yuku kawa

2014-09-11

吉崎 正憲、野田 彰 ほか編 (2013) 図説 地球環境の事典

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 22:34
  • 吉崎 正憲、野田 彰、秋元 肇、阿部 彩子、大畑 哲夫、金谷 有剛、才野 敏郎、佐久間 弘文、鈴木 力英、時岡 達志、深澤 理郎、村田 昌彦、安成 哲三、渡邉 修一 編, 2013: 図説 地球環境の事典。朝倉書店, 378 pp. + DVD-ROM, ISBN 978-4-254-16059-8, 定価 14000円+税。

わたし自身も分担執筆している本なので、紹介しておく義務のようなものを感じる。

地球環境(大気・水圏・雪氷・陸水・生物圏)に関する自然科学のいろいろな側面について、専門研究者が分担執筆した解説集。学問分野で言えば地球物理学・地球化学・生態学などにわたる。人間活動からの影響による地球環境の変化はかなり詳しく論じられているが、地球環境変化の人間活動への影響や、その対策に関しては、IPCC (気候変動に関する政府間パネル)で論じられているのと同じ程度の踏みこみかたに限られる。

B5判の本で、各項目見開き2ページごとに、原則として別々の人が執筆している。さらに補足のDVD-ROMがついている。(DVDの内容をわたしはまだ見ていない。わたしはDVDの材料を提供しなかった。)

朝倉書店では「事典」や「ハンドブック」と題した本を次々に出している。しかし、本書などは、事典らしく検索して使うのに向くかは疑問だ。かといって全部読みとおす人は少ないだろう。また、1万円以上の値段では個人で買う人は少ないだろう。分冊(本書の場合ならば各章と基礎編とで10分冊)にしたほうが個人で買う人もふえるだろうし学校図書館でも便利ではないかと思う(背表紙に題名が見えるような厚さは必要だが)。役所や会社の(図書館ではない)オフィスに置かれるものとしては、冊数が少なくて総覧的な本のほうが好まれるのだろうか? もしそういう需要が明確でなく、惰性で厚い本を出しているのならば、ぜひ分冊を考えてほしいと思う。

本書の編者は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)という法人内の、2009年度から2013年度まで存在した「地球環境変動領域」(RIGC)という組織に、専任または兼任でかかわっていた人がほとんどである。執筆者もRIGC関係者が多く、RIGCにあったチームの過半数(ただし全部ではない)がかかわっている。

JAMSTECは2004年の独立行政法人としての発足以来、5年の中期計画の変わりめごとに、内部組織をscrap and buildしてしまう。本書はRIGCの(わたしの記憶によれば)初年度に企画され、最終年度に出版された。RIGC、その前身である2004年度から2008年度までの「地球環境フロンティア研究センター」(FRCGC)および「地球環境観測研究センター」(IORGC)、さらにその前身である「地球フロンティア研究システム」(FRSGC)と「地球観測フロンティア研究システム」(FORSGC)には、日本の各分野のおもだった研究者が大学所属のまま兼任で参加したり、大学や国立研究所を退職後に異動してきたりしていた。そのような研究リーダーが所内および過去の研究協力者に声をかければ、その分野の重要な課題をカバーできるだけの人材プールがあったのだ。しかし2014年度以後のJAMSTECの経営方針はなるべく兼任者に頼らないことに変更された。また(労働契約法改定がらみの人事制度変更が重なって)定年相当年齢を過ぎた人は役員になった人を例外として去ることになった。専任者の得意な課題では鋭い成果が出るだろうが、分野を広くカバーすることはもはや期待できない。5年後にゆりもどしがあるかもしれないが、今後5年間、JAMSTECから本書のようなものは出てこないだろう。わたしは本書の内容は本にするよりもむしろウェブサイトのコンテンツにして随時改訂したほうがよいだろうと思うのだが、RIGCという主体が消えてしまうのだから、本の形で固定しておくしかなかったのだと思う。

章だては次のようになっている。最後の「基礎編」は、前におかれた項目群を理解するための基礎知識を提供しようとする部分で、各学問分野の教科書の要約のようなものである。
第1章 古気候
第2章 グローバルな大気
第3章 ローカルな大気
第4章 大気化学
第5章 水循環
第6章 生態系
第7章 海洋
第8章 雪氷圏
第9章 地球温暖化
基礎論

章だては、最初の古気候および最後の地球温暖化以外は、地球環境を部分に分けてそれぞれを扱ったものだと言える。地球環境全体のシステムに関する話題は、便宜上第2章「グローバルな大気」の初めの部分に置かれている。第1章の古気候は太陽系形成から始まるが、主要な話題は第四紀(地球史のうちの最近約2百万年)である。編者あるいはRIGCメンバーが得意とする研究手法の関係で、たとえば2,3,6章は数値モデルの話題が、7,8章は観測の話題が多い。

第5章「水循環」がいちばん趣旨がわかりにくいと思うが、ほぼ「陸(陸水・陸上生態系)と大気との相互作用」を扱っている。ただし、その中は他の章にあるような体系がなく、各執筆者がそれぞれ重要と思った話題(多くは執筆者本人の研究成果)を集めたものとなった。

増田が分担執筆した5.7節「地球のエネルギー収支・水収支とその変化」は、地球システムがもつエネルギー総量はどれだけ変化しているかについて、定量的にどこまでわかっているかを、(自分のオリジナルの計算で示すことは力が及ばず) Trenberth氏が2010年までに論文として示したことをもとに述べた。この内容は、地球環境システム全体、そのうちではおもに海を対象としているので、5章にはあまりふさわしくなく、2. 5節「エネルギーと水の循環」の直後か9. 3節「観測された気候変化 (1) 地球規模」の直後あたりに置かれたほうがよかっただろう。(この項目の原稿を[別ページ]に置くが、アクセス制限をかけてある。)

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-08-25

佐藤 靖 (2014) NASA — 宇宙開発の60年

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 14:22
  • 佐藤 靖, 2014: NASA — 宇宙開発の60年 (中公新書 2271)。中央公論新社, 282 pp. ISBN 978-4-12-102271-4.

(この読書メモは書評でも内容紹介でもなく、これを読んだ機会にわたしが思いあたったことの覚え書きである。)

1980年から気象学を専門とし、とくに大気・水圏のエネルギーと水の循環を扱ってきたわたしにとって、NASAとのかかわりはずっと続いている。また、人工衛星という技術の始まりについて読んだので、NASAの発足のいきさつについてもいちおう読んだ。しかし、そのように始まったNASAと、わたしの知っているNASAとがどうつながっているのかをよく理解してこなかった。NASAについて書かれた本は(英語ならば)たくさんありすぎて、どれを読んだらよいのかわからないのだった。科学史を専攻した佐藤氏が博士論文をもとに日本語で2007年に出した本の存在は知っていたのだが、これもたまたま読まないまま来てしまった。2014年6月に新書本が出ると聞いて、出版後すぐ買って目を通したが、まだていねいに読むには至っていない。

本書は、まず序章で、NASAとはどんな組織(官庁)なのかを概観する。そして第1章で、発足のいきさつを述べる。
NASAといえば有人宇宙飛行とそれを可能にした技術を中心に考える人が多いと思うが、本書もそうで、第2章でアポロ計画(およびその準備としてのマーキュリー、ジェミニ)、第3章でスペースシャトル、第4章で国際宇宙ステーションを扱っている。アポロは国をあげての事業だったが、それ以後は予算がだいぶきびしくなった。宇宙ステーションは一国の事業では成り立たず、冷戦中は自由主義陣営の結束、冷戦終結後はロシアの宇宙技術をつなぎとめることなどの国際政治的な意義によって維持されてきた。
第5章 で「無人探査と宇宙科学」が扱われるが、おもに太陽系内の惑星探査とそのための技術開発に関するJet Propulsion Laboratoryの仕事と、Hubble宇宙望遠鏡やCOBEなどの天文学と宇宙論に関するGoddard宇宙飛行センター (GSFC)の仕事が話題の中心だ。
終章では、おもに科学技術政策や行政組織の観点からNASAの特徴を論評している。

読んでみて思ったのは、「わたしの知っているNASA」の話題がほとんど出てこないことだった。第5章は65ページあるのだが、そのうち地球科学に関するのは、GSFCの活動を紹介したうちの第5節の9ページだけで、しかもその後半は地球周辺の宇宙空間の探査で、気象・気候に関する話題はその前半だけなのだ。(このほかに、JPLの多角経営として海面高度計測の話題は出てくるが。) 地球観測にとってNASAの役割はかなり大きいのだが、NASAにとって地球観測はやはり周辺的活動なのだろう。そしてその予算は有人宇宙活動のための装置開発の政策変更やトラブルに翻弄されてきたにちがいない。

NASAの施設は、いくつもの「センター」に分散している。地球科学の活動は、確かにGSFC (その支所であるGISSを含む)が主ではあるが、わたしがすぐ思い出せる限りでも、海面高度計をはじめとする海洋物理と、重力分布観測とはJPL、大気放射はLangley、マイクロ波放射計による気温、水蒸気、雲などの観測は(衛星ミッションごとのGSFCとの複雑な切り分けがあるが) Marshall、(地球科学というよりも惑星科学だが) 惑星大気はAmesと、分散している。なぜこうなったのか知らないのだが、本書で有人宇宙飛行関連の事業の各センターへの業務割り当てについて述べられているような地方政治家の我田引水のせいかもしれない。

序章「産業界との関係」のところで、業務の外注化がNASAの特徴としてあげられている。資本主義国の政策として公共部門の直営よりも民間企業への発注がよいとされたのだ。わたしが知っているのは1985年以後の大気科学関係(数値モデルやデータ解析)の研究室の状況で、その詳しい職名は知らないが、いわば研究室長級の人だけがNASA職員(公務員)で、その他、実際に頭と手を動かしている人の多くはcontractor企業社員か、大学所属の共同研究員という構成のことが多い。ほとんどが期限つきのプロジェクトなので、contractの持続性は不確実なのだが、おもに大学院を出てアメリカ永住権をとりたい外国人でもっていたように思う(人名をざっと見て中国・韓国・インド系などが多いと感じただけで、詳しく確認していないが)。外国人専門職の労働市場のあるアメリカだからできることで、日本がまねをするのはむずかしいと思う。

文献

  • 佐藤 靖, 2007: NASAを築いた人と技術 — 巨大システム開発の技術文化。東京大学出版会。[わたしはまだ読んでいない。]

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

安藤 淳 (2014) 天気予報はこの日「ウソ」をつく

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 12:45
  • 安藤 淳(きよし), 2014: 天気予報はこの日「ウソ」をつく (日経プレミアシリーズ 255)。日本経済新聞出版社, 187 pp. ISBN 978-4-532-26255-6.

2014年8月新刊の新書本。著者は日経新聞の編集委員で、気象予報士の資格ももつ。題名だけ見ると、天気予報はだめだと言っているようだが、そうではなく、いまどきの天気予報はどのようなしくみで出されているか、それに関連してどんな産業活動があるかの解説になっている。

ページ数のわりにたくさんの話題を含み、それぞれの話題については少数の例を紹介している。話題にあてはまる対象を網羅しようとはしていないとわかって読めばよいと思う。ただし、第5章114ページの「気象関連の研究をしている主な研究科、研究所」の表は、日本のこの観点で主要な大学は網羅しているような気がしてしまうので、北海道大学と東北大学を省略したのは欠陥といえるのではないかと思う。

題名のひどい表現は、結局、天気予報に限らず将来の予測は完全にはできず、はずれることがある、ということを言っているのだと思う。ただし、はずれには、「からぶり」(これは天気予報業界の用語とされているが野球の打者の立場に由来するはず)と「見のがし」がある。日本の予報では、「降水あり」のほうが「降水なし」よりも的中率が低いのだそうだが、それは、予報利用者の間に、雨に注目した場合に、見のがしを避けてほしいという要求のほうが、からぶりを避けてほしいという要求よりも強く、予報を出す人の判断にそれへの配慮がはいるのだろう、と説明されている。ただし、本書の説明は、ウェザーニューズ社の調査結果の数値の紹介はあるものの、その調査のしかたの説明は詳しくないし、地の文では、「降水あり」「降水なし」を比べるのか「雨」「晴れ」の予報を比べるのかがあいまいな表現になっているので、読者が自分の議論の根拠として使うには弱いと思う。

第1章ではこのほか、今の日本の天気予報が出されるまでの流れが、天気予報会社がすることと、気象庁がすることにわたって説明され、第2章はその気象庁がすることのうちで、計算機を使った「数値予報」という仕事が紹介されている。

第3章は天気予報の材料となる気象観測の紹介だが、とくに従来は人が作業していた観測の無人化が進むことによって失われる側面を惜しんでいる。そういう欠点があってもあえて無人化した理由には、税金を(とくに人件費に)使うことに対してきびしい世論があり、日経新聞社はいわばその先頭に立っていたはずだが、それとの兼ね合いの議論はなく、著者が観測に関してどういう政策を望むのかはよくわからない。

第4章は「気象ビジネス」の話題。気象庁のよりも精度のよい天気予報をめざす会社、特定の需要に応じた予報を出す会社、マスメディアを通じた天気予報の提供のしかたをくふうする会社。ここまでは気象業務法で想定された気象ビジネスのようだ。記述の順序では途中になるのだが、人工雷装置を持っている会社の紹介もある。これはいろいろな機器が雷に耐えるかどうかを試験することができ、気象災害軽減に役立つサービスなのだと思うが、気象庁でなく経産省が監督するような産業だろう。わたしは、日経新聞社には、両者を区別したうえで、気象業務法でいう気象ビジネス以外にも気象と関連のある産業があることをもっと強調してほしかったと思う。

第5章は、気象予報士という制度と、その資格をとった人の仕事内容の紹介。この資格をとろうとする人は多いが、資格をとってもそれを職業にできる人の割合はあまり高くない。著者は「民間会社がもっと気象予報士を活用してほしい」と希望を述べるが、それ以上に具体的な提言をしていないようだ。ただし、予報士には (予測する能力よりもむしろ) 情報を伝える能力が求められているという認識には、わたしも大筋で賛同したい。

第6章では、日本との比較対象として、アメリカ合衆国と、(少しだが)フランスの天気予報の出されかたが紹介されている。アメリカには日本の気象予報士制度の手本になったCertified Consulting Meteorologistという制度があるが、これは公的機関でなく学会による認定で、予報業務につくうえでは必須ではなく参考にされるだけの資格だそうだ。

第7章では、日本で行なわれている気象の研究のトピックス。将来の予報改善の基礎となりそうなものを選んだようだが、たつまき・集中豪雨、エルニーニョ、地球温暖化、大気汚染(PM2.5など)と、多様な話題を少しずつ紹介している。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

土屋 信行 (2014) 首都水没

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 11:27
  • 土屋 信行, 2014: 首都水没 (文春新書 980)。文藝春秋, 249 pp. ISBN 978-4-16-660980-2.

