アランナ・ミッチェル [Mitchell] (2018 /熊谷 玲美 訳 2019) 地磁気の逆転 [原題 The Spinning Magnet]

  • Alanna Mitchell, 2018: The Spinning Magnet. The force that created the modern world — and could destroy it. Penguin Random House. [読書メモ]
  • アランナ・ミッチェル 著、熊谷 玲美 訳、渋谷 秀敏 解説, 2019: 地磁気の逆転 — 地球最大の謎に挑んだ科学者たち、そして何が起こるのか。光文社, 346 pp. ISBN 978-4-334-96226-5.

英語版で読んで、[読書メモ]を2018年03月10日に書いた本の日本語版が、2019年2月に出た。わたしはまだ実質的に読んでいないが、ところどころ見た印象によれば、日本語話者には、英語原書よりもすすめられると思う(人名・地名からさらに調べたい場合をのぞく)。

内容についてのわたしのコメントは[英語版の読書メモ]を見ていただきたい。

日本語版には、古地磁気学を専門とする渋谷 秀敏さんによる解説がついている。
そこでは本書の話題と、日本でちかごろ話題になった「チバニアン」とが関連づけられている。第四紀更新世のうちの「カラブリアン」と「中期」のさかいめの模式地として千葉県の地点が採用されれば「中期」の時代名が「チバニアン」になるという話だが、模式地をきめる前提として、地磁気逆転がおきたときを時代画期にすることがきめられている。「松山逆磁極期」と「ブリュン正磁極期」のさかいめなのだ。
そこで、地磁気の逆転があったことをあきらかにした、本書第1部の話題の主役であるブリュン(Bernard Brunhes)と、本書では第19章に出てくる、渋谷さんの師匠の師匠にあたる松山 基範[もとのり]のそれぞれの業績が、渋谷さんの観点から位置づけられている。

訳者の熊谷さんは、翻訳家で、さまざまな科学読みものの翻訳実績があるが、そのまえの大学院修士課程での専門が地球物理のうちでも地球電磁気学で、ノルウェーでのオーロラ観測を経験している。いまも個人ウェブサイトのタイトルを Nordlys (ノルウェー語でオーロラをさすそうだ)としている。訳者にはこの本であつかわれている学問分野の基礎知識があるのだ(個別の事実は訳者にとっても新しかっただろうが)。訳者あとがきはなく、訳注はわずかしかつけていないが、専門用語の訳語はうまく選んでいるだろう。専門家でない著者による、渋谷さんのいう「わかりやすさを優先した記述」には、かえって苦労しただろうと思うが。

訳注は明示されていないが、本文中で角かっこにはいった小さめのゴシック体の文字列がそれにちがいない。第19章の205ページに、松山基範が調査した場所について、「兵庫県豊岡市の玄武洞」とある。また、第26章の284ページに「春分や秋分は太陽風の方向と地球の双極子磁場の向きが直角になるため、太陽風の影響を強く受けやすいとされる」とある。「とされる」としてだれの判断かのべていないが、太陽風にかかわる地球電磁気研究者たちの共通認識なのだろう。

なお、原書の注の訳は巻末にある。そこに訳者が追加した情報は日本語版があるばあいの書誌情報だけらしい。原書には索引があったが日本語版では省略された。

日本語版本文では人名・地名などが かたかな書きになっている。これは日本語として読む大部分の人にとってはよいことだ。しかし、さらに情報を得ようとすると、日本以外の研究者の名まえやローカルな地名は、アルファベットのつづりで検索する必要がある。ページ数がふえるのもありがたくないことがあるから、原語つづりが必要な人は英語版を見よということでよいのかもしれない。

折りかえしのあとに目次をつける。章の数は多めだが、章よりこまかい見出しはない。

== 目次 ==
目次
はじめに 宇宙と遊ぶ
第1部 磁石
第1章 すべての始まり
第2章 不対電子のスピン
第3章 磁気の世界の忘れられた人物
第4章 鉄を引き付けるもの
第5章 革命をもたらした論文
第6章 磁気の霊魂
第7章 地下世界への旅
第8章 磁気十字軍
第9章 世界をひっくり返した岩
第2部 電流
第10章 コペンハーゲン実験
第11章 密接な結びつき
第12章 瓶いっぱいの稲妻
第13章 薬局の息子
第14章 製本屋の見習い
第15章 電流を作る磁石
第16章 空気中に満ちる力線
第3部 コア
第17章 ねじれる渦
第18章 地球内部の衝撃
第19章 岩石に残る磁気の記憶
第20章 海底の縞模様
第21章 ダイナモの外縁部で
第22章 南大西洋磁気異常帯
第23章 史上最悪の物理映画
第24章 地球ダイナモ再現実験
第4部 逆転
第25章 空を見上げる
第26章 光が予言する恐怖
第27章 放射線のホットスポット
第28章 大災害による損失
第29章 ニジマスの鼻、伝書バトのくちばし
第30章 磁気シールドが失われた世界
謝辞
解説 ブリュン、松山、そしてチバニアン /渋谷 秀敏
原註

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください