瀧羽 麻子 (2022) 博士の長靴

  • 瀧羽 麻子 [たきわ あさこ], 2022: 博士の長靴。ポプラ社, 255 pp. ISBN 978-4-591-17329-9.

2022年3月の新刊。四六判 縦書きのペーパーバック。

わたしは、2022年4月中に、ウェブを見ているうちに、気象学者が主要人物である小説の本が出たという情報をみつけた。書評のような記事だった。気象学者がどのように描写されているかを知りたくなって、おぼえていた著者名で検索したら、出てきたのは書評記事だけだった。わたしがおぼえていた 瀧井 朝世 という名まえは書評記事 (くわしくいうと、本になるまえのウェブ連載をレビューした記事が同じウェブサイトにのったもの) の著者のもので、本の著者の名まえは、まちがえてもふしぎがないくらいよく似ていたのだが、いっしょに検索にかかるほどは似ていなかったのだった。こんどは著者名・書名を確認してさがしたが、店頭でみつからず (ポプラ社の子どもむけの本は多くの店にあるのだがこれはそうではないらしい)、注文した。

6つの短編の連作という形になっている。64年の時がながれるあいだの、それぞれ数日間のできごとだ。人物にはかさなりがある。「博士」とされている人は (わたしが気づいたかぎりで、本文中で「博士」とよばれてはいないのだが) 第1話の1958年には、大学につとめる社会人ではあるがまだ若い研究者だ。(おそらく博士になったばかりなのだろうと想像すると、1958年に博士号をとった真鍋淑郎さんとちょうど同世代の人ということになる。) 第6話の2022年には「ひいおじいちゃん」だ。この「博士」を2代めとする一族の5世代と、そのまわりの人物が登場する。長靴はこの第1話と第6話に出てきて、同じ物体ではないが、「博士」との関係はつながっている。

「博士」の子は別の職業にすすむが、孫が気象学者になった。気象学の専門家の仕事にかかわる話が出てくるのは孫が大学院生としてあらわれる第5話 (2010年) だ。そして、瀧井さんの指摘で気づいたのだが、孫からみて祖父と自分とでは学問の姿勢がいくらかちがう。祖父は純粋に気象のしくみを知りたいのだが、孫は気象の知識を防災に役だてることを考えているのだ。第2話 (1975年) で「博士」の弟子が見た「博士」と自分との感覚のちがいも同様だ。

第2話は、内容に深入りしてはいないのだが、専門の雑誌に書かれていたことばとして「気団変質の観測結果 … 国際的な気象研究の一環として、南西諸島沖で海面上の乱流輸送量を計測する … 超音波風速温度計…」といったものがでてくる。たしかに 1975年ごろ、日本の多くの気象学者がかかわっていた話題だ (わたしがそれを知ったのは1980年ごろだが)。

「博士」の家族には立春をはじめとする二十四節気にあわせて家族の行事をする習慣がある、それは (気象学者だからではなく) 「博士」の父方の祖母のいなかの習慣をひきついだものということになっている。季節感と登場人物間のできごととをつなげるきっかけとしておもしろい設定だと思うが、気象学の話題とかさねたことで効果がめだたなくなったような気もする。

山賀 進 (2022) なぜ地球は人間が住める星になったのか?

  • 山賀 進, 2022: なぜ地球は人間が住める星になったのか? (ちくまプリマー新書 396)。筑摩書房, 267 pp. ISBN 978-4-480-68422-6.

2022年3月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

臼田 孝 (2022) 宇宙を支配する「定数」

  • 臼田 孝, 2022: 宇宙を支配する「定数」 — 万有引力定数から光速、プランク定数まで (ブルーバックス B2194)。講談社, 262 pp. ISBN 978-4-06-527329-6.

2022年2月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

左巻 健男 (2022) こんなに変わった理科教科書

  • 左巻 健男 [さまき たけお], 2022: こんなに変わった理科教科書 (ちくま新書 1644)。筑摩書房, 237 pp. ISBN 978-4-480-07470-6.

2022年4月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

Kevin E. Trenberth (2022) The Changing Flow of Energy Through the Climate System

  • Kevin E. Trenberth, 2022: The Changing Flow of Energy Through the Climate System. Cambridge UK: Cambridge University Press. ISBN 978-1-108-83886-3 (hardback), -97246-8 (paperback), 97903-0 (epub).

2022年の新刊。わたしは 2022年5月3日、ディジタル出版の新刊を検索していたときに出版を知り、すぐディジタル本で買った。紙の本でどんな形になっているかは知らない。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

R. Saranavan (2022) The Climate Demon — Past, Present, and Future of Climate Prediction

  • R[amalingam] Saravanan, 2022: The Climate Demon — Past, Present, and Future of Climate Prediction. Cambridge UK: Cambridge University Press, 379 pp. ISBN 978-1-009-01804-3 (paperback).

2022年の新刊。わたしは2022年3月20日、東京の本屋の洋書売り場で見つけて買った。A5判のペーパーバック。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

高槻 泰郎 (2018) 大坂 堂島 米市場

  • 高槻 泰郎 [やすお], 2018: 大坂 堂島 米市場 [こめいちば] — 江戸幕府 vs 市場経済 (講談社現代新書 2487)。講談社, 318 pp. ISBN 978-4-06-512498-7.

2018年8月の新刊、新書判縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

中塚 武 (2022) 気候適応の日本史

  • 中塚 武, 2022: 気候適応の日本史 — 人新世をのりこえる視点 (歴史文化ライブラリー 544)。吉川弘文館, 246 pp. ISBn 978-4-642-05944-2.

2022年 (奥づけの記述では) 3月の新刊。四六判 縦書きのペーパーバック。実際に発売された日は2月17日で、その夕方に店頭に出ていた店で買った。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

平松 正顕 (2022) 宇宙はどのような姿をしているのか

  • 平松 正顕, 2022: 宇宙はどのような姿をしているのか。ベレ出版, 370 pp. ISBN 978-4-86064-681-3.

2022年1月の新刊。四六判 縦書きのペーパーバック。

天文学の入門読みもの。ただし、天文学という学問分野をカバーしようとしたものではなく、それが対象とする 物 を、空間規模の小さいほうから大きいほうへ、太陽系の惑星から始めて宇宙全体まで紹介していくという組み立てになっている。

著者は、研究者としては、電波望遠鏡による観測をし、星の形成を専門としてきた。また、天文学の広報にかかわってきた。現在のおもな職務は「天文観測に適した環境の保全」だそうだ。

第1章は、小さいものから大きいものまで全体を予告的にのべる。

第2章は、太陽系について、おもに惑星のこと。

第3章は、さまざまな恒星について、おもに「星の一生」という観点でのべている。太陽以外の恒星のまわりの惑星の話題もある。

第4章は、われわれの太陽系をふくむ銀河 (「天の川銀河」) の構造。それがどんな物質から構成されているか、というところから「ダークマター」の話題もある。

第5章は、さまざまな銀河について。銀河の中心部にブラックホールがあると考えられていることからつづいて、ブラックホールの観測の話題もある。

第6章は、宇宙全体のひろがり、宇宙の膨張、宇宙のはじまりの「ビッグバン」などについて。「宇宙の果て」に複数の意味があることをわけて説明している。

あちこちで、著者がかかわってきた ALMA 電波望遠鏡の成果をふくめて、わりあい新しい観測でわかったことにふれている。画像も新しいものが多い。それはよいことだし、本書の画像は普通紙への白黒印刷にしては鮮明だが、おそらく研究ではカラーの画像がつかわれているものを白黒にしたと思われるものが多く、むかしの本の白黒の写真や図にくらべるとわかりにくくなっていることもある。本書についてでなく文献の著者・出版者の両方にむけての一般的な希望だが、読者に情報をつたえるための画像のくふうをして手本をしめす活動がもっとあってほしいと思う。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

岡村 定矩、芝井 広 監修、縣 秀彦 編著 (2022) すべての人の天文学

  • 岡村 定矩 [さだのり]、芝井 広 監修、 [あがた] 秀彦 編著, 2022: すべての人の天文学。日本評論社, 257 pp. ISBN 978-4-535-78946-3.

