岡田 芳朗 (2002) アジアの暦

  • 岡田 芳朗, 2002: アジアの暦 (あじあブックス)。大修館書店, 254 pp. ISBN 4-469-23190-8.

歴史学者による、歴史にいくらか関心のあるしろうと向けの読みもの。2002年12月の新刊。わたしは出てすぐ店頭で見つけて買って読んだ。そのころから東南アジアに行く機会が多くなり、行き先の大学や役所などの業務のカレンダーは日本と同様にグレゴリオ暦だったのだが、旧正月などの伝統的行事もあるらしく、それがどのようなしくみでなりたっているか、またわたしの本来の関心である自然(寒暖・乾湿など)の季節とどんな関係にあるかを知りたくなったのだった。

著者の専門は日本の伝統的な暦(太陰太陽暦や二十四節気・七十二候など)とその源流である中国の暦だ。本書あとがきに「東南アジアには一歩も足を運んだことがない」とある(著者の分類ではベトナムは東南アジアに含まれないようだが)。東南アジアの暦についてもっと詳しい人の本を読みたいと思っているが、2016年現在まだ見つけておらず、わたしの知識はこの本が頼りになっている。

読書メモを書きはじめて気づいたのだが、「暦」「カレンダー」ということばは、いくつかのちがった意味があると思う。

  • (a): 日付を数えて名まえをつける論理的構造。
  • (b): (a)の構造を紙(など)の上に表現した具体的なもの。
  • (c): 祭日や農事暦など、(a)の構造に関連づけられた文化要素。

わたしの関心は今のところ(a)に向かっている。著者の話題は(a)(b)(c)にわたっていて区別がはっきりしないように思われる。著者の日本の暦に関する著書をちょっとめくってみると、(a)よりも(b)(c)の内容が多いようで、わたしの関心とはずれている気がした。本書は(a)の内容が多いのでわたしにとっておもしろいのだ。

ここから、順を追って、わたしにとって重要に感じられた論点を抜き書きする。

第1章 暦の基本
(地球中心で見れば)太陽の動きで決まる「年」と、月のみちかけで決まる「月」は、単純な関係にない。両方をつじつまを合わせながら生かそうとするのが「太陰太陽暦」だ。それには「閏月」が必要となる。閏月の置きかたは伝統によってちがうが、中国の伝統では、太陽暦的な要素である二十四節気のうちの「中気」をもとに閏月を決める。

二十四節気の決めかたは、古くは冬至を原点として時間で等分した (「恒気法」「平気法」という)。中国では時憲暦(1641年-)、日本では天保暦(1844年-)から、太陽の見える方向の角度(視黄経)で等分するようになった(「定気法」という)。定気法では閏月のはいりかたが偏る。

【あとの章の記述を総括すると、インドを中心としてもうひとつの太陰太陽暦の伝統がある。こちらの太陽暦的な部分は黄道を12等分した「十二宮」のどれに太陽がいるかという観点(古代ギリシャの天文学とも共通)でつくられていて、原点は春分である。】

第2章 中国の暦
殷の暦は、十三月があり、太陰太陽暦だったと考えられている。また、十干十二支がすでにあった。

二十四節気・七十二候の起源。
『詩経』に、農事・動物・氷などの物候の記載がある。
『淮南子』(淮南王 劉安[西暦前122年没]の撰とされる)には「天文訓」に二十四節気が現われる。また「時則訓」に毎月の物候記載があり、のちの七十二候と同じことばが多いが、節気と対応づけられていない。
『逸周書』(西暦紀元前後編纂されたとされる)で二十四節気・七十二候の構造が示された。
北魏の正光暦(523年-)で二十四節気・七十二候が暦に組みこまれた。
唐の大衍暦(729年-)の二十四節気・七十二候の内容が、現在に引き継がれている。本書第2章3節では、大衍暦にもとづいて、節気・候のそれぞれを紹介している。大衍暦の七十二候の内容は、北魏・隋の暦とずれ、『逸周書』とはほぼ同じである。著者はこれをふしぎだと言い、復活したのか、逸周書が実は新しいのか、という疑いを述べている。わたしは、北魏と漢・唐との基準地域のちがいの可能性が高く、気候の変化の可能性もあると思う。

中華民国では1912年からグレゴリオ暦を採用した。しかし民間では太陰太陽暦(「農暦」)が根深く残っている。

なお、太陽暦のさきがけとして、清からの独立を主張した太平天国(1851 – 1864年)の「天暦」がある。立春を新年とする太陽暦である。ただし1年を366日としていた。もっと前に、宋の沈括(1031 – 1095年)が提案した「十二気暦」も立春を新年とする太陽暦だった。

第3章 東アジアの暦
朝鮮は、長く「正朔を奉じる」という態度でそれぞれの時代の中国の暦を使ってきた。1894年から太陽暦を併用し、1896年に太陽暦を標準とした。

ベトナムでは、公式にはグレゴリオ暦が使われているが、民間では中国と同じ原理による(ただし別に計算している)太陰太陽暦が使われている。著者が見た日めくり(複数)は、太陰太陽暦の新年からグレゴリオ暦の年末までしかなかった。【これは著者がサンプルを得た季節が偏っていたのだと思うが。】 二十四節気もあり、その本名は中国名そのままベトナム漢字音で読む(意味を考えるとベトナムの季節に合わない)が、ベトナム語の別名がついていて、そちらはベトナムの季節に合わせたもののようだ。十干十二支も中国と同じ。ただし卯がウサギではなくネコになっている。

第4章 イスラムの暦
イスラム暦は純粋太陰暦であり、太陰暦の12か月を1年とするので、新年の季節がだんだんずれていく。ただし、月の名には季節感があり、太陰太陽暦のなごりと考えられる。ラマダン月の初めと終わり(次のシャウワール月の初め)は新月を見て決めるとされるので、地域ごとにずれることがあり、また、政治的思わくで宗教指導者がずらしたと思われる事件もあった。

イランでは、宗教行事はイスラム暦によるが、世俗のことはイラン暦による。イラン暦は太陽暦で、春分を新年とする。

第5章 南アジア・東南アジアの暦
インドでは数十種類の暦法が使われている。
ヒンドゥーの伝統的な太陰太陽暦では、月を前半と後半に分けて数える。空海が日本に伝えた『宿曜経』の用語を使えば「白分」と「黒分」である。また、日を数えるのではなく、月のまわる角度を30等分する。その決めかたのせいで、日付がとぶ「欠日」や重複する「余日」が生じる。太陽暦的要素は黄道十二宮により、閏月の入れかたはそれに基づくが、インド太陰太陽暦のうちでも多様なものがある。
インド国定暦が1952年に制定され1957年に実施された。これは太陽暦で3月22日(閏年は21日)を新年とする。月の名まえは伝統的太陰太陽暦と同じ(十二宮名ではない)なので、併用されるとややこしいことになる。本書の記述は「将来どうなるのだろうか」で終わっている。わたしの想像だが、国定暦はグレゴリオ暦よりも使われる機会が少ないのではないだろうか。

ネパールには太陰太陽暦(インド系)と太陽暦がある。太陽暦は黄道十二宮のうちの太陽の位置による。32日の月が生じることがある。

タイでは、伝統的な暦はインド系の太陰太陽暦である。1月はグレゴリオ暦12月ごろのミッカシラだが、5月チットラ(グレゴリオ暦4月ごろ)が新年とされる。
旧正月のように感じられる行事であるソンクラーンは太陽暦で決められ、グレゴリオ暦4月13-15日にあたる。
公式にはグレゴリオ暦が使われるが、その月の名まえは黄道十二宮のパーリ語の名まえに基づいている。
紀元のほうは公式に仏滅紀元(ブッダ入滅年とされる年から数える)が使われているが、1941年から仏滅紀元の年の初めもグレゴリオ暦にあわせた。

ラオスでは、公式にはグレゴリオ暦が使われるが、伝統的な暦はインド系の太陰太陽暦である。ただし年末年始の行事は太陽暦で決められ、グレゴリオ暦の4月13-16日におこなわれる。(インド太陽暦ヴァイシャーカ月の初めは4月13日のはずだが、ラオス版では4月16日とされている。) 仏滅紀元あるいはカッサパの紀元を使う場合の年の初めはこの「新年」である【現代タイとずれるのだ】。

インドネシアでは、公式にはグレゴリオ暦。月の名まえはオランダ語由来。イスラムの宗教行事はイスラム暦。月の名まえはアラビア語由来。
ジャワ暦というものがあり、イスラム暦と同じ構造なのだが、紀元が違う。
バリ島では多数の暦法が併用されている。バリ・サカ暦はインド系の太陰太陽暦である。祭事の多くはウク暦による。これは210日を1「年」とするものである。【本書はその内容を詳しく述べているが、わたしの関心からははずれてくる。】

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

中澤 哲夫 編, 中島 孝、中村 健治 著 (2016) 大気と雨の衛星観測

  • 中澤 哲夫 編, 中島 孝、中村 健治 著, 2016: 大気と雨の衛星観測 (気象学の新潮流 3)。朝倉書店, 165 pp. ISBN 978-4-254-16773-3.

