yuku kawa

2014-07-27

八田 洋章, Mujahidin (2006) 樹木散歩 ボゴール植物園

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:13
  • 八田 洋章, Mujahidin 著, 国立科学博物館 編集, 2006: 樹木散歩 ボゴール植物園 (Tree Watching in Bogor Botanic Garden)。76ページ。

2014年3月、同僚とともにインドネシアに出張し、ジャカルタ近郊の研究機関を訪問したあと、帰国の飛行機にのる前に時間があった。ボゴール農科大学(IPB)を卒業した研究機関職員の誘いで、ボゴール植物園を見学した。

ボゴールは、ジャカルタ南東60km、ジャカルタ市内も流れるチリウン(Ciliwung)川(本書によれば「白い渦巻き」という意味だそうだ)の上流にある。オランダ領時代に総督府がおかれた。標高280mで高地というほどではないのだが、オランダ人にとって海岸のジャカルタよりもすごしやすいところだったらしい。総督府の庭園が、イギリス占領時代にRaffles夫人が植物を集めたことをきっかけに、オランダ領にもどってからの1817年に植物園となり、独立後1949年からは国立となっている。植物園は、旧総督府の宮殿とともに、ボゴール市街地の中心部に大きく存在している。

植物園全体を見るにはなん日もかかるが、今回使える時間は2時間ほどだったので、手近なところを見学したあと、最後にGarden Shopという温室のような店にはいった。おそらくインドネシア国内の園芸に関心のある人向けに、植物の種や苗、肥料などを売っていたが、片隅で本も売っていた。数十種類の本の大部分は、分類学か保全生態学などの専門家向けと思われる英語の本だった。植物園の案内書は、インドネシア語のものも英語のものもなかったが(まだ出版されていないのだろうか)、なんと日本語のものだけがあった(見学する前に読めたらよかった)。代金 80000ルピアだった。

日本の国立科学博物館の職員だった八田氏が、2001-2004年の3年間、ボゴール植物園に長期滞在して植物園職員と共同研究をし、その成果を2005年にPhenology and Growth Habits of Tropical Trees — Long-term Observations in the Bogor and Cibodas Botanic Gardens, Indonesia (熱帯雨林域における樹木たちの生活 — インドネシア ボゴール、チボダス両植物園のフェノロジー調査から). National Science Museum Monographs No. 30. 436 pp. としてまとめた。また、2006年に国立科学博物館の企画展「熱帯雨林・その魅力と新鮮な驚き — インドネシア・ボゴール植物園へのご招待」を開いた。本書がその調査と企画展をふまえて作られたことはまちがいない。

しかし、出版物としての本書の書誌情報はいろいろ不確かなところがある。
まず、日本の本ならば奥づけにあたる情報はおもて表紙の裏にあって(前づけというべきか)、「2006年3月31日発行」「国立科学博物館 編集」とはあるのだが、発行・出版の主体がだれなのかわからない。
また、2人めの著者の名まえは、表紙や前づけでは「Mujahidin」となっているのだが、前づけと同じページの上のほうにある「著者紹介」では「Anggun Ratna Gumilang」となっている。これはおそらく同じ人で、仕事上も長い本名よりも通称Mujahidinを使うことが多いのだろうと思う。

本書は、まずボゴール植物園の全般的説明があり、それから、園内を6つのルートに分けて、それぞれの順路にそって木を紹介している。

著者の「樹木の生活史」調査は、177種188個体を毎週継続観察したそうだが、その成果の一部は、「樹木のフェノロジー調査から」というかこみ記事として4種類の例が収録されている。横軸に季節(9月から8月まで)をとり、「成長のフェノロジー」として茎がのびているか・葉がついているかなど、「繁殖のフェノロジー」として花や実の状況が、グラフで示されている。雨季(10-4月)/乾季(6-8月)の季節変化もあるが、むしろ年々変動が大きいのが見える。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

『日本語学』2014年3月号 「科学を伝えることば」

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 19:24
  • 日本語学 (明治書院) 2014年3月号 (33巻3号)。特集「科学を伝えることば」。

Twitterで新刊案内を見かけた。日本語学は興味のある領域ではあるがふだんは雑誌を買って読むほどの興味ではないのだが、この特集の題材にはどれも興味があった。

小林 傳司(ただし): 「効果的に社会に参加する思慮ある市民」はいるか? — 科学コミュニケーションの目的 – /4-14 (このように斜線のあとにページ番号を示しておく。)
著者は市民と科学のかかわりを考えている科学技術社会論者。第1の話題はPISAテストで、理科の学習到達度を見るものとして知られるが、「読解力」も見ている。また「科学リテラシー」のテストも知識を問うばかりでなく、科学に関する問題について社会に参加することに向けた思慮を求めている。第2の話題は市民熟議の実験であるWWViews (わたしは[別ブログ2013-12-27の記事]で言及)で、政策提言を作成することが求められたのだが、日本人が書いたのは具体策のない標語のようなものが多かった。著者の意見は、日本の学校教育は、社会に参加する能力を育てることをもっと強化すべきだということになる。

石崎 雅人: 専門家のことばが納得を生むとき /16-29
著者は医学コミュニケーションの研究者であり、医師などが患者の理解と同意を得ることがうまくできているかについて、事例を紹介しながら論じている。

菖蒲 信博: 原子力用語の説明の難しさ /30-43
著者はJAEAで一般の人々に技術情報を伝える仕事をしてきた。説明のむずかしさを次のように分類して論じている。

  • 専門家と非専門家の知識の落差 … 例「高レベル放射性廃棄物」
  • 目に見えない現象を説明する難しさ … 核分裂、臨界、崩壊
  • (わかれば概念はむずかしくないが)意味の推測できないカタカナ語 … プルサーマル、モックス燃料、クリアランスレベル、オフサイトセンター
  • 認知が高まっても理解が進まない原子力用語 … シーベルト、ベクレル

【説明のしかたは、継続性によって違ってくると思う。つきあいが長く続くことが確実な場合は、まず専門用語を説明してそれを使う、という方針が有効だが、断片的な関係の場合は、限られた時間でできる範囲で大きなまちがいでない説明をくふうしなければならない。】

宋 永彬 (ソン ヨンビン): 韓国における専門用語平易化の試み — 医学と物理学 – /44-57
韓国は、独立後すぐは、日本製の専門用語を(漢字をそのまま韓国語音にして)受け入れた。しかし、1980年代後半、専門文献もハングルだけで書かれるようになってきたので、専門用語は、同音衝突を避けるように変更されてきた。変更後の用語は漢語要素ばかりでなく本来の韓国語要素が使われていることも多い。解剖学の場合、日本語との一致率が1978年から2005年までに86%から4%まで下がった。【この数量には驚いたが、 変更前の漢字への依存性がとても高かったのだろう。】物理の例で、「反跳」は「半島」と同音なので本来の韓国語要素から組みたてた語に置きかえている。政府は各中央政府機関に専門用語標準化協議会をつくって取り組んでいる。また、国立国語院が開放型韓国語知識大事典というWikipediaふうだが専門家によるものを作っている(ただし公開は未定)。【韓国の専門文献は、1980年代には漢字まじりのものが多かったのだが、最近はハングルだけのものが多くなってきたことに、わたしもなんとなく気づいていたが、それに伴う用語の改革は、言われてみれば当然なのだが、ハングル文献を直接読まなかったので、これまで気づかなかった。日本語も、一時は聞いてわかることばを選ぶ動きがあったが、漢字入力技術確立以後はむしろ漢字依存が強まっているのではないだろうか。】

