽活動など)の変化によって生じるもの、と区別している。IPCCのclimate changeを「気候変動」とするのは定訳になっていて変えるのはむずかしいが、著者のたちばで科学用語としてすじをとおすならばそれは「気候変化」というべきものごとなのだ。

【2018-09-24現在、書きかけだが、授業で紹介するつごうでひとまずここまでの読書メモを公開する。追って書きたす予定。】

折り返しのあとに くわしい目次をつける。

== 目次 ==
はじめに
目次
第1章 地球は温暖化しているか?
– 1.1 気象と気候
– 1.2 気候の変動と変化
– 1.3 地表気温の変化
– 1.4 地球は温暖化していると言えるのか?
– [コラム] クライメートゲート事件とは
第2章 地球の気候はどう決まるか?
– 2.1 気候システム
– 2.2 エネルギー平衡
– 2.3 気候フィードバック
– – プランクフィードバック
– – 氷-アルベドフィードバック
– – 水蒸気フィードバック
– – 雲フィードバック
– 2.4 平衡応答と過渡応答
– 2.5 平衡気候感度と気候フィードバック
– [コラム] 地球温暖化の水蒸気犯人説?
第3章 地球史のなかの気候変化
– 3.1 地球46億年の史
– 3.2 地球先史: 地球誕生からカンブリア爆発まで (46億年~5億年前)
– 3.3 生物の繁栄 (5億年前~)
– – 陸上生物の誕生と大気の酸化
– – P/T境界の大絶滅
– – 長い恐竜時代とその終わり
– 3.4 第四紀の気候: 氷期と間氷期 (260万年前~)
– – 過去100万年の気候変動 — 氷期と間氷期の繰り返し
– – 氷期-間氷期サイクルのメカニズム (1) — 温室効果ガスの変動
– – 氷期-間氷期サイクルのメカニズム (2) — ミランコビッチ・サイクル
– – – 離心率
– – – 地軸傾度
– – – 歳差運動
– 3.5 不安定な氷期の気候
– – 氷期の激しい気候変動 — ダンスガード-オシュガー・イベント
– – D-O振動と大洋のコンベヤーベルト
– 3.6 安定な完新世の気候 (1万年前~)
– – 中世温暖期と小氷期
– 3.7 過去から未来へ: 古気候研究からのメッセージ
– [コラム] 人の時代
第4章 20世紀に観測された気候変化とその原因
– 4.1 温暖化研究の黎明期
– – 大気中の二酸化炭素濃度は増加している
– – 真鍋博士の計算 — 放射対流平衡
– 4.2 温室効果ガスと放射強制の変化
– 4.3 20世紀に観測された全球的な気候変化
– – 地表気温と海面水温
– – 上空の気温
– – 降水と水蒸気
– – 成層圏オゾン
– – 北極の海氷
– – 海水準
– 4.4 20世紀に観測された日本の気候変化
– – 気温上昇とヒートアイランド現象
– – 積雪の減少と集中豪雨の増加
– – 風物詩の変化
– 4.5 気候変化の検出と要因分析
– – 全球気候モデルによる要因分析
– – 気候変化の要因分析の条件
– – 特定の顕著気象現象の起こりやすさを分析する
– [コラム] 気候モデルとは
第5章 21世紀の気候変化予測
– 5.1 天気予報と気候予測
– – 初期値問題と境界値問題
– – 気候の予測計算のあらまし
– 5.2 将来の排出シナリオ
– 5.3 今世紀末までに予測される気候の変化
– – 全球平均値
– – 気温と降水量の分布
– – 雪氷圏
– – 海水準
– – 海洋酸性化
– 5.4 気候変化予測の不確実性
– [コラム] 気候工学 — 将来の気候変化を制御する?
第6章 自然の気象・気候変動
– 6.1 気象と気候の変動
– 6.2 気候の内部変動 — 年々変動
– – エルニーニョ-南方振動
– – その他の年々変動
– 6.3 気候の内部変動 — 十年規模変動
– – 大西洋数十年変動
– – 太平洋数十年変動
– 6.4 気象の変動
– – テレコネクション
– – その他の大規模気象変動
– 6.5 気候変動には謎がいっぱい
– – ENSOの謎
– – 十年規模気候変動
– [コラム] 地球温暖化の「停滞」
第7章 地球温暖化で異常気象は増えるか?
– 7.1 異常気象は本当に「異常」か?
– 7.2 異常気象は確率分布で測る
– – 気温の変動
– – 降水量の変動
– 7.3 温暖化と異常高温・異常降雨
– – グローバルな異常気象の変化
– – 日本の異常気象の変化
– – 異常気象を議論する際の注意点
– 7.4 温暖化と台風
– – 温暖化で台風はどう変わるか?
– [コラム] イベント・アトリビューション
第8章 持続可能な社会のために
– 8.1 気候の変化と社会の関心
– 8.2 地球温暖化の影響評価と気候変化のリスク
– – 温暖化は何をもたらすか
– – 温暖化リスクと適応
– 8.3 我々に残された時間
– 8.4 地球温暖化の緩和と気候感度
– 8.5 将来の世代のために
参考文献
索引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください