早野 龍五、糸井 重里 (2014) 知ろうとすること。

  • 早野 龍五、糸井 重里 [しげさと], 2014: 知ろうとすること。 (新潮文庫 い/36/7)。新潮社, 183 pp. ISBN 978-4-10-118318-3.

2014年10月の新刊、はじめから文庫本として出版された。わたしは、Twitterでの早野さんの発言で知り、出版後すぐにいくつかの本屋をまわって実物を見て買った。2014年中に読書メモを書きかけたのだが、このブログに出さないままになっていた。2021年2月、早野さん著のつぎの本の予告を見て、話題がまざらないうちに、2014年に考えたことを書きだしておくことにした。

早野さんは原子核物理学者だ。2017年3月まで 東京大学 理学部 物理学科の教授だった。

糸井さんはコピーライターだ (本書の著者紹介でもそう書かれている)。しかし、ここではむしろ、本の編集企画者だ。「編集・永田浩子、制作協力・ほぼ日刊イトイ新聞 株式会社東京糸井重里事務所」ともあるので、本づくりは企業のしごととしてやっている。出版社 (本書では新潮社) との分担がどうなっているかはわたしにはわからない。これより前にも、新潮文庫には、糸井さんとほかの人の共著の本が出ている。そのうちには、スポンサーからの請け負いでやったものもあるのかもしれない。しかし本書は、序章によれば、糸井さんが原子力事故後の事態についての情報源として早野さんを信頼したことが発端だという (そういう記述がフィクションである可能性がなくはないが、糸井さんにとっての真実だと推測した)。本書は、糸井さんのフィルターを通った、早野さんの原子力事故以後2014年までの行動の回顧の本だといえるだろう。

早野さんの原子力事故後のはたらきは、おもに、福島県の住民のうちいくつかの集団が、身のまわりの放射能 [これはわたしの用語] をつよくおそれていたのに対して、科学的根拠をもって、(本書序章の表現でいえば) 「もう、食べ物については心配しなくていい」と説明したことだといえる。そのような行動は、もし実際に危険があるならば、有害である可能性がある。しかし、いつも危険を強調するのがよいわけではない。ある種類の危険をさけることにとらわれすぎると、ほかの危険に対して無防備になるおそれがある。専門家がみんなそうなってはいけないが、安全言説をしめす人も必要なのだと思う。

また、本書に代表される早野さんの言動には、いわば「統治者」の観点が感じられることがある。「統治者」という表現は、「当事者」と音がちかすぎるので (それをわざとつかったらしい評論もどこかで見たが)、あまりつかいたくないのだが、「為政者」ともちょっとちがう。統治する人とされる人がいるという構造でなく、人びとの行動が秩序だっている (混乱していない) 状態をつくって維持しようとしている人、というような意味だ。そういう人は体制の手先になる可能性があるが、早野さんは、すくなくとも自覚としては、民主党政権の手先でも自民党政権の手先でもない。むしろ行政に批判的で、行政のやらないことをやる義務感で動いた。わたしは、「統治者」の観点に立つことには危険があるが、その観点をもつだれかがいることは必要なのだろうと思う。東京大学にはそのような態度をとる人が出てきやすい文化があると思う (東京大学の教員がみんなそうだというわけではない)。

糸井さんによるあとがきの中に、野尻 抱介 さんが「糸井メソッド」と呼んだ、糸井さんの2011年のTwitterでの発言「ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。…」が出てくる。これには、現体制に批判的な人のあいだで、体制への臣従のすすめだという評判がたっている。わたしは、その批判がもっともだと思う面もある。しかし他方で、糸井さんという人への評価をはなれて、糸井さんのメッセージにはもっともな面もあると思う。危険性や悪意を強調する言説がメディアで増幅される状態は危険を大きくしてしまう。現実にスキャンダルというのがふさわしい事態があれば、スキャンダルとしてつたえるべきではあるが、スキャンダラスな表現をするべきではないのだろうと思う。

【本書と直接の関係はないが、同じころ、わたしがネット上で見た糸井さんの発言がいくつか気にかかった。
ひとつは、消費生活相談員の 平林 有里子 さんとの対談で、詐欺的商売への注意をよびかけたものだ。その内容をわたしはもっともだと思ったし、糸井さんがそれをひろめるのはよいことだと思った。
もうひとつは、東日本大震災後の被災地支援にかかわる「ふんばろう」というキーワードの団体をひきいていた 西條 剛央 さんを好意的にとりあげていたことだ。西條さんの行動については、別の形で被災地支援にかかわっていた科学史家の佐藤 賢一さんが Twitter やブログ記事で批判しているのを見て、わたしには評価はむずかしいものの佐藤さんの批判がもっともだと思い、糸井さんには西條さんの評判を高めることはしないでほしいと思った。】

1章 なぜ放射線に関するツイートを始めたのか
早野さんは、放射性セシウムが原子炉の外で検出されたという報道を見てから、東京電力、県、市町村のデータをグラフにしてTwitterで発信した。自分が理解するために複数の源からのデータをまとめたりグラフ化することが必要だったのだろうし、同様に思ったが自分で作業する時間のなかった人が、早野さんの発信は有益だと思った。それで、Twitterでの早野さんの「フォロワー」が15万人になった。資料を集めて発信する人どうしの協調活動もできた。

早野さんは、放射線について、個人的な体験にもとづくものさしを持っていた。(それが思いこみの原因となって危険なこともありうることは自覚している。) ひとつは、医療用 CT で被ばくしていること(これはメリットとデメリットを比較して受けた)。また、飛行機に年10往復以上のっていること。もうひとつは、素粒子・原子核関係の実験物理学者として放射線にかかわっていること。そのなかで、1973年に中国の水爆実験で汚染された雨にぬれた人から放射線が検出されたこと。核実験による環境放射線については、気象研究所による継続測定がある。それによる健康被害は報告されていない。

2章 糸井重里はなぜ早野龍五のツイートを信頼したのか
章の題名になっている問いの答えは、「叫ぶ人」ではなく、根拠明示をこころがけているからだ。

あとは早野さんが2011年3月ごろに考えたこと。
核燃料が再臨界 (核分裂の連鎖反応の再開) をおこす心配があり、もしそうなると東京などにも被害がおきるおそれがあった。
東大工学部は 4月は授業をしないと決めたが、東大理学部は、4月に授業をやり、東北大学の学生を暫定的に受け入れる、と、判断がわかれていた。
燃料棒のまわりにじゅうぶんな量の水があれば再臨界のおそれはないと判断できるのだが、東京電力の発表がまちがっていたばあいもあって(水位計の故障で、おそらく意図的うそではない)、情報を監視しつづける必要があった。

3章 福島での測定から見えてきたこと
早野さんの回顧。

まず人の内部被ばくのこと。
食べものの放射線検査のうち、学校給食の「陰膳調査」が、1950年代終わりから続いていたが「事業しわけ」で止まっていた。早野さんがポケットマネーで再開させた。2012年から文科省事業になった。
行政がいろいろな食品の検査をした。米の規制値は2012年4月から100 Bq/kgという非常にきびしい値になった。ときどき超過は出るがその袋の米は流通していない。
人体から出る放射線をはかる Whole Body Counter (WBC) という機器がある。早野さんは、2011年7月に、坪倉 正治 [まさはる] さんと宮崎 真 [まこと] さんという2人の医師から相談を受け、福島県にあったすべてのWBCの動作をしらべた。ベラルーシ製の WBC については、ゼロ点がずれていたことを示した。数万人のデータをまとめた論文を書いた。
同じ人をはかりつづけると、放射線量は心配しなくてよいレベルまで減っている。ただし野生動植物を食べている人は例外だ。
主治医のたちばで個人に向けてならば「年間5万ベクレルまでは食べてもよい」と言える。しかしおおやけにそのように言えるわけではない。

外部被ばく対策には、個人用積算線量計が使える。メーカーに、1時間値を読み出せるようにソフトウェア追加開発をしてもらった。

【2016年と2017年に宮崎さんと早野さんの連名で出された論文について、2020年に不正が指摘され、論文は取り下げ扱いとなった。問題点はいくつもあるが、わたしからみて重要なのは、行政が配布した個人線量計のデータのうち各人の了承が得られたものだけを使うと約束したのに、全員のものを使ってしまったことだった。
論文は、個人線量と空間線量を関係づけるものだった。そのような研究には、学術的動機のほかに、行政からの、立ち入り規制の変更を、予想される個人線量にもとづいてしたいが、それを空間線量の観測値から推定したい、という動機があると思う。道義的観点から、そのような研究をしてはいけないということはないと思う。しかし、個人線量計が配布された目的は個人の判断を助けることだから、他の目的への利用は許諾が必要だとするのはもっともだ。あとはわたしの想像にすぎないが、許諾しなかった人のうちには、行政目的に使われたくない人もいたかもしれないが、研究の質を高めたいたちばから自分の測定値が不適切なので(たとえば線量計を家に置いて外出したことがあったので)使われたくないと思った人もいたかもしれないと思う。
宮崎・早野論文とそれ以後のことはこれでとめておく。】

4章 まだある不安と、これから
早野さんの考え。

福島県の調査によれば、2013年、避難地域に住む人の半数が、被ばくの影響が遺伝すると考えている。その心配がないことは、科学的根拠をもって言っていく必要がある。

甲状腺ガンについて。事故直後に測っていないことは痛恨だ。子どものスクリーニング調査がおこなわれた。ガンが、もともとあったか、検査したから見えたのか、放射線の影響か、判断困難だ。今後の検査で決着がつくだろう。甲状腺ガンは進行が遅いので、あるならば見つかるのがよいといちがいにいえない。

5章 ベビースキャンと科学の話
従来の WBC は乳幼児を測定することができない。科学者の判断としては、同じものを食べている親をはかれば、代謝の速い子どもの体内蓄積量はそれより少ないはずなので、乳幼児を直接はかる必要はない。しかし、不安を解消してもらうために有用と判断して、乳幼児用のWBCを開発した。

ここから、自然界に存在する放射性元素であるカリウム40の話、元素がどのようにしてできたかの話、さらに、科学全般の基本的な態度の話になる。

6章 マイナスをゼロにする仕事から、未来につなげる仕事へ
早野さんは、スーパー サイエンス ハイスクール事業への協力をきっかけとして、福島の高校生をCERNにつれていったり、フランスの高校とつないだりした。

フランスでは、「福島には人が住めなくなった」というイメージがひろまっていたので、それを破りたいという動機もあった。【早野さん側からみればまちがった認識をただすことなのだが、社会へのはたらきかけなので、教育活動の一環でやることにはあやうさもあると思う。】

あとがきで早野さんは、科学は「混乱した状態から、より真実に近いと思える方に向かって、手続きを踏んでいく」ものだという。この本の題名も、福島県の住民をふくむ多くの人たちに、自発的によりよい知識を得ようとする態度をもってほしいという考えのあらわれなのだと思う。
【しかし、いまの科学の知識には前提となることがたくさんあるから、専門家がしろうとに正しい知識をもってもらおうとすると、一方的におしえることが多くなり、多くの人が科学的知識は専門家がしろうとに与えるものと思うことはさけがたい。(そこから、専門家の権威をみとめる人と、権威者のようにふるまう専門家を民衆の敵とみなす人にわかれるだろう。) むずかしい問題だが、よりよい道は、専門家としろうとのあいだのいろいろな中間段階をつくっていくことかと思う。】

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

植木 雅俊 (2020) 法華経とは何か

  • 植木 雅俊, 2020: 法華経とは何か — その思想と背景 (中公新書 2616)。中央公論新社, 314 pp. ISBN 978-4-12-102616-3.

2020年11月の新刊。わたしは12月に買い、2月に読んだ。

わたしには、「南無妙法蓮華経」をとなえる人が親戚にはいたが、直接の影響はうけなかった。そして、法華経というものが存在することは意識しているが、内容は知らないままきた。学生のとき(もう40年まえ)、岩波文庫の『法華経』3冊を買ってはみたが、読みすすめなかった。最近あらためて思いたった。日蓮を開祖とする宗派の人ではなく、しかし日蓮に対して否定的ではない人による解説を読みたいと思った。そこに本書が出た。同じ著者の『仏教、本当の教え[読書メモ]を知っていたので、これを読むことにした。

– – –
著者は、博士論文になった研究で、法華経をサンスクリット原文にもとづいて引用した。その後、8年をかけて、サンスクリット原典全体を訳し、サンスクリット・漢文 (鳩摩羅什 [クマーラジーヴァ] 訳) ・日本語の対訳で出版した。それは原文テキストをきちんと読みたい研究者むけの訳文なので、日本語として読む人むけの訳文もふたとおり出した。

漢文題名の「妙法蓮華経」の「妙」は鳩摩羅什の用語として「もっともすぐれた」という意味だ (そして、岩波文庫版の訳者の岩本 裕氏による「正しい教えの白蓮」は誤訳だ) という著者の主張は、わたしはすでに『仏教、本当の教え』で読んでいた。

著者によれば、法華経のことばには かけことばが多い。そういう箇所について著者は両方の読みかたをくみあわせた解釈を提示する。とくに「常不軽菩薩」の名まえについては、{能動、受動}×{肯定、否定} の4とおりの全部をくみあわせた解釈を提示する。わたしは、法華経の作者はそこまで考えて表現したのだろうか、と疑問に思う。(当時の口語でなく文語のサンスクリットで作文したのだから、修辞を考えたことはありうるのだが。) 作者の意図を推測する問題には答えが出そうもないから、存在する経典から出発してそのすぐれた解釈を考えることのほうが有意義かもしれないが。

– – –
法華経がつくられた事情について、本書の記述にしたがって、わたしなりにまとめてみる。

法華経は、西暦1世紀末から3世紀はじめごろのあいだに、「西北インド」(これは本書の表現。代表的場所としてガンダーラをふくむ) でつくられたと、(記述内容をもとに)推測されている。

当時、仏教は部派にわかれ、いちばん強い宗派は「説一切有部」だった。「大乗」の人びとから「小乗」とよばれていたのはこの説一切有部だった。

釈尊の生きていたころの仏教は、信徒を{出家、在家}×{男、女}の4つの集団にわけ、いずれをも尊重していた (すぐれた仏弟子とされた人のうちに、女の人も、在家の人もいた)。しかし、説一切有部などの部派は、ブッダのさとりを得るのは非常にむずかしいことだとし、それへの道を、男の出家修行者にかぎってしまった。部派の中の改革運動として「大乗」がおこった。その主張は、だれでも (それをめざせば) ブッダになれるというものだった。ただし、そこから「小乗」の修行者を排除するという差別をふくんでいた。法華経にあらわれた理念は、その差別をも「止揚」するものだ[この表現は近代語]。大乗と小乗を統一しようとしたものだともいえる。

【実際には「小乗」とよばれた人たちの多くは態度を変えず、法華経の成立は大乗という運動の中のできごとだったのだと思う。しかし、法華経の成立をきっかけに、大乗という運動の性格が、「小乗」への批判をおもな動機とするものから、普遍宗教をめざすものにかわったのだろうと思う。】

女の人が、菩薩 (将来ブッダになりうる人) とみとめられることは、漢訳の「二十八品」の構成でいうと「勧持品 第十三」で明示されており、さらに、鳩摩羅什よりもあとの時代につけくわえられた「提婆達多品 第十二」の竜女の事例でもしめされている (「変成男子」は法華経の思想にとって必要なことではなく、女性差別的先入観をもつ人びとへの説得の手段だった、と著者はみる)。

– – –
現在の法華経のうち、第二十三品以後の内容は、焼身供養、巨大化した如来や菩薩、観音信仰、ダーラニー(呪文)、神力による奇跡、普賢信仰、という、それぞれ、法華経本体の思想とあわない内容をふくんでいる。大乗の運動が多くの人をとりこむうちに、その人たちの信仰が経典にとりこまれたにちがいない。

【わたしは、いわゆる「観音経」にふれる機会が多く、これは歌だ、芸術作品だ、とは思ったが、それが法華経の部分であることは、岩波文庫でたしかめたものの、納得がいかなかった。学者が見ても、本体の思想とはちがった追加物だ、と確認できて、よかった。】

– – –
大乗でいう菩薩のおこないには、さとりを得ることをねがうことがふくまれているが、それだけではない。生活の規範としては、どう行動したらよいのだろう?

著者は常不軽菩薩を重視している。かけことばの問題はあるが、「常不軽」のおもな意味は、漢訳のとおり、「どんな人をも軽んじないこと」なのだろう。

また、著者は、常不軽菩薩に対する聞き手として出てくる「得大勢」が他の経典でいう「大勢至菩薩」であることに注目し、法華経の作者は、「智慧の光で一切を照らす」大勢至菩薩よりも、人間対人間の対話をする常不軽菩薩のほうに高い価値をみとめていたとする。(本書には、著者の価値判断と、法華経の作者の価値判断 (についての著者の推定) とを区別しない書きぶりが多く、ここもそうだと思う。)

しかし、常不軽菩薩が、すべてのあいてを尊重しながらよびかけた内容は「菩薩としての修行を行いなさい」だそうだが、もし菩薩行が常不軽菩薩のようにふるまうことだとすれば、話が再帰的になってしまう。しかし、再帰的だから空虚だとはかぎらない。「なにごとをおこなうにも人を尊重せよ」という規範だと考えることはできる。(「人を軽んじなければできないことをするな」という規範もふくんでいるのかもしれない。)

【具体的な行動は各人の職業そのほかのたちばによるから、普遍宗教の経典では表現しにくいのかもしれない。宗教者の現場での説教にあらわれるのだろうか。音楽にたとえていえば、楽譜を見てもわからず、演奏をきく必要があるのだろうか?】

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

松本 三和夫 編 (2021) 科学社会学 (暫定メモ 専門知と社会、環境運動と科学者)

  • 松本 三和夫 編, 2021: 科学社会学。東京大学出版会, 244 pp. ISBN 978-4-13-052029-4.

2021年2月の新刊。一見、「科学社会学」という専門 discipline の教科書のように見える。内容はそうではない。編者は、社会学の subdiscipline である科学社会学という discipline があるべきだと思っているにちがいないのだが、それは確立していないのだ。本書はそれにむかう一段階としての論集にちがいない。

科学・技術を人間集団のいとなみとして研究する、あるいは、科学・技術と社会とのかかわりを研究する学問分野としては、科学技術社会論とよばれるものがあり、日本では「科学技術社会論学会」(STS学会) が2001年からある。STS学会はさまざまな discipline 出身の人があつまる学際的な場だ。そういう場にも、すくなくとも、どんな問題が話題になっているかを知るうえでの意義はある。しかし、研究の材料と方法から結論をみちびく筋道はどれだけしっかりしているか、研究成果にはどのぐらい普遍性があるか、などの研究の質にたちいった議論になると、disciplineの背景知識のちがう人の間では評価を共有できないこともある。学問の質を高めるのには、discipline の場も必要なのだろう。編者は、1988年から主宰してきた「科学・技術と社会の会」を発展的解消して、2012年に「科学社会学会」http://www.sssjp.org/ をつくる中心となった。『年報 科学・技術・社会』はその学会誌となった。

本書の章立ては次のようになっている。執筆者名を「/」のあとに示した。
1章 科学社会学の見取り図 — 研究事始めから「第三の波」まで /松本 三和夫
2章 科学社会学と構築主義 /立石 裕二
3章 専門知と社会 — 科学論の「第三の波」論とそのゆくえ /伊藤 憲二
4章 リスク論と科学社会学 — 社会的合理性論とその問題 /小松 丈晃
5章 国策学問と科学社会学 — 原子力工学を例に /寿楽 浩太
6章 環境運動と科学者 — 科学社会学の視点から /定松 淳
7章 科学社会学と科学技術史 /佐藤 靖
8章 医療社会学と科学社会学 /山中 浩司
9章 科学知・メディア・ジャーナリズム /田中 幹人

執筆者には、社会学者として科学社会学をやっている人もいる (かつて編者の指導をうけた人も、そうでない人もいる)。しかし、伊藤さんと佐藤さんは科学史家、田中さんは科学ジャーナリズム研究者であり、ふつう科学社会学者とはよばれない。ただし、専門を1人1つにかぎる必要はないから、この人たちも科学社会学をやっていると言ってよいのかもしれない。

わたしはまだ全体を読んでいないが、ひとまず第3章と第6章の読書メモを出しておく。

3章 専門知と社会 — 科学論の「第三の波」論とそのゆくえ /伊藤 憲二
わたしは2009年に、伊藤さんによるブログ記事で「第三の波」論を知った。それはおもに Collins と Evans の 2002年の論文にもとづいた議論だった。わたしは 2007年に出た本 Rethinking Expertise [読書ノート] [日本語版読書メモ]をおもに読んだ。今回、伊藤さんは、2002年の論文を基本に議論をすすめているが、それに対する批判や、それ以前・以後のCollinsの著作も読んで
論じているので、わたしにとっては、これまでよりよい見通しが得られた。

見通しがよくなったことのひとつは「problem of extention」、伊藤さんの訳語では「拡大性の問題」のところだ。Collinsたちのいう「正統性の問題 (problem of legitimacy)」は「第二の波」の主張だ。それは、民主的手続き、市民参加をもとめるものになる。「第三の波」では、それの行きすぎを批判し、problem of extention におきかえる。専門家のやくわりをどこまで拡大すべきかという規範的な問題があるのだ。

また、Collinsたちが、学問を「通常科学」「ゴーレム科学」「歴史的科学」「再帰的歴史的科学」と分類したことには、わたしはこれまで気づいていなかった。(本書のその話題の段落に出典記述がないのであちこちさがしてしまったが、章全体の基本文献である2002年の論文に書いてあったのだった。)

その「再帰的歴史的科学」の事例として地球温暖化(にかかわる科学)をあげている。地球温暖化の対策にかかわる専門知の全体をさすならば、それはもっともだ。

しかし、わたしから見ると、地球温暖化の科学は一枚岩ではない。大気中の二酸化炭素濃度が高いほど地上気温が高くなるという知見は(ひとまず雲の変化が重要でないとすれば)すでに通常科学だと思う。雲の変化をふくめると定量的不確かさが大きいが、不確かさの見積もりをうまくつかえば有用な知識だ。Collinsのいう「ゴーレム科学」の例だろう。それは、一回かぎりの地球史上の気候変化をあつかう歴史的科学の材料にもなるし、一回かぎりの歴史であり人びとの意志によっても変わりうる今後の気候変化をあつかう再帰的歴史的科学の材料にもなる。

地球温暖化の科学にかかわる専門家の集団は、一つの専門的暗黙知を共有する集団ではなく、多数の分野からなっている。

伊藤さんも3章4節(72ページ)で書いている。「複数分野の専門知と、専門知を持たないが、問題とかかわりのあるステークホルダーや、その他の仲介者・翻訳者たちが協力行動を行い、それによって問題を解くための専門知をうまく組み合わせる必要が生じるかもしれない。」

【ここから、本書の文脈をはなれて、わたしの考えになるが、】それがうまくはたらくためには、ある分野の「分野貢献的専門知」(contributory expertise) をもつ人が他の分野の「相互行為的専門知」(interactional expertise) をもつことによる連鎖が必要だと思う。(となりあった分野ならばそれが自発的におこるが、大きくちがった専門的暗黙知をもつ分野間でそれをおこすためには、それを意図した努力が必要だろう。)

Collins & Evans の議論は、それぞれの課題に対して1種類の専門家集団としろうとがいる状況のものになりがちだった。そして、これまでの「相互行為的専門知」の議論は、専門家としろうととの間の話になりがちだった。複数の専門家集団の間の「相互行為的専門知」や協力行動を研究する人がふえてほしいと思う。

6章 環境運動と科学者 — 科学社会学の視点から /定松 淳
わたしは、立石 (2011) の本を読んでから、その本の話題のほかの環境問題についての科学者のかかわりかたを知りたいと思い、定松 (2018)の本を読もうと思っていたのだが、まだ手をつけることができないでいた。おそらくその本の論点のいくつかがこの章にもあらわれているのだと思う。

これは、埼玉県所沢市で1995-1997年ごろにおきたダイオキシン問題をあつかっている。

(わたしはダイオキシン問題をおいかけなかったが、マスメディアを通して聞こえてくるのは極端な危険論と極端な安全論が多かったと思う。そして、いつか消えていったが、たまに、どちらかの極端な見解がむしかえされる。)

本章を読んでわたしなりに整理すると、これは、専門研究者と、住民たち (Collins & Evans流にいえば、体験に基づく専門家)という、ちがう関心でうごく人びとが、部分的に協力したことによって、問題解決に近づいた例なのだと思う。

住民は悪臭、目の痛みなどを感じ、その原因が産業廃棄物焼却だろうと推測した。そのなかでダイオキシンにも関心をもち、専門家を呼んだ。専門家は、大きな意味では環境汚染をへらすという社会的動機をもっていたと思うが、直接には、産業廃棄物の焼却からダイオキシンが出ている事例を知りたい という学術的動機で動いたのであり、この地域への関心は強くなかった。専門家の見たところ、すでに出ていた健康被害の原因は塩化水素かフッ化水素と思われた。(ダイオキシンによる健康被害が出たという主張はしていない。) 専門家がダイオキシン濃度の数値を出したので、住民はダイオキシンということばを運動のおもてにたてたが、そのねらいはダイオキシン汚染をなくすことではなかった。住民の活動は県の産業廃棄物行政の政策転換を求める方向に向かった。

(わたしの主観的価値判断として、住民の態度、測定をした専門家の態度、それぞれ、もっともだと思う。ダイオキシンだけに注目した報道と、それを受けてダイオキシンに対象をしぼった論争をしてしまった人びとが、まとをはずしていたと思う。)

文献

  • 定松 淳, 2018: 科学と社会はどのようにすれ違うのか — 所沢ダイオキシン問題の科学社会学的分析。勁草書房。[わたしはまだ読んでいない。]
  • 立石 裕二, 2011: 環境問題の科学社会学。世界思想社。[読書メモ]

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

Ya. I. Perel’man [ペレリマン] (1911, 1949 / 藤川 健治 訳編 1969, 1970) おもしろい物理学、続 おもしろい物理学

  • Ya. I. Perel’man, 1911, 1949 (14版), V. A. Ugarov 編, 発行年不明 (17版): Zanimatel’naya Fizika, I & II. [日本語版の訳者あとがきなどから推定した書誌情報。ただし第1部と第2部の情報をまぜてしまっている。]
  • ペレリマン 著, 藤川 健治 訳編, 1969: おもしろい物理学 (現代教養文庫 647)。社会思想社, 267 pp. [この読書メモでは「正編」とよぶ]
  • ペレリマン 著, 藤川 健治 訳編, 1970: 続 おもしろい物理学 (現代教養文庫 687)。社会思想社, 235 pp. [「続編」]

ソ連の科学読みものとして、わたしが子どものころに読んだ『たのしい代数』と同じ著者の本をほかにも見たおぼえがあるので、家の本棚をさがしたら、文庫本が2冊あった。(ただし、こちらは、自分が子どものころ読んだかどうか、記憶がはっきりしない。) 今はない社会思想社の現代教養文庫という文庫本だ。巻末の広告ページに同じ文庫シリーズの本の一覧があるが、約500件以上が売られていたのだ。科学読みものだけでも、ソ連だけでなく英語圏からの翻訳や、日本語での書きおろしもあった。

本書には原書の書誌情報がきちんとふくまれていない。続編のとびらの裏に原書の書名と著者名らしいものがあって、書名のはじめの語の字体が活字体と筆記体の中間でわたしには確実には読めないのだが、『たのしい代数』(こちらは標準的な活字体で書いてある)の題名のはじめの語と同じにちがいない。ここには出版社名や発行年はない。正編の「訳者のあとがき」に、「ソビエトのヤコフ・イシドロヴィチ・ペレリマンが著わした《おもしろい物理学》1部・2部のうち1部を翻訳編集したものです。」「1部がはじめて世に出たのは1911年で、いままでに17版をかさねています。… 14版目が出版された1949年には、著者はすでに世を去っていましたが… 他の物理学者によって必要に応じて改訂がおこなわれております。」とある。続編の「訳者のあとがき」には「…第2部を翻訳編集したものです。」とあり注として「原書は、著者の亡きあと V・A・ウガロフ助教授が責任編集した版を使用」とある [V, Aはキリル文字からわたしが翻字した]。

日本語版には、訳者がけずった部分がある。また、原書第1部の「音と聴覚」についての章は、日本語版では続編のほうにふくまれている。

内容は教科書的ではなく、さまざまな娯楽的読みもののあつまりで、1節の長さも文庫本で1ページから5ページぐらいまでまちまちで、節から節へ話がつづいているばあいも切れているばあいもある。

図が多い。2次元の説明用の図解もあり、3次元の物体を遠近法で表現したわりあい写実的な絵もある。濃淡を中間階調でなくハッチングで表現している。

物理の分野で分けると、力と運動、液体や気体の性質、熱、光、音、電磁気などをふくんでいる。

光と音に関連する話題として、いわゆる「目の錯覚」の話など、人の視覚や聴覚の話題がかなり多い。これは物理というよりも生理あるいは心理の話題だと思うのだが、まだ物理を学んでいない子どもの光や音への関心をうけとめるためには、同じ本に入れておくのがよいのかもしれないと思う。

《永久機関》(このように引用符つきで書かれている)の話題が多い。だれかがこれは永久運動をするという理屈をとなえたが実は動かないのだという話だったり、永久機関というふれこみで実演されたものには隠されたしかけがあったという話だったりする。熱力学の法則を法則として論じるのではなく永久機関が不可能だという形で読者の印象に残そうとしているのだと思う。「水飲み鳥」などいくつかのものは、動作のみなもとはまわりの空気の熱であり【熱的不均一性であるというべきかと思うが】、《無料の機関》ではあるが永久機関ではないとされている。

折りかえしのあとに 目次をつける。
Continue reading

宇根 寛 (2021) 地図づくりの現在形

  • 宇根 寛 [ひろし], 2021: 地図づくりの現在形 — 地球を測り、図を描く (講談社選書メチエ 741)。講談社, 256 pp. ISBN 978-4-06-522384-0 (ページ数とISBNは紙版のもの)。出版社ウェブサイトのこの本のページ https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000349168

2021年1月 (わたしが買った電子版は2月) の新刊。同じシリーズで横書きの本も見かけたが、これは縦書き。

著者はながらく国土地理院につとめた人で、本書の著者紹介によれば2019年に退職している。本書の大部分は、国土地理院のしごとの紹介になっている。著者は、長谷川 直子 編 (2018) 『今こそ学ぼう 地理の基本[読書ノート]に分担執筆している。そちらの内容は本書相当の内容から教育用によりぬかれたものとみることができるだろう。【わたしは、2000年まで地理学コースの教員をしており、その最後の年に地図学の授業を分担したのだが、そのころで知識の更新がとまっていた。本書によって更新することができる。】