2022年3月の新刊、A5判横書きのペーパーバック。大学初級ぐらいの天文学の教科書として書かれた本である。日本天文学会の出版物ではないが、天文学会の活動からでてきたものである。監修者ふたりは名誉教授、縣さんは国立天文台でおもに天文知識普及を担当している教員、そのほかの執筆者8人はいずれも現役の大学教員である。

日本の政府 (文部科学省) が「大学教育の分野別の質保証」を求め、日本学術会議が分野別に「参照基準」をまとめた。その報告は PDF ファイルの形で日本学術会議ウェブサイトの [報告] のページからリンクされて置かれている。そのうち「物理学・天文学」の「参照基準」は2016年に出ている。それを作成した委員のうちに岡村さんと芝井さんがはいっていた。その報告であつかわれたのはおもに天文学を専攻する学生が何を学ぶべきかだった。それにつづいて日本天文学会では、天文学を専門としない学生への天文学教育についても検討し、『大学で学ぶ天文学』という報告をPDFファイルの形で、日本天文学会のサイトの [天文学のすすめ] のページからリンクされた形で発表した。そこでは天文学を学ぶ学生を4つの類型にわけているが、そのうち「I. 文系を含めた全学生」むけの内容が本書第1部、「IV. 理科教員・科学コミュニケータ等を目指す学生」むけの内容が本書第2部第1・2章として具体化されたとみることができる。第2部第3章は、だれが読んでもよいのだが、どちらかというと「II. 関連理系分野を専攻する学生」むけかもしれない。

第1部の10個の章は、宇宙や天体に関する知見のうちみんなに知ってほしいことで、『大学で学ぶ天文学』の「天文学の教育内容」のカテゴリー A から I に対応している。

  • 第1章 天体の種類と宇宙の階層構造 … A. 宇宙の空間的および時間的広がり、B. 天体の種類と宇宙の階層構造
  • 第2章 太陽、第3章 太陽系の多様な世界 … H. 太陽と太陽系
  • 第4章 恒星の世界、第5章 恒星と惑星系の誕生 … G. 恒星と星形成
  • 第6章 太陽系外惑星 … I
  • 第7章 銀河と宇宙の大規模構造 … D
  • 第8章 宇宙の起源と歴史 … C
  • 第9章 宇宙の極限環境・状態とその物理 … E
  • 第10章 物質の起源と進化 … F

天文学入門としておさえるべきところをおさえながら、既存の教科書にくらべて新しい材料を多くもりこんでいると思う。

第2部第1・2章は、カテゴリー K 「天文学と社会」に対応している。

  • 第1章第1節 天文学の歴史と世界観 … K2 文明と世界観
  • 第1章第2節 天文学と科学リテラシー … K3 科学リテラシー
  • 第2章 学び直しの天文学 … K1 日常生活と天文学

第2部第2章は、天体の日周運動・年周運動や月のみちかけなどを、地球の自転・公転や月の運動についての理解と関連づける。松森 靖夫 (2007) 『学びなおしの天文学[読書メモ] の題名と同じ表題で主題もかさなっているが、松森さんの本ほどその主題に特化しておらず、わりあい常識的な話だ。また、しろうとでもできる観測とコンピュータソフトウェアの利用について簡単にふれている。

第2部第3章は、天文学の専門家がつかっている技法について、観測技術を中心に紹介し、データベースやシミュレーションにもふれている。『大学で学ぶ天文学』のカテゴリー J 「観測とデータ解析」に対応する。ただし望遠鏡の具体的なことは付録の A6 にまわされている。数量どうしを関連づける考えかたも、おもに付録にある。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。部分ごとに執筆者名をあげた。ただし、同じ部分の執筆者名のならべかたは「執筆者一覧」に出てきた順である。
Continue reading