陳 力衛: 明治の科学啓蒙家の苦心 — 「-力」、「-性」の接辞化へ向けて – /58-68
明治時代の日本人が作った科学用語には、漢語で構成されたものが多いが、それには、蘭学から引き継いだもの、漢訳洋書によったもの、新しく考えたものがある。日本語から中国語に伝わったものもあることにもふれている。
【わたしには興味のある内容だけに、疑問がいろいろ残った。まず、用語を作った日本人学者(個人ごとの違いもありうるのでそれぞれの人)が、日本語の中で使う用語を作ろうとしたのか、東アジアで共通に理解される漢文の中で使う用語を作ろうとしたのか。それから、「-力」「-性」については、原語の接尾語を日本語でも接尾語とし一定の対応関係にしようという意識があったのか、原語と別に漢語あるいは日本語として接尾語を含む用語を構築したのか。(「-性」で終わる語は英語ならば「-ity」となるものが多いと思うが、「慣性」はinertiaでそれに含まれない。しかし「慣性」と「-ity」に共通する抽象的性質を考えることもできるかもしれない。)】

河内 昭浩: 理科教科書のことばの分析と理科学習語の選定 /69-77
教科書コーパス(教科書に含まれた文をテキストデータベース化したもの)ができたので、理科の教科書のことばを他教科と比べることができる。
「理科教育の言語活動に使われることば」(理科の教科書の生徒にさせたい行動の表現として出てくることば)として、「整理する」(まとめる)、「考察する」(調べたあとでそれについて考える)、「分析する」(複雑なことがらを要素に分けて考えることをさす場合と、化学分析をさす場合がある)をとりあげている。また、専門語ではないが教科の教育に現われる語彙を「学習語」としてとりあげようとしている。【ただし今のところ、専門語と、考えかたに関する語彙が混ざっている。】

ここからは特集でなく、連載。この号で最終回となる連載が多い。

井上 史雄: ことばの散歩道 190 戦争とメリークリスマス /15
Google Ngramを使って、英語の出版物での “Merry Chrismas” と “Happy New Year” の出現頻度の変遷が示されている。【Google Ngramは、Googleがディジタル化した本の発行年別の相対頻度であるという制約を理解してみる必要があるが、語彙の変遷を知るのにとても有用だと思う。英語のほかにいくつもの言語について使えるが、日本語について使えないのが残念だ。単語分割技術の問題か、日本の出版社の著作権に関するポリシーがGoogle Booksに対立的だったせいか?】

森山 由紀子: 日本語の攻防 最終回 [言語変種] 聞き手が大事か第三者が大事か /78-86
敬語の話。現代日本語はあきらかに聞き手重視。平安時代の日本語は第三者への敬語が多い。昔は序列意識が共有されていた。
【言語現象が変わった事実はあるのだが、言語のしくみが変わったというよりも社会が変わったということなのだろう。】

崎山 理: 新 日本語学者列伝 最終回 泉井久之助 /88-99
泉井氏についてわたしは「ヨーロッパの言語」(岩波新書)の著者として知っていた。 崎山氏の説明によると、確かにインド・ヨーロッパ語から出発したのだが、言語構造論と、マライ・ポリネシア諸語について業績があった人なのだ。マライ・ポリネシア語にかかわったのは、南洋(ミクロネシア)の委任統治のための調査(1938-41)から始まっているそうだ。泉井氏の没後、マライ・ポリネシア語を含むオーストロネシア語の系統論は大きく変わった(今では台湾から各地へ分化したと考えられている)。泉井氏が指摘した各言語の性質は、新しい系統論によったほうがつじつまが合って理解できるそうだ。

垂水 雄二 (2014) 科学はなぜ誤解されるのか

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 18:21
  • 垂水 雄二, 2014: 科学はなぜ誤解されるのか — わかりにくさの理由を探る (平凡社新書 734)。平凡社, 215 pp. ISBN 978-4-582-85734-4.

2014年5月の新刊。題名がわたしの気にかかることと重なるのでさっそく読んだ。著者は、Richard Dawkinsの本の多くを日本語に訳した人であり、『進化論の何が問題か — ドーキンスとグールドの論争』という著書(八坂書房, 2012年)もある。だから、本書では後半の、進化論とDawkinsの「利己的な遺伝子」論に関する議論が、著者の特徴が出ているところだ。

第5章の「『利己的な遺伝子』をめぐる誤解」に先にふれることにする。世間に広まっている大きな誤解として、「利己的遺伝子」という表現を「人の利己的行動は遺伝子に根拠がある」と解釈することが、その考えに賛成する人・反対する人の両方にある。Dawkinsがこの用語を使って主張していることは、個体の行動としては利他的に見えることが、遺伝子がそれ自身と同じものを残すように(遺伝子にとって利己的に)働いていると考えれば合理的に説明できる、ということだ。William Hamiltonの「包括適応度」、Maynard Smithのいう「血縁淘汰」という概念にあたるそうだ。

これに関連して、淘汰の単位としての遺伝子についてはいくつか違ったとらえかたがあることが指摘されている。また、ミーム(meme)に関する議論がある。

第4章ではDarwinの進化論に関する誤解があると言っている。Mayrが1985年に述べたところによれば(垂水氏の本書153ページでの表現をわたしがさらに簡略化して表現するが)、Darwinの進化論の要点は、(1)種は変化する、(2)近縁種は共通の由来をもつ、(3)進化は漸進的である、(4)種は分化する、(5)自然淘汰、である。ところがDarwinの発表当初、Wallaceは別として、T.H. Huxleyなどの多くの進化論支持者は、(1)(2)だけに注目して広めてしまい、(5)の自然淘汰をDarwinがとらえたように理解せず、とくにSpencerは「最適者生存」に置きかえてしまった。(この用語をDarwinも『種の起源』第5版で使ってしまったが、垂水氏によればそれは内容に対して不適切な表現だったという。)

(これに関連して、進化論と社会進化論の日本での受容も論じられている。)

(なお、用語についてだが、Darwinは「種の起源」ではevolutionということばを使っていなかったそうだ。また、垂水氏はnatural selectionに対応する日本語表現として「自然淘汰」がよいとする。artificial selectionは「人為選抜」であり、両者を同じ「選択」とするのはうまくないそうだ。)

垂水氏によれば、本来のDarwin進化論に近いのは、20世紀後半に成立した総合説のほうである。Mendel遺伝学を再発見したde Vriesは突然変異による跳躍的変化を考えたので(3)の点が違っていたが、その後の集団遺伝学の発達によって、比較的小さな突然変異が多数積み重なることによる漸進的変化という考えかたができてきた。

本の前半は、科学一般にわたって、著者が知識を伝える立場での経験から気づいた、さまざまな注意点を述べている。あまり体系的でない列挙だが、個別論点としてはわたしも同感なものが多い。
第1章「科学的コミュニケーションを損なう要因」。
第1節「科学者の側の誤った情報発信」では、まず捏造のたぐいをとりあげる。意図的な捏造もあるにはあるが、科学者自身の信念や思いこみによるものもある。また、「パラダイムの違いがもたらす誤謬」(パラダイム交代後から見れば誤りは明らかだが、旧パラダイムの中ではそれに気づくのが困難だったこと)として、William Thomson (Kelvin)による地球の年代の見積もり (垂水氏は「Thomsonは放射性崩壊を知らなかったからまちがった考えに達した」と考えている。こう思っている人が多いだろうが、Englandほかによる別の考えについては[Pollack (2001)の読書ノート]に書きこんだ注釈参照)、野口英世の黄熱病菌探求をあげている。
第2節「受け手の問題」では、情報の信頼性を知るための検討項目をあげる。出典にさかのぼってみること、メディアによる誇張がありうること、他分野の科学知識との整合性、病気に万能薬はないこと、集団心理の恐ろしさ。

第2章「騙されやすさは人間の本質 — 知覚の落とし穴」
第1節「比喩的表現の功罪」。科学的概念には身近なことがらに似せた名まえがつけられていたり、説明をわかりやすくしようとして比喩を使ったりする。しかし比喩は完全でないので、比喩に使われた身近なものの性質にひきずられた誤解や、比喩に使われたことばの意味の広がりの違った部分をとらえることによる誤解を招くこともある。
第2節「感じたことが事実とは限らない」では、いわゆる錯覚の問題、確信をもった記憶でも不正確なことがあること、体験談の因果説は偶然のこともあること、などをとりあげている。

第3章「複雑な現象の理解は簡単ではない」。
第1節「条件反射的思考の弱点」では、相関関係は因果関係をあらわすとは限らない、という注意に加えて、人は相関関係を因果関係のように思いがちなのは狩猟採集民時代の状況に適応した行動様式なのだろうという著者の考察がある。
第2節「確率的事象の世界」では、数理統計学、それが遺伝学と関係して発達した事情、数量分類学と分岐分類学、疫学、地震予知、放射性元素の崩壊の確率性、人間の心理的特性の類型化のもたらす問題(IQを例に)にふれている。
第3節「統計の嘘」では、データ収集の偏り、サンプル数(「サンプルサイズ」というべきところかもしれないが著者はこういう表現をしている。わたしもそうしそうだ。)、対照実験、回帰曲線のつくりかた、代表値(平均値・中央値・最頻値)の選択、グラフ表示の方法で何が目立つかが変わること、絶対リスクを示すか相対リスクを示すか、死亡率の年齢調整にふれている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

五島 綾子 (2014)〈科学ブーム〉の構造

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 16:07
  • 五島 綾子, 2014: 〈科学ブーム〉の構造 — 科学技術が神話を生み出すとき。みすず書房, 250+xxvii pp. ISBN 978-4-622-07840-1.

2014年7月の新刊。出版社によるこの本の紹介のページがhttp://www.msz.co.jp/book/detail/07840.htmlにあり、詳しい目次もそこにある(したがってわたしは書きぬきをしないですんだ)。また出版社で編集を担当された市原さんによるコメントがhttp://www.msz.co.jp/topics/07840/にある。

「科学ブーム」というまとめかたがよいのか、わたしにはよくわからない。例にあげられている殺虫剤DDTの場合は応用のブームであり、ナノテクノロジーの場合は応用の明確な見通しがないうちの研究のブームなので、だいぶ違うと思う。共通点でくくるとすれば、科学・技術のある部分が、世間や権力者による勢いを得て、強力に推進されることだろう。その過程で、その技術の実際の能力をうわまわる期待がされた結果、弊害が生じることもありがちなのだ。

ともかく、DDTとナノテクノロジーに関する技術史的記述はわたしにとってありがたい。DDTの件は、生態系に対する危険物とみる人の著作と、マラリア対策の必需品とみる人の著作の間にギャップを感じていたので、簡単ながら両者をつなぐ観点のある本書は考えの整理に役立った。ナノテクノロジーについては、これまでキーワードだけは聞いていたがその関係が整理できていなかった。Berube (2005)の本が出たことを知ってはいたのだが、わたしの興味との兼ね合いで厚すぎると思って読んでいなかったのだ。

DDTについて(1,2章)。DDTという化合物の初の合成は別の人だが、殺虫効果のある物質としての発明は1939年、企業(スイスBaselのGeigy社)内研究者だったMüllerによる。殺虫効果の発見には偶然性もあるが、毛のじゅうたんの虫くい防止に効果のある化学物質の探索が(体系的に、と言ってよいだろうか)おこなわれている過程での副産物だった。化学の大きな流れ(5章)を参照すると、これは19世紀末からの有機合成の波(ここでいう「ブーム」より大きい構造だろう)の産物だ。

DDTの利用の第1次ブームは、第2次世界大戦の連合軍、特にアメリカ軍で起きた。チフスを媒介するシラミやマラリアを媒介する蚊を駆除することができて、軍事作戦の役にたったのだ。それから軍事に限らず伝染病対策に使われるようになった。人に無害と考えられていた(のちに発がん性が指摘されたが、急性毒性は小さい)。
第2次ブームは、第2次大戦後のとくにアメリカ合衆国で起きた。DDTの生産はとくに1950年代の間に増加し、農地や森林の害虫駆除用に大量散布された。専門家(科学者、技術者、規制行政官)の認識は分裂した。推進側が強力で、批判側の不安がしだいにつのった。
Rachel Carson (1962) Silent Springが批判を一般の人に広めたことによって流れが変わった。これには食物連鎖による生体濃縮の考えが含まれていた。まだ人工化学物質の生体濃縮を追いかけた研究はほとんどなかったが、核実験由来の放射性物質の生体濃縮の研究はあり、Carsonはそれを参考に、DDTの化学的特徴を考慮して説をたてた。
Kennedy大統領の調査指示をきっかけに、専門家の和解が進み、科学的根拠に基づく規制が進められた。科学のうちでは、食物連鎖による生体濃縮の認識、耐性に関する認識が進み、リスク学という新分野も発達した。(これも一種の科学のブームとも言えると思うのだが、本書はこれをブーム扱いにしていない。)

多くの工業先進国では(アメリカ合衆国では1972年) DDTの全面禁止に至ったが、今の知識でさかのぼって考えると、1970年代から90年代前半までの生態系リスクと発ガンリスクの評価は、ともに過大だった(著者は両者それぞれについて簡単に要約した形で述べている)。熱帯諸国のマラリアを減らすためには、副作用を考慮しても、DDTが最適な手段である場合がある。2006年、WHOが、室内使用(散布、かや への練りこみ)に限って、DDTの利用を勧めるようになった。【DDTの復活に関しては論者の意見が激しく分かれるところだが、化学物質のリスクをよく認識している著者がマラリア対策に限った利用を支持する論調をとっていることは参考になる。ただし本書のこの件に関する記述は簡単すぎて議論の根拠には使えない。】

ナノテクノロジーについて(3,4,6章)。この概念は、材料加工の規模をますます小さくしたいという(物の設計という意味での)トップダウンの動き(この語を最初に明示したとされる谷口紀男氏の1974の評論もその例)と、分子からの有用装置組み立てを志向するボトムアップの動きとが出会ったところにできた。

アメリカでは、まず、Drexlerという人が1986年の一般向けの著作などでビジョンを打ち出したことによる世間のブームがあった。ただしその記述は夢物語のようなところもあった。とくに、ナノメートル規模の機械がいくらか生物と似た形で自己複製することを想定し、へたをすると(もちろん望ましいことではないが)そういう機械が世界を埋めつくしてしまうというおそろしい「grey goo」の話も含んでいた。
Clinton大統領のもとで国家戦略が練られ、2000年にNational Nanotechnology Initiative (NNI)が発足した。これは(上記の意味での)ボトムアップの発想を重視している。ただしそのビジョンからDrexler色が取り去られている。NNIは今も続いているが、著者によればブームは2005年ごろからさめてきたそうだ。

日本では、第2期(2001-05)・3期(2006-11)科学技術基本計画の柱のひとつとなった。ただしライフサイエンス、エネルギー、情報技術に比べれば予算規模は小さい。企画は少数の行政官と専門家の判断でなされた。ナノテクノロジーを材料科学と一体としてとらえ、トップダウンの発想に偏ったものだった。とくにカーボンナノチューブに投資を集中し、飯島澄男氏をスター扱いした。カーボンナノチューブ関係の基礎研究は進んだが、その応用にはほとんど至っていない。(日本のナノテクノロジー全体では、金コロイド(ナノ粒子)触媒の燃料電池への応用など、有用性がみこめる成果があることはある。)