「2014年8月20日発行」の新書本。新刊情報が広島の土砂災害やそのほか複数の地域での集中豪雨のニュースと混ざって話題になっていた。著者は東京都で河川管理など土木関係の仕事をしてきた人で、今は「えどがわ環境財団」理事長。

東京に住む人や通勤する人にとって、身近な地域の水害を考えるうえで参考になる本だと思う。ただし、わたしは著者の主張の全部に賛同するわけではない。また、表現、とくに章・節の見出しの用語選択は、読者に用心してほしいと思うあまりかもしれないが、大げさと感じられるところもあり、見出しだけを読むと本文の内容と違った認識に至ってしまいそうなものもある。読者としては著者の発想と出版社の編集者の発想とを区別するすべはないが、推測としては、出版社の編集者が売れ行きを追求して考えたキャッチフレーズが内容をそこなってしまったのではないか。
とくに第9章のキーワードは、「国土強靭化」は現自民党政権、「美しい国」は首相就任前からの安倍氏の標語と重なっている。著者自身もそういう思想に賛同しているのかもしれないが、安倍氏の著書も出している文春新書の編集者の意向が見えるような気がする。
そこで、本書の読者としては、政党機関紙の解説記事を読むときのように、単純な事実の記述は暫定的に信頼し、意見として書かれているところはプロパガンダだろうとみなし、中間的なところは評価を保留して読むべきだろうと思った。

まえがき。東京が災害の危険がある都市だというのはもっともだが、まえがきの表題で(2章、6章の表題でも)「世界一危ない」を決まったことのように言うのは、おどかしすぎだ。この表現の由来は、スイス再保険会社の「自然災害リスク」評価で一位になったということだ。わたしは直接見ていないが、これは災害が起こった場合に失われる経済価値と、災害の確率の積のはずだ。同程度にあぶない複数の都市のうちで、東京には財産が多いので、リスクの数値が大きくなったのだと思う。

第1章。話題は二つあって、狭いところに集中した大雨、いわゆる「ゲリラ豪雨」の件と、下町だけでなく山の手にも水害はある、ということだ。集中した大雨は下町よりも山の手で重要なのだという主張で両者がつながっている。山の手には小さい川や川を暗渠にしてしまった下水道があり、そこに雨が集中すると、水没だけでなく流水による被害が起こりうる。下町の低地でも水没は起こりうるのだが、落差がないから流速は大きくなりにくい、ということなのだろう。

第2章。さきほど述べたように表題は変。東京という都市のなりたちを述べている。基本的地形として、台地と低地がある。そして、人間が、海の埋め立てや、河川のつけかえをしてきた。高度成長期の汚染とその後の汚染軽減にもふれている。そして、「経済発展するほど災害の危険も高まり続けた」と述べている。これまでの東京都市圏に関する事実として述べるのならよいのかもしれないが、一般命題のように述べるのは変だと思う。(経済規模が大きくなると、もし災害が起きたときに失われる財産額がふえる、ということならば一般的に正しいかもしれない。それは経済成長をめざす政策に対する疑問になりうるのだが、もちろん本書はそういう方向には向かわない。)

第3章。これも表題には疑問がある。まず、東京には大規模水没の危険があり、その際に、現在の東京などの都市ではそのインフラストラクチャー、とくに、地下鉄や、電力の変圧トランスなどが、機能を失うおそれがある、という話があるのだが、ここまでは地球温暖化がなくてもそうなのだということを明示しておくべきだと思う。そして、それのリスクが、地球温暖化によって強まると予想されるのだ。それは直接に温度上昇のせいではなく、海面上昇と、強い台風がふえると予想されることによる。わたしは、都市を洪水に耐えるように改良すべきだということが基本で、その際に温暖化に伴う変化傾向を考慮すべきだということが副次的なのだと思う。著者は、オランダやイギリスの例をあげて、日本も温暖化適応策を進めなければならないと主張する。そういう理屈でないと予算がつきにくい政治状況に適応した発言なのかもしれない。

第4章。これも表題には疑問がある。東京はもともと荒川だけでなく利根川の河口にも近く、洪水の危険が大きいところだったのだ。それにもかかわらず、水田農耕に適した地域の中心だから、人が集まったのだ。利根川東遷は、江戸の災害リスクを減らす策であり、それとして成功したのだと思う。しかし、とても大きな洪水が江戸・東京を水没させるリスクを減らすことにはなっていない。そして、なまじ洪水の頻度を低くできたので、もし洪水になった場合に被害を受ける経済活動が多くなってしまった。利根川東遷がこのような逆説的な意味で東京の「災害リスク」を大きくしたとは言えると思うが。

第5章。東京には、地面が海面よりも低く、堤防によって浸水からまもられているところがある。そこには「地震洪水」の危険が、降水と関係なく常にある。このことは水害を気象災害として話題にするときには忘れられがちなので、注意しておく意義がある。海面より低い土地があるおもな原因は、地下水のくみあげによる地盤沈下だ。
この章の最後の節の見出しに「地下水は汲み放題」ということばが出てくるが、これは内容を誤解させると思う。地下水くみあげが規制されたので地下水が余ってしまった、という話題かと思ってしまった。著者がここで言いたいことは、地下水はつながっているのに、(地盤沈下防止のための規制がないところでは) 土地所有者がいくらでもくみあげてよいことになっているという、現在の日本の法制度に対する不満だった。

第6章。これも表題は疑問。東京ではなく日本列島(日本海側を含む)の自然条件を述べている。地震・火山が多いこと、地形が複雑で河川の傾斜が(大陸の大河川に比べて)急なこと、降水量、冬の積雪。自然災害が多い国である理由を述べるという趣旨なのだが、章の終わりのほうの四季の特徴の話題などは、それとの関係が不明確なものもある。

第7章。「東京」になってからの「三大水害」をふりかえる。いずれも台風によるものだ。

  • 1910 (明治43) 東京大水害
  • 1917 (大正6) 「大海嘯」…これは高潮なのだが、津波のように水位の高まりが川をさかのぼった。
  • 1947 (昭和22) カスリーン台風

当時の記録を掘り起こして紹介しているのは興味深い。荒川・中川それぞれの放水路(今は本流として扱われている)がつくられたいきさつについてまとめられているのもありがたい。
カスリーン台風のとき、新川堤(江戸川区)では、広域治水の立場では堤を切るべきという判断があったが、ローカルの(大海嘯の失敗をくりかえしたくない)判断が勝って堤が補強されてその上流側で浸水した。このように広域の治水とローカルな治水の利害が対立することは、2011年のタイのチャオプラヤ川洪水でも起きたと聞いた(ただし記録を確認していない)。だれの判断が上位となるべきか、むずかしい問題を含んでいると思う。
著者は「スーパー堤防」の必要性を主張し、民主党政権下の事業仕分けに怒った。利己的ではなく、治水が国のために重要だと考えているからこその主張なのだと思うが、国の他の政策とのバランスを考えるとどうなのだろうか。ただし著者がその必要性を主張するのは「命山」つまり人の避難場所としてなので、連続していなくてもよい、という妥協案はありそうだ。

第8章。避難勧告・指示の件。現在の制度では、避難勧告・指示を出すのは市町村(東京都は区)だ。注意報・警報は気象庁が、市町村などに対応する地域ごとに出す。著者は、洪水は流域で起こるので、市町村ごとに判断が分かれるのはよくないといい、複数の自治体が防災に関する事務組合のような体制を作るべきだという。確かに、広域の洪水の場合には、市町村をこえる避難が必要になるかもしれないし、意図的に破堤させるなどの判断が必要ならば、それを避難指示とが的確に連携しなければならない。反面、広域化すると、ローカルなきめこまかい判断ができなくなるおそれもあり、それは小規模な洪水の場合に深刻になりうると思う。これも難問だと思った。

第9章。「強靭な」は、英語のresilientに対応するならば悪くないと思うが、現政権の標語として使われているものだとすると、resilientに対応する意味と、人工構造物でかためてしまおうという態度とが混在しているような気がして不安になる。
「予測されていた東日本大震災」という表現はまずいと思う。「想定外ではなかった」ならばよい。
防災のためには、近代的記録だけでなく地域の先人の知恵に学べという主張がある。一面ではもっともだ。しかし、第3章で述べたように、気候変化が起こる中で、極端現象の出現可能性も、先人の経験の範囲をはずれてくる可能性もある。結論の章でそれを含めた考察ができていないのが残念だ。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-08-22

桑田 学 (2014) 経済的思考の転回

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 20:34
  • 桑田 学, 2014: 経済的思考の転回 — 世紀転換期の統治と科学をめぐる知の系譜 (Epistemology of Economics)。以文社, 277+35 pp. ISBN 978-4-7531-0320-1.