2016年6月の新刊。気象学のうち、衛星による観測についての、大学学部専門課程の教科書といったレベルの入門書。

後半(第3・4章)は、レーダーを使った雨の観測の話題に集中している。TRMM (熱帯降雨観測衛星)について、衛星ミッションの設計、センサー、地球物理量(降雨強度など)を求めるアルゴリズム設計、データプロダクト作成、気象学的な解析にわたって紹介している。補足的にではあるがレーダーの基本も述べている。また、TRMMから発展した後継事業であるGPM (全球降水観測)についても、TRMMとのちがいを中心に紹介している。

この部分を書いている中村氏は、気象学の博士課程を出たあと、電波研・通信総研(今の情報通信研究機構の前身)でレーダーによる雨の観測技術の開発にかかわり、名古屋大学に移ってTRMMの気象学的成果を出す役割をしてきた人であり、この主題を展望するのに最適な人だと思う。TRMMプロジェクトの人の動きなどについては寺門(2015)の本[読書メモ]があるが、そこに出てきた科学・技術の話題の中身がわかる。また、地球観測衛星ミッションの成功例がどんな部分からなっているかという観点でもおもしろいと思う。

前半(1・2章)は、広く、衛星によって大気の –具体的には、雲、エーロゾル、大気の気体成分濃度、地球放射収支の– 情報を得る方法を扱っている。陸上のエーロゾルの観測に偏光が使われること、気体成分の定量に周波数を非常に細かく分けて観測できるセンサーが使われること、雲粒の鉛直分布を見るのにライダー(レーザーレーダー)や雲レーダー(波長が短い電波によるレーダー)が使われることなどが紹介されている。

中島氏は、宇宙開発事業団(今のJAXAの前身)でADEOS-2 (みどり2号)などの地球観測衛星ミッションを担当し、東海大学に移ってリモートセンシングの教育とともに雲やエーロゾルに関する地球物理量推定のアルゴリズム開発や応用研究をしてきた人である。

中澤氏のかかわりかたは監修者というべきものだと思うので、この記事の表題で名まえを出すべきか、また「編」が適切か、迷った。ここではひとまず本自体の表紙や奥付の表現に合わせた。中澤氏は気象庁気象研究所で熱帯気象を研究してきた人で、TRMMには日本側プロジェクトサイエンティストをつとめるなど深くかかわっている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

筆保 弘徳 編、和田 章義 編著 (2016) 天気と海の関係についてわかっていること いないこと

  • 筆保 弘徳(ふでやす ひろのり) 編、和田 章義 編著、杉本 周作、万田 敦昌、小田 僚子、猪上 淳 (いのうえ じゅん)、飯塚 聡、川合 義美、吉岡 真由美 著, 2016: 天気と海の関係についてわかっていること いないこと — ようこそ、そらの研究室へ。ベレ出版, 327 pp. ISBN 978-4-86064-473-4.

2016年5月の新刊。筆保氏がかかわった「そらの研究室」シリーズの、『天気と気象についてわかっていること いないこと』(2013年)[読書メモ]、『異常気象と気候変動についてわかっていること いないこと』(2014年)[読書メモ]に続く、「第3弾」 (本書「はじめに」の表現)である。1975年生まれの筆保氏とおおまかに同世代、おおまかに40歳前後の研究者が、それぞれ、自分の研究の対象や方法について、専門外の人に向けて語る。

今回の主題は、大気と海洋の相互作用である。空間規模は東京湾から地球全体までさまざまだ。

著者には、専門が気象学の人、海洋学の人がまざっている。和田氏は、気象大学校で教育を受け、気象庁の技術公務員として気象の仕事も海洋の仕事もしてきたので、どちらが主とも決まっていないそうだ。小田氏は土木工学で教育を受けているが今の専門を「都市気象学」としている。

研究手法は大きく、観測、シミュレーション、データ解析に分けられる。

本書では、観測の話題がわりあい多い。杉本氏は黒潮(日本の南)、万田氏は九州・沖縄近海、小田氏は東京湾、猪上氏は北極海、川合氏は日本の東の太平洋での、観測現場の経験談が含まれている。観測技術の紹介はあちこちに分散して出てくるが、川合氏がわりあい系統的に述べている。川合氏の研究は人工衛星による観測の利用に特徴がある。どの研究者も、自分の観測だけでなく多様なデータの解析をあわせて仕事をしている。

和田氏の、台風におよぼす大気・海洋相互作用の研究は、値モデルによるシミュレーション型が主である。飯塚氏は広域の観測データからわかることを主に紹介しているが、本人の仕事はシミュレーションが主だそうだ。吉岡氏は、モデルによるシミュレーションの研究スタイルの基礎からの紹介に徹している(本人の研究の話題はひとことだけ出てくる)。

余談的な「コラム」記事としてだが、育児と仕事を両立させる努力という話題も出てくる。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

河宮 未知生 監修、今井 明子 著、ジーグレイプ 編集 (2016) 異常気象と温暖化がわかる

  • 河宮 未知生 監修, 2016: 異常気象と温暖化がわかる — どうなる? 気候変動による未来 (知りたいサイエンス Illustrated 004)。技術評論社, 191 pp. ISBN 978-4-7741-8127-1.

2016年6月の新刊(実際は5月下旬に出ていた)。相互関係はあるが同じことではない「異常気象」と「地球温暖化」についての、多色刷り図解による入門的解説書。

著者にあたる人名として、表紙には監修者として河宮氏の名まえだけが出ている。奥付でもそうなのだが、奥付の下に著作権表示として「(C)2016 ジーグレイプ株式会社」がある。また、奥付の上に次のようにある。

  • 著者: 今井 明子 【このあとに著者紹介の文が続く】
  • 作図&イラスト: 片庭稔、ジーグレイプ株式会社
  • 編集&DTP: ジーグレイプ株式会社

また、奥付の前のページ(191ページ)に「監修者紹介」があり、次の人びとが紹介され、それぞれ監修を担当したページが示されている。(この読書メモでは下の目次に対応させて示しておいた。)

  • 河宮 未知生 (かわみや みちお)
  • 立入 郁 (たちいり かおる)
  • 鈴木 立郎 (すずき たつお)
  • 塩竈 秀夫 (しおがま ひでお)
  • 竹見 哲也 (たけみ てつや)
  • 阿部 彩子 (あべ あやこ)
  • 羽島 知洋 (はじま ともひろ)
  • 高橋 潔 (たかはし きよし)
  • 芦名 秀一 (あしな しゅういち)

河宮氏が全体の構成にかかわり、各部分の監修者たちが監修だけでなく扱われる材料の提供もして、ジーグレイプという編集プロダクションが本の枠組みを作って、サイエンスライターの今井氏が文章を書いた、ということなのだろう。(監修者に直接きけば確認できるのだが、まだきいていない。) 本を紹介する際に、著者名を中心に示したいと思う人はわたしに限らず多いと思うのだが、このような出版物だと、だれの名まえをおもてに出すべきかで迷ってしまう。なお、今井氏は同じ出版社から2014年に出た『気象の図鑑[読書メモ]の共著者でもある(そちらは形式上も疑問がない)。