著者は、地図がすきでそれを職業にしてしまったのだが、地図自体を趣味にしている人とはちょっとちがって、地図がこの地球上のものごとの表現であることがだいじなのだ。第1章で地図とは何かを論じたところで、架空の場所の地図をはずしている。【このあたりの概念のひろがりには個人差があると思う。わたしは架空の地図も地図といいたいことがある。ただし、それは自由奔放な空想の産物ではなく、現実世界の地形や土地利用がしたがうのと同じ法則性にしたがっているものにかぎりたい。これは架空地図に対してはきびしすぎる要求かもしれない。】

地図の基本には測量がある。第2章では、近代的測量のはじまりから話をはじめている。第3章は今の地図の基本となる測量の話。基準点の位置ぎめは、ながらく三角測量だったが、いまではGNSS (GPSをふくむ衛星群) によるものにかわっている。高さをきめる水準測量は今もつかわれている (GNSSで3次元の位置決めができても、重力に垂直なジオイド面との位置関係を求める必要があるのだ)。面的にひろがるものごとをとらえるには写真測量をつかう。日本全国をおおう基本地図は、ながらく2万5千分の1地形図だったが、2009年からは「電子国土基本図」というディジタルデータベースを基本とするようになった。(第6章で説明があるのだが、このデータベースの空間的くわしさは全国均一ではなく、都市計画地域では2500分の1地図相当だが、その他の地域では2万5千分の1地形図相当である。)

測量は地図づくりのほかに地殻変動を知るために重要だ。第4章では国土地理院でおこなわれている地殻変動の監視についてのべている。

第5章は、おもに国土地理院でつくられている(紙の)地図の紹介。大きく一般図と主題図にわける。一般図としては1万分の1、2万5千分の1、5万分の1の地形図のほか、縮尺(をあらわす分数)が小さく広い領域をカバーする地図がある。主題図としては、土地利用図、地形分類図、活断層図などをあげている。国土地理院以外の組織がつくっている地図として、地質図、現存植生図、海図などにふれている。

第6章。今では紙の地図よりもむしろディジタル情報の提供のほうが重要な業務になった。インターネットのウェブ上の国土地理院の地図サービスは2003年からはじまり、2013年から「地理院地図」という名まえになった。この章でこのウェブサービスの多彩な使いかたを紹介している。

第7章は、災害との関係で、地図や測量はどのようなはたらきをするか。
まず、災害が発生したときの役わり。(本書の項目を引用しておく。)
(1) 災害の全体像を迅速かつ正確にとらえること
(2) 国土の変化を精密に把握すること
(3) 復旧・復興のための基準を提供すること
(4) 災害を分析し、次の災害に備えること
また、日常から自分の地域ではどんな災害がありうるかを知っておいたほうがよい。(こちらは項目の引用ではなくわたしの表現にしておく。) 地球内部に由来するもの、大気・水圏に由来するものをふくめて、自然災害をもたらす現象は、地形を変える営力でもあり、過去のその働きは地形にあらあれていて、地形分類図、活断層図などはその情報を地図にとりだしたものだ。災害がおこる可能性を評価した「ハザードマップ」がつくられていることもある。また、過去の人による災害の記録も参考になるので、地理院地図には自然災害伝承碑を示すようにしている。

ここまではほとんど日本国内の話題だが、第8章は世界にひろがるいろいろな話題。地球を地図に表現するにはいろいろな地図投影法がつかわれそれぞれ長所短所があること。世界規模の測量にはGNSSのほかVLBIという技術がつかわれていること。「地球地図」プロジェクトが1996年から2016年まで日本の国土地理院がせわ役となっておこなわれたこと。国がつくる地図であることからくる問題点。測量や地図づくりに関する国際協力(著者がJICA専門家としてケニアやカンボジアに派遣されたときのことなど)。

第9章は、地図についての測量法や著作権法などの法的ルール、地図はどこで手にいれられるか、などの話。国土地理院のウェブサイトから提供されるデータはオープンデータとされているが、いくつかまもるべき約束がある。

【本書の内容とは関係ないことだが、わたしは本書は BookWalker の電子版を買った。買ってから気づいたのだが、BookWalkerの「ビューア」ソフトウェアには、文字列検索機能がない。2017年に開発がとまっているWindows版にないのはしかたがないとしても、開発がつづいているブラウザビューアにも見あたらなかった。電子版にしたのは文字列を検索してそこにとぶ読みかたをしたかったからなのだが、あてがはずれた。同様な電子版でも、紀伊国屋書店のKinoppyには検索機能があるので、そちらにすればよかったと後悔した。】

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

日本リスク研究学会 (2019) リスク学事典

  • 日本リスク研究学会 編, 2019: リスク学事典。(The Encyclopedia of Risk Research). 丸善出版, 804 pp. ISBN 978-4-621-30381-8.

2019年6月の新刊。A5判 横書き 804ページ、ペーパーバックではないがハードでもない表紙、箱型ケース入り。内容は、1項目あたり見開き2ページまたは4ページ。

編集者のひとりである人がネット上で宣伝しているのを見て、しばらくまよったすえに、2019年9月に買った。リスク論についてなにか資料がほしいと思っていたのだが、教科書的なものを複数もっても読みきれないだろうから、これ1冊がよいだろうと思ったのだ。しかし、1冊でさえ、わたしは管理しきれず、買ってすぐ目次の書きぬきをしたあと、見うしなっていた。2021年2月に掘り出してながめてみた。

この10年ほど、専門書の出版がさびれているうちで、専門分野別の事典 (用語の意味の説明の「辞典」ではなく、短い解説をあつめたもの)だけがつぎつぎにあらわれているような気がする (かぞえておらず主観的な印象だが)。出版社として、わたしの印象にあるのは、丸善出版 (文科系も理科系も) と 朝倉書店 (理科系) だが、ほかにも (とくに文科系の事典を出しているところが) あるはずだ。出版社主導で編集委員会を組織するばあいもあるが、学会主導で、学会の旗あげ企画として、学会員で書ける人が総出で、という感じのものもある。『リスク学事典』は、日本リスク研究学会の編集で、わたしは今回はじめて存在を知ったのだが、出版情報をしらべてみると、出版社はちがうが、編者はおなじ学会で、2000年、2006年に出ていた。2006年のものは2000年のものの増補改訂だが、今回はあらたなものとして企画されたらしい。

読者が自分にとってあたらしい専門分野の知識を利用したいとき、たくさんの本は読みきれないし検索もむずかしいので、分野ごとに1冊にまとめる意義はあるのだろう。しかし、このやりかたの限界も感じる。(別の事典で執筆者になって感じたのだが) 項目ごとのページ数の制約がきびしすぎると思う。近い将来には、このスタイルの事典は、オンラインコンテンツとするのがよいと思う。ただし、あまりに頻繁に更新されるウェブページでなく、変更不可の文献アーカイブでもなく、ゆっくりと改訂されるのがよいと思う。本書は (2021-02-08現在) 図書館が契約する電子図書としては出ているのだが、個人むけに売っている電子図書としては見あたらない。そちらでも出してほしいと思う。

章だてはつぎのようになっている。

  • 第一部 リスク学の射程
    • 第1章 リスクを取り巻く環境変化
  • 第二部 リスク学の基本
    • 第2章 リスク評価の手法: リスクを測る
    • 第3章 リスク管理の手法: リスクを最適化する
    • 第4章 リスクコミュニケーション: リスクを対話する
    • 第5章 リスクファイナンス: リスクを移転する
  • 第三部 リスク学を構成する専門分野
    • 第6章 環境と健康のリスク
    • 第7章 社会インフラのリスク
    • 第8章 気候変動と自然災害のリスク
    • 第9章 食品のリスク
    • 第10章 共生社会のリスクガバナンス
    • 第11章 金融と保険のリスク
  • 第四部 リスク学の今後
    • 第12章 リスク教育と人材育成、国際潮流
    • 第13章 新しいリスクの台頭と社会の対応

リスク学は、専門教育のディシプリンとしてかたまったものではない。学会をつくる程度の共通関心はあるが、用語体系はかならずしも共通ではない。そこを、ある程度は共通化させようというのが総論的部分(第1, 3, 4部)、共通化しなくてもいいから応用例をしめそうというのが各論的部分(第2部)だろう。

総論の章の執筆者は、わたしは直接のつきあいはないがリスク論の人として名まえを知っている人が多い。

第2部の各章の副題は、編者たちのリスク学の体系化をめざす考えを反映しているのだろう。4つの章の構成は、いわれてみればもっともだと思う。ただ、「リスクを対話する」という日本語表現はもうすこし考えてほしかったとは思う。また、わたしは、「リスクを移転する」を「リスクファイナンス」で代表させてしまっているのを、不満に思う。地域間の移転にしても、世代間の移転にしても、金融・投資のやくわりもたしかにあるとは思うが、貿易や、危険物を封じこめることなど、物体にともなう移転もあるだろう。(第3章の「リスク管理」の中ですでにあつかわれているかもしれないが、まだ確認していない。) ともかく、「リスクを移転する」という主題は、これからもっと探究するべきだと思う。

各論のうち、わたしがなじみのあるのは、自然災害と、気候変化 (地球温暖化)とに関する第8章だ。リスク論の人でなく災害や地球環境が専門の人としてわたしが知っている人たちが書いている。「リスクとレジリエンス」「残余のリスクと想定外への対応」だけが総論的だ。あとは、自然災害や気候変化対策についての、そちらの専門の入門的文献に書かれていることの要約に近いもので、リスクということばはでてくるが、かならずしも総論的な章でしめされたリスクの概念の応用として書かれてはいないと思う。1項目2ページまたは4ページでは、応用される分野での問題を読者にわかってもらうことで文字数がつきて、リスク論の体系にそって論じるのはむずかしいのだろう。

(応用対象分野の用語を、リスク論の総論の概念体系でいいかえた説明がほしいと感じるが、それは事典ではなくて、著者・編者が名まえをおもてに出す教科書的な本に期待するべきなのだろう。)

専門外で名まえを知っていた人として、「6-17 ワクチンと公衆衛生」の 村中 璃子さんは、人選がうまくないと思った。HPV (いわゆる子宮頚がんウイルス) のワクチンの推進論の advocate であることがあきらかな人が、その話題をふくめて書いている。論争中の主題は、論争を外側からとらえられる人に書かせるか、推進論・反対論を並列に置くかするべきだと思う。編集委員の側で話題を定評がさだまったワクチンの話に限定して、writerとしての村中さんに書いてもらう、というのならば、適任かもしれない。「10-15 疫学的証明とリスクガバナンス: 水俣病事件」の 津田 敏秀 さんは、疫学の学術的実績のある人だし、水俣病問題ならば適任だと思う。ただし (本書の実際とはちがう仮定の話だが)、もし低線量放射線ひばくのリスクをとりあげ、その論争の一方の主張者である津田さんを起用するのならば、村中さんのばあいと同様な問題があると思う。(このような不満は「事典」だから感じるので「論集」なら気にならないかもしれないが。)

【地球温暖化も論争中の主題だろうと言われるかもしれない。わたしは、地球温暖化の科学的見通しに関するかぎり論争中と考える必要はなく、温暖化懐疑論を並列にとりあげる必要はないと思う。しかし、温暖化が人間社会にもたらすリスクの大きさの見つもりについてならば論争中というべき状況であり、それが大きいことを強調する advocate も、小さいことを強調する advocate も、事典の執筆者には不適任だと思う。】

折りかえしのあとに 目次をつける。項目ごとに執筆者の名まえを「/」につづく形でつけた。
Continue reading

中村 敏子 (2017)トマス・ホッブズの母権論

  • 中村 敏子, 2017: トマス・ホッブズの母権論 — 国家の権力 家族の権力。法政大学出版局, 304+11 pp. ISBN 978-4-588-62533-6.

2017年2月の新刊。新刊の本の情報を見ていて見つけた。Hobbes については、自然哲学者としての面にも関心があったが、まず政治哲学者としての面の概説書 田中 浩 (2016)『ホッブズ[読書メモ]を読んだところだった。Hobbesの政治思想のなかで家族や性別がどう位置づけられているか、これまで知らなかったので、知りたくなった。店頭で実物を見て、わかるところだけでも価値があると判断し、買って、読みとばしぎみで読んだ。しかし、政治思想史の専門書なのでむずかしかった。Hobbes について著者のいいたいことのおおすじはわかったと思うが、キリスト教思想やHobbes以外の政治思想家の思想についての論評はわかったとはいえない。

2017年2月中にとった不完全なメモを、文章の形をいくらかととのえて出しておくことにする。著者の議論を正しくとらえていないところもあるかもしれない。

Hobbesは社会の形成を自然状態からはじまると考える。自然状態には「万人の万人に対する闘争」だけでなく、男女がひかれあう性向があり、それで子どもができると考えている。しかし、自然状態では、結婚という制度がないので、男女の関係は一時的なものだ。子どもは母親のもとにいる。母は現実に子の生命を左右できるから、原初的支配権としての母権があると考える。母権は、生物としての母親であることでなく、子の生命を保護することによって生じる。父は子の発生にかかわってはいるが、子の母と持続的な関係を持っていないので支配権を主張できない (第4章第2節)。

男女が結婚という契約をむすぶのにともなって、女(=子の母)は子への支配権を男(=子の父)にゆずり、父権が成立する。『市民論』では古代ローマの法制度を参照し、結婚にunionとpartnershipがあるとする。Unionになると支配関係が生じ、子どもに対する支配権も支配者(家父長)がもつ。Partnershipならば独立性があり、母権は母権のままである。しかし、社会契約をおこなう段階でその主体は家父長とされている。母権が消えるところに理屈の飛躍がある。『Leviathan』では詳しい議論なしに家父長による社会契約へむかっている (第4章第3節)。

(ローマのfamiliaは家父長が支配する体制だった。法的構成物であり、家父長権は、生物としての父親であることではなく、子などをfamiliaのメンバーとして認めることによって生じた。女が結婚して実質的な家族に加わっても、familiaに加わる(被支配者になる)かどうかは別の契約だった。女は自分だけのfamiliaに属することもあった。しかし被支配者をもつ支配者にはなれなかった。(第5章))

【著者のいうことをもとにわたしなりに考えると、Hobbesの哲学内的には、父への権限委譲の根拠はなく、母権でもよいとするべきなのだ。しかし、Hobbesという人の想像できることのひろがりから外的に社会契約の当事者が家父長に限定されてしまったのだろう。とくに、ラテン語で書かれた『市民論』はローマ法をふまえたから、社会的決定はfamiliaを代表する家父長によってなされるというローマ社会の固定観念がはいりやすかったと思う。】

キリスト教に根拠をもつ女性差別の思想としては、まず、女のほうが原罪が重いという考えがある。アウグスティヌス以来、キリスト教の伝統となった。プロテスタントとカトリックで同じではないが大きなちがいはない (第2章)。

【おそらくどの宗教でも、男の宗教修行者が、女が修行のじゃまになると感じることはあるだろう。それで、宗教の教義のうえで女が悪いものとされがちになったのだろうと思う。もし、女の修行者の言いぶんも同等に反映されていたら、教義は、女性差別にむかわず、性欲を制御するしくみを考えるほうにむかっただろう、と、願望ふくみで思った。】

しかし Hobbes の「原罪」解釈は、「人は、神の命令に違反するという罪に対して、楽園(永遠の生)からの追放という罰を与えられた」というもので、ここに男女差別は出てこない (第3章第1節)。

Filmer は Hobbes の同時代の人だ。父権、王権ともに、神がアダムに与えた権利に由来するとした。父権は生物としての父であることによって生じるとした (第6章)。

イギリスは、19世紀後半になっても、女性の参政権がなく、家族内での妻の無権利状態がつづいた (第7章)。

Locke は、国家を形成する社会契約への関与を男だけに認めた (第7章)。

Blackstone (1723-1780、OxfordのCommon Lawの教授)は、神や「自然」に基礎をおかず、契約によって妻は夫に服従するとした (第9章第1節)。

Patemanによる家父長制の分類 (第9章第2節)。

  • 伝統的家父長制: 家族における家父長支配から国家における政治的支配が発達する。
  • 古典的家父長制: 家族の父がそのまま政治的支配者であるとする。
  • 近代的家父長制: 契約論によって成立する (とされる)。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

中村 敏子 (2021) 女性差別はどう作られてきたか

  • 中村 敏子, 2021: 女性差別はどう作られてきたか (集英社新書 1052 B)。集英社, 190 pp. ISBN 978-4-08-721152-8.

2021年1月の新刊。わたしは 『トマス・ホッブズの母権論』(中村, 2017)を新刊で読んだのだが、これは政治思想史の専門書で、Hobbes に関する議論のおおすじは理解できたと思うが、キリスト教の伝統的思想の女性観やHobbes以外の政治思想家についての議論はよく理解できなかった。また、この著者が岩波文庫の『福沢諭吉 家族論集』の編者でもあることに気づいた。著者が Hobbes と 福沢への関心をどのようにつなげているのかに興味がわいたが、専門書には手をだす元気が出なかった。この両方が話題にふくまれた新書本が出たのでとびついた。

本書のまえがきでは、「ジェンダー」の考えをとらない、ということわりがきがある。著者の態度は、身体の特徴がちがう女と男がそれぞれ人間として生きていけることをめざすものなのだ。

本書をつうじて重要な概念は「家父長制」、男が家の長として権力をもち、他の家族を従属させることだ。Carole Pateman は、これを3類型にわけた。「伝統的 = 家父長による支配」、「古典的 = 父による支配」、「近代的 = 夫による支配」だ。

第1部は西洋、おもにイギリスをあつかう。ただし最初のキリスト教思想の特徴はイギリスにかぎらず西洋全体にかかわる。

キリスト教の伝統のなかには、根づよい女性差別の思想がある。カトリックでもプロテスタントでも大きなちがいはない。Augustinus に由来するところが大きい。創造説話で女が副次的とされた、「原罪」で女のほうが罪が重いとされた、そして、性欲が悪とされ、それが原罪とむすびつけられた (次の世代が生まれないといけないから、キリスト教の規範にしたがった結婚はよいとされるのだが)。

Filmer (1583ごろ-1653) は王権神授説を主張した。子どもがうまれるのは父親の力により、それは神からさずけられたものだとする。そして、父権 (家父長の権限) の延長に王権をおいた。

Lockeの社会契約説は、父権を否定し、王権を否定し、個人による社会契約を考えた。しかし、その個人は男だけが考えられていた。家庭は永続性のない仮のものとされた。そして、家庭で妻は夫に従属するものとされた。その後の政治思想の主流となった社会契約説がこのような男の支配の主張をともなっていたことによって、Patemanの分類でいう近代的家父長制ができて、近代社会にながく残ってしまった。また、そこで家庭が軽視されたことから、子どもを育て生命をつなぐことが、近代社会の目標として軽視された。

イギリスの Common Law には、coverture という法理があって、妻は夫の庇護下にあるとされ、独立した財産権をみとめられなかった。それは中世からあって、根拠は聖書とされてきた。Blackstone (1723-1780) は、結婚の契約によってそうなるというように根拠づけをしなおした。しかし、著者はPatemanにしたがって、結婚を近代法の契約ととらえるのは、つぎのような理由で、無理があると考える: 夫と妻のどちらのたちばをとるかの選択の自由がない; 解消が困難である (とくにBlackstoneの当時、離婚はみとめられにくかった); 肉体を使用することについての契約である。

Hobbes は FilmerとLockeのあいだの時代の人だ。Hobbes は社会の形成の話を自然状態からはじめる。そこには神は出てこない。原罪も出てこない。異性をもとめる欲情を悪とせず、人どうしの関係をつくる動機として位置づける。結婚の制度のない自然状態では子は母のもとにいるから、母権が生じる。これが、結婚の契約をする際に、夫に譲り渡されて、父権が生じる、と、Hobbes は考える。実際のHobbesは、familyの長は男であることを当然として、かれら(家父長)が国家を形成するとした。しかし、結婚を論じたところでは、権力をひとりに集中させる union のほかに、権力をまとめない partnership も想定している。Hobbesの思想は、潜在的には、女も国家の形成に参加する社会の構想になりうるのだ。また、Hobbesのいうfamilyは、生命をまもるための集団だ。Familyから構成される国家も、メンバーの生命をまもることを主目的とするものだ。

イギリスでは、産業革命で、夫が働き妻が主婦となる形の性別役割分業がよいとされる社会になった。ただし、これができるのは middle class であり、労働者階級では女の人が賃労働もするが女性の役割として家事をさせられることになった。

女性の法的権利のない状態に不満な当事者が運動した。まず、covertureで保護されない独身の女の人が参政権をもとめた。また、夫と利害の一致しない妻が権利を主張し、1882年に財産権をかちとった。(女性の権利運動の話題はもっとあるが、おいかけきれない。)

第2部では日本をあつかう。先近代と近代にわたるが、先近代の日本の事例は、わたしが気づいたかぎり、いずれも江戸時代のものだ。

江戸時代の日本では儒教が規範とされたといわれる。儒教は、キリスト教とはちがう理屈だが、それにおとらず男尊女卑の特徴をもつ。しかし、社会の実態はかならずしも儒教の規範にしたがっていなかった。先近代の日本は「家」の存続を基本とした社会だった。しかし、著者の見るところでは、それは明確な家父長制の体制ではなかった。「家」の「当主」と「女房」は、役割はちがうが、一方が全権力をもつ支配関係ではなかった。妻は家の財産管理にかかわった。同時代のイギリスにくらべて、妻の権限は大きかった。

【わたしは、2020年11月に、歴博『性差(ジェンダー)の日本史』の (展示を見には行かなかったのだが) 図録を読んで、江戸時代の日本は女の人の権限がせまい社会だったという印象をもったのだが、本書の論調はそれとだいぶちがうと感じた。ただし、歴博の図録でわたしの印象にのこったおもな論点は、中世(鎌倉・室町時代)には男女どちらでもかまわない役割が多かったが、近世(江戸時代)には男にかぎる役割が多くなった、ということだ。江戸時代の日本の女の人の権限は、中世の日本にくらべてせばまったが、同時代のイギリスにくらべて大きかったのであり、印象のちがいはおもに比較対象のちがいによるのだろう。また、本書が採用しない論点だが、江戸時代の日本社会はジェンダー役割規範が強かったことはたしかだろう。中にいる人のうちでもそれをよいことと感じるか抑圧と感じるかは人によっただろうと思う。なお、明治の近代化によって女性差別がつよまった面についての論点は、歴博も本書も同様だと思う。】

明治の政権によってつくられた家父長制は二つの別々の要素がまざっていた。ひとつは、戸籍法による、父系の「家」制度で、父権的家父長制だ。もうひとつは、フランスの影響をうけた民法による、近代的(夫権的)家父長制だ。

明治民法は、女が「戸主」となることをみとめた点では、(西洋)近代的家父長制が徹底していない。しかしそれは例外あつかいで、結婚したばあいは男が戸主となることにきめられていた。1880年には女でも戸主であれば選挙の投票ができたが、その後の立法で参政権が男にかぎられてしまった。

福沢諭吉は明治の政権とはちがう思想をもっていた。人間は男も女も「万物の霊」をめざすものだとした。「生殖機関[この文字づかいは原文のまま]」の違いをみとめたうえで、それを根拠とする差別をしない。従来の「家が基本で個人はその部品」という考えをとらず、個人が基本だとした。

産業構造の変化によって、性別分業が進んだ。一方で、男が勤めに出て、女は主婦となるという分業の形がのぞましいとされた。他方で、女もかせがなければならない状況も多かったのだが、女性労働者の職種が限定され、賃金の男女格差がつづいてきた。いまも、政治家や管理職に女の人がすくない状況がつづいている。

著者によれば、近代日本は 家父長制といっても (西洋とちがって、家庭は男が支配するものだという規範は強くなく)、会社などの社会組織(著者のいう〈大きな「家」〉)を男が支配している体制だ。そこで女性差別をなくしていくには、これまで「家族は私的領域、政治・市場は公的領域」と分断されていたものを統合していくべきだとする。また、社会保障の話題でつかわれていた、社会を考える3つのモデルをとりあげる。日本は、これまで世帯主モデルでやってきたが、変えていく必要があるだろうという。

  • 世帯主モデル (従来の日本) 専業主婦がいる。
  • 性別中立モデル (アメリカ型) 平等だが個人の責任。
  • 性別公平モデル (スウェーデン、オランダなど) 政治や市場によって不公平をへらす制度がある。

文献

  • 国立史民俗物館, 2020: 性差[ジェンダー]の日本史。国立歴史民俗博物館, 314+v pp. ISBN 978-4-86915-167-1.
  • 中村 敏子, 2017: トマス・ホッブズの母権論 — 国家の権力 家族の権力。法政大学出版局, 304+11 pp. ISBN 978-4-588-62533-6. [読書メモ (2021-02-07 追加)]
  • 中村 敏子 編, 1999: 福沢諭吉 家族論集 (岩波文庫)。岩波書店。[わたしは読んでいない。]

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

銀林 浩 (1975) 量の世界

  • 銀林 浩 [ぎんばやし こう], 1975: 量の世界 — 構造主義的分析 (教育文庫 8)。むぎ書房, 306 pp. [著者の名まえの読みかたは本書ではなくネット情報による。]

数量をあつかう地球科学をおしえるようになって、一般向けの本を見ると、算数・数学の題材をあつかう読みものはいろいろあるのだが、数学的概念を物理量 (や社会量) とを関連づけているものがすくないと思う。学問が専門分化し、数学の専門家が量をあつかわなくなってしまい、そういう人たちが初等中等教育の数学の教材をつくっているからなのだろう。数学の横ならびの、いわば「量学」が初等中等教育や一般向けの本にもっと必要なのだと思う。そんなことを、[別ブログ記事 2018-06-30 数学と数量的考えかたの教育について考えること]に書いた。

わたしは小学生のころ、算数の「水道方式」の本 (親むけのもの) を読んで、もっともだと思った。また、遠山 啓さんの数学入門書 (岩波新書やブルーバックス、水道方式に直接はかかわらないもの)を読んで、影響をうけた。また、1960-70年代の「数学教育現代化」の影響をうけ、自分の感覚にとりこんだ。(わたしは、1970年代はじめの中学で、当時の教科書よりも「集合」の考えかたをとりいれた、整数や有理数などの集合がどの演算について閉じているかを考えさせるような授業をうけたので、この傾向は人なみはずれて強いかもしれない。)

水道方式を推進した数学教育協議会(数教協)の関連で「量の理論」というものがあるということをどこかで知ったのだが、それをおいかけていなかった。2012年に古本屋で本書 (B6判よりやや大きめのハードカバー、箱型ケース入り、横書き)をみつけ、買ってはいた。著者の名まえと、数教協の人であることは、わたしは1990年代ごろから知っていた。2018年に「姉妹編」とされる『数の科学』も買った。しかし、読むべき本のうちで優先順位をあげられないまま、うもれさせていた。2021年2月に、まず『量の世界』から、目をとおしてみることにした。

まえがき冒頭に、エンゲルスからの引用がある。本書はそれが出てきて当然と思う読者層にむけて書かれたのだろうか。わたしは、まさに数学教育現代化の流れで記号論理の入門書をいろいろ読んだうちに、本書の著者とはちがった哲学伝統の著者の本の影響をうけて、矛盾をふくむ論理体系はすてられるべきものだと思っていたから、エンゲルスのいう「弁証法」をハナからうけいれなかった。もしわたしが本書を出版当時に見ていても、拒否したにちがいない。

しかし、いま、その引用をふくむ文章を読んでみると、エンゲルスは数学を量の科学だと考えていたが、ブルバキに代表される19世紀終わり以後の現代数学が数学を「量ばなれ」させてしまったのだ、という話であり、人名を別にすれば、いまのわたしが言いたいことと同じなのだ。

そこで著者は、現代数学の基礎をなしている(と著者が思っている)「構造主義的方法」によって「量」を分析しようとする。

遠山 啓 氏 が1957年にすでに量に関する議論をしている (出版物としては『数学教室』 No. 45, 1958年9月号)。その考えは、小学校算数教科書『みんなの算数』 (日本文教出版、通称『赤表紙』) にとりいれられたそうだ。

しかしその後、1967年の段階でも、量の分析はできなかった。やっと、(1975年当時の)「この数年来」、カテゴリ論によって分析できるようになった、という。カテゴリ論の文献としては、S. MacLane: Categories for the Working Mathematician, Springer をあげている。「問題となる構造は単なる数学的構造ではなく、認識的構造」だという。わたしも、数学のうちにはおさまらない問題だと思う。ただ、そうだとすると、数学的構造は同じでも、認識的構造は各人の経験によってちがうかもしれない。算数・数学教育が教師の認識的構造をおしつける弊害の心配も感じられる。

本書の到達目標は、ベクトル解析だ。最後の第7章で、3次元のベクトル場とスカラー場についての、grad, div, rot, ガウスの定理、ストークスの定理などがでてくる。著者にとっては、ブルバキの内容上の目標だったかららしい。わたしからみると、物理の流体力学や電磁気学を理解するために必要な応用数学の基礎概念なので、この目標のたてかたはもっともだと思う。ただし、物理のうちでも量子物理学を前提とするいろいろな分野にすすむ人 –たぶん、狭い意味の物理学者のほとんど– は、3次元にとどまらない多次元の解析(微分積分)を必要とする (わたしはそれをすこしならったが、身につけていない)。そのたちばからみると、本書の感覚は古すぎるかもしれない。

第7章でベクトル解析を理解するために、第5章で、分数の分母を(分子も)無限小にした極限をとることから微分、その逆演算である積分を、第6章で多次元の量のあつかいを導入することになる。その部分は、物理むけの応用数学とは論調がちがうところがあるが、内容は同様だと思う。

第1章は量の総論。

日本の初等教育での量のあつかいへの著者の不満からはじまる。1905-1934年につかわれた算術の国定教科書、通称『黒表紙』は、数学教育からは量を追放すべしという信念に立っていた。しかし、日常生活のために量は必要なので、単位のついた数としてだけ、量が出てくる。1935年の通称『緑表紙』では、ものさし、時計、ます(升)、はかり、分度器… による測定が導入されている。「今日」の学習指導要領の「量と測定」にひきつがれている。

しかし、生徒の正答率をみると、量のもつ法則性、たとえば重さの加法性がわかっていない。【ここで、「加法性」がなにをさすかよくわからないが、数学的概念でありうるものだと思う。しかし、「重さ」という量が「加法性」をもつという事実認識は (わたしの概念分類では) 数学の外だ。初等教育の算数の教育目標として、重さにたしざんが適用できるようになることがあげられると思うが、それは、たしざんという数学の初歩の教育だけでなく、それと重さという現実世界のものごととの対応という数学の外の知識の教育もふくむのだ。しかし本書はその論点を明確にせず、重さが加法性をもつことを数学のうちとみなしているように見える。】

量は、感覚を数値化したものからはじまる。しかし、計量法(という法律)の第2条にあげられている70種の量の大部分は、直接感覚にかかるものではなく、法則を介して間接的に構成される。量と法則の からみ合い (entanglement) が登場してくる。「量の体系」を考える必要がある。それは「われわれが個々の生物としての直接的感覚から出発して、次第に複雑化していく量の世界を認識し構成していく筋道を系統的に明示するものでなければならない。」【哲学的な議論のようだが「である」と「べきである」の区別が不明確なまま議論していると思う。また、人の頭の中の体系の個体発生と系統発生はちがってよいはずだが、著者はそう認識しているかが疑問だ。著者にとって自然な発生過程を、ちがった発生過程をもつかもしれないこどもにおしつけることになるおそれがあると思う。】

量とは何か? 「量」は「物」の「側面」だが、「質」とは区別される。

量を質と区別するのは、まず「比較可能性」だ。(本書の表現ではないのだが) 大小の判断ができることだ。そして、直接比較ができなくても、推移律がなりたっていて、間接比較ができることだ。 この段階の性質をもつ(が、つぎの節の性質をもたない)量 (たとえば、モース硬度) が、「序数的量」だ。

これに、「差の比較可能性」をくわえると、量は加減の演算ができる、「加法的」、「基数的」なものになる。

間接比較は、媒介項の値 c が比較したい両者 a, b の中間ならば「 a < c, c < b ならば a < b」でよいのだが、中間でないときはどうするか。a – nc < c < b – nc となる自然数 n をみつければよい。これができることの前提として、「アルキメデスの公理: 与えられた任意の量 a, c (> 0) に対して、 a < nc をみたす自然数 n が存在する。」を導入する。この c は「単位」といえる。この公理のもとでは、無限大は量ではない。

以下、量としては、比較可能性、差の比較可能性、アルキメデスの公理をみたすものにしぼって考える。

【「序数的量」と「基数的量」の関係は、わたしが地理情報学の教材ページ[世界をサンプリングする]で引用した、Stevens (1946)のいう「序数尺度」と「距離尺度」の関係と同じだ。Stevensは scale(s)という語をつかい、その直訳は「尺度」なのだが、わたしには「量」のほうがわかりやすい。教材ページでは、計算機プログラムであつかうことを想定したから、「変数」とした。ただし、本書では Stevens のいう「距離尺度」と「比例尺度」の区別は明確には出てこない。それは原点からの距離が意味をもつ量かどうかだ。著者はその区別を認識はしていると思う。しかし、「正比例」つまり「斉次1次関数」は第4章でしっかりあつかうが、斉次でない1次関数をどこでもしっかりとりあげていない。本書の議論を応用するならばそこを補強する必要がありそうだ。「水道方式」を参考にすると、1次関数としては、まず、定数項をもつ「一般」のものを提示して、斉次1次関数は定数項がゼロである「特殊」なばあいととらえるべきかと思う。】

いくらか数学的な議論をして、ここでとりあげる量は、整数であらわされるものと、実数であらわされるもののいずれかだという。前者が discrete quantityで、著者は「分離量」というが、別名あつかいで「離散量」も出している。わたしは「離散量」でとおす。後者が continuous quantity、「連続量」だ。

また、著者は、量を、加法性をもつ量ともたない量にわける。加法性をもつ量は、広がりの量、外延量 (extensive quantity)、加法性をもたない量は、強さの量、内包量 (intensive quantity)だ。【ただし、著者による「内包量」の定義は一貫していない。あとでは、内包量を2つの外延量の商としてえられる量にかぎってみたり、それにくわえて派生的な内包量を考えたりする。】

第2章は外延量について。
外延量のうち離散量であるものは、数えることによって自然数で表現される。連続量であるものは「測る」ことによって実数に対応づけられる (数値表現には小数と(連)分数とがある)。ここで単位が必要だ。量は測定値と単位の組で表現される。単位をかえれば測定値もかわる。

ある量が加法性をもつかどうかの根拠は、【数学の外なのだが】「量の不変性、保存性 (conservation)」にもとめている。物理で「質量保存」「エネルギー保存」というときの「保存」だ。ただし、子どもの認識について論じているところをみると、体積が保存性をもつとしているようだ。これは、近似として密度 (体積あたりの質量) が不変とすれば、質量保存からみちびける。たしかに、人が量をどのような演算の対象とするかにとっては、物理法則としての保存性よりも、近似的保存性のほうが重要かもしれない。

外延量の例として、長さ、重さ(質量)、時間、 面積と体積、角度と立体角(の大きさ)の話がつづく。物理の話、単位についての約束ごとの話、初等教育の教材での提示されかたの話がいりまじる。面積や体積は長さから組み立てられる。角度も弧度法をとれば長さどうしの比である(この解釈をとれば内包量になるが、加法性を持つので外延量としておく)。

そして、加法性は同質の量についてしか有効でない。ここで仮に「質」としたのが、量の次元 (dimension) だ。「力学では、長さ L、質量 M、時間 T を基本量にとるとよいことが経験的に知られている。」 電磁気をふくめるならば (MKSA系を例とすれば) 電流、熱をふくめるならば温度を基本量にくわえる。【さらに、光や色を扱うために光度をくわえる、と言っている。SI単位の制度のたちばからはこれで正しいのだが、物理を知るたちばから これが基本量だろうか と疑問を呈してほしかったという気もする。】

外延量は、基数的な (たとえば)「長さ」をあらわすことと、序数的な「位置」をあらわすことがある。そして、位置の差が「変化量」「変位量」としてつかわれる。同じ次元の外延量でも、長さにあたるもの(一般的な表現がみつからない)、位置にあたるもの、変位量にあたるものを区別してあつかう必要があることがある。

ここで著者は「分布量」と「位差量」ということばを導入し、あとの章でもつかっている。「位差量」(differential) は、ここで「変化量」とよんだものの絶対値であり位置に束縛されないもの、「分布量」(existential) は物体である区間に即したもの、だというのだが、これだけではよくわからない。読者としては、つかわれる文脈から意味をとるしかない。

第3章は内包量について。ここで内包量とは「外延量の商として数値化される量」だとしている。最初に外延量でない量の例として温度がでてくるが、これが「外延量の商」であることを示してはいない。第1章のたちばならば温度は内包量だが、第3章のたちばでは温度は外延量でも内包量でもないのだろう。

内包量を構成する外延量は離散量でもよいのだが、連続量から構成された内包量をおもにあつかう。 離散量がふくまれる内包量は典型的な内包量ではないのだ。

分母にくる量として空間と時間をとり、分子にくる量が「分布型」か「位差型」によって類型をわけようとしている。「位差型」のほうは、「勾配」と「速度」で、いずれもあとの章の微分の話題にうまくつながる。分布型のほうは「密度」と「流量」があげられている。

ここでいう密度は、分母が長さ、面積、体積であるもののほかに、重さあたり、molあたり、時間あたり、貨幣単位あたりなどもふくめた広い概念である。

いろいろな密度がでてくるが、「X密度」という形の語が、分子にXがくるものだったり、分母にXがくるものだったり、その量がでてくる状況をあらわすものだったり、量の構成されかたをあらわすものだったりして、わかりにくい。

著者は、濃度は密度の一種だが濃度でない密度もあるとする。濃度は、物Bが物Aの部分であり、分子yがBの量、分母xがAの量であるばあいだ。(著者は溶液の濃度は 溶質の質量/溶液の質量であり、溶質の質量/溶媒の質量は「濃度とはいわない」とする。)

著者は、同じ種類の外延量をわってえられた内包量を、「率 (rate)」とよぶ。ことなった外延量をわってえられた内包量を、「度 (degree)」とよぶ。そのようによばれる量が多いからだが、かならずしも量の名まえと対応しない。質量/質量の形の濃度は 率 である。【この「度」と「率」は、ほかの数教協関係の出版物でも見たおぼえがあるが、一般に通用する用語づかいではない。】

勾配も、斜面の幾何学的勾配 (鉛直距離/水平距離、傾きの角度をθとすれば tan θ) からはじめて、いろいろな量の差を2点間の距離でわったものに話をひろげている。速度勾配もとりあげている (速度が外延量でないことに注意しながら)。

速度。【本書の用語は「速度はベクトル、速さはスカラー」というこだわりをもっていない。】 (狭い意味の) 速度は 距離 / 時間 [位置の差/時刻の差]だ。時間を1軸にとった図式での勾配として解釈できる。そこから、角速度、一般の量 y の変化速度に話をひろげている。 「仕事率」も「仕事/時間」であり「仕事の速さ」だとしている 【わたしはこれはむしろ「流量」のなかまだと思うが】。工業の「生産力」、発電所の「発電力」にもふれる。そこでは仕事率そのものよりもその「容量」[=上限] が話題になることにもふれている。この意味での「容量」については、つぎの流量の節でもうすこし具体的な話があるが、社会への応用の文脈の知識がないとむずかしいと思う。】

流量。ある断面を、時間あたりに通過する 体積、質量、(意味を拡張して) 電気量(電荷)、人数などをさす。

第4章は「比例関数」について。
【二つの量のあいだの比例関係を、一方の量から他方の量を得る「関数」としてとらえるのは、微分・積分につなぐうえでは、うまいと思う。しかし、著者は比例の本質は正比例関数だと思いこんだようで、それを根拠として、初等教育で、比例を「倍比例」 (一方の量がr倍になるに応じて他方の量もr倍になるという考え) によって説明するのはまちがいで、「帰一法」 (まず、一方の量の1あたりの他方の量をもとめる) で導入するべきだという (第4章第2節)。著者の柔軟な考察だったはずのものがドグマになってしまったと思う。】

著者のいう「正比例関数」fは、外延量を外延量に変換する関数で、加法性をもつ [ f(x+x’) = f(x) + f(x’) ] ものだ。加法性がなりたつと、工学でいう「重畳原理」(principles of superposition) がつかえる。正比例関数は、 f(x) = a x [a は定数] と書くことができ、斉次1次関数だ。a = f(1) は「比例定数」だ。このばあい、f() という「はたらき」を a という「もの」 (内包量)でおきかえることができる。

ここで著者は、圏(category)論 の概念をつかって、量が対象となり、正比例関数が「型射」となる「量圏」という「圏」があると考える。そして「正比例は量の体系と切り離しては考えられない」という。【この文は、「量 の 体系」をすなおな意味でとらえればもっともだと思うが、著者が到達した圏論的な体系をさすとすると、ドグマになってしまったと思う。】

正比例関係があると、比例定数が、あたらしい内包量となる。ただし、著者は、このような内包量を、量の体系のうえでは、外延量どうしのわりざんで得られた内包量にくらべて、副次的なものとみている。

外延量が複数の量に依存してかわることがある。「パラメーターつき正比例」と「複比例」にわけているが、実際にあつかっているのは、複数の量の積にさらに比例定数がかかった形になるばあいにかぎられているようだ。【実際には、基本的に一方の量によっていて、わずかに他の量にもよるという構造があるのだが、本書では、斉次でない1次関数をあつかっていないので、あつかえなかったのだと思う。】

反比例。これまで反比例は正比例と対にあつかわれることが多かったが、反比例は加法保存性をもっておらず、1次関数ではないので、別個にあつかわれるべきだとしている。【つぎの「n乗に比例」にふくめて「-1乗に比例」でもよいはずだが、そういう議論はしていない。反比例の件では初等教育が念頭にあったからだろう。】

「n乘に比例」。2乗、3乗、4乗、0.5乗 (平方根)、-2乗などの例をあげている。

そして「一般比例」なるものに話をひろげているが、これは複数の量のそれぞれ累乗に比例することをさしている。そして、(物理科学でいう) 「次元解析」は、そのような状況で、それぞれの量の累乗の指数をもとめることである。

第5章は微分と積分。微分はふたつの量のわりざんをしてから極限をとる。わりざんをするところで「内包量化」がおきる。積分はふたつの量をかけてたす。かけざんをするところで「外延量化」がおきる。

この章、ベクトルについての第6章、ベクトル解析についての第7章と、いろいろな物理量についての応用の話題がつづくが、物理の教材と同様な話だと思う。著者は、社会への応用も論じようとする。マルクス主義者らしく、工業生産の要因としての労働そのほかを論じようとするところもある。しかし、そこでどんな量をとりあげるか、どんな数学的わくぐみをつかうかについて、まだ標準としてしめせるものがなく、物理との類推までになっているようだ。

なお、わたしが銀林さんの議論を確認する必要があると思った動機には、算数教育の場でのかけざんの順序にこだわる教員の問題もあるのだが、これについては本書はてがかりにならなかった。『数の科学』を読むまで議論を保留する。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

M. I. Budyko [ブディコ] (1971 / 内嶋 善兵衛, 岩切 敏 訳 1973) 気候と生命

  • M. I. Budyko, 1971: Klimat i Zhizn’. Leningrad: Gidrometeorologicheskoe Izdatel’stvo.
  • エム・イ・ブディコ 著, 内嶋 善兵衛, 岩切 敏 [さとし] 訳, 1973: 気候と生命 (上・下)。東京大学出版会, 上巻 246 pp., 合計 488 pp. (下巻のページ番号は上巻のつぎからはじまっている)。[わたしはこの版を読んでいる]
  • M. I. Budyko, translated by David H. Miller, 1974: Climate and Life (International Geophysical Series). Academic Press.

この本は、わたしが大学院にはいるまえの学部学生のころ知って、ずっと重視してきた本なのだが、いまとなっては情報が古くなった。しかし、地表面の熱収支 (「熱収支」はエネルギー保存則にもとづくエネルギー収支なのだが運動エネルギーの寄与を無視できるばあいにあたる) に関する本、しかも全地球の分布を論じた本で、これ (または William D. Sellers (1965) Physical Climatology) にかわるものが見あたらない。これを参照しながら新しい材料を整理していく必要がありそうだ。また、世界の陸上の植生を制約する気候条件について Budyko が何を言ったのかも確認しておきたい。2021年1月、これよりも前の1956年に原書が出た『地表面の熱収支[読書メモ]につづいて、この本にも目をとおすことにした。

まず、目次を書きぬいて、『地表面の熱収支』からひきつがれているところの対応を見てみた。本書の節の題名のあとに、『地表面の熱収支』の章・節の番号を、第1章第2節は「(1)2」のように書いた (本書の節の番号は章ごと、『地表面の熱収支』の節の番号は全体とおしでつけられている)。

番号を書かなかったところは、本書であたらしくつけくわわったことだ。北極・南極地方の氷(おもに海氷)とその地表面熱収支にかかわる役わり、過去および将来の気候の変化、生気候(とくに動物体や植物体の熱収支)、光合成のこと がくわわっている。

(上巻)
第1章 太陽エネルギーとその変換
– 1. 太陽放射
– 2. 純放射
– 3. 熱収支 ((1)1)
– 4. 太陽放射の変換に関する研究の展望 ((1)2 地表面の熱収支研究の概要)
第2章 熱収支項の決定法
– 1. 地表面の純放射 ((2)3)
– 2. 地表面から大気中への乱流熱フラックス ((2)4)
– 3. 蒸発熱放出 ((2)5)
– 4. 大気の熱収支
– 5. 熱収支項決定の精度 ((2)6)
第3章 地球の熱収支
– 1. 熱収支項の地理的分布 ((3)7, 8)
– 2. 熱収支項の時間的な変化 ((3)9 熱収支成分の年変化と日変化)
– 3. 地球の熱収支と水収支 ((6)15,16)
– 4. 地球の熱状態
(下巻)
第4章 極氷と気象
– 1. 気候要因としての極氷
– 2. 気候要因と氷冠との相互関係
第5章 気候の変化
– 1. はしがき
– 2. 現在における気候の変化
– 3. 過去の気候
第6章 地理帯文化と気候要因
– 1. 地理学的過程に対する気候条件の影響
– 2. 陸地の熱収支と水収支との関係 ((4)10)
– 3. 熱収支と地理帯分化 ((4)11)
– 4. 地理帯分化の表
第7章 生物の熱状態
– 1. 動物と植物に対する温度要因の影響
– 2. 植物の温度状態
– 3. 動物と人間の熱状態
第8章 光合成と気候要因 ((4)12 「熱収支と植生の発達条件」を部分的にひきつぐ)
– 1. 光合成の物理的メカニズム
– 2. 植物群落内での光合成
– 3. 生物による太陽エネルギーの利用
第9章 動物相の変遷
– 1. 地質学史上のクリティカルな時代
– 2. 洪積世の末期における動物相の変化
第10章 人間と気候
– 1. 気候に対する人間の影響
– – 水状態の調節 (5(14) 灌漑)
– – 植生被覆による気候の調節 (5(13) 耕地保護林)
– – 意図的でない気候変化
– 2. 未来の気候
– 3. 結論

これまでの気候の変化について重視している要因は、火山および人間活動起源のエーロゾルによって太陽放射の反射がふえる(寒冷化にはたらく)ことだ。ただし「エーロゾル」あるいは「エアロゾル」という表現ではなく、「ダスト」および(火山起源のばあいは)「火山灰」と書かれている。

人間活動によって気候を変化させる要因としては、まず地表面のエネルギー収支を変える灌漑や植林などをあげるがそれはローカルな変化の要因で、グローバルな変化にきくのは、エネルギー利用(おそらく核融合)のけたちがいな増加による廃熱が温暖化にはたらくとみていた。二酸化炭素による温暖化の強化の可能性は視野にはいってはいたが、不確かだとみていた。1974年の『気候の変化』 (日本語版 内嶋訳, 日本イリゲーションクラブ 1976 年, 英語版 American Geophysical Union 1977年) では、そのような事実認識を前提に、温暖化をふせぐ対策として人工的に成層圏のエーロゾルをふやす可能性を(軽く)論じていた。あきらかにBudykoの影響をうけている Rusin & Flit (1971 / 日本語版 1974)『地球を生かす気候改造[読書メモ]にも同様な認識が見られる。1980年の『気候の過去と未来』 (英語版 1982年, 日本語版 内嶋訳 『気候と環境: 過去・未来 (上・下)』 古今書院 1983年) では、二酸化炭素による温暖化を重視するように考えが変わる。その背景には地球化学者 Ronov との地質時代の二酸化炭素に関する共同研究があり、そちらは Budyko, Ronov, Yanshin 1986年『地球大気の歴史』(英語版 Springer 1987年, 日本語版 内嶋訳, 朝倉書店 1989年) に書かれている。エーロゾルによる寒冷化の可能性はわすれたわけではなく、Budyko, Golitsyn, Izrael 1986年 『Global Climate Catastrophes』 (日本語版 内嶋訳『エアロゾルによる地球的な気候破局: 大噴火・天体落下・核戦争』 学会出版センター 1988年, 英語版 Yanuta 訳 Springer 1988年)でとりあげている(日本語版副題で検討した事象がわかる)。

わたしはちかごろは本に書きこみをしないが、この本を買ったころはときどきしていた。そのひとつはささいな誤訳の指摘だった。上巻 第2章 第1節、50ページ 7行めの「幾何平均」は (原語を確認はしていないが文脈から)「算術平均」が正しい。「《地表面の熱収支》 p. 22」とメモしてあるが、これは河川水温調査会版で、成山堂版では32ページ14行めにほとんど同じ記述があって「算術平均」とある。(『気候と生命』の日本語訳の際には、『地表面の熱収支』に対応する記述があっても流用しないであらたに訳したにちがいない。そして、単に「平均」ならばまちがいようがなかったのだが、形容詞がついていたので特殊なものだとかんちがいしたのだろう。) その後、教員になってから、内嶋先生と顔をあわせることがときどきあったのだが、そのときにはこの件は忘れており、つたえないままになっている。

折りかえしのあとに、さきほどの書きぬきよりもくわしい目次をつける。ただし、各章末に「文献」があるが、それは省略した。
Continue reading