松本 淳 (2015) はじめての大気環境化学

  • 松本 淳, 2015: はじめての大気環境化学。コロナ社, 178 pp. ISBN 978-4-339-06636-4.

2015年4月にでた B5判 横書き ペーパーバック。わたしは2024年5月に大きな本屋の店頭で見つけて買った。

【わたしの読書メモで、この著者名だと (そして「化学」を読みおとすと)、気候学者の松本淳さんの著書とおもわれそうだが、本書の著者は別の人だ。大気化学の専門家で、現在は早稲田大学 人間科学部の教授になっている。著者が「首都大学東京」に勤務していた 2008年から2015年のころ、「首都大」の南大沢キャンパスの (旧) 都立大学 理学部 をひきついだ部分 (学部の構成はかわっていたが) には、本書の著者と、気候学者と、もうひとり物理化学の専門家の 3人の松本淳さんが勤務していて、とてもまぎらわしいことになっていた。】

大気環境の化学について、初歩から学ぶ人のための教科書である。そういう本はほかにあまりなく、貴重だ。重点は第3章の、いわゆる光化学スモッグの「オキシダント」の主成分である (対流圏) オゾンが、どのような物質からどのようなしくみで生成し、消滅するかにあり、この部分では化学式や数式をくわしく出し、数量を計算する例題もふくめている。第4章では、成層圏オゾン、浮遊性粒子状物質 (そのうちの部分として PM2.5 をふくむ)、酸性雨、地球温暖化、室内空気の汚染を、比較的簡単にあつかっている。第1・2章では、環境問題の短い総論のあと、第3章の本論を理解するために必要な高校レベルぐらいからの化学の基礎知識をのべている。いくらか大気化学特有の話題もある。「典型的な大気の構造と組成」のところは気象学の基礎知識といえるだろう。(気象学の教科書とあわせて読む人への注意: 本書での気体定数は気象学でいう普遍気体定数である。) 第5章には、大気成分の計測について、人の有害物質への曝露のリスクについて、大気汚染の規制や汚染防止技術の話がある。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

小波 秀雄 (2019) Python [パイソン]ではじめるプログラミング

  • 小波 秀雄, 2019: Python [パイソン]ではじめるプログラミング — データ処理までしっかりマスター。インプレス, 279 pp. ISBN 978-4-295-00606-0.

2019年4月に出た、横はB5判なみ、縦はA5判よりすこし大きめの、横書きのペーパーバック。わたしは、著者がネット上で宣伝していたのをみて、2020年1月に買った。しかし、読んでいなかった。2021年から、気象に関する計算の教材を Python でつくることになって、複数の教科書のひとつとして、これにも目をとおしておくことにした。

著者はもともと化学を専門としていたが、本書を書いたころは大学教員としておもに情報処理と統計学を教えていた。プログラム言語としては Ruby をはやくからつかっていたことで知られ、その教科書もある。だから本書も、多くのプログラミング言語 (手順立て型にかぎられるかもしれないが) に共通なかんがえかたを、具体的な表現は Python に即して、説明するものになっているとおもう (内容を検討をしたうえでの評価ではないが)。

想定されたPython のバージョンは 3.6.3 である。実行環境としては Unix系OS (Linuxなど) のコマンドラインを想定している。MS Windows での実行方法については、「付録 A」で紹介する「サポートページ」でのべるとあり、そのページ (著者の個人サイト) は 2024-06-16 現在もある。そこでは、Windows 上に なるべく Linux に似た実行環境をつくることがすすめられており、その具体的な例 (WSL, VirtualBox) があげられている。

エディタとしては、vim と emacs のなまえをあげたうえで、atom という軽い (機能の種類がすくない) エディタを紹介している (キー操作の説明は付録 A にある) が、エディタ操作に深入りすることはない。

Python 処理系のうごかしかたとしては、python コマンドをファイル名なしで起動して Python言語の文をうけつける対話型モードでつかう方法と、Python言語のスクリプトをつくっておいて python コマンドでスクリプトファイル名を指定して実行する方法を併用している。Pythonの機能の紹介は対話型、まとまったしごとをする例はスクリプト型であつかっている。

応用のたねになる例として、テキストファイルのデータベース的あつかい (名簿を例として)、数学関数のグラフ作図、一変量と二変量の統計の初歩をあつかっている。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

中田 宗隆 (2024) (分子科学者がやさしく解説する) 地球温暖化 Q & A 181

  • 中田 宗隆, 2024: 分子科学者がやさしく解説する 地球温暖化 Q & A 181 — 熱・温度の正体から解き明かす。丸善出版, 144 pp. ISBN 978-4-621-30918-6.