本は4つの章に分かれていて、「異常気象」の話題はほぼ第3章に集中している。ほかは「地球温暖化」を含む「気候変動」の話題だと言ってよいと思う。「異常気象」は「地球温暖化」がなくても起こる現象だ。「地球温暖化が進むと、ある種類の異常気象の頻度がふえたり強くなったりする」という関係が指摘されているが、その関係には確かなものも不確かなものもある。両者がそのような関係にあることは、河宮氏による「はじめに」や「おわりに」を読んだ読者には伝わったと思う。しかしそれを読みとばして図解ページをめくった人に伝わるかは心配だ。しかも口絵の見出し「地球クライシス! 異常気象の猛威が世界を襲う! 」は両者を混同させるほうに働いてしまいそうな気がする。

「異常気象」に関する第3章(竹見哲也氏が監修)は、まとまった内容になっている。気象庁が使っている「異常気象」の定義も示しているが、内容はむしろ気象学者のいう「極端気象現象」であり、この2つの概念の関係は不明確だが、混同してもあまりまずいことはないと思う。台風、「爆弾低気圧」(急に発達する温帯低気圧)、災害をもたらす豪雨、たつまき、猛暑、大雪と寒波が論じられている。「(それぞれの)異常気象は温暖化のせいなのか」という問いに対して答えようとする「イベント・アトリビューション(event attribution)」という研究が行なわれていることも(入り口だけだが)紹介されている。

「地球温暖化」は、これから数十年かかって起ころうとしている現象の予想として第4章で論じられている。その予想の基礎となる「気候システム」の考えかたが第2章で紹介されている。その前に第1章として、地球温暖化はすでに起こっており観測値に現われているのだ、という話題がある。わたしならば、第2章から始めたいところだ。もっとも気候システムの概念の導入には具体的な気候変動の事例も必要なのだが、最近数十年の変化よりも、ふれ幅の大きい氷期サイクルの話を持ち出すほうが(学説史をふまえる観点からも)適切なように感じられる。しかし、本書を企画した出版社あるいは編集プロダクションが、多くの人に読む気になってもらうには、読者自身あるいはその親の世代がすでに経験しているものごとから始める必要があると考えたのだろう。そうなのかもしれない。

ただ、そのような構成にしたために、第2章まで待てない基礎概念を第1章のところどころで小出しにする必要が生じた。雨がふるしくみについては、第1章の23ページに図解があるが、ここでは雲粒から雨粒ができるしくみとしては水滴の併合だけがあげられている。激しい雨ならば氷晶を経由するしくみが働くはずだが、その説明はここにはなく、第3章の113-114ページにある。あわせて見たほうがよい。なお第1章の20ページの見出しに「スコールのような雨」という表現があるが「スコール」は説明されていない(学術用語でなく日常語として使われているのだと思うが、知らない人も多いと思う)。

第1章では、気温、雨のふりかた、雪氷(グリーンランドや南極の氷床、凍土など)、海洋(温度、水位、pH、生態系)、陸上生態系(植物、動物、農作物)の、すでに起こっている変化が紹介されている。

第2章では、大気・水圏をエネルギーの循環を中心として見た「気候システム」、さらにそれと生態系・生物地球化学サイクルをあわせて見た「地球(表層)システム」の考えかたが、わりあい体系的に紹介されている。

ただし、3つめ以後の節の見出しを「気候変動の原因: … の影響」の形にしてしまったのはうまくなかったと思う。「海洋・大気循環による影響」となっているところは、気候システムを構成する部分の働きを述べている。「地球規模の異変による影響」となっているところは、気候システムが外部からの強制がなくても起こしうる変動のモード(エルニーニョなど)について述べている。「植物の活動による影響」となっているところは、気候システムにとっては外だが地球表層システムにとっては中になる、陸上生態系の働きを述べている。気候システムにとって外部からの強制になるもののうち、自然起源の代表的なものである火山起源のエーロゾルは、「気候変動の原因」という見出しからはずれた「地球が繰り返してきた気候変動」の節の終わりのほうで紹介されている。「土地利用の変化による影響」も人間の活動による影響のはずだが、「人間の活動による影響」と題した節では、燃料の利用による温室効果気体とエーロゾルの排出だけをとりあげている。

「地球が繰り返してきた気候変動」の節の55ページの図「アジアにおける12~16世紀の気候変動」は、図の下の説明に「アジアにおける気温変化」、縦軸の説明に「縦軸は1960~1990年の併記に対する偏差(℃)」とあるが、この期間についてアジアを代表する気温の推定値の共通認識ができているとは思えない。具体的にどこで何を測定したものに基づいてどのように推定したものかを示さないといけないと思う。本書には出典として日本気象学会 地球環境問題委員会 (2014)の本[読書メモ]があげられているので、それを見ると、10.5節「過去2000年の気候 (p. 146-149、中塚 武、末吉 哲雄)のうちの図10.10「アジアにおける気温変化」であり、147ページの本文に

図10.9の中に含まれるアジアの平均気温は、日本・中国・インド・東南アジアなどの広域の樹木年輪データベースを使って、初めて年単位で計算したものである(Cook et al., 2013)が….

とある。その続きに図10.10も出てくるので、出典は同じらしい。論文の題名が内容を代表しているとすれば、「年輪から復元推定された東アジアの夏の気温変動」というべきだろう。

第4章では、地球温暖化について、2013-2014年に発表されたIPCCの第5次評価報告書を基本とし、日本での研究活動からの情報を含めて紹介している。IPCCで言えば第1部会の話題については総合的だが、第2・第3部会の話題は選択的に紹介している。

将来の二酸化炭素濃度などについて「RCPシナリオ」と呼ばれる複数のシナリオがつくられ、それに基づいてシミュレーションが行なわれた。その結果にもとづいて、気温、水温、海水位、雪氷などの変化、さらに、台風、豪雨などの極端気象現象(「異常気象」)の変化の見通しが紹介されている。ここまではIPCCで言えば第1部会の話題。(見出しの「気温と海面の上昇による影響」は「による影響」をはずしたほうがよかったと思う。)

続いて、その変化が生態系や人間社会(水資源、農林水産業、健康)におよぼす影響の話がある。IPCCで言えば第2部会の話題。

それから、温暖化の対策の話がある。適応策も重要であると述べられているが、おもに「緩和策」(IPCCでは第3部会の話題)、そのうちでも、省エネルギー、再生可能エネルギーと、CO2排出の削減を促進する政策的な制度(炭素税、排出量取引など)がとりあげられている。

文献

  • Edward R. Cook, Paul J. Krusic, Kevin J. Anchukaitis, Brendan M. Buckley, Takeshi Nakatsuka, Masaki Sano, PAGES Asia2k Members, 2013: Tree-ring reconstructed summer temperature anomalies for temperate East Asia since 800 C.E. Climate Dynamics 41:2957-2972. doi:10.1007/s00382-012-1611-x

折り返しのあとに目次をつける。「/」のあとの人名は、「はじめに」「おわりに」は執筆者、その他は監修者。監修者が複数ならぶ場合のその順序には意味がない。
Continue reading

Mark Maslin (2013/ 森島 済ほか訳 2016) 気候 [Climate]

  • Mark Maslin, 2013: Climate (A Very Short Introduction). Oxford University Press. [読書メモ]
  • Mark Maslin 著, 森島 済 監訳, 赤坂 郁美, 田代 崇, 羽田 麻美, 森島 済 訳 (2016): 気候 (サイエンス・パレット SP-030)。丸善出版, 198 pp. ISBN 978-4-621-30045-9.

日本語版は2016年6月の新刊。Oxford University PressのVery Short IntruductionのClimate [読書メモ]の訳である。同じ著者のClimate Change [読書メモ] (前にはGlobal Warmingという題で出ていて第3版で題名が変わった)とは別の本であることに注意してほしい。

「訳者まえがき」によれば、大きく次のように構成されている。
1-4章: 現在の気候の特徴とその形成のしくみ
5-7章: 過去の気候の特徴 (氷期の形成の話題を中心に)
8-10章: 地球温暖化問題と未来の気候

著者は、地質時代、とくに第四紀の古気候を研究してきた人であり、本書はその観点に特徴がある。著者は理屈を重視する人のようだ。しかし物理法則に基づく数値モデルによる研究に重点を置いてはいない。第5章の、大陸・海洋の配置によって、海流、大気の流れ、乾湿の分布がどう変わるかの話題などは、概念モデルで論じているようだ。数値モデルによる研究成果も参照しているのかもしれないが、参考文献が詳しくあげられていないので確認できない。まだ定説がかたまっていない話題の仮説として受け取っておくのがよさそうだと思う。

本書で、「気候」という用語はどのような意味で使われているだろうか。第3章で、気象と気候を区別し、「気候は『平均的な気象』」(日本語版p. 41)、「気候研究は平均像のみを研究する」(p. 45) と言っている(わたしは「のみ」は強すぎると思うが)。「気候のもともとの定義は『30年間の平均的な気象』でしたが、この定義は変わってきています。」とも言っている(この「もともと」も疑問だが、気象庁やWMOの「平年値」の定義は30年平均である)。しかし、それではどういう定義がよいのか示していない。もっとも、わたしが示そうとしてもむずかしいと感じる。専門文献での使われかたが一致しておらず、仮に標準的定義を提示しても、それが文献に通用するとは限らないのだ。こういうときは、用語が使われている実例を見ながら意味の広がりを感じ取ってもらうしかないのだろうか。

日本語訳は、詳しく確認したわけではないが、注意深くされているようだ。

ただし、第8章のうち「クライメートゲート事件」の件 (p. 142)の「データの市場操作」というのは変で「データの改竄」だろう。(データの改竄があったというのは当時の「メディア解説者」の見解であり、著者がそれに賛同しているわけではないが。)

また、第6章(p. 109)の「サムセイン(Sarnthein)」は rとnが続くつづりを m と読みちがえたのだろう。このつながった文字列の読みまちがいは起こりがちなのだが(余談だがわたしの経験を[別ページ]に書いた)、校正で気づいてほしかった。

内容に関するコメントは、[英語版の読書メモ]に書いたので、そちらも参照していただきたい。

新しく気づいたこととして、第4章で、モンスーンを、著者は、まず東西一様な世界でも存在するITCZ (熱帯収束帯)の季節による南北移動を第一に考え、海陸コントラストをそれに比べれば副次的なものと考えているようだ。後者をおもに考えているわたしとはちがった意味の広がりで使っている。なお、この話題は「気候における極端な現象」という題の章に含まれているが、モンスーンを極端な現象だとみなしたわけではなさそうだ。

第7章(p. 127-129)の氷期のアマゾンの話は、おそらく著者自身も参加した研究を反映していて、わたしにとって新しい知見があった。従来、氷期にはアマゾン流域の広い面積がサバンナ化したといわれていたのだが、新しい研究によれば、森林は維持されていた。ただし木の種構成がちがい、熱帯雨林の種よりも相対的に低温に適応した種がおもになっていたということだ。

なお、本書日本語版より前に、同じVery Short IntroductionのGeography (Matthews & Herbert, 2008)の日本語訳が、同じ訳者たちによって、同じ出版社から出ていたのだが、「サイエンス・パレット」のシリーズに含まれず、単価が割高な本になってしまっていた。地理学は自然地理と人文地理にまたがっており、それはその本の主要な論点でもあったのだが、出版社からみて科学の本と感じられなかったのかもしれない。Climateの本のほうは、気候に影響を与える存在として人間が出てはくるものの、みんなが自然科学の本と認めるだろう。

文献

  • Mark Maslin, (2004, 2009) 2014: Climate Change: A Very Short Introduction (Third Edition). Oxford University Press. [読書メモ]
  • John A. Matthews, David T. Herbert, 2008: Geography : A Very Short Introduction. Oxford University Press.
  • [同、日本語版] John A. Matthews, David T. Herbert 著, 森島 済, 赤坂 郁美, 羽田 麻美, 両角 政彦 訳 (2015): マシューズ & ハーバート 地理学のすすめ。丸善出版。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

小倉 義光 (1984, 1999, 2016) 一般気象学 第2版 補訂版

  • 小倉 義光 (初版 1984, 第2版 1999) 2016: 一般気象学 第2版 補訂版。東京大学出版会, 308 pp. ISBN 978-4-13-062725-2.

気象学の大学レベルのうちの初歩の教科書として、本書はよく知られている。わたしの授業でも毎度(1999年に出た第2版を)参考書として紹介してきたし、教科書として指定したこともあった。そのための紹介を[読書ノート]として書いた。

2016年3月、第2版の「補訂版」が出るという出版情報を見た。4月上旬に、ひとまずどこが変わったか確認することにした。

ISBNが変わった。第2版(1999)は、ISBN-13の表記にすると、978-4-13-062706-1 だった。

表紙(外カバー)は、題名の位置・色が変わったが、絵(「OLR」の分布図)は同じだ。

第2版まえがきに、日付「2016年立春」を含めて7行追加がある。それによれば、おもに第10章「気候の変動」のところ、そのほかに第1章「太陽系のなかの地球」のうちの、地球以外の惑星に関する記述に改訂を加えたということだ。

第1章「太陽系のなかの地球」のうち改訂のあるのは1.2節「惑星の大気」だけのようだ。

まず10ページの表1.1「太陽系の惑星の特性」では冥王星が省略された。旧版で「?」つきで示された数値を新しい観測に基づいて改訂することもできたはずだが、惑星の定義の変更で惑星からはずれた冥王星を省略したのは順当だろう。

11ページの「表1.2 地球型惑星の特性比較」の変更の意図は、気温の鉛直分布に関する専門的な項目を削って単純化したことだと思われる。しかし残念なことに、同じ惑星の列に同じ気体成分が複数回出てきてその濃度が違うという、明らかにまちがった表になってしまっている。第2版とてらしあわせてみると、金星・地球・火星のあいだで、いくつかの項目をまちがった惑星の列に入れてしまったという編集作業上の失敗であることがわかる。これは出版会に修正していただかないといけない。 [2016-07-13補足] 出版会のサイトのこの本の紹介のページに(2016-05-19づけで)この表の訂正が出ている。

そのほか気づいた細かいこととして、11ページの「同位体」を説明する脚注に、太陽の核融合のことがつけたされている。同じ注の続きにしたのは紙面のつごうだと思うが、ちょっと苦しい。また、13ページの最後のところの本文で、これまでの惑星探査に貢献した無人宇宙船に「アメリカ合衆国」「旧ソビエト連邦(現ロシア)」のほか「欧州」が追加されている。

第10章「気候の変動」では、もちろん、10.2節「地球温暖化」に、IPCCの第5次報告書(2013-14年、本書では「2014年」に統一したようだ)を参照した書きかえがあちこちにある。たとえば、278ページの図10.10「地上気温の長期変動」の世界平均気温はIPCC第5次報告書の図、日本平均気温は気象庁による2014年までの値がはいった図になった。280ページの表10.1「人類起源の二酸化炭素収支」はIPCCの第2次報告書(1995年)から第5次のものにさしかえられている。しかし図10.11「過去1000年間の二酸化炭素濃度の変化」は第2次報告書のままだ。新しい報告書のほうが、データは新しいが、図が見やすいとは限らず、情報量がふえて複雑になりすぎることや、カラー印刷になったので白黒で複製すると読みにくくなることも多い。グラフが示す情報の趣旨が変わらなければさしかえないのもよいこともあるだろう。

この節の参考文献として、田中正之(1989)『温暖化する地球』は残されたが、山元龍三郎氏の1993年と1995年の本ははずされた。そして多田隆治(2013)『気候変動を理学する』、吉崎・野田 編(2013)『図説 地球環境の事典[読書メモ]、中澤高清ほか(2015)『地球環境システム — 温室効果気体と地球温暖化[読書メモ]が追加されている。【田中(1989)をupdateするような入門的読みものの必要性があるのだと感じる。】

10.1節「過去100万年の気候」にも改訂がある。

270ページの図10.2、氷床コアによる大気成分と気候との関係を示す時系列グラフは、1987-1990年に出た文献による過去16万年のものから、2010年に出た文献による過去80万年のものにさしかえられた。そこに出てくる気候指標が、氷の水素同位体比を「δD」という形で示したものなので、269ページの本文でも、δDの定義式が追加されている。しかし、その前の図10.1やそれに関する本文で、深海底コアの酸素同位体比の変動を説明したところは、δ18Oという表現を導入せずに 「深海底コアから得られた16Oに対する18O濃度比率の相対的変化」としたままなので、専門的表現への深入りのしかたが一貫しなくなってしまった気もする。

271ページの本文に「ダンスガード・オシュガーイベント」(この読書メモではD-Oと略す)があらたに登場した。その段落から参照された図10.3には見る人が見ればD-Oも現われているのだが、図のどこがそれに対応するかは明示されていない。反面、「ヤンガードリアス期」(YD)の説明がここの本文から消えてしまった(図10.3の中とcaptionにはあるが)。しかし273ページの海洋深層循環の話には「寒冷のヤンガードリアス期」が出てくる。「補訂」の結果、残念ながら、追加されたD-Oについても、前からの話題のYDについても、わかりにくくなってしまったと思う。また、図10.3の内容はあいかわらず1972年に出た南極ByrdとグリーンランドCamp Centuryの氷の過去20万年のδ18Oの時系列だが、これはグリーンランドGRIPおよびGISP2の結果が出た1990年代以降のデータにさしかえたうえで、D-Oもそれを使って示すべきだったと思う。

273ページの本文の「縄文海進」の説明は、すなおに読むと、日本だけでなく世界の海面が高かったように読める。今の専門家は、この時期の世界平均の海面は今よりも高くなかったと考えているのだが(わたしの理解は[別ブログ2013-04-30]の記事参照)、著者の知識は変わっていなかったのだろう。

これまでに述べた以外の10.1節の図も、わたしから見ると、今の教科書でとりあげるにはいかにも古く(学説史的意味はあるかもしれないが)、さしかえてほしかったものもある。しかしその材料を用意することは、著者にも、出版会の編集者にもむずかしいだろう。古気候専門家と著者および編集者との共同作業が必要になるだろう。「補訂」にそこまで求めるのはむずかしいとも思う。

なお、[別ブログ2012-03-18]の記事で指摘した、(初版を未確認だが少なくとも第2版から)変わっていない点だが、第3章「大気の熱力学」の3.1節「理想気体の状態方程式」と、付録1 「よく使う単位」で、SI単位を使うと言いながら、「物質の量」の単位は「キロモル」を使っている。化学の教科書をはじめとする他の文献とあわせて使う際には注意が必要だ。

Dennis L. Hartmann (1994 / 2016) Global Physical Climatology (グローバル物理気候学) 第2版

  • [初版] Dennis L. Hartmann, 1994: Global Physical Climatology (International Geophysics Series 56). San Diego: Academic Press, 411 pp. ISBN 978-0-12-328530-0.
  • [第2版] Dennis L. Hartmann, (1994), 2016: Global Physical Climatology, Second Edition. Amsterdam (ほか): Elsevier, 485 pp. ISBN 978-0-12-328531-7.

全地球規模の大気・水圏のエネルギーの循環を中心とした、気候システムに関する科学の、大学学部上級・大学院初級レベルの教科書。わたしの教えたいことに近いので毎年授業の参考書にあげてきたのだが、出版されたのが1994年で、この分野の科学の基本は変わらないのだが応用面がだいぶ変わっていて、勧めにくくなっていた。改訂の話はなん年も前から聞いていたが、2016年1月に第2版として出た。

注文した本が届いたので、[目次の初版との比較]をしてみた。そこまでの段階で気づいたことをここに書いておく。なお、[読書ノート]の内容はまだ初版に関するもののままであり、第2版をひととおり読みおえてから書きかえたいと思っている。

外見では、まず出版社名が変わっている。かつてあったAcademic Press社は合併のすえに2000年にElsevierに吸収されたが、ブランド名としてのAcademic Pressは残っていて、2012年に出版されたInternational Geophysics Seriesの本には使われていた。本書第2版は、そのブランドを使わず、International Geophysics Seriesというシリーズ名も消えて、単にElsevierの出版物になってしまった。

また、図版が多色刷りになった。黒・赤・青を見分けられる人にとってはだいぶ図が見やすくなったと思う。ただ、初版よりも厚めの紙を使っているらしく、ページ数の増加はあまり多くないのだが本全体はだいぶ厚くなった。判型は、A5よりやや大きめで、変わっていない。表紙の色は初版は水色だったが今度は朱色だ。

図の内容も新しくなっているものが多い。とくに、第2章に出てくるいわゆる「大気上端」の放射収支の数量の分布図は、衛星センサーCERESによる2000-2013年の観測値に基づく本書オリジナルのものだ。

また、巻末の文献リストをざっと見ると、1994年よりもあとで出版されたもののほうが多い。

しかし、本の章・節の構成の変化は少ない。

章のレベルでの変化は、気候の自然変動(季節内変動や年々変動)に関する第8章が追加され、そこからあとの章の番号が1つずれたことだ。初版では海洋に関する第5章に含まれていたエルニーニョ・南方振動のほか、熱帯の季節内変動の代表であるMadden-Julian振動、温帯大気の変動モードであるPNA、NAO、SAM (南半球環状モード)、十年規模変動が説明されている。このあたりは著者自身が(多くの大学院生を指導して)研究してきた主題に関連するので、書きたいことはもっとあるだろうと思うが、本書の主題はもっと長期の変化だと考えて、最小限にしぼった追加をしたようだ。

章のうちでの内容の変化が大きいのは、人為起源の気候変化(いわゆる地球温暖化)を扱う新13章(旧12章)だ。初版で示されていたのは、二酸化炭素濃度に対する定常応答(いわゆる平衡応答)と、仮想的な条件による過渡応答だったが、今度はそれに加えて、具体的な将来のシナリオによる予測型シミュレーションと、過去百数十年の気候変化の検出と原因特定について、IPCC第5次評価報告書の要点に対応する話題がとりあげられている。なお、最後の13.7節で気候への介入(いわゆるジオエンジニアリングあるいは気候工学)にもふれている。最後にあるからといって気候への介入が結論というわけではない。この節の最後の段落は、介入の話ではなく、13章の話題全体にかかわるまとめになっている(本全体のまとめというわけではない)。

これに関連して、気候システムのフィードバックと感度に関する話題にも新しい材料があるが、その多くが複雑な気候モデル(大循環モデル)を使うものなので、フィードバックと感度を主題とする新10章(旧9章)ではなく、気候モデルについて述べた新11章への追加となっている。

なお、旧版では付録B・Cにあった、大気の熱力学、水蒸気量の表現、水の相平衡、断熱変化と断熱減率などの話題は、第1章に組みこまれた。

水谷 広 (2016) 気候を人工的に操作する — 地球温暖化に挑むジオエンジニアリング

  • 水谷 広, 2016: 気候を人工的に操作する — 地球温暖化に挑むジオエンジニアリング (DOJIN選書 69)。京都: 化学同人, 227+17 pp. ISBN 978-4-7598-1669-3.

2016年1月の新刊。地球温暖化の対策のうち「ジオエンジニアリング」(あるいは「気候工学」)として論じられている技術的対策の構想についての、一般向け解説書である。

著者は地球の生物地球化学サイクルを早くから論じてきた人で、1987年に出た「地球とうまくつきあう話[読書メモ]など、主要元素の循環を論じた著作がある。また、1999年の「地球の限界」(日科技連)、2001年の「続・地球の限界」(同)の編者でもある。

そして著者は2010年から、ウェブ上にジオエンジニアリングに関する日本語での議論の場「ジオエンジニアリング・ネット・フォーラム」http://geoeng.brs.nihon-u.ac.jp/ を主宰するとともに、英語圏の議論の情報を収集・紹介もしてきた。この主題に関する著者の知識は幅広い。本書の話題の多くはわたしもどこかで知っていることではあるが、わたしは紹介する文章を書けるほど詳しくない場合が多い。

著者は、ジオエンジニアリングを、地球温暖化対策として(ただし、緊急事態の対策として)考えられた対症療法的な提案、と とらえている。しかし、著者は、地球温暖化の対策として考えられたもの以外にも、気候を変える可能性がある技術があることにも注意し、そのようなものも話題に含めている。また、さまざまなジオエンジニアリングの構想には実現可能性の低いものもあるが、本書では、そのような構想も話題にしたうえで(とくに口絵には夢のような構想の図解が紹介されている)、批判をも紹介している。(ただし、提案者の主張や批判者の主張を、引用の形ではなく地の文として続けて述べてしまっているところがあり、読者には一見、同じ人が矛盾したことを言っているように感じられるかもしれない。)

第1章ではジオエンジニアリングの構想全般を紹介している。ここで著者自身の考えによるジオエンジニアリングの分類が出てくる(この読書メモではあとの各論のところで紹介する)。