【[2014-09-01補足] 本の題名を書きまちがえていたことをご指摘いただき、訂正しました。まちがえて覚えていたわけではなく、かなからの変換で違う漢字が出ていたことの確認忘れでした。】

2014年7月の新刊。8月中に、ネット上で紹介されているのを見た。同じ著者の2008年の論文がオンライン公開されていたので、そちらを先に読んでから、本のほうも読むべきだと判断して注文した。(2008年の論文の内容は本書の主要部分に重なるものだが、現在のエコロジー経済学・環境経済学の間の論点の対立につなげたものであり、その全部が本書に含まれているわけではないようだ。)

詳しい目次は、出版社のこの本のページhttp://www.ibunsha.co.jp/0320.htmlにあるので、自分で書きぬきはしないですんだ。

ざっと目をとおしたところなのだが、わたしの知識の欠落を埋めて先に進む手がかりを与えてくれるもののような気がする。もう少し読んでから「読書ノート」を書きたいと思う。読書ノートのページの構成を変えるかもしれないが、今のままならば[読書ノート (人類の持続可能性に関する本)]の下に置く予定。とりあえず、ここでは、本書をきちんと紹介しようとか批評しようとはせず、わたしがざっと目をとおした段階で思いあたったことを書き出しておく。

わたしは人類社会の将来を考えようとしていろいろなものを読んできたのだが、経済にかかわる分野の認識がどうしても弱かった。わたしは、いわゆるエコロジー経済学(ecological economics)の議論(その内も一様ではないが)には興味をもってついていけるのだが、その他の経済学の議論を読もうとしても頭がついていかないのだ。しかし、今の世界で、エコロジー経済学者が経済学者のうちごく少数にすぎない(へたをすると経済学者と認めてもらえない)存在であることもわかっている。エコロジー経済学から始めてそれ以外の経済学をとらえるための糸口をさがしていたのだ。本書はまさにそこで役立ちそうな気がする。

本書でもっとも重視されている学者はNeurath (1882 - 1945)、次がHayek (1899 - 1992)だ。どちらも、わたしが、1970年代の学生として、Popperの著作などを、経済学・政治学の学生といっしょに読んだときに、気にはかけたものの、著作を読まないで来た学者だ。Neurathは、ウィーン学団の中で、論理学・科学哲学にとどまらず社会改革をめざした人として、市井(1963)の本に名まえが出ていたのを覚えているほか、いくつかのところで見た。「ノイラートの船」(われわれは船の修理を航行しながらしなければならない。市井 1963, 227ページ、それによれば出典はNeurath 1932 Erkenntnis 3:206) をPopperのpiecemeal social engineering の同類と理解したほかは、深入りして調べなかった。Hayekは、経済思想のうえで重要らしいという印象を持っていたが、読まずじまいで、新古典派経済学との関係も、自由放任市場主義との関係も、よく理解していなかったのだった。

本書では現代のエコロジー経済学を本格的には論じないで、その源流を論じている。それを「生物経済学 (バイオエコノミクス)」と呼んでいるが、さらにその源流として重要なのはまず熱力学だ。この観点はわたしももっともだと思う。

ただし、Georgescu-Roegen [読書ノート]の議論を引き継いだようだが、熱力学をNewton力学と決定的に対立する思想として見ていることは、わたしにはどうも納得できない。わたしの感覚では、気象学育ちゆえの偏りがあると思うが、Newton力学と熱力学とは合わせて一本なのだ。19世紀に経済学の理論が発達した時期に、経済学はNewton力学を手本にしたといわれるが、数学的構造だけをとりいれたのであり、物理量を排除した。それは力学の思想を受け入れたとは言えないのではないだろうか? 当時の経済学者の受け止めた「力学」像を再検討してみる必要があると思う。

熱力学を基礎とする思想として、Ostwald (1853 - 1932)のEnergetikも出てくる。わたしはその名まえは知っていたが中身を調べたことがなかった(気象学が使う物理はむしろMaxwell, Boltzmannなどの分子運動論者の流れをくむのだ)。自然科学の哲学だけでなく、「文化科学」に越境しようとしていたが、そちらでは成功したとは言えないようだ。

エコロジー経済学につながる思想として、Jevonsの「石炭問題」と、Soddy (1877 - 1956)が富とエネルギーを結びつけようとしていたこと [読みかけの本の読書メモ]はこれまでに知っていたのだが、Geddesという人 (1852 - 1932、スコットランドの人、生物学から出発し、都市計画に向かった)の、熱力学・生態学・地理学的な発想を含む経済論は初めて知った。

さてNeurathは、ウィーン学団の哲学者として知られるけれども、もともと経済史を専攻し、貨幣経済が普及する前の時代について研究した人だ。第1次大戦直後、ドイツのバイエルンの社会主義政権で実際に経済運営にたずさわった(ただし半年で政権が転覆して成果があげられなかった)。その後も、マルクス主義ではない社会主義経済のありかたを考えた人なのだ。その主張する「自然経済」は、交換でなく、富の生産・消費を基礎としたもので、富はさまざまな物質的あるいは社会関係的なものごとからなる。貨幣を使う交換経済は、経済のうちの小さな部分にすぎないのだ。

Neurathは「社会主義計算論争」の発端を作った人だとも言えるのだが、狭い意味でのこの論争にとっては、外からの批判者だとも言える。

ふつう、この論争で問われたことは「中央政府が有効な経済計画をたてることができるか」だとされる。そしてその計画は数学的な計算に基づくと考えられている。(「式をたてて最適解を求めることが原理的に可能か」と「実際にデータを取得し計算を実行することが可能か」との違ったレベルの問題を含み、前者を肯定し後者を否定する考えもある。) 論争の結果を、多くの経済学者は、純粋な計画経済は不可能だが、産業への資源配分を市場のしくみに頼れば可能である、というふうに受け止めたようだ。ただし、この市場は必ずしも現実の市場ではなく、計算の手段としての擬制だと考えられている。そして、個別経済主体が経済学の意味で合理的にふるまうことを前提として理論が成り立っている。(以上、わたしのあらっぽい理解。)

Hayekはこの論争にかかわったが、やや外側に立っていた。Hayekが指摘した論点は、わたしなりに他の経済学者の用語で表現すると、計画者が利用可能な情報の不完全性である。各経済主体が判断に使う知識は、必ずしも定型化されておらず(暗黙知もあり)、それを中央が集めて使うことは不可能なのだ。意思決定は分散型でなければならないのだ。そこで、Hayekの経済学理論は、新古典派と違ってくる。(この先はわたしはもっと勉強しないと説明できない。)

Neurathは、Hayekと同様な指摘に加えて、経済が貨幣価値という一元的数量で計算できることを否定する。(桑田氏の2008年の論文では「通約不可能性」という用語を使っていたが、本書では使っていないようだ。共通のものさし(目盛り)があるか、という用語本来の意味には合っているのだが、Kuhnの意味と同じではないので、避けたのかもしれない。) これは、狭い意味の社会主義計算論争の、計算ができないというMisesたちとできるというLangeたちの共通の前提を疑うことになる。意思決定を分散型にしなければならないという主張はHayekと同様だが、さらに、市場とは違った形での産業の社会化(国有化ではない)を重視することになる。(この先ももっと勉強しないと説明できない。)

なお本書では、HayekやNeurathの立場を「反合理主義」と呼んでいるところがある。これはおそらく、彼らはそれぞれ合理性を追求したが、合理性の概念が計画経済論者や新古典派経済学者のものとは違っていたということなのだと思うので、反合理主義という用語はうまくないと思う。

文献 (本文中から読書ノートにリンクしたものは省略)

  • 市井 三郎, 1963: 哲学的分析。岩波書店。
  • 桑田 学, 2008: エコロジー経済学におけるノイラートとハイエク: 市場・知識・合理性。東京経大学会誌(経済学), 261号, 75 — 104. http://hdl.handle.net/11150/686

2014-08-07

Simon Singh [シン]、Edzard Ernst [エルンスト] (2008 / 2010, 2013) 代替医療解剖 [Trick or Treatment]