ナノテクノロジーが何を達成し何ができていないかについての著者の論評はあちこちにあるが、とくに第4章146-148ページで、Clinton大統領が示したNNIのめざす目標のそれぞれについての達成度を論じている。それを参考にするが必ずしも従わず、わたしの主観的感想を述べてみる。
(とくにアメリカの)製造業で、化粧品・食品添加物などにナノ粒子を入れることがふえているそうだ。これは単に細かい粒子だということらしく、ナノテクノロジーであるかどうか疑問だと思う。微量で増殖性がないから副作用も小さいとされているのだと思うが、活性がありうるから入れられているものなのだから、思いがけないことがおきないか心配になる。
【わたしは昨年、「酸化チタンのナノ粒子が廃棄物から環境に出て、光触媒として大気中の窒素酸化物をふやすおそれがある」と指摘している論文(Yuanほか, 2013)に出会った。この論文の著者が実際にやったことは室内実験で酸化チタンが窒素の酸化反応に光触媒として働く効果を測定したことであり、環境リスクは可能性として議論されているだけである。この指摘の重要性はわたしにはよくわからない。】
半導体製品の微細化は進んだが、ナノテクノロジーと言わなくても進んだだろう。ただしこの先さらに微細化するとすれば、量子効果の重要性が違ってくるので、まさにナノ科学が必要なのかもしれない。
NNIが始まったころ、環境問題解決に役立つ技術として期待されたというのにはいささか驚いた。確かに、必要な物質を必要なだけ生産することをミクロに管理できれば資源のむだは減らせると期待できるが、ナノテクノロジー研究の延長にそれを期待するのは当初から無理があったと思う。太陽電池の成功は半導体の成功に含まれるだろう。上にふれた燃料電池の触媒のほか、汚染除去装置などの個別技術としては、ナノスケールの製造技術の成功もあるらしい。しかしブームというほどのものではなく、常にある研究開発のフロントのひとつだろうと思う。

科学技術政策について(はじめてではなく、あらためて)思うこと。役にたつ技術ができることに期待して基礎科学を推進することがある。このとき基礎ができなければ応用はありえないのだが、基礎が成功しても応用が成功するとは限らない。基礎は応用のための必要条件ではあっても充分条件ではないのだ。応用に至らないからといって基礎をとがめてはいけないこともある。しかし初めから無理な夢や詐欺が混ざりこんで気づかれないこともありうる。可能なのに努力がたりなくて応用に至らないこともあるだろう。なんとかして分別しなければいけないのだが、だれにもむずかしい。(意図的宣伝にせよ、過信によるものにせよ) 大げさな話(hype)がはいりこむ可能性をチェックすることは、もう少し徹底したほうがよいのだと思う。しかし本物の革新的発想をそれと区別できるかどうか。

文献

  • David M. Berube, 2005: Nano-Hype: The Truth Behind The Nanotechnology Buzz. Prometheus.
  • [同、日本語版] デイヴィッド・M・ベルーベ 著, 五島 綾子 監訳, 熊井 ひろ美 訳 (2009): ナノ・ハイプ狂騒 — アメリカのナノテク戦略 (上・下)。みすず書房。[わたしはどちらの版も読んでいない。]
  • Shi-Jie Yuan, Jie-Jie Chen, Zhi-Qi Lin, Wen-Wei Li, Guo-Ping Sheng & Han-Qing Yu, 2013: Nitrate formation from atmospheric nitrogen and oxygen photocatalysed by nano-sized titanium dioxide. Nature Communications, 4, Article number 2249. doi:10.1038/ncomms3249

2014-07-12

J.S. Dryzek [ドライゼク] (2005/2007) 地球の政治学 — 環境をめぐる諸言説 (原書第2版の日本語版)

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 16:48
  • John S. DRYZEK, (1997), 2005: The Politics of the Earth — Environmental Discourses (Second Edition). Oxford University Press.
  • J.S. ドライゼク 著, 丸山 正次 訳 (2007): 地球の政治学 — 環境をめぐる諸言説。風行社, 307+xxxiv pp. ISBN 978-4-938662-90-5. [わたしはこの版を読んだ。]

仕事上つきあいのある、ある人が、地球環境問題に対するいろいろな人びとの態度を整理するのにこの本が参考になっていると言っていたので読むことにした。英語原書は第3版が2013年に出ているが、日本語版は2005年の第2版の訳なので、どちらを読むか迷った。まずは日本語版でななめ読み(著者の論旨を詳しく追わず、何が話題になっているかをつかむ)をすることにした。この読書メモはそこまでの段階で書いたものであり、詳しく読んでいないことをおことわりしておきたい。

【その後、店頭で英語第3版を見ることができた。”Planetary Boundaries” や福島原子力事故などの新しい材料がとりこまれているが、章の構成は変わっていない。結論の章も分量はあまり変わっていないようだが改訂はあるかもしれない。もしこの本を自分の議論のよりどころに使うならば第3版の結論を確認しておく必要がありそうだ。しかし今のところその予定がないので、第3版を買うのはとうぶん見送ることにする。】

「言説」(discourse)とは、「世界についての共有された理解方法である」とされている(第1章第2節)。しかしすぐに「言語のなかに埋め込まれながら…」とあるように、ことばで表現されていることを前提としている。また「言説は政治権力と結びついている」とも言っている。この「権力」は社会を支配する権力だけでなく、それに対抗する力の場合も含んでいるはずだ。わたしがほしいのはむしろ人々の「ものの見かた」の整理なのだが、社会の変革に役立ちうるようなものの見かたを抽出するには、むしろ「言説」のほうがよいのかもしれないとも思う。

著者はまず(第1章第3節)、「長期にわたって支配的な産業社会の言説 — 産業主義 –」があることを認識する。しかし本書ではそれを直接議論しないことにし、「この条件から離脱しなければならない」と主張する「環境言説」を、さらに分類して論じる。

ただし、産業主義の一種にちがいないのだが、環境言説から出てきた「産業社会の成長には限界がある」という主張を意識してそれを明示的に否定する言説を、とくに「プロメテウス派」としてとりあげている。その代表としては(故)Julian SimonやBjorn Lomborgがあげられている。(Cornucopianという表現も考えたのだがSimonが自分はそうではないと言ったので避けたようだ。) Clive Hamilton (2013) Earthmasters [読書メモ]にもプロメテウス派という用語が出てくるが、意味は違うと思う。Hamiltonのプロメテウス派は環境言説のうちの技術楽観論で、Dryzekの分類のうちでは「生存主義」か、「環境問題解決」のうちの市場志向のもののいずれかと重なるようだ。

著者は環境言説を2つの軸で4つの象限に分ける (表1.1、第1章第3節)。この軸のとりかたにはわたしは納得がいかない。「改良主義者」対「ラディカル」と、「常識的」対「独創的」とは、基本的に同じことではないのか? 区別するとすれば、前者は社会が到達すべき目標について、後者はそれを実現しようとしてとる方法についての特徴づけだと思うのだが、それにしても軸を直交させるほど違わないのではないだろうか。ざっと全体を読んでからの印象としては、第2軸は、technocratic対democratic、あるいは「集権」対「分権」、あるいは「画一」対「多様性の尊重」とするのがよさそうに思う。ただし軸の意味を変えれば象限の意味も変わり、中身の再配置が必要だ。

また「成長の限界」の認識を重視する「生存主義」の言説と、「持続可能性」の言説とを両軸のどちらでも反対側に置いているのも納得がいかない。わたしの感覚では、産業主義のままでは「限界」にぶつかるから人類の「生存」のためには「持続可能」な道に切りかえなければならないのであって、両方のキーワードは一体の言説をなすものだ。【ただしこれはわたしが持続可能性に関する議論のよりどころを(本書では「生存主義」に分類されている) Herman Dalyの著作 [読書ノート]に頼っているからでもある。世の中には「持続可能な成長」を主張する人も多く、Dalyはその主張は筋が通らないと言っているからわたしも自分の議論を組み立てる際には無視しているのだが、世の中の言説を分類するとすればそれも数に入れておくべきなのだろう。】