また、ジオエンジニアリングの技術にはいずれも副次効果があることを「よいオマケ・悪いオマケ」という表現で述べている。

第2-3章では(章の表題からはよくわからないが) ジオエンジニアリングの実施を決めるよりもじゅうぶん前に考えておかなければならない課題を述べている。

まず2.1節では、ガバナンスについて、オックスフォード原則 (2009年にイギリス議会の要請でまとめられた)を紹介する。本書の表現では次のとおり。

  • ジオエンジニアリング技術は公共財である
  • 意思決定には市民が参加する
  • 研究は開示し成果は公開する
  • 影響評価は独立になされる
  • 実施の前にガバナンスの体制を確立する

2.2節では、温暖化対策としてのジオエンジニアリング案を評価する技術的な項目をあげる。技術一般に関するものとして、効果、安全性、効率、検証可能性、制御可能性、経済効率性、とくにジオエンジニアリングに関してあげられたものとして、監視可能性、継続可能性、原状復帰性、非脆弱性がある。

2.3節では、まず「モラル・ハザード」の問題が提起される。これは、ジオエンジニアリングに安住してしまい、ますます化石燃料を燃やすことになる、ということである。いちおうこれとは別の問題として、「技術的解決への依存症」の問題も提起される。

また、何をよいとし、何を悪いとするかの価値観は、宗教的背景によっても違い、すべての人が合意できるとは限らないことが指摘される。とくに、結果の善悪を問うか、意図の善悪を問うか、という問題がある。

第3章では、第2章よりもさらに広い観点で、自然と人間との関係、科学・技術のありかたなどが話題になる。哲学の問題になりうる話題だが、哲学用語は使わず、おそらく著者が大学で自然科学を教えるときと同じような用語で論じている。「科学をつかいこなす」べきだとする。また、時間規模を区別することの重要性を指摘している。

そして、「ジオエンジニアリングから私たちが考えるべきことは、それを実施するか否かではなく、ご都合主義をつづけ未来に負債を残すのか、それとも、産業革命以降の人間社会のあり方を問い直し、壊滅的破綻を回避して真に持続可能な社会に復帰するか、なのです。」という主張を述べている。「ご都合主義」も「問い直す」ほうにも、ジオエンジニアリングを使う場合も使わない場合もありうるが、社会のありかたの中でのその技術の役割は違ってくるのだ。

ここから提案されている技術の種類別の各論。ジオエンジニアリングは、Royal Societyの2009年の報告書以来、「太陽放射管理」(SRM)と「二酸化炭素除去」(CDR)に分類されることが多かったが、著者はいくらか違った分類(「全球工学」、「気候制御」、「捕集貯留」)を第1章で示し、それに従って各論を第4-8章で展開している。わたしは、慣用の分類・用語についての著者の不満はよくわかるのだが、本書の分類・用語には残念ながら著者の意図がうまく伝わらないところがあり、さらに考えなおすことが必要だと思う。

著者は、CDRに相当するところを、「除去」でなく「捕集貯留」(6-7章)と表現している。これはCCS (carbon (dioxide) capture and storage)という用語に出てくるcapture and storageの訳語なのだと思う。わたしも、大気から除去された物質が大気から隔離されたどこかに貯留される必要があることを意識させる用語のほうが望ましいと思う。しかしCCSという用語は二酸化炭素を人工的な装置によってつかまえて人工的に閉じこめる技術をさしているが、本書の「捕集貯留」はそれだけでなく、森林や農地の有機炭素をふやすこと、「海洋肥沃化」、岩石風化促進なども含めている。これは残念ながら誤解しやすい用語づかいだと思う。また、捕集と貯留だけでなく、「捕集、回収、一時保管、輸送、貯留」の5つのステップを考えるべきだというが、これは人工的なCCSを念頭においているようだ。

捕集貯留の対象物は、CO2が主ではあるが、他の温室効果気体をも含む。ただしCO2以外の温室効果気体の捕集貯留としては、メタンについて、捕集・貯留よりもむしろ分解してしまうような、まだ不確かな構想が出てくるだけだ。

他方、第6章の前置きで、エーロゾル (本書の表記は「エアロゾル」)の捕集貯留が話題にならないことに不満を述べている。わたしが見るところ、エーロゾルの大気からの捕集は確かにあまり聞かないが、発生源からの捕集は、直接健康に害のある大気汚染の防止のための技術として課題になっているし、その副次効果として、すす(black carbon)のような黒いエーロゾルを減らすことは温暖化(ここでは放射収支を収入過剰にすることをさす)の緩和にも役立つが、硫酸液滴のような白いエーロゾルを減らすことは温暖化を強化してしまうことも、少なくとも広域(越境)大気汚染の研究者は問題としてとりあげている。ただ「ジオエンジニアリング」の話題に出てくることは少ないのだろう。地球温暖化対策としての「ジオエンジニアリング」を論じる人のうちでは、著者のように副次効果として気候に影響を与えるものも含めて考えようとする人は少ないのかもしれない。

6章では多種類の「捕集貯留」技術構想を列挙し、7章では、森林や農地、海洋肥沃化、CCSの3つの技術群にしぼって詳しく論じている。

そのうち海洋肥沃化(おもに鉄散布が想定されている)については、CO2捕集貯留の目的では炭素が生物がつくった粒子の形で効率よく深層に沈むことが求められるが、水産資源確保の目的では表層にとどまることが求められるので、両者の目的は両立しがたいことを指摘している。また追加される物質を持ってくる源で起こることを考える必要性も指摘している。

物質循環でなくエネルギー収支のほうに影響を与える技術を、Royal SocietyではSRMで代表させたが、本書では、直接にグローバルな気候を変えるものを「全球工学」、直接には技術を適用した付近のローカルな気候を変えるものを「気候制御」と分類している。ただし、「気候制御」技術の影響は遠隔地におよぶ可能性があり(これを「テレコネクション」と呼んでいるが、気象学者が使うその用語よりは広い意味のようだ)、意図的に遠隔の影響をねらった使いかたもあるかもしれない。わたしは、この「気候制御」という用語はうまくないと思う。意図どおりに制御できるものではないのにそういう印象を与えてしまうし、「全球」と区別していることもわからないからだ。(また、巻末の表でこの「気候制御」を英語Climate Controlの略でCliCとも表記しているが、CliCは「気候と雪氷圏」(Climate & Cryosphere)の研究プログラム名に使われているので、困る。)

「全球工学」(4章)としてあげられているのは、宇宙日よけと成層圏エーロゾル散布の2つだ。ただし、宇宙日よけは、おもに「原状回復が困難」という理由をあげて、使えない技術だとする。成層圏エーロゾル散布のほうは、実行可能性はわりあい高いが、副次効果、終了時の問題(「リバウンド」と表現)、世界の合意がないままだれかが実施してしまう危険性などの問題があることを述べている。

「気候制御」(5章)のほうでは、雲凝結核をふやして下層雲の反射率を上げること、巻雲を減らすこと(これは太陽放射ではなく地球放射を変える技術)、陸面を白く塗ること、泡あるいは藻類などによって海面の反射率を上げること、などをあげている。また、天気の改変をねらった人工降雨(雲のたねまき)や、台風の制御をねらったいくつかの技術構想も、話題に含めている。(気候への効果もあると主張したいのかどうかがわかりにくくなっていると思う。)

本書ではさらに「周辺領域」として、人間が技術を使うことが環境に影響を与えうる問題をいくつかあげている(8章)。気候改変を意図しない技術の気候への影響と、ジオエンジニアリング技術とその想定外の要因とがからんで起こることを含む。

  • それには戦争も含まれる。「核の冬」の可能性を例にあげている。
  • また事故も含まれる。そのうちでジオエンジニアリングの実施から事故が起きる可能性としては、CCSの隔離が破れてCO2がもれるという問題もあるのだが、本書8章では地下にものを注入したことが地震を誘発するという、気候以外の影響を例にあげている。
  • ジオエンジニアリングを意図したものにせよそうでないにせよ、遺伝子を組みかえた生物を野外に放出することは、意図しない環境変化をもたらすおそれがある。
  • 海峡を閉じるなどの大規模土木工事の構想のうちには、全球規模ではないものの広域の気候を変える意図のものもあった。違う意図によるものでも、大規模な地表改変は、気候を変える可能性がある。

あとがきの中で、著者は、人間活動が地球システムの限界をこえているという指摘は50年前からあったのに、行動を起こすのが遅くなったので、選択肢が限られてしまった、と論じている。ただし、わたしが思うに、1960年代にすでに地球環境の限界の議論はあることはあったが、当時論じられた限界は気候ではなかった。地球温暖化に話題をしぼるならば、行動を起こすことができたのは1980年代以後だろう。それでも30年以上遅れてしまったと言えるが。

全体として著者は、すぐに使えるジオエンジニアリング技術はないとしながらも、いくつかの有力な構想を評価するための基礎研究は進めるべきだという態度をとっている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

広井 良典 (2015) ポスト資本主義 — 科学・人間・社会の未来

  • 広井 良典, 2015: ポスト資本主義 — 科学・人間・社会の未来 (岩波新書 新赤版 1550)。岩波書店, 260 pp. ISBN 978-4-00-431550-6.