2024年3月に出たA5判 横書きのペーパーバック。わたしは2024年4月に、自然科学のうちの環境科学の棚のある本屋の店頭で見つけて買った。

著者の専門は物理化学 (化学のうちで物理にもとづく方法をおもにつかう分野) だ。そのたちばから、地球温暖化について、とくに、水蒸気と二酸化炭素が赤外線を吸収するしくみについて、高校ぐらいの前提知識の人に説明している。わたしはまえまえから、そのような本がほしいと思っていた。

【わたしは気象学を学んだたちばから地球温暖化のしくみについて教えているが、大気成分のうち赤外線の射出・吸収に関しては水蒸気と二酸化炭素が重要になる (地球大気の主成分である窒素、酸素、アルゴンはきかない) ことについて、それぞれの分子の固有振動によって吸収できる電磁波の振動数がきまっているからだ、と説明はするものの、それ以上くわしく説明できるほど理解していない。物理の量子力学の初歩の授業はうけたのだが、それはシュレーディンガー方程式の一般的な形と簡単な応用例だけで、分子の振動にはいたらなかったのだ。化学科の専門科目の「量子化学」でやっているらしかったが、それをまなぶ機会はなかった。いまその分野の専門教科書を見ても、前提となることがらがおおすぎて理解できず、教材にとりいれることができずにいたのだった。】

読んでみると、分子の振動のしくみと、それが赤外線の吸収にどのようにきいているかの説明は、初歩の人にわかってもらうための単純化もふくめて、うまく書けているとおもう。しかし、残念ながら、それが大気のエネルギー収支に、そこから気温の上昇・下降に、どのようにきいているかになると、気象学を学んだ人からみて、まちがいや、単純化のためになにを省略するかが不適切なところが、たくさんあり、指摘しようとしたら書ききれなくなった。

(たぶん、著者は、気象学者がしろうとむけに定性的に説明したことにもとづいて本書の説明をくみたてているのだ、とおもう。現実の大気のエネルギー収支には多数の要因が同時にきいているが、しろうとむけの説明では、そこであつかうものごとに即して要因をしぼって話すだろう。そこでしぼられた要因には数量をあたえるが、省略された要因を省略したままだと、定量的な説明としては、まずいものになる。)

地球温暖化についてまなびたい読者には、さきに気象学者が地球温暖化を説明した本を読んだあと、本書第2部「熱エネルギーを蓄えるさまざまな分子運動」だけを読むことをすすめたい。

ただし、それは、水蒸気や二酸化炭素の分子が振動または回転の変化にともなって赤外線を吸収したり射出したりすることの理解にとどめ、それによって気温がどう変化するかについての著者の見解は話半分に聞きおくのがよい。たとえば、10.3節で二酸化炭素が気温にどうきくかを論じているが、著者は夜には地表面から出る熱赤外線を考慮しているにもかかわらず、昼のばあいは赤外線として太陽放射の赤外線波長域だけをとりあげている。実際には昼も地表面から出る赤外線があり、その量は陸では夜よりも (地面温度が高いから) 多い。それを省略したのでは近似にもならない。

本書第2部では、分子の振動や回転が、それぞれの気体の熱容量をどのように変えるかに、わりあい重点がある。化学知識の提供としては、よいことだ。しかし、地球大気のうち (希薄な熱圏の大気は別として) 対流圏や成層圏では、分子の衝突によって分子運動のエネルギーがよく混合されているので、それを気体の種類別にわけてとらえる必要はない。空気全体としての熱容量が微量成分によってわずかにかわるが、それは気温の変化を定量的にみつもるうえで重要ではない。地球温暖化についてのおおまかな知識を得たい読者は、熱容量の変化が温度にどうききうるかの話は読みとばしたほうがよいと思う。