「生存主義」は、『成長の限界』の著者Meadowsたちをひとつの典型として、Ehrlich、Hardin、Lester Brown、Dalyなどを含めている。人類が生き残るためには、グローバルな環境の限界を意識した政策が必要だという主張だ。そういう主張をする人のうちには、「強力な世界政府が必要だ」といった、technocratic・集権的だがけっして常識的ではない主張をする人もいると思う。しかし、「生存主義者」の多くは問題を指摘するだけで解決手段の社会的しくみを特定していないのだと思う。それの政治的効果は、制度面では現状維持の主張になってしまうのかもしれない。また、グローバルな環境は生活者の感覚で直接認識できるものではないから、「生存主義」はどうしても地球環境専門家の判断を重視することになる。それをエリート主義といえばそうだろう。しかし、わたしには、「生存主義」を採用すると必然的にtechnocratic・集権的な政治を志向することになるとは思えない。

「環境問題解決」のところには、ローカルな環境問題に注目している人や、グローバルな環境問題へのローカルな対策を考えている人がくる。グローバルな限界の意識はあるとしても背景にしりぞいている。そして、どんな手段で解決しようとするかで、行政、公衆参加型政治、市場経済の3つに大きく分けて論じられている。現代社会にすでにある装置を使うことになるので、「常識的」とまとめるのはわかる。ただしけっして現状維持ではない(現状維持ならば産業主義になってしまう)。装置を意識的に活性化させるのだ。行政の事例はアメリカ合衆国の、とくにEPA (環境保護庁)の話に集中している。公衆参加はアメリカよりもむしろイギリス、オーストラリア、カナダなどの、国家規模のものもあるにはあるがおもに地方自治の話題が多い。市場経済は、なんでも私有にせよという議論を軽く扱ったあと、政治が枠を設定してあとは市場にまかせるという議論をおもに扱っている。

「持続可能性」の象限はさらに2つの章に分かれている。「持続可能性」の章はさきほど述べた「持続可能な成長」という(無理があると思われる)言説を紹介しているようだ。「エコロジー的近代化」は、「環境問題解決」と似た状況で、既存の装置に新しい装置を加えていくことを論じていると言えると思う。「コーポラティズム」の議論をわたしはまだよく理解できていないが、政策決定に、企業や労働組合などに加えて、環境「利益」を追求する団体が影響をおよぼすことをさしているのだろうと思った。この言説には、technocratic対democraticの幅を含んでいる。Democratic側は「環境問題解決」のところで述べた公衆参加志向の言説と重なる部分がある。

「緑のラディカリズム」は産業社会の目標にも制度にも不満な、多様な言説を含む。訳者あとがきによれば、この部分は初版とはだいぶ変わったが、訳者からみてまだ未整理と思われるそうだ。大きく、意識の変革を求めるものと、政治の変革を求めるものに分けて論じている。

まとめの章では、著者からみて首尾一貫した言説だと思われるのは「プロメテウス派」と「エコロジー的近代化」であり、成長の限界を認めるとすれば「エコロジー的近代化」にしぼられる、という主張をしている。ただし「エコロジー的近代化」が幅をもつうちで、公衆参加志向のほうを重視している。

著者のそれぞれの象限に対する評価には納得がいかないところが多いのだが、ともかく分類して見せてくれたのはありがたいことだと思う。

参考文献リストがあるのもありがたい。ただし訳者が「残念ながら、原書の意図をまったく伝えていない訳書がこの「参考文献」表中の邦訳文献に含まれていることは、あらかじめ指摘しておきたい。」と書きながらその対象を特定していないのは気になる。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
「1. 2. 3. 4.」は第1章第4節の中と同じ小節名がくりかえされることを示す。
(続きを読む…)

2014-07-08

日下 博幸 (2013) 学んでみると気候学はおもしろい

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:56
  • 日下(くさか) 博幸, 2013: 学んでみると気候学はおもしろい。ベレ出版, 261 pp. ISBN 978-4-86064-362-1.

本書は、軽い読み物のような体裁をとっているが、おそらく大学の気候学という科目の教科書のようなものだ。ただし、教科書だと称すれば体系的なものを期待されることがあるが、本書はさまざまな材料をとくに体系をめざさずにならべたように思われる。講義ノートのようなものと言ったほうがよいかもしれない。日本語の気候学の教科書はこの20年ほどあまり出ていなかったので (仁科 淳司『やさしい気候学』(古今書院, 初版2003年、第3版2014年)があるが)、新しい教科書的なものが出たのはありがたいことだ。

気候学と気象学はどちらも、近代科学としてのその始まり以来、主として物理変数による定量的な気象観測をおもな材料としてきた。しかし、気候学は地理学の一部、気象学は地球物理学の一部として別々に組織されてきた。かつての東京教育大学は日本の地理の気候学の随一の拠点だった(そこでの研究には地表面熱収支など物理的な気候の扱いも含まれていたが)。それが筑波大学に移って、徐々に気象学の重みが多くなってきた。日下氏は数値モデルによる都市気候の研究で実績のある人で、どちらかというと気象学を主に学んできた人だと思う。しかし、本書の内容はどちらかというと地理の気候学の数十年前からの伝統を引き継いだものになっている(温暖化予測などの新しい話題のどちらかというと地球物理的な扱いも含むが)。著者は気候学の分野のさまざまな主題を、実際おもしろいと感じながら教えているようだ。

第1章「気候学と気象学」では、気象学と気候学の関係について述べたあと、気候の要素としての気温、気圧、風、雲、降水を解説している。
第2章は「日本の気候」で、四季の天気を気圧配置や気団と関連づけて説明し、列島スケールの気温・降水・日照時間の分布を論じ、そして気候の特徴によって区分された各地域の気候を論じている。
第3章「身近な気候」は小規模な気候の特徴を扱う。大気境界層の気温の日変化、海陸風を含む沿岸の気候、ヒートアイランド現象を含む都市の気候、盆地の気候、山岳の気候、おろし風やフェーンなどの局地風をそれぞれ論じている。
第4章は「世界の気候」で、大気大循環(この部分の議論は地球物理的)、世界の気温と降水量の分布、ケッペンの気候区分(ケッペンとガイガーの共著による版)について解説している。
第5章は「地球温暖化と都市の温暖化」で、全地球規模の現象である地球温暖化と、都市のヒートアイランド現象の両方を、観測事実、メカニズム、将来予測をめざしたシミュレーションにわたって論じている。この部分の議論はどちらかといえば地球物理的だと思う。
第6章「もっと気候を知りたい方へ」は、観測の手引き、計算の演習問題、参考となる本の案内などが含まれている。

正直なところわたしはまだていねいに読んでいないので内容の評価はよくわからないのだが、めくってみた印象では、都市気候のところは著者の研究を反映した特徴があり、そのほかはすでに気候学を学んだ人には常識的だが初めて知る人にはおもしろい本だと思う。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-06-25

Kendal McGuffie & Ann Henderson-Sellers (1987, 1997, 2005, 2014) The Climate Modelling Primer

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 00:10
  • Kendal McGUFFIE & Ann HENDERSON-SELLERS, (1987, 1997, 2005), 2014: The Climate Modelling Primer, Fourth Edition. Wiley Blackwell, 438 pp. ISBN 978-1-119-94337-2 (pbk.)