2015年6月の新刊で、すぐ買ったのだが、読むのは2016年1月になった。

著者は1961年生まれで、修士課程まで科学哲学を専攻し、厚生官僚をへて大学教員になった人だ。

わたしは、著者の他の著書で述べられた「定常型社会」論には大筋で賛同できると思ったが、官僚時代の仕事に関連し学者としての狭い意味の専門である福祉政策に関する話題にはなかなかついていけず、著書をしっかり読んでいなかった。今度の本は、科学哲学の重みが大きくなっているので、わたしにとっては近づきやすい。著者と大まかに同世代のわたしは、1980年前後の学生時代に、科学論と結びついた形で、世界人類の成長の限界を考えた。当時はそういう論点の本をいろいろ見たのだが、その後しだいに減ってきたようであり、この本は貴重だと思う。

ただし、あるべき社会像について、現存する類似例をいくらか具体的にあげているものの、机上論という気がする。もっとも、その批判はわたし自身の未来社会論にもあてはまる。

近ごろ読んだほかの本では、水野 和夫 (2014) 『資本主義の終焉と歴史の危機[読書メモ]と論点が近い。本書の参考文献リストにも水野氏の著作を複数含んでいる。ただし論調は違う。わたしから見ると、水野氏の本に感じた独断的だという不満は本書にはそれほど感じられず、もちろん著者の価値判断による材料の選択はあるが、わりあい納得しやすい理屈づけをしていると感じる。

本書では「資本主義」と「市場経済」を、ブローデルにならって、区別する(第1章)。著者は資本主義が支配する社会体制は終わる、あるいは積極的に終わらせるべきだと考えているのだが、市場経済が終わるわけではないのだ。わたしなりに単純化して言えば、市場経済は公平なものであり意思決定に必要な情報は透明性をもって共有される。資本主義には独占があり、格差が拡大する。また、資本主義は、資本が成長しようとする勢いにまかせるものだ。マルクス流に言えば、市場経済は、財Wを交換する手段として貨幣Gを使う「W-G-W」だが、資本主義は、貨幣のほうが主体になったG-W-G’、しかもG’がGより大きくなっていることを期待するものだ。

本書の議論は、成長の限界を前提としている(「はじめに」)。【わたしの理屈で補足すると、資源消費にかかわる物理量の規模の成長が不可能なのだ。経済量の成長の可能性を否定するわけではないが、物理量の成長ができない状況で経済量が必ず成長しなければならないとする政策をとると無理が生じる。】

そして、人類の歴史には成長期と定常に向かう時期がくりかえし、定常に向かう時期に思想が発達したという段階論を述べている。狩猟採集による経済が定常に向かった5万年前の遺物に精神文化の発達の証拠が見られ、農耕による経済が定常に向かった紀元前5世紀にヤスパースのいう「枢軸時代」があった。今は工業による経済が定常に向かって新たな思想が求められている時代だ、という議論だ。この段階論は終章にまた出てくる。この説自体は証拠不充分だと思う。しかしそのような文明論を論じる必要性が感じられることはわかる。

人類社会がさらに成長する(著者の段階論によれば第4段階に進む)可能性としては著者は3点をあげるが、いずれもとても不確かな可能性にすぎない。第1は「人工光合成」と書いているが、食料やエネルギー源を生物に頼る必要がなくなることだ。第2は宇宙進出、第3は「ポストヒューマン」だ。第2・第3は、現在の人類のうち少数の後継者を残すことはできるかもしれないが、大多数の後継者の生き残りにならないと思う。

第2章。資本主義と近代科学の発達は並行しており、両者の関係はしだいに密接化してきた。著者は、これまでの両者の発達を、17世紀、19世紀、20世紀の3段階に分けている。19世紀には科学に基づく技術が使われ始めたが、まだ農業の重みが大きかった。そこから土地を意識した定常経済論(ミル)、生態学(ヘッケル)が出てきたが、工業化と植民地の土地が使えたことで、土地の制約は忘れられがちになった。

20世紀には政府が市場に介入するケインジアン政策がとられた。その形として福祉国家(ヨーロッパ)と科学国家(アメリカ)を対比している。福祉と科学技術を並列するのは意外だったが、とくに医療に関する公共支出をどこに向けるかの選択として言われれば理解できる。

第3章。資本主義は、20世紀後半に、空間的に拡大した(後発国に波及し、世界を覆った)とともに、金融と情報技術の重みが大きくなったことを「時間的に拡大した」と著者はとらえている。それは「期待を搾取する」ことでもある。 アメリカのサブプライムローンが例となるように、期待が満たされる保証はなく、期待がはずれるとバブル崩壊のおそれがある。

第4章。言いたいことは社会全般にわたるのだが事例として医療を扱っている。医療に対する政府の関与について、今の日本政府はアメリカ型を追いかけている。科学研究には政府資金を出すが、あとは商業化にまかせるという形だ。著者はそれではまずいと考える。資本主義にまかせたのでは、公的研究開発の恩恵を受けられるかどうかにも、格差が生じてしまう。また、健康は特定病因だけでなく社会的要因によるのだが、医療を科学主義的にとらえると、社会的関係性が視野の外になってしまう。

しかし、社会的要因ばかりを考えるのもまずいし、「人間は利他的なものだ。それは自然科学的に説明される」のたぐいの議論もあやうい。社会・科学の両方を視野に入れる必要がある。ここで「コミュニティ」と「情報」が重要だという議論があるのだが、わたしはその意味づけを追いきれていない。

第5章。近代科学の世界観は、いわば機械論だ。著者はその特徴は2つの軸について見られるという。第1の軸については、自然と人間、あるいは無生物と生物を切り離すことだ。第2の軸については、合理性あるいは要素還元主義だ。著者はこれを伝統的思考から離れることだと考え、個人を共同体から切り離すことと一連だと考えている。(わたしは、この「第2の軸」は異質のものをくくってしまって無理があると思う。)

著者によれば、この二つの切り離しをみなおす必要がある。もし切り離しを否定すると、アニミズム的世界観になるが、それをめざすのではない。第1の軸の見なおしの手がかりとしては、プリゴジン流の「自己組織化」論で、生物について注目された性質が無生物にも共通にあることをあげている。第2の軸の見なおしとしては、要素還元でなく全体を見ること、世代間継承性を含む長い時間軸で考えることをあげている。

わたしも、見なおすべき方向については賛成なのだが、近代科学や「合理的」思考のうちにそれが欠けていたとは思えないのだ。地球科学は近代科学だが、全体を見ることや長い時間軸で考えることをずっとやってきたと思う。また、わたしは、地球科学を専門的に学ぶ前の子どものころに「分析と総合は科学的思考の両輪」という主張をいくつか読んでおり(著者名も書名も覚えていないが)、科学とはそういうものだと思ってきた。

しかし、患者(というよりも身体不調を感じる個人)の家族の立場から、医療の専門分化の現状を見ると、身体不調を分類できれば対応してくれる診療科があるが、不調を言語でどう表現したらよいかわからない状態に対応してくれる医者が見つからないという事態がある。今の医療やその専門化養成のしくみが「特定病因論」にはまりすぎていると思う。「特定病因論」と要素還元主義とはレベルが違う問題だと思うが同様な思想だとは言えそうだ。