また、本書では「熱容量」という用語を (とくに数値をしめすとき) 「モル熱容量」つまり「物質量あたりの熱容量」をさしてつかっている。このことは 6.6節の Q117 で明示されているが、そのまえの 6.1 節のQ95で導入される際には「気体の物質量を 1モル、圧力を 1気圧 (大気圧) として、熱容量を説明します。」というわかりにくい表現になっている。たしかに、物質量あたりにすると、理想気体の近似がつかえるかぎりでは気体の種類によらずに説明できることがおおくなる。しかし、気象学の本では物質量 (モル) あたりではなく質量あたりの量 (熱容量については比熱容量) をつかうから、見くらべる際には注意が必要だ。

また、6.7節の海陸風の話の「海のほうが陸よりも熱容量が大きい」というのは (本来の意味の熱容量によるならば) 定性的に正しいのだが、「熱容量」を本書の定義によろうとすると、陸面を構成する岩石などの固体物質については (「分子」のかわりに「粒子」という表現をしているが) 1モルの質量がどれだけかわからないので、熱容量の数値がさだまらず、定量的な議論にすすむことができない。【質量あたりで見るならば、水は岩石よりも比熱容量が大きい。しかし、けたちがいに大きくはない。(わたしの持論になるが) 海と陸の熱容量のちがいをもたらす主要因は、(比熱容量のちがいではなく) 日変化にかかわることのできる層の深さのちがいなのだ。】

著者は2019年まで東京農工大学 工学部の教授をつとめていた。わたしは同じ大学で非常勤講師として気象学をおしえていた。授業の場所は別のキャンパスの農学部だったが、工学部キャンパスの図書館に行くこともあった。そのころに著者と知識を交換することができたらもっとよい本ができただろうと思う。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

成松 佐恵子 編著 (2006) 陣屋日記を読む — 奥州守山藩

  • 成松 佐恵子 編著, 石井 久子、大津 早苗、清澤 信子、近藤 百合子、四方 昌子、高橋 和代、鶴尾 淳子、渡辺 嘉雄 著, 2006: 陣屋日記を読む — 奥州守山藩。雄山閣, 246 pp. ISBN 4-639-01926-2.

2006年に出た A5判 縦書きのハードカバー。わたしは2024年6月に「日本の古本屋」経由で注文して買った。【歴史人口学者との共同研究で、この日記から抽出された天気の情報をつかうことになったので、この日記に関する解説をさがしたら本書が見つかったのだ。】

編著者は日本近世史を専攻した人で、速水 融 教授の歴史人口学のプロジェクトで古文書の整理・解読を担当していた。そこを退職して古文書講座の講師を担当したのをきっかけに、約10人の自主グループをつくり、この資料を解読してきた。約20年ぶんを解読したところでそれまでにわかったことを本にすることにした。

守山藩は、奥州守山 (現在は福島県 郡山市の内) を本拠としていた水戸藩の支藩で、石高は二万石だった。その陣屋日記は「御用留」とよばれていて、元禄16 (1703) – 慶応 3 (1867) 年の165年のうち143年ぶんが現存する。著者たちのグループが熟読した対象は 文化7 (1810) – 文政13 (1830) 年 (ただし文政8 (1825)年は欠) のものである。

本書の章・節には執筆分担がしめされていないが、「あとがき」に「今回主に担当した執筆箇所と名前」がつぎのようにしめされている。
幕府関係-四方昌子
陣屋役人と藩政-大津早苗
村役人-渡辺嘉雄
訴訟-鶴尾淳子
天気・外出願-大津早苗
年中行事-高橋和代
医療関係-石井久子
寺社関係-近藤百合子
草隠・駈入り-清澤信子
全体を成松が補足、加筆した。
荒井里子、吉澤中代 通して解読に加わった。

なお、「資料1」としてふくめれている「樫村日記」は守山町の庄屋をつとめていた樫村氏による日記の天保 3 (1832)年のぶんで、渡邉康芳氏によって解読されたものである。

わたしはまだ内容をよく読んでいないが、まず、天気がとりあげられているので、第3章第1節を見た。90ページの表3-1に、他の章と同じ文化・文政年間にくわえて天保13 (1842) 年まで、各年の (季節にわけない通年の) 「晴、曇、雨、雪」の日数の比率がしめされている。ただし合計が100%になるべきところが合わないところが1件あった。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

NHK 「コズミックフロント」 制作班、緑 愼也 (2022) 太陽系の謎を解く — 惑星たちの新しい履歴書 (暫定メモ)

  • NHK 「コズミックフロント」 制作班、緑 愼也, 2022: 太陽系の謎を解く — 惑星たちの新しい履歴書 (新潮選書)。新潮社, 283 pp. ISBN 978-4-10-603884-5.

2022年6月にでた 四六判 縦書きのペーパーバック。

ÑHK 「BSプレミアム」のドキュメンタリー番組 (2023年12月のBSチャンネル再編成で終了した) をまとめたもの。惑星探査の研究者がどんなことに関心をもっているかを、ドキュメンタリー制作者と科学ライターのたちばで記述している。

ひとまず目次を書きぬいた段階で読書メモをだしておく。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

井田 茂、渡部 潤一、佐々木 晶 編, (2008, 2021) 太陽系と惑星 (シリーズ 現代の天文学 第2版 9) (暫定メモ)

  • 井田 茂、渡部 潤一、佐々木 晶 編, (2008 初版), 2021: 太陽系と惑星 (シリーズ 現代の天文学 第2版 9)。日本評論社, 327 pp. ISBN 978-4-535-60761-3.

第2版は2021年8月に出た A5判 横書きのハードカバー。

わたしは2024年5月に買って、ひとまず目次の書きぬきをしたところで、授業で紹介したいので、読書メモをだしておく。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

笠原 三紀夫、東野 達 監修 (2008) 大気と微粒子の話 — エアロゾルと地球環境 (暫定メモ)

  • 笠原 三紀夫、東野 達 [とうの すすむ] 監修, 2008: 大気と微粒子の話 — エアロゾルと地球環境 (学術選書 033)。京都大学学術出版会, 223 pp. ISBN 978-4-87698-833-4.

2008年 3月にでた四六判 縦書きのペーパーバック。まだしっかり読んでいないが、目次をかきぬいた段階で、暫定版の読書メモをだしておく。

多人数の執筆だが、「はじめに」と「おわりに」に監修者2人の署名がはいっているほかは、執筆分担は不明である。

折りかえしのあとに目次をつける。
Continue reading

笠原 三紀夫、東野 達 編 (2007) エアロゾルの大気環境影響 (暫定メモ)

  • 笠原 三紀夫、東野 達 [とうの すすむ] 編, 2007: エアロゾルの大気環境影響。京都大学学術出版会, 361 pp. ISBN 978-4-87698-698-9.

2007年にでた A5判横書きのハードカバー。わたしは2010年に買ったのだが、2024年5月にいたっても実質的に読んでいなかった。しかし、部分を授業で引用するかもしれないので、目次を書きぬいただけの暫定版読書メモをだしておく。

折りかえしのあとに目次をつける。「/」のあとに執筆者、そのあと「:」につづけて執筆者の出版当時の所属をしめす。
Continue reading

日本エアロゾル学会、畠山 史郎、三浦 和彦 編著 (2014) みんなが知りたい PM2.5の疑問 25 (暫定メモ)

  • 日本エアロゾル学会、畠山 史郎、三浦 和彦 編著, 2014: みんなが知りたい PM2.5の疑問 25。成山堂書店, 160 pp. ISBN 978-4-425-51371-0.

2014年 5月にでた B6判横書きのペーパーバック。まだとおして読んでいないが、目次を書きぬいた段階で、暫定版の読書メモをだしておく。

ここでいう PM2.5 は 大気汚染物質の一種である。PM は 粒子状物質 (particulate matter)、2.5 は 粒径 2.5 μm 以下であることをしめす。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。「/」のあとに執筆者をしめした。
Continue reading

鵜野 伊津志 監修、弓本 桂也、板橋 秀一 著 (2021) 大気環境モデリング (暫定メモ)

  • 鵜野 伊津志 監修、弓本 桂也、板橋 秀一 著, 2021: 大気環境モデリング。森北出版, 306 pp. ISBN 978-4-627-29101-0.

2021年 1月にでた A5判 横書きのペーパーバック。わたしは 2024年2月に買い、目次の書きぬきをしたが、まだ実質的に読めていない。しかし授業で部分を参照する可能性があるので、暫定版の読書メモをだしておく。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。「/」のあとに執筆分担者をいれた。
Continue reading