2014年5月、Wiley社に本を注文するついでがあったので新刊案内を見たら、前から知っていた気候モデルに関する大学レベルの教科書の新版が出たばかりだったので、ついでに注文した。

初版から次のように変化している。
初版 1987年、Henderson-Sellersが筆頭著者、217ページ+フロッピーディスク。
第2版 1997年、この版からMcGuffieが筆頭著者、253ページ+CD-ROM。
第3版 2005年、280ページ+CD-ROM (ウェブサイトを併用)。
第4版 2014年、438ページ(CD-ROMなし、補足情報はウェブサイト)
わたしは第3版を見ていないが、第2版までの印刷が白黒だったのに対して第4版はほぼ全部のページが色刷りで印象がだいぶ変わった。これは英語圏の教科書類でよく見られる傾向だし、IPCC報告書も第3次(2001年)から第4次(2007年)で変わった。また、第4版は第2版までよりも判も少し大きくなったうえにページ数もふえた。第2版は日本の大学の半年1こま(90分×15回)にちょうどよい分量だと思ったが、第4版の内容をこなすには通年週2回くらいかかりそうだ。ただし第4版は囲み記事が異常に多い。まえがきで分類されているだけでも8種類の囲みがあり、それぞれが各章に出てくるのだ。その大部分は関心のある学生に向けたオプション的なものだとすれば、必須の部分はそれほどふえていないのかもしれない。内容が豊富になったのは、著者たちがいろいろな興味をもった学生に向けて授業をした経験を反映させたからだと思う。反面、初期の版を知らないと、とくに大事なところをつかまえそこなう心配もあると思う。

題名は初版から第3版まではA Climate Modelling Primerだったが、第4版では定冠詞のTheになった。決定版ということなのだろうか。内容の更新は今後もあると思うが。

補足情報が置かれるウェブサイトは、次の2つがある。
出版社のもの www.wiley.com/go/mcguffie/climatemodellingprimer
著者たちのもの www.climatemodellingprimer.net

章だては次のようになっている。
1. なぜ気候モデリングをするのか?
2. 気候モデルの(これまでの)発展
3. エネルギー収支気候モデル
4. 中間の複雑さのモデル
5. 多圏結合気候システムモデル
6. 学んだことをふりかえる

初版以来、この本の基本的構造は、気候モデルのうちにはいろいろな複雑さのものがあることを展望し(第4版では第2章)、そのうち簡単なほうの端に近い南北1次元エネルギー収支モデル(大気や海洋の運動を具体的には扱わず、南北方向のエネルギー輸送は拡散のような形で表現する)について学生が実際に動かしてみる機会を用意し(第3章)、他方、複雑なほうの端に近い、気候の変化を定量的にできるかぎり精密にシミュレートしようとしている人たちが使っているモデルがどんなものかを理解する(第5章)、というふうに整理すれば、変わっていないと思う。

ただし、1次元エネルギー収支モデルのプログラムは、初版ではBASIC言語のソースプログラムが本文に書かれていたが、第4版ではウェブサイトからダウンロードできるのは(わたしが見つけた限りでは)コンパイルずみのものだ。パラメータを変えて実行して結果をグラフにするためのしかけが含まれているので、動かす経験を積むことはできるのだが、モデルを作る人に近い立場で組み立てを理解することからは遠くなってしまったと思う。

複雑なモデルの章の対象は、世界の学問の進展を反映して、初版では、大気大循環モデルから大気海洋結合大循環モデルまでだったのだが、第4版では、大気海洋結合大循環モデルから、それに主要元素などの物質循環とそれにかかわる生態系の働きを加えた「地球システムモデル」までに変わった。

第4章では両極端の中間の複雑さのモデルが扱われている。そのうちの重要な種類のひとつとして、鉛直1次元の放射対流モデルも扱われている。その関係もあって、大循環モデルの部品として含まれるプロセスやそのモデル化技法の説明は、第4章と第5章とに分配されている。

第3版を確認していないがおそらく第4版で新しく強調されたこととして、科学と社会のかかわりがある。囲みの1種類として「気候モデルに関するコミュニケーション」について考えさせるものがある。「地方自治体の議会から求められたとして気候モデルについてどう説明するか考えてみよう」などは、確かにこの内容の授業をとった人に実際に期待される可能性が高いことなのかもしれない。ただし、初めのほうで「ブログやTwitterで知識を発信しよう」と勧めながら敵対的批判者やネット荒らしにどう応じるかの話が見あたらないのはこわい気がした(簡単に書けるものではないので教科書には無理な注文かもしれないが)。また、気候モデルと社会のかかわりを論じる視点がIPCCにかかわる科学者のものに限られているように思われる(気候モデル自体を理解するための教科書でそれと政治とのかかわりを本格的に論じることもほぼ無理な注文だと思うが)。

囲みのうちには、人物紹介もある。人選は、気候モデルあるいはその応用の発展に大きく貢献した人、著者が出会って影響を受けた人やおもしろいと感じた人、女性研究者の活躍の例となる人、といった複数の観点があるように思われる。日本出身者では真鍋淑郎さんだけがあげられている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。参考文献リストと索引を除く400ページのほとんどのページに、本文の小節の見出しか、囲みの見出しがあるので、それを書き出していくととても長いものになってしまう。囲みの中身が特定の文献の紹介であるものについては、{…}の形で、文献の著者名・発行年も補っておいた。

(続きを読む…)

2014-06-24

松田 佳久 (2014) 気象学入門 — 基礎理論から惑星気象まで

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:53
  • 松田 佳久, 2014: 気象学入門 — 基礎理論から惑星気象まで。東京大学出版会, 240 pp. ISBN 978-4-13-062721-4.

著者は、惑星、とくに金星の気象を研究課題とし、「惑星気象学」(2000年、東京大学出版会)、「惑星気象学入門」(2011年、岩波書店)[読書メモ]の著書もある。他方、かつては気象大学校、東京大学、今は東京学芸大学で、多くは地球の気象を扱うことになる学生たちに、気象学の基礎を教えてきた。これは、そういう位置からの、地球の大気を他の惑星の大気とともに見る気象学初級教科書である。たぶん、多くの読者にとって、気象学の最初の教科書には向かないと思うのだが、2冊めとしてはよい本だと思う。

著者の得意分野は気象力学だと思う。本書でもそれはおもに後半に出てくるのだが、前半では運動が成り立つ基本場の成り立ちを鉛直1次元的に扱っている。わたしから見ると「気象」よりも「気候」が主であるように感じられる。ただし地球物理的な意味での気候であって、地表面状態の多様性を重視する地理学的な意味での気候ではない。大気のいくつかの特徴的な運動形態を、基本的には放射による加熱の不均一によって生じる広い意味の対流運動として扱っている。対象の大部分は大気大循環から温帯低気圧までの大規模な運動だが、小規模な海陸風と斜面風も扱っている。太陽放射によるエネルギー供給の日変化を原因としてどんな形の運動が起こるかは惑星大気的関心事でもあるのだ。大気大循環の熱帯と温帯との違いについては、回転水槽実験の回転角速度の遅い場合と速い場合に関係づけて論じている。

章だては次のとおり。
第1章 太陽系の惑星の大気と気象
第2章 大気の鉛直構造 I — 温室効果
第3章 大気の鉛直構造 II — 鉛直対流の効果
第4章 水平対流
第5章 熱機関としての惑星大気
第6章 惑星の自転効果 — 地衡風の関係
第7章 温帯低気圧とその役割
第8章 地球と火星の大気大循環
第9章 惑星気象の謎

第5章では、惑星大気の力学を具体的に扱うのではなく、次元解析的に論じている。ソ連のゴリツィン(Golitsyn)の考えによるもので、熱機関論と乱流理論を手がかりにしている。

最後の第9章では、惑星大気に関するいくつかのトピックについて、まだ定説はないので著者の考えを述べるとことわって論じている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。(節の番号につけられた星印は、数式を多く使っているという著者による注意。)
(続きを読む…)

荒木 健太郎 (2014) 雲の中では何が起こっているのか

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:46
  • 荒木 健太郎, 2014: 雲の中では何が起こっているのか — 雲をつかもうとしている話。ベレ出版, 343 pp. ISBN 978-4-86064-397-3.