第6章。現代日本の社会は、労働生産性(労働時間あたりの富の生産量)向上をめざしてきた結果、失業者もいるし過労におちいる人もいる「過剰による貧困」の状態になってしまった。とるべき対策は過剰の抑制と再分配だ。とくに、時間に関する政策をとるべきだ。人が忙しさに追われずに時間を享受できるようにする「時間環境の改善」をめざすべきだ。また、労働生産性に代わって、むしろ労働を多く投入しても、環境・資源の消費に対する効率(生産性)を向上させるべきだ。

第7章。社会的セーフティネットは、生活保護(救貧)、社会保険、雇用政策と、末端から発達してきた。これからは、もっと根幹のところをしっかりさせるべきだ。第6章に述べた雇用の発想転換もそれにあたると思うが、第7章では次の3点が述べられている。(1) 人が共通のスタートラインに立てること(教育などの機会の保障)。(2) ストックに関する社会保障、つまり資産再分配。(ピケティ[読書メモ]の議論も参照し、高度成長時代の経済はフローが主だったが、これからはストック重視の時代にもどるだろう、という展望を述べている。) (3) コミュニティの再活性化(この件は第8章に続く)。

第8章。社会活動の空間規模に注目してみると、農業社会はローカルな活動がおもだった。工業化はナショナルに推進された。金融・情報はグローバルを指向する。

これから、とくにケアや自然エネルギーについて、ローカルなコミュニティの役割が重要になる。しかし再分配はナショナルに推進する必要があるし、市場での交換はグローバルな広がりをもちつづけるだろう。

さらにコミュニティの役割に関する議論があるのだが、わたしはまだ理解できていない。

終章。今後とるべき思想に関する主張を述べている。
長い時間を考える。未来を収奪しない。わたしも大事なことだと思う。

時間をめぐる市場の失敗(というよりも市場の能力の限界)をコミュニティでカバーしよう、と言っていると思う。コミュニティとは何かを限定しないで総論的に述べる限りはもっともだと思う。

近代科学の知と民俗学的な知との融合、普遍的科学だけでなくローカルな科学・多様性の科学も考えること、あるいは(これは別次元の課題と思うが)科学と宗教思想との共存が必要だという話がある。抽象的にはわかる。しかし、具体的な状況ではむずかしいこともあると思う。伝統的な知の中には、近代科学によれば健康に悪いといえる慣習や、人権思想によれば差別といえる慣習もあり、近代人がそれと共存するのはむずかしい。しかし、著者はまた、ローカル、グローバルに加えてユニバーサル(普遍的)な観点に注目している。(それに続く著者の「グローバル」に関する議論とは直接かみあわない、わたしの考えだが) 知のあいだの衝突が生じたとき、今「グローバル化」を推進している勢力の常識に頼るのではなく、ユニバーサルをめざす哲人的思考によって考えていくべきなのだろう。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
Continue reading

Peter Galison [ギャリソン] (2003/2015) アインシュタインの時計 ポアンカレの地図 [Einstein’s Clocks, Poincaré’s Maps]

  • Peter Galison, 2003: Einstein’s Clocks, Poincaré’s Maps — Empires of Time. W. W. Norton.
  • ピーター・ギャリソン 著, 松浦 俊輔 訳 (2015): アインシュタインの時計 ポアンカレの地図 — 鋳造される時間。名古屋大学出版会, 280+43 pp. ISBN 978-4-8158-0819-8. [わたしはこの版を読んだ。]

Galisonという科学史家の名まえは前から聞いていて、著書を何か読んでみようと思っていたら、本書の日本語版が2015年10月に出たので、年明けに読んだ。読み物にしては重く、専門書にしては軽い本だと思う。訳がしっかりしている(にちがいないと思われる)おかげで速く読めた。(訳者があとがきで注意しているconventionのほか、global/localなど、専門によって違うほうに意味が広がっていることばを、注意して訳している。)

歴史家の態度の類型のひとつだと思うが、本書の態度は、すでにいちおうの定評のある歴史上のできごとについて、新しい切り口を提示することなのだと思う。必ずしも従来の切り口はまちがいだというのではなくて、読者により豊かな認識をもたらす切り口を提示したいのだと思う。それを裏づけるように事実の記述がならべられている。著者の切り口に必ずしも賛成しなくても、事実の記述が興味深いこともある。

Einsteinが特殊相対性理論を考えた当時に特許局職員だったことはよく知られているが、定評としては、相対性理論は純粋物理にかかわる思考(思考実験を含む)の中から生み出されたものであり、特許局の仕事は給料をもらうための労働にすぎず物理の研究には関係なかったとされがちだ。本書で著者は、もっと強い関係があったとする。

その観点は、年長の同時代人Henri Poincaré について考えてもどってくることで明確にされている。Poincaré も、Einsteinよりも数学寄りだが、純粋科学の理論家として知られている。そして、Einsteinと同じ相対性理論に至ったわけではないが、H. F. Lorentzのいわゆる「ローレンツ収縮」の理論を見て、空間・時間は絶対的なものではないという認識に至っていたのだった。

そしてPoincaré は理論だけの人ではなかった。基礎科学と応用技術が一体となった知識をめざすÉcole Polytechniqueの理想にかなった卒業生であり、最初に勤めた仕事は鉱山の監督(事故の原因究明を含む)だった。Lorentzの理論について論じた1900年当時は、(ほかの仕事も兼業していたようだが)経度局の主要メンバーのひとりだった。経度局の仕事は大陸間の経度差を精密に決めることであり、それには天文観測と時刻あわせを併用する必要があった。時刻あわせは、従来の機械時計(クロノメーター)に代わって、海底ケーブルを通じた電信が使われていた。(20世紀初めには電波も使われるようになりPoincaréもその推進のために働いている。) 離れた2地点の「時計を合わせる」ことは、同時に起こる何かを確認することではなく、地点間で通信を往復させることで間接的に可能になる。通信手段が電気であれ光であれ有限の速さをもつことを考慮しなければならない。Poincaréにとって、経度局の時計合わせの仕事と、Lorentzの問題の同時性についての考察は、一連の思考だったにちがいない(とGalisonは考える)。

当時の都市や交通網の管理者は時計を自動的に合わせたいと思った。スイスの特許局への出願のうちにも、電気信号によって時計を合わせる技術に関するものが多かった。Einsteinが純粋物理の問題として同時性をとりあげた際の発想と、この現実社会の技術的要請とは、無関係ではないだろう。それが主要なきっかけだったとまで言うのではなく、つながりがあるということだ。Einsteinが職業として扱った特許の主題との連関よりはむしろ、当時の社会が期待していた科学に基づく技術の大きな主題との連関と考えたほうがよいのだと思うが。

世界の標準時の基準がグリニッジに決められたのは1884年にワシントンで開かれた国際会議でだった。このあたりの事情をわたしは「夏時間」に関するアメリカの読み物の本で知っていたが[読書ノート]、もう少しよくわかった。また知りたくなったときわたしは本書の注から文献をさがすだろう。

その後もフランスでは、メートル法がつくられたのと同様な動機で、時間と角度も十進法にするべきだという主張が強かった。経度局の課題となったので、Poincaréは円周を400等分することでまとめようとした。しかし慣習を変えることはできなかった。もしフランスが変えても世界標準にはなりそうもなく、合理性よりも世界共通性のほうが重要とされたようだ。また物理学者も反対だった。このことの意味は本書の説明だけではわかりにくいと思うが、メートル・キログラム(またはセンチメートル・グラム)とともに「秒」を基本単位としていろいろな物理量の単位が組み立てられたので「秒」を捨てがたくなっていたのであり、それが地球の回転とどう結びついているかどうかは関係なかったのだ。「歴史のもしも」としては、メートルと同時に決めていたら時間も十進法になっていた可能性があると思う。

科学論の本や論文の表題は かけことば になっていることがよくある。本書もそうだ。「Poincaré map」は数学のうちの力学系(dynamical systems)の分野で使われる方法の名まえで、日本語では「ポアンカレ写像」と書かれる。本書でもそれを無視しているわけではなく、51-57ページ(日本語版)で説明している。しかし、本書の表題の「Poincaré’s maps」はそれではなく、Poincaréの技術官僚としての仕事が、現実の地球の地図を精密にすることにかかわっていたことをさすのだ。わたしは地球の地図のほうに関心があるから、買って損をしたとは思わないが、ポアンカレ写像や複雑系理論の話を期待して買った人はがっかりするかもしれない。