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 21:17
  • Simon SINGH & Edzard ERNST, 2008: Trick or Treatment: Alternative Medicine on Trial.
  • サイモン・シン、エツァート・エルンスト 著, 青木 薫 訳 (2010): 代替医療のトリック。新潮社。
  • サイモン・シン、エツァート・エルンスト 著, 青木 薫 訳 (2013): 代替医療解剖 (新潮文庫 シ/37/6)。新潮社, 584 pp. ISBN 978-4-10-215976-7. [わたしはこの版を読んだ。]

NATROMさんの本[読書メモ]の出版予告に、いわゆる代替医療の問題点を述べた本は、日本の状況についてはまだよいものがなかった、とあった。欧米の状況について書かれた本はあるのだが、わたしはまだ読んでいなかったので、前の年に文庫本になったことに気づいていた本書を読むことにした。

Singh氏は英語圏で有名な科学もの書きで、数学・物理関係の科学読みものの著作が多い。その多くの日本語版は青木氏の訳で出ている。Ernst氏はイギリスの医学研究者で、若いころはホメオパシーや はり(鍼)などの代替医療を有効と思って使ってきたそうだが、疑問をもつようになってからは、科学的臨床試験による代替医療の評価にとりくんでいる。

本書は、第1章で、「科学的根拠をもつ医療」について、その発達の歴史から例をとりながら説明したあと、第2章で はり(鍼)、第3章でホメオパシー、第4章でカイロプラクティック、第5章でハーブ療法について論じ、第5章の続きから6章で代替医療全般についての著者たちの認識のまとめと主張を述べる、という構成になっている。また付録で、第2-5章でとりあげた以外のさまざまな代替医療について、各1ページ程度で論評している。ただし、第2章以後にも科学的根拠をもつ医療の考えかたの補足があるし、第4章の終わりには はり とホメオパシーに関する論評の補足がある。本の論理的構成よりも読みやすさを優先させたようだ。

冒頭に、ヒポクラテスのことばからの引用として、「科学と意見という、二つのものがある。前者は知識を生み、後者は無知を生む。」とある。これにはわたしはあまり賛同できない。まずここで「科学」と訳されていることばのヒポクラテスにとっての意味が今の科学とはだいぶ違うのではないかと思う。また、どちらの時代の意味の科学にしても、今の人々にとって、絶対的に正しいものとはみなせない。

しかし、本書の中身では、科学とは何かは問題にしていない。主導理念は「科学的証拠にもとづく医療」なのだ。ここでいう証拠には、生理・病理のしくみからくるものもあるのだと思うが、おもに、対照群をとった臨床試験を重視している。そのうちでも二重盲検法を重視しているがそれがすべてというわけではなく、第1章の終わり付近では、喫煙と肺ガンに関する「英国医師研究」という前向きコホート研究(観察的研究)を歴史上重要な例としてあげている。第1章ではこのほか、18世紀から19世紀にかけての、壊血病(今ではビタミンC欠乏とわかっている)に柑橘類がきくことや、有効と考えられていた瀉血がむしろ患者の死亡率を高めていたことの確認、Nightingaleが統計を使って示した野戦病院の衛生状態の悪さの指摘があげられている。【本書では、Nightingaleは野戦病院の現場で衛生状態の問題に気づき改善のために働いた人でもあるという扱いをしているが、この点は異論もあるようだ。帰国後に統計的分析をして詳しい報告書をまとめ改善を訴えたことは確かである。】

はり(鍼)には中国を中心とする長い伝統があるが、本書では、ヨーロッパアルプス(エッツ谷)の氷河から見つかった5千年前の人体(いわゆる) ice manに、はり治療と思われる痕跡がある、という話もとりあげられている。Ernst氏を含む現代の研究者たちが、実際にはさしこまれないプラセボはりを開発し、二重盲検によって はり の効果を検証してきた。その結果、プラセボと比べて有意に違った効果はない、ということになったそうだ。WHOは2003年にかなり効果があるという趣旨の報告書を出しているが、それは はり が有効だと信じる人々による証拠の偏った選択によるものだと著者は見ている。なお、1970年代、中国政府は、はり だけによる麻酔で手術ができるというデモンストレーションをしたが、実際には薬による(局部)麻酔も使っていたらしい。

ホメオパシーは18世紀末にハーネマン(Hahnemann)という人が始めた。病気を起こすのと同じ物質を少量使うと治療できるという考えから始まっている。【この定性的考えならば、いつも成り立つわけではないが、抗原抗体反応などによって成り立つこともあると思う。しかし】ホメオパシーは、薄めることをくりかえすとむしろ効果が高まると考えた。分子の存在を知った立場から考えると、ホメオパシーの「レメディ」には原因物質が平均的には1分子も含まれていないのがほとんどであり、科学(主として化学)の立場から因果的有効性は否定されるだろう。効果はすべてプラセボ効果と考えられる。レメディ自体はおそらく有害ではない。しかしプラセボでしかないものを高い値段で売ることは正当化しにくい。歴史をさかのぼれば、19世紀初めの欧米では瀉血などの「英雄的治療」に比べて相対的にはすぐれた治療法だったと言えるかもしれない。20世紀初めにはおとろえていたが、ナチス・ドイツが注目して研究させた。敗戦で研究は中断して正式記録は何もないが、メンバーの手記によれば有効性がないという結果が出ていたようだ。

1988年、ホメオパシーはふたたび科学者の話題にのぼった。バンヴニスト (Benveniste)という人の、非常に薄めた抗体溶液に効果があるという論文がNatureにのったのだ。これには編集者注がついていて、抗体分子をおそらく1分子も含んでいないので不合理と考えられるが、もし事実ならば水が記憶をもっているのだろう、といった趣旨だった。すぐに検証が進められ、バンヴニストの実験は二重盲検になっておらず、実験者の期待によって計測値が偏った可能性が指摘された。

カイロプラクティックはあちこちの伝統にある「整骨」のなかまだが、とくにアメリカでこの名まえでよばれるのは19世紀から20世紀初めにパーマー(Palmer)親子がつくった流儀のものだ。脊椎を動かすので、脊髄などに損傷を起こしてしまう危険がある。とくに通常医療を拒否する態度の施術師にかかるのは危険だ。

ハーブ療法の章は、欧米のハーブ療法を中心に、中国の漢方なども含めて論じている。ハーブ薬には個別には有効なものもあるが処方量には注意が必要だし、肝障害などの深刻な副作用を起こすものもある。他方、プラセボ効果にすぎないと思われるものもある。漢方は植物だけでなく鉱物や動物も使うので、水銀や鉛などを含む毒性の高いものがあったり、(これは本人の健康ではなく生物圏への影響だが) 希少動物をとりつくすおそれのあるものがあったりする。

代替医療の多くは、自然な、伝統的な、全体論的(holistic)なものだとみなされている。しかし著者はそれに疑問を向ける。「全体論的」に関しては、特定の代替療法で対応できるものしか見ない代替療法施術師よりも、通常医学の医師のほうが多面的考慮をしているのだ、と主張している。【ただし現実の通常医療は専門分化が進んでいるので、通常医療の医師がもっと多面的考慮や身体全体の調節機能に対する考慮をしたくなるようなインセンティヴがもっと必要だろうと思う。】

代替医療にかかわる人たちが、通常医療の根拠となる科学的知識を否定しようとしたり、代替医療に科学的根拠があると主張しようとしたりするときの議論の特徴が紹介され論評されている。

第6章では、まず、プラセボの効果は思いのほか大きいのだ、という議論がある。(文庫版での訳者あとがきにはさらにこれを強調する話題がある。) これをうまく治療に使えればよいのだが、正直にプラセボだと言ってしまうと効果がなくなってしまうので、むずかしいのだ。【プラセボの逆に、実際に身体に悪いものでなくても、悪いものだと思って受け取ると、健康に悪影響があるという「ノセボ」効果もある。有害性の大きさが不確かなものを受け取ってしまったがまだ明確な症状が出ていない人に対しては、事前警戒的対策をとるとノセボ効果を高めてしまうおそれがあるというむずかしい問題があると思う。】

著者は、世の中に効果のない代替医療が広まってしまっているのはだれのせいかを考察する。10項目のうち2つを「メディア」としているが、代替医療に対する好意的報道と、通常医療のリスクについてのセンセーショナルな報道をそれぞれ問題にしているからである。

代替医療の将来に関する著者の考えは、ハーブ薬などに有効な成分があればそれを抽出して現代的薬剤の形にし、臨床試験などの手続きを踏んで、適切な処方対象と量を明確にしたほうがよい、というもののようだ。薬以外の施術についても(臨床試験の制度が整備されているかはともかく)基本的には同様だろう。【この部分のわたしの読みかたはまだ不充分かもしれない。】

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-08-04

NATROM (2014)「ニセ医学」に騙されないために

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 02:29
  • NATROM (なとろむ), 2014: 「ニセ医学」に騙されないために — 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る! メタモル出版, 207 pp. ISBN 978-4-89595-864-6.

著者は内科の医師。著者名は日本語話者にしては異例だが、NATROMはネット上で使っているハンドル名で、ウェブサイト「進化論と創造論 ~科学と疑似科学の違い~」http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/ やブログ「NATROMの日記」http://d.hatena.ne.jp/NATROM/ がよく知られている。
出版社はここで批判対象になっているのと似た健康法の本もたくさん出しているところだが、(著者のブログの2014-06-10の記事によれば) 著者も賛同できるまじめな医学知識解説書を出した編集者からの提案だったので、応じることにしたそうだ。
わたしはネット上で本書出版の情報を得て、わりあい大きい本屋をいくつかまわったのだが実物がなく、実物を見なくても買うと決意して、もよりの本屋まで届けてくれる通信販売で買った。

現代の日本(西ヨーロッパなどの先進国も同様)でふつうの、健康保険の対象になるような医療は、現代の医学の専門的知識に裏づけられている。これを本書では「現代医療」と呼んでいる。(ほかの文献では「標準医療」と呼ばれることもあるが、現代医療も必ずしも一様ではないので「標準」という表現はあまりうまくなさそうだ。なお、知識が定まっていない先端の実験的な医療を「現代医療」という人もいるかもしれないが、ここでの用語は違う。)

本書で批判の対象となっているのは、現代医療を(たとえば「がん」のような病気の大きな群に関して)全面的に否定する(「効果がない」あるいは「有害だ」と言う)ような主張だ。そのうちでも、現代医学とは別の理屈による治療法(「代替医療」)を持ち出し、そちらは効果があると主張するものが多い。代替医療には充分な安全性テストが行なわれていないものが多い。もし無害だとしても、患者が代替医療だけを信奉してしまうと現代医療を受ける機会を失うおそれがある (本書の解説で片瀬久美子氏が知人のがん患者の例をあげている)。

著者がブログの2014-06-05の記事でも述べているように、代替医療や現代医療批判の議論にはいろいろな「灰色」(あやしさ)の度合いのものがある。本書ではそのうち「黒に近い」ものに対象をしぼった。「ニセ医学」という否定的価値判断がはいっていることが明らかな用語を使っていることもそれとつじつまがあっている。著者のネットでの議論には、ときにはいいことも言うがときにはひどいことを言う人への批判もあるが、本書からははずされているのだ。

著者は現代医療の全面否定に反対しているが、現代医療が全部うまくいっていると考えているわけでもない。最初に出てくる話題は、現代医療は「薬漬け」だという批判だ。かつて、健康保険の制度のせいで、医師の収入にとって薬価差益が重要だった時期には、薬を出しすぎる傾向があった。今は保険の制度が変わって医師は薬価差益で利益をあげられなくなった。習慣として薬を出しすぎる医師はいるが、多くはないだろう。したがって現代医療の小さな部分は「薬漬け」かもしれないがそれを全体にあてはめるのは無理があるのだ。

他方、代替医療や健康食品を勧める人々は、それが万能だ(非常に広い範囲の病気にきく)という主張をすることが多い。現代医学を勉強した人から見れば、人体は複雑であり、万能の薬などあるはずがない(ある確率が無視できるほど小さいと思われる)のだ。

第1章「現代医療編」では、「薬漬け」問題、万能薬問題のほか、抗がん剤、ワクチン、病院での出産、のそれぞれに関する全面的否定論に反論を試みている。
反論は否定論者本人と論争して勝とうとしたものではなく、現代医療と否定論の両方の話を聞いて迷っている人や、そういう人の判断を助ける立場の人に向けて書かれたものだと思う。

第2章「代替医療編」では、現代医学とは別の根拠をもつとされる治療法のうちで、その根拠が、現代科学のごく初歩的なところに反すると考えられるものをあげている。わたしが理解した範囲(全部ではない)の要点を紹介する。

  • ホメオパシーの理屈は、有害物と同じ物質を薄めたものがその有害物に対抗する効果をもつというものだが、非常に多数回くりかえして薄めることが奨励されており、それに従うと含まれる原因物質量は1分子未満になってしまうので、きくはずがない。効果があるとすればプラセボ効果にちがいない。
  • 千島学説(千島喜久男氏の説)は、「人体の細胞は赤血球から変わったもので、血は腸でつくられる」とするが、細胞分裂に関する観察事実と合わない。
  • ソマチッド(somatid)はガストン・ネサン氏が光学顕微鏡で発見したとされるが、光学顕微鏡の能力をこえる小さいものであり、発見は成り立っていないだろう。(なお、初刷りには「ソチマッド」というつづりがあるそうだがこれは誤植で、2刷りではなおっている。)
  • NAETという治療法ではアレルギーを代理人に対する施術でなおせるというが、これは現代科学で理屈がつけられない。また、この治療法の実施例をみるとアレルギー患者に原因物質を与えることによるショックの危険もある。(なお、NAETを始めた人はもとカイロプラクターであったことも述べられているが、本書ではカイロプラクティックは論評対象になっていない。)
  • 「気功でがんがなおった」という主張があるが、現代科学で理屈がつけられないことに加えて、報告された例が、もともとほんとうにがんであったのか不確実で、信頼できない。

第3章「健康法編」では、まず、水による健康法、つぎに食生活・健康食品(マクロビオティック、「メディカル・イーティング」、米のとぎ汁乳酸菌、「酵素」、ウコン、アガリクス、羅漢果)、それから健康グッズ(抗酸化グッズ、「バイオラバー」) などがとりあげられている。それぞれ万能性をうたう宣伝がされている。薬事法違反の疑いもある。また、「米のとぎ汁乳酸菌」には感染症の危険、ウコンほかの健康食品は病状によっては肝障害を起こすおそれがある。
また、タバコと肺がんの関係を否定する主張への反論もしている。そういう主張のひとつに、「日本では喫煙者は減っているが肺がん患者はふえている」という事実を示すものがある。(武田邦彦氏の『早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい』という本。武田氏は環境問題についてはときどきいいことも言うので批判に手こずる相手なのだが、タバコ問題では旗色鮮明らしい。) このデータは、人口の変化、人口の年齢構成と年齢別の死亡率の違い、原因と結果の間の時間遅れ、を考慮して見るべきものだ。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-07-27

八田 洋章, Mujahidin (2006) 樹木散歩 ボゴール植物園

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:13
  • 八田 洋章, Mujahidin 著, 国立科学博物館 編集, 2006: 樹木散歩 ボゴール植物園 (Tree Watching in Bogor Botanic Garden)。76ページ。

2014年3月、同僚とともにインドネシアに出張し、ジャカルタ近郊の研究機関を訪問したあと、帰国の飛行機にのる前に時間があった。ボゴール農科大学(IPB)を卒業した研究機関職員の誘いで、ボゴール植物園を見学した。

ボゴールは、ジャカルタ南東60km、ジャカルタ市内も流れるチリウン(Ciliwung)川(本書によれば「白い渦巻き」という意味だそうだ)の上流にある。オランダ領時代に総督府がおかれた。標高280mで高地というほどではないのだが、オランダ人にとって海岸のジャカルタよりもすごしやすいところだったらしい。総督府の庭園が、イギリス占領時代にRaffles夫人が植物を集めたことをきっかけに、オランダ領にもどってからの1817年に植物園となり、独立後1949年からは国立となっている。植物園は、旧総督府の宮殿とともに、ボゴール市街地の中心部に大きく存在している。

植物園全体を見るにはなん日もかかるが、今回使える時間は2時間ほどだったので、手近なところを見学したあと、最後にGarden Shopという温室のような店にはいった。おそらくインドネシア国内の園芸に関心のある人向けに、植物の種や苗、肥料などを売っていたが、片隅で本も売っていた。数十種類の本の大部分は、分類学か保全生態学などの専門家向けと思われる英語の本だった。植物園の案内書は、インドネシア語のものも英語のものもなかったが(まだ出版されていないのだろうか)、なんと日本語のものだけがあった(見学する前に読めたらよかった)。代金 80000ルピアだった。

日本の国立科学博物館の職員だった八田氏が、2001-2004年の3年間、ボゴール植物園に長期滞在して植物園職員と共同研究をし、その成果を2005年にPhenology and Growth Habits of Tropical Trees — Long-term Observations in the Bogor and Cibodas Botanic Gardens, Indonesia (熱帯雨林域における樹木たちの生活 — インドネシア ボゴール、チボダス両植物園のフェノロジー調査から). National Science Museum Monographs No. 30. 436 pp. としてまとめた。また、2006年に国立科学博物館の企画展「熱帯雨林・その魅力と新鮮な驚き — インドネシア・ボゴール植物園へのご招待」を開いた。本書がその調査と企画展をふまえて作られたことはまちがいない。

しかし、出版物としての本書の書誌情報はいろいろ不確かなところがある。
まず、日本の本ならば奥づけにあたる情報はおもて表紙の裏にあって(前づけというべきか)、「2006年3月31日発行」「国立科学博物館 編集」とはあるのだが、発行・出版の主体がだれなのかわからない。
また、2人めの著者の名まえは、表紙や前づけでは「Mujahidin」となっているのだが、前づけと同じページの上のほうにある「著者紹介」では「Anggun Ratna Gumilang」となっている。これはおそらく同じ人で、仕事上も長い本名よりも通称Mujahidinを使うことが多いのだろうと思う。

本書は、まずボゴール植物園の全般的説明があり、それから、園内を6つのルートに分けて、それぞれの順路にそって木を紹介している。

著者の「樹木の生活史」調査は、177種188個体を毎週継続観察したそうだが、その成果の一部は、「樹木のフェノロジー調査から」というかこみ記事として4種類の例が収録されている。横軸に季節(9月から8月まで)をとり、「成長のフェノロジー」として茎がのびているか・葉がついているかなど、「繁殖のフェノロジー」として花や実の状況が、グラフで示されている。雨季(10-4月)/乾季(6-8月)の季節変化もあるが、むしろ年々変動が大きいのが見える。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

『日本語学』2014年3月号 「科学を伝えることば」

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 19:24
  • 日本語学 (明治書院) 2014年3月号 (33巻3号)。特集「科学を伝えることば」。

Twitterで新刊案内を見かけた。日本語学は興味のある領域ではあるがふだんは雑誌を買って読むほどの興味ではないのだが、この特集の題材にはどれも興味があった。

小林 傳司(ただし): 「効果的に社会に参加する思慮ある市民」はいるか? — 科学コミュニケーションの目的 – /4-14 (このように斜線のあとにページ番号を示しておく。)
著者は市民と科学のかかわりを考えている科学技術社会論者。第1の話題はPISAテストで、理科の学習到達度を見るものとして知られるが、「読解力」も見ている。また「科学リテラシー」のテストも知識を問うばかりでなく、科学に関する問題について社会に参加することに向けた思慮を求めている。第2の話題は市民熟議の実験であるWWViews (わたしは[別ブログ2013-12-27の記事]で言及)で、政策提言を作成することが求められたのだが、日本人が書いたのは具体策のない標語のようなものが多かった。著者の意見は、日本の学校教育は、社会に参加する能力を育てることをもっと強化すべきだということになる。

石崎 雅人: 専門家のことばが納得を生むとき /16-29
著者は医学コミュニケーションの研究者であり、医師などが患者の理解と同意を得ることがうまくできているかについて、事例を紹介しながら論じている。

菖蒲 信博: 原子力用語の説明の難しさ /30-43
著者はJAEAで一般の人々に技術情報を伝える仕事をしてきた。説明のむずかしさを次のように分類して論じている。

  • 専門家と非専門家の知識の落差 … 例「高レベル放射性廃棄物」
  • 目に見えない現象を説明する難しさ … 核分裂、臨界、崩壊
  • (わかれば概念はむずかしくないが)意味の推測できないカタカナ語 … プルサーマル、モックス燃料、クリアランスレベル、オフサイトセンター
  • 認知が高まっても理解が進まない原子力用語 … シーベルト、ベクレル

【説明のしかたは、継続性によって違ってくると思う。つきあいが長く続くことが確実な場合は、まず専門用語を説明してそれを使う、という方針が有効だが、断片的な関係の場合は、限られた時間でできる範囲で大きなまちがいでない説明をくふうしなければならない。】

宋 永彬 (ソン ヨンビン): 韓国における専門用語平易化の試み — 医学と物理学 – /44-57
韓国は、独立後すぐは、日本製の専門用語を(漢字をそのまま韓国語音にして)受け入れた。しかし、1980年代後半、専門文献もハングルだけで書かれるようになってきたので、専門用語は、同音衝突を避けるように変更されてきた。変更後の用語は漢語要素ばかりでなく本来の韓国語要素が使われていることも多い。解剖学の場合、日本語との一致率が1978年から2005年までに86%から4%まで下がった。【この数量には驚いたが、 変更前の漢字への依存性がとても高かったのだろう。】物理の例で、「反跳」は「半島」と同音なので本来の韓国語要素から組みたてた語に置きかえている。政府は各中央政府機関に専門用語標準化協議会をつくって取り組んでいる。また、国立国語院が開放型韓国語知識大事典というWikipediaふうだが専門家によるものを作っている(ただし公開は未定)。【韓国の専門文献は、1980年代には漢字まじりのものが多かったのだが、最近はハングルだけのものが多くなってきたことに、わたしもなんとなく気づいていたが、それに伴う用語の改革は、言われてみれば当然なのだが、ハングル文献を直接読まなかったので、これまで気づかなかった。日本語も、一時は聞いてわかることばを選ぶ動きがあったが、漢字入力技術確立以後はむしろ漢字依存が強まっているのではないだろうか。】

陳 力衛: 明治の科学啓蒙家の苦心 — 「-力」、「-性」の接辞化へ向けて – /58-68
明治時代の日本人が作った科学用語には、漢語で構成されたものが多いが、それには、蘭学から引き継いだもの、漢訳洋書によったもの、新しく考えたものがある。日本語から中国語に伝わったものもあることにもふれている。
【わたしには興味のある内容だけに、疑問がいろいろ残った。まず、用語を作った日本人学者(個人ごとの違いもありうるのでそれぞれの人)が、日本語の中で使う用語を作ろうとしたのか、東アジアで共通に理解される漢文の中で使う用語を作ろうとしたのか。それから、「-力」「-性」については、原語の接尾語を日本語でも接尾語とし一定の対応関係にしようという意識があったのか、原語と別に漢語あるいは日本語として接尾語を含む用語を構築したのか。(「-性」で終わる語は英語ならば「-ity」となるものが多いと思うが、「慣性」はinertiaでそれに含まれない。しかし「慣性」と「-ity」に共通する抽象的性質を考えることもできるかもしれない。)】

河内 昭浩: 理科教科書のことばの分析と理科学習語の選定 /69-77
教科書コーパス(教科書に含まれた文をテキストデータベース化したもの)ができたので、理科の教科書のことばを他教科と比べることができる。
「理科教育の言語活動に使われることば」(理科の教科書の生徒にさせたい行動の表現として出てくることば)として、「整理する」(まとめる)、「考察する」(調べたあとでそれについて考える)、「分析する」(複雑なことがらを要素に分けて考えることをさす場合と、化学分析をさす場合がある)をとりあげている。また、専門語ではないが教科の教育に現われる語彙を「学習語」としてとりあげようとしている。【ただし今のところ、専門語と、考えかたに関する語彙が混ざっている。】