ネット上の出版予告情報を見て出版と同時に買った。ベレ出版は若手研究者による一般の読者向けの本を次々に出している。「若手」という分類には語弊があるかもしれないが、荒木さんは1984年生まれなので研究者のうちでは若手と言ってよいと思う。気象庁気象研究所で雲の研究をしている人だ。わたしは気象学会に出ているものの近ごろはどんな人がいるか見渡さなくなってしまったので、これまで知らなかったのだが。

まだしっかり読んでいないので評価を述べるのはむずかしいが、ざっと見た限りでは、雲に興味のある人に限らず、気象について知りたい人には勧められそうだ。

雲についての気象学として考えられるあらゆる側面から書いていると思う。
第1章では、雲の標準的分類(十種雲型)を説明し、また、地球大気の中で雲はどのような場所に出現するかを説明している。断熱変化などのしくみの話もある。
第2章では、目で見て楽しむ対象としての雲を扱い、雲と光のかかわりにもふれている。
第3章はいわゆる雲微物理で、雲粒がつくられ、それが成長して雨や雪になるしくみを説明する。エアロゾルと気候のかかわり、人工降雨にもふれている。
第4章はいわゆる雲ダイナミックスで、対流性と層状性に分けて、雲がどのような流れの構造と組み合わさって発達するかを説明する。
第5章では、災害を起こす、たつまき、雷、豪雨、豪雪を(おもに日本付近で)起こすしくみを説明する。局地豪雨のところで「ゲリラ豪雨とは呼ばせない」と言っているのは、予報の精度向上に貢献する研究者としての決意をこめているのだろう。
第6章は雲を知るための研究の方法の話で、室内実験、現場観測(有人の飛行機と無人のゾンデ)、リモートセンシング(レーダー、衛星)、予報モデルを含む。著者自身の研究として、予報実験に大気汚染モニタリングの観測をも取りこんで精度が向上したという話がある。

もちろん300ページでこれだけの話題を説明しきれるわけではないが、さらに勉強したい人のための参考文献紹介もしっかりしている。

イラストレーションも著者自身でかいたらしい。「ゆるいキャラクター」(あとがきでの表現)は必要ではなかったと思うが、じゃまになるようなものではない。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-06-12

Heather E. Douglas (2009) Science, Policy, and the Value-Free Ideal / 科学、政策、価値ぬきという理念

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 13:55
  • Heather E. DOUGLAS, 2009: Science, Policy, and the Value-Free Ideal. University of Pittsburgh Press, 210 pp. ISBN 978-0-8229-6026-3 (pbk.)

2014年5月10日、応用哲学会の大会https://sites.google.com/site/jacapweb/home/annual_conf_6に呼ばれて「気候変化予測に使われるシミュレーションの特徴」という話をした([別記事参照])。同じセッションでの松王政浩さんの話題に、科学者は価値判断に踏みこむべきか、という問題があり、踏みこむべきだという立場の論者として、1950年代のRudnerとともに現代のDouglasの名まえがあげられた。同じ日、rmaruyさんのブログでこの本が論じられていた 「科学は価値中立であるべき「ではない」理由(書評:”Science, Policy, and the Value-Free Ideal”)」。わたしの関心[別ブログ記事「科学者によるadvocacy (「社会はこうすべきだ」と言うこと)」とも関係が深いと思ったので出版社に注文した。6月初めにUniversity of Chicago Press関連の配送元から届いた(アメリカの複数の大学出版が販売をここにまかせているらしい)。

科学哲学者の立場から、科学と政策決定とのかかわりについて考えた本だ。とくに「value-free」という理念を扱う。「value-neutral」とは区別されているので「価値中立」とするのは適切でないようだ。ここでは「価値ぬき」としておく(「勝ち抜き」と同じ音になってしまうという問題が残るが)。政策決定への助言として使われる科学は価値判断を含むべきでないという考えかただ。ただし実際には研究遂行上の価値判断は必要になる。そこで「認識的(epistemic)な価値」(「学問内的価値」というべきか?)はあってもよいが倫理的・社会的な価値は入れない、という考えを「価値ぬき」に含めている。著者は、科学は(少なくとも政策に有用であるような科学は)「価値ぬき」では不可能だと考える。ただし、科学への価値(認識的価値といわれるものを含む)のはいりかたを、間接的役割(後述)と、課題設定段階での役割に限定すべきだとする。

第1章「Introduction: Science Wars and Policy Wars」には、1990年代以後のアメリカ合衆国での2つの敵対的論争である、いわゆる「Science Wars」と「sound science / junk science」論争が持ち出される。著者の整理によれば、いずれも本来は、科学が政策決定に使われる文脈で、それは信頼できるのかという問題にかかわるものだったはずなのだ。ところが、Science Warsは学術(文科系を含むのでこの表現にしておく)内部の問題、sound science/junk scienceは科学を利用する側だけの問題として論じられ、科学と社会の相互作用に関するつっこみ不足で、問題はうやむやのままになってしまった。著者によれば、いずれも、科学を自律的な・孤立したものとしてとらえていたのがまずかったのだという。

第2章「The Rise of the Science Advisor」。「政府への科学的助言」という働きが発達してきた歴史、アメリカ合衆国の場合。この主題について重要な複数の本を参照してうまくまとめていると思う。ただし、「政策的に必要とされる科学技術研究を推進する政策」という、関連が深いが別の働きの話題と混ざっている。

第1次大戦時に制度が作られたが一時的だった。第2次大戦時以後は継続した。ただし戦後10年ほどは政策全般への助言機関はなく、「国防に関連する科学技術」「航空技術」など政策分野別の機関があった。National Academy of Sciencesはこの時期は助言に積極的でなく、National Science Foundationは基礎科学への資金提供に特化し、科学政策全体の助言者にならなかった。1957年にPresidential Science Advisory Committeeができ1970年代初めまで存続した。1972年にFederal Advisory Committee Actという法律ができた。このころ、環境、職業病、食品衛生など複数の規制官庁がつくられ、官庁内に規制のための科学技術研究に従事する人が雇われ、さらにその周辺に諮問委員会がつくられた。

第3章「Origins of the Value-Free Ideal for Science」。科学は「価値ぬき」であるべきだという考えは、Max Weberの「価値中立」など類似の先例はあるものの、科学哲学の昔からの主流の思想ではなかった。1960年ごろ、第2章で見た政策への科学的助言が重要になったのにもかかわらず、科学哲学者の多数の考えはそれと逆に科学と社会を切り離す向きに変化してしまったのだ。背景として、著者は冷戦を重視する。マルクス主義では科学と価値が密接なのに対して「西側」の科学哲学者は自分をそれと区別しようとする態度をとったと考えている。またKuhn (1962年の「科学革命の構造」)が(パラダイムをもつ)科学者共同体の特徴として自律性(autonomy)・孤立性を述べたことの影響を重視している。本書60-61ページの引用箇所(Kuhn 1962の164ページ)の「insulation」という表現をすなおに読めば、Kuhnは通常科学の科学者共同体を外界から隔離されたものととらえたと思えるかもしれない。ただしそれでもわたしは、科学者共同体は熱機関のように自律的ではあるが外界とのやりとりのあるシステムととらえるべきだろうと思っている。「価値ぬき」論が優勢になった原因としておそらくKuhnの影響よりも重要なのは、冷戦期の学者が政治から距離をおきたがる心情をもつ傾向があったことだと思う。自然科学者のうち、政策への助言とか科学技術推進業務とかに駆り出された少数を除いた多数は、自分の専門分科さえ安泰ならば専門分科内の価値だけを意識するようになってしまったのではないか。そして科学哲学者が持つ科学者像も(パラダイム転換を起こす異常科学者よりはむしろ)そういう通常科学者のものになってしまったのではないか?

