読書ノート

全球気候モデルとデータの発達史 / A Vast Machine (Edwards)

全球規模の気候モデルや気候データについての科学史・科学技術社会論。

著者は、気候モデル、とくに大気大循環モデル(AGCM)について、 科学史的に研究してきた。 American Institute of Physicsの科学史のサイトにあったAGCMの歴史のページ (2015年1月現在、Edwards氏のサイト http://pne.people.si.umich.edu/sloan/ に移されている)は EDWARDS氏によるものであり、 WEART氏の「温暖化の発見」の材料としても使われている。 また、2009年に、気候モデルのデータマネジメントのプロジェクトEarth System Curator (2013年2月現在、再編成されてEarth System CoG http://www.earthsystemcog.org/ の一部) の話を聞いたところ、 このプロジェクトは、社会とのかかわりを考えるためにEDWARDS氏に 参加してもらっているそうだ。 そこで、著者のウェブサイト http://pne.people.si.umich.edu/を見たら、 著書がまもなく出るというので、予約注文した。

その本が2010年4月20日に届いたので、 ひとまずブログに読書メモを書いた。4月27日にこの読書ノートを作り、 ブログ記事と同じ内容から始めて、読みながら改訂していくことにした。

確かに気候モデルは重要な位置をしめているが、 本書の話題は、観測データの収集、観測データとモデルとを組み合わせた利用に 広がっている。

気象観測網と数値予報に関してはNEBEKER (1995)、 気候変化の認識に関してはFLEMING (1998)、 WEART (2003, 2008)と重なるところがある。

著者がこの題材をとらえる観点は、 気象および気候の分野が、 現代世界の全球化(globalization)、 とくに全球規模の情報・知識に関する基盤(infrastructure)の整備に関して 先頭を走ってきた、というものだ。 ここでいう基盤には、技術面と、制度面の両方を含む。

書くうちに関心が広がっていったことの反映らしいが、 本書では「モデル」ということばの意味が一定していないので、 文脈によって判断する必要がある。

たとえば、「モデルは観測データに依存する側面がある」というときの 「モデル」は狭い意味だと思うが、 「現実の観測データはほとんどモデルに依存したものだ」というときの 「モデル」は広い意味にちがいない。 確かにここには相互依存の構造があると思うのだが、 正しく対称的にするには、概念を考えなおす必要がありそうだ。

各章の表題は、ちょっと思わせぶりなところがあるが、 ここでは少し内容を説明する表現に置きかえて紹介する。 ただし「元祖WWW」は、なぞなぞのままにしておく。 (World Wide Webと似たところがあり、それよりも30年ほど早く始まったものだ。) このほかに、最初に序論、最後に結論がある。

  1. 全球規模の情報・知識基盤としての気象学・気候学
  2. 全球大気の認識(観測データによる気候図と、理論による大気大循環像)、 時刻の統一(までの遅い歩み)
  3. 気象観測の国際標準化とデータ交換網の始まり (政府間機関でなかったIMO=国際気象組織)
  4. 第2次世界大戦前の気候学と気候変動論
  5. 計算の困難とデータを扱う困難、それを克服する努力
  6. 数値天気予報
  7. 大気大循環モデル...予報をずーっと続けてみるとどんな気候ができるか
  8. 全球の観測データを集める
  9. 元祖WWW
  10. 全球を表現するデータを作る (「客観解析」からデータ同化へ)
  11. 気候データ(気候変化認識向け)は気象データ(天気予報向け)とどう違うのか
  12. 再解析...数値天気予報の技術基盤を気候にも役立てる
  13. パラメータ化とその検証...数値モデルのうち経験に頼る部分をどう確かにしていくか
  14. 大気に関する政治課題と、それに対するシミュレーションモデルの役割 (1960-1992年: 雲の種まき、超音速旅客機の影響評価、 酸性雨、核の冬、オゾン減損、地球温暖化)
  15. 気候変化に関する科学者の総意集約と論争

最後の第15章には次のような議論がある。

この最後の件の議論の続きである、 専門家と専門外の市民それぞれの役割に関しては、 結論の章で、COLLINSの「科学論の第3の波」 [COLLINS & EVANSの本の読書ノート]に賛同している。

主題は全球規模だが、 題材がアメリカ合衆国に偏る傾向があることは著者も認めている。 アメリカで気候モデルの開発に貢献した日本出身者たちの話は(当然ながら)出てくる。 (データ同化の発達にも日本出身者たちの貢献があるのだがその名前は出てこない。) また、「元祖WWW」のところで、世界各国のとりくみの一例として、 日本の気象庁の作業文書が使われている。 しかし、世界の科学史にするには、もっとアジアの人の働きを盛りこむことも必要だろう。 (日本の数値天気予報については新田尚ほか(2009)、古川(2012, 2015)の本がある。)

著者独自の概念を表わすらしい用語がある。 ひとまずわたしが理解したことを書いておくが、正しくないかもしれない。

参考文献


2010-04-27; 更新(最新) 2017-07-17
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[読書ノート(気候と科学史の両方)の目次へ] [読書ノート全体目次へ]