ここからは特集でなく、連載。この号で最終回となる連載が多い。

井上 史雄: ことばの散歩道 190 戦争とメリークリスマス /15
Google Ngramを使って、英語の出版物での “Merry Chrismas” と “Happy New Year” の出現頻度の変遷が示されている。【Google Ngramは、Googleがディジタル化した本の発行年別の相対頻度であるという制約を理解してみる必要があるが、語彙の変遷を知るのにとても有用だと思う。英語のほかにいくつもの言語について使えるが、日本語について使えないのが残念だ。単語分割技術の問題か、日本の出版社の著作権に関するポリシーがGoogle Booksに対立的だったせいか?】

森山 由紀子: 日本語の攻防 最終回 [言語変種] 聞き手が大事か第三者が大事か /78-86
敬語の話。現代日本語はあきらかに聞き手重視。平安時代の日本語は第三者への敬語が多い。昔は序列意識が共有されていた。
【言語現象が変わった事実はあるのだが、言語のしくみが変わったというよりも社会が変わったということなのだろう。】

崎山 理: 新 日本語学者列伝 最終回 泉井久之助 /88-99
泉井氏についてわたしは「ヨーロッパの言語」(岩波新書)の著者として知っていた。 崎山氏の説明によると、確かにインド・ヨーロッパ語から出発したのだが、言語構造論と、マライ・ポリネシア諸語について業績があった人なのだ。マライ・ポリネシア語にかかわったのは、南洋(ミクロネシア)の委任統治のための調査(1938-41)から始まっているそうだ。泉井氏の没後、マライ・ポリネシア語を含むオーストロネシア語の系統論は大きく変わった(今では台湾から各地へ分化したと考えられている)。泉井氏が指摘した各言語の性質は、新しい系統論によったほうがつじつまが合って理解できるそうだ。

垂水 雄二 (2014) 科学はなぜ誤解されるのか

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 18:21
  • 垂水 雄二, 2014: 科学はなぜ誤解されるのか — わかりにくさの理由を探る (平凡社新書 734)。平凡社, 215 pp. ISBN 978-4-582-85734-4.

2014年5月の新刊。題名がわたしの気にかかることと重なるのでさっそく読んだ。著者は、Richard Dawkinsの本の多くを日本語に訳した人であり、『進化論の何が問題か — ドーキンスとグールドの論争』という著書(八坂書房, 2012年)もある。だから、本書では後半の、進化論とDawkinsの「利己的な遺伝子」論に関する議論が、著者の特徴が出ているところだ。

第5章の「『利己的な遺伝子』をめぐる誤解」に先にふれることにする。世間に広まっている大きな誤解として、「利己的遺伝子」という表現を「人の利己的行動は遺伝子に根拠がある」と解釈することが、その考えに賛成する人・反対する人の両方にある。Dawkinsがこの用語を使って主張していることは、個体の行動としては利他的に見えることが、遺伝子がそれ自身と同じものを残すように(遺伝子にとって利己的に)働いていると考えれば合理的に説明できる、ということだ。William Hamiltonの「包括適応度」、Maynard Smithのいう「血縁淘汰」という概念にあたるそうだ。

これに関連して、淘汰の単位としての遺伝子についてはいくつか違ったとらえかたがあることが指摘されている。また、ミーム(meme)に関する議論がある。

第4章ではDarwinの進化論に関する誤解があると言っている。Mayrが1985年に述べたところによれば(垂水氏の本書153ページでの表現をわたしがさらに簡略化して表現するが)、Darwinの進化論の要点は、(1)種は変化する、(2)近縁種は共通の由来をもつ、(3)進化は漸進的である、(4)種は分化する、(5)自然淘汰、である。ところがDarwinの発表当初、Wallaceは別として、T.H. Huxleyなどの多くの進化論支持者は、(1)(2)だけに注目して広めてしまい、(5)の自然淘汰をDarwinがとらえたように理解せず、とくにSpencerは「最適者生存」に置きかえてしまった。(この用語をDarwinも『種の起源』第5版で使ってしまったが、垂水氏によればそれは内容に対して不適切な表現だったという。)

(これに関連して、進化論と社会進化論の日本での受容も論じられている。)

(なお、用語についてだが、Darwinは「種の起源」ではevolutionということばを使っていなかったそうだ。また、垂水氏はnatural selectionに対応する日本語表現として「自然淘汰」がよいとする。artificial selectionは「人為選抜」であり、両者を同じ「選択」とするのはうまくないそうだ。)

垂水氏によれば、本来のDarwin進化論に近いのは、20世紀後半に成立した総合説のほうである。Mendel遺伝学を再発見したde Vriesは突然変異による跳躍的変化を考えたので(3)の点が違っていたが、その後の集団遺伝学の発達によって、比較的小さな突然変異が多数積み重なることによる漸進的変化という考えかたができてきた。

本の前半は、科学一般にわたって、著者が知識を伝える立場での経験から気づいた、さまざまな注意点を述べている。あまり体系的でない列挙だが、個別論点としてはわたしも同感なものが多い。
第1章「科学的コミュニケーションを損なう要因」。
第1節「科学者の側の誤った情報発信」では、まず捏造のたぐいをとりあげる。意図的な捏造もあるにはあるが、科学者自身の信念や思いこみによるものもある。また、「パラダイムの違いがもたらす誤謬」(パラダイム交代後から見れば誤りは明らかだが、旧パラダイムの中ではそれに気づくのが困難だったこと)として、William Thomson (Kelvin)による地球の年代の見積もり (垂水氏は「Thomsonは放射性崩壊を知らなかったからまちがった考えに達した」と考えている。こう思っている人が多いだろうが、Englandほかによる別の考えについては[Pollack (2001)の読書ノート]に書きこんだ注釈参照)、野口英世の黄熱病菌探求をあげている。
第2節「受け手の問題」では、情報の信頼性を知るための検討項目をあげる。出典にさかのぼってみること、メディアによる誇張がありうること、他分野の科学知識との整合性、病気に万能薬はないこと、集団心理の恐ろしさ。

第2章「騙されやすさは人間の本質 — 知覚の落とし穴」
第1節「比喩的表現の功罪」。科学的概念には身近なことがらに似せた名まえがつけられていたり、説明をわかりやすくしようとして比喩を使ったりする。しかし比喩は完全でないので、比喩に使われた身近なものの性質にひきずられた誤解や、比喩に使われたことばの意味の広がりの違った部分をとらえることによる誤解を招くこともある。
第2節「感じたことが事実とは限らない」では、いわゆる錯覚の問題、確信をもった記憶でも不正確なことがあること、体験談の因果説は偶然のこともあること、などをとりあげている。

第3章「複雑な現象の理解は簡単ではない」。
第1節「条件反射的思考の弱点」では、相関関係は因果関係をあらわすとは限らない、という注意に加えて、人は相関関係を因果関係のように思いがちなのは狩猟採集民時代の状況に適応した行動様式なのだろうという著者の考察がある。
第2節「確率的事象の世界」では、数理統計学、それが遺伝学と関係して発達した事情、数量分類学と分岐分類学、疫学、地震予知、放射性元素の崩壊の確率性、人間の心理的特性の類型化のもたらす問題(IQを例に)にふれている。
第3節「統計の嘘」では、データ収集の偏り、サンプル数【著者はこういう表現をしている。統計学の専門家ならば、これではまずい、「サンプルサイズ」と言え、というところだろうが、わたしには「サイズ」では別のものを想像しかねない。「サンプル要素件数」とでも言えばよいかもしれない。】、対照実験、回帰曲線のつくりかた、代表値(平均値・中央値・最頻値)の選択、グラフ表示の方法で何が目立つかが変わること、絶対リスクを示すか相対リスクを示すか、死亡率の年齢調整にふれている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

古い投稿 »

Powered by WordPress