第4章「The Moral Responsibilities of Scientists」。科学者にはその仕事に関してどんな倫理的責任があるか。
まちがい(error)の帰結について。事故というべき状況(これは増田の解釈による用語)が生じ、原因が、不注意(recklessness、事故の可能性を予見したのに無視した場合)、あるいは怠慢(negligence、事故の可能性が合理的に(reasonably)予見可能なのに予見しなかった場合)の場合には責任がある。
行動の帰結には意図したものと意図しないものがある。知識生産の意図しない帰結で有害でありうるものとしては、信頼できる知識生産の副作用と、信頼できない事実的主張とがある。
科学的助言に関する倫理的責任に関して、科学者としての役割と助言者としての役割を区別できるかどうかは疑わしい。
科学者が負える倫理的責任には限界がある。

第5章「The Structure of Values in Science」。科学にかかわる価値の構造。(topography と topology という表現があるが、区別なしに「構造」の言いかえとして比ゆ的に使われているらしい。)
「価値ぬき」の主張者は、「認識的価値」(epistemic values, 知識形成に直接かかわる価値)だけを科学内に認める。 著者はこれを2つに分ける。
-「認識的基準」(epistemic criteria): 科学の成立に必須の前提。内部的に首尾一貫していること、何かを予言する能力があること (それの正確さは別の問題で次の認知的価値に含む)
-「認知的価値」(cognitive values): 科学的知識を評価するさまざまな観点。説明力、対象の広さ、他の分野の知見との整合性、予測の精度など。
著者は「認識的基準」は科学に常にあるとする。「認知的価値」は倫理的・社会的価値と同等の役割で科学にかかわるとする。
著者の観点で重要なのは、科学の中で価値が働く「役割」(role)である。直接(direct)とは、証拠(evidence)に代わって主張(claim)の根拠として使われること、間接(indirect)とは、不確かさがあるもとでの判断の際に、証拠の重みづけに使われることである。直接の役割は、研究課題を決める段階(見なおしの段階を含む)では必要であり、研究方法を決める段階でも必要なことがある(実験に関する倫理的考慮など)が、研究実行段階ではかかわるべきでない。間接の役割が必要になる典型的状況は、仮説を採用するかどうかに、false positive と false negative のまちがいの帰結をどれだけ重く考えるかを配慮する局面である。そこには認知的・倫理的・社会的な価値がともにかかわりうる。
歴史をふりかえって、科学者たちが価値を直接的な役割で使ってしまって社会に悪影響をおよぼした例として、エストロゲン類似物質のDESの扱いがあげられている。この物質は流産を減らすにちがいないという仮説が、それに反する証拠が1953年に出ても、1970年代初めまで価値によって支えられてしまったのだそうだ。
著者の考えでは、科学は「価値ぬき」ではありえない。(認知的価値だけ考えればよいことは、純粋科学の場合にはありうるが、現代の科学全体から見て特殊な場合だ。) しかし、価値が直接的役割でかかわって結果を隠したり解釈を変えてしまうのはまずいことで、科学が政治化(politicize)されるといわれる問題はそれにあたる。

第6章「Objectivity in Science」。著者は「客観性」を科学的知識がもつべき性質だと考えているが、その意味は必ずしも一様ではない。ここでは、客観性が獲得される過程に注目して分類を試みている。(実際には複合がある。)
- 人の世界との相互作用
… manipulative objectivity … 一定の操作をすれば同じ特徴が再現される
… convergent objectivity … 違った流れの研究が同じ特徴を示す
- 個人の思考過程
(… value-free objectivity は実現しない)
… detached objectivity … 価値が直接の役割ではいってこないようにする
… value-neutral objectivity … 人々がもつ価値のスペクトルを認識してバランスをとる
- 社会的過程
… procedural objectivity … 手続きに従えば個人ごとの判断によらず同じ答えが得られる (定量化による客観化など)
… concordant objectivity … 専門家集団の見解が一致する。
… interactive objectivity … 議論によって見解の一致点と違いが明確になる。
そしてIPCCの場合を例として説明している。

第7章「The Integrity of Science in the Policy Process」。
1970年代後半ごろ、微量物質が検出可能になったことなどを反映して、規制に関する考えかたが、絶対的安全の確保から、リスクに注目したものへとシフトした。そこで「リスク評価(assessment)」と「リスク管理(management)」の分離という考えかたがとられた。その初期、たとえばLowrance (1976)の本の議論では、リスク評価は価値ぬきでされるものと考えられた。しかしその後の経験によれば、リスク評価は政策的関心から隔離できない。著者は、リスク評価とリスク管理の分離は維持し、リスク評価には価値は間接的な役割でだけはいってくるべきだとする。

「sound science / junk science」という表現は近ごろの世の中では政治的武器として使われてしまっているが、著者は、integrityの有無という観点でふたたび意味をもたせようとする。価値を直接に関与させず、間接的に関与した価値を明示するのが、integrityをもった専門家の態度だとする。他方、専門をよく理解しない専門外の人の発言、専門的competenceの不足したもの(査読や出版後の批評でまちがいあるいは証拠不足とされるもの)、不誠実な実践(先に結論を決めて合う証拠だけを示すなど) は、著者の意味でのjunk scienceである。

第8章「Values and Practices」。リスクに関する政策決定は、リスク判定(characterization)と意思決定に分けることができる。そこにだれがどこまでかかわるかという問題があるが、リスク判定を助言として位置づければ、意思決定者を拘束するものではないので、助言の過程で専門家がかかわっても代表でない非専門家がかかわっても代表民主主義の原則を侵害はしない。
リスク判定は科学だけでできるものではない。そこでリスク判定への公衆参加(public participation)、「分析・熟議プロセス(analytic-deliberative processes)」という考えが提唱されている(たとえばNational Research Council 1996 Understanding Risk)。専門家(科学者のほか法律家なども想定されている)が担当する「分析」の段階と、専門外の人を含めて構成される「熟議」の段階との間を行き来しながら進めるべきだというものである。熟議はとくに、問題設定、想定するoutcomeの決定、リスク尺度の決定、不確かさをどのように扱うか、などの局面で重要となる。
ただしこの「熟議」は「熟議民主主義」の文脈に限らず「ステークホルダー参加」も含めた意味で使われている。例としてあげられているアラスカのValdezの石油もれのあとのリスクアセスメント(1995-97年)の場合は、石油会社、 Regional Citizen’s Advisory Councilという市民団体、政府の3者が共同で運営委員会(steering committee)をつくり研究を企画し、研究チームの判断が分かれると運営委員会で議論した、というもので、ステークホルダー参加の例である。他方、「コンセンサス会議」は、ステークホルダー参加ではない公衆参加の例である。
著者は、ステークホルダー参加にせよ公衆参加にせよ、科学に(課題設定や、不確かさの重みづけなどに)現われる価値を科学者共同体のもつものよりも多様にするために、重要だと考えている。

また、哲学ができることとして、倫理的思考実験をあげる。「普遍的再帰性」(みんながその同じ価値を持って行動することを受け入れられるか?)、「帰結計算」(「最大多数の最大幸福」などを具体的に計算してみる)、「アナロジー推論」(論理構造は同じだが連想される価値が違う例を使って考えてみる)などをあげている。

折り返しのあとにくわしい目次をつける。
(続きを読む…)

古い投稿 »

Powered by WordPress