読書ノート -- 気候に関する本

[わたしの読書ノートについてのおことわり]
[読書ノート全体目次へ]

読書ノート -- 気候に関する本

これには、自然科学として気候を扱ったもの、 気候と人間の関係に関するもの、 環境問題としての地球温暖化を含む気候変化の問題を扱ったものなどを含みます。 本自体は必ずしも気候を主題とするものでなくても、 わたしがノートを気候の話題にしぼって書いた場合、 この分類に含めていることがあります。

「気候」と「科学論・科学史・科学入門書」の両方にあてはまるものは [別ページ]に移しました。

気候に関する教材とみなした本は [別ページ]で紹介しています。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)報告書の書誌情報は [別ページ]にまとめました。 個別の読書ノートからは省略することがあります。

人間社会が地球温暖化をどうとらえるかに関する幅広い議論の本と、 地球温暖化への懐疑論・否定論に対する議論の本は、 [気候と科学論の両方にかかわるもののページ]に移しました。

気候のしくみ、産業革命以前の気候変化

自然の気候変動と生態系・社会への影響

地球温暖化(総論)

地球温暖化(科学的研究、生態系・社会への影響)

(人為起源)地球温暖化へのいろいろな懐疑論・否定論

地球温暖化脅威論

地球温暖化対策論(総論)

地球温暖化対策論(技術)

地球温暖化対策論(経済・政治)


(更新) 2012-12-02
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[読書ノート全体目次へ] [増田の日本語目次ページへ]