yuku kawa

2014-12-18

日本気象学会 地球環境問題委員会 (2014) 地球温暖化 — そのメカニズムと不確実性

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:47
  • 日本気象学会 地球環境問題委員会 編, 2014: 地球温暖化 — そのメカニズムと不確実性。朝倉書店, 162 pp. ISBN 978-4-254-16126-7.

2014年12月の新刊。わたしも分担執筆しているが、分担部分が関係する第1章(本の趣旨説明)以外は初めて読む。まだ全部読んだわけではないが組み立てを理解した段階で紹介する。

地球温暖化に関する科学的知見を解説した本。だいたい、IPCC (気候変動に関する政府間パネル)の第1作業部会(WG1)と同じ対象を扱っている。IPCCの第5次評価報告書(AR5)のうちWG1の部は2013年9月に暫定版、2014年1月に完成版が出たので(IPCCウェブサイトのhttp://www.ipcc.ch/report/ar5/wg1/、日本語になっている部分の情報は環境省ウェブサイトhttp://www.env.go.jp/earth/ipcc/5th/index.html参照)、それをふまえたものになっている。

章だては次のようになっている。
1. はじめに: 問題の背景と本書の目的
2. 地球温暖化に関する観測事実
3. 温室効果と放射強制力
4. 産業革命以降の気候変動の検出と要因分析
5. 予測とその不確実性
6. 気温・降水・大気大循環の変化
7. 日本周辺の気候の変化
8. 温暖化で起こる地球表層の変化
9. 海面水位上昇
10. 長い時間スケールの気候変化

章よりも細かい節のレベルで分担執筆で、部分ごとに、IPCC AR5に沿ってその要点を紹介したものもあれば、執筆者自身の視点からその節の主題の展望を述べたものもある。第7章の「日本周辺の気候の変化」は、日本の研究者によるオリジナルな成果をもとにまとめられている。

執筆者以外の人が目をとおしてわかりやすくする努力がされているが、目をとおす人も気象学会員なので、気象学の基礎知識を前提とするものになっていると思う。たとえば、たまたま巻末にはいっている広告に含まれる同じ出版社の本でいえば浅井・新田・松野(2000) 『基礎気象学[読書ノート]を読みおえたくらいだろうか(偏微分方程式は式の趣旨を理解できればよく解く必要はない)。本をむやみに厚くするのもよくないので、一定の予備知識を前提とする本があってよいのだと思う。

第3章「温室効果と放射強制力」の記述がわりあいむずかしい気がする。これは、気候変動を、気候システムに加わった強制への応答と考え(それだけならばとくにむずかしくはないのだが)、観測された事実をその枠組みにあてはめる際に、何が強制で何が応答のフィードバックかの切りわけが自明でないという事情によるのだと思う。3.5節「気候変動の原理」は表題だけでは趣旨がわからないが、小節の表題まで読んでみるとこの問題を論じようとしていることがわかる。ここの議論を3.1.2節「放射強制力と気候系の駆動」に含めて組みなおしたほうがよかったと思う。それでも、産業革命前の状態をエネルギーのつりあった状態とみなすことの正当性の説明は不足かもしれないが、それは別の文献をみよという形にすればよいかと思う。

わたしは、とくに次の部分が、たぶん日本語での解説としてはこれまでにないもので、有用だと思った。

塩竃 秀夫氏ほかによる第4章は、産業革命以降の気候変動の検出(detection)と要因分析(attribution)、つまり、「温室効果の強化を原因とした気候変動はすでに起きているのか」といった問いに答えるための研究について、教科書的に整理して述べている。同じ塩竃氏によるコラム7「イベント・アトリビューション」もそれに関連する話題で、「この極端現象(いわゆる異常気象)は温暖化のせいか」といった問いにどのような形でならば答えられそうかについて、糸口となる考えかたを述べている。

石井 正好氏による2.3節「海水温の長期変化」は、海面水温だけでなく、海洋がたくわえている熱量について研究している著者が、その結果とともに、観測手法や観測点分布の変遷に対処しながらデータを解析する苦心の内容についても述べている。

立入 郁氏による8.5節「気温上昇と累積炭素排出量の比例関係およびその利用」は、AR5で(その統合報告書でも)重視されている、全地球平均地上気温の上昇を産業革命以来の累積された二酸化炭素排出量の関数とみなす考えかたについてのレビューである。2009年ごろの議論の発端にさかのぼり、有効性とその限界を論じている。

わたしは、コラム1「IPCCへの信頼がゆらいだ事件とそれをめぐる考察」を分担執筆した。情報源は、2009–2012年ごろの事態が進む間にネット上で得た断片的なものが多いので、限られた紙面に出典を示すことができなかった。とりあえず、「IPCC第4次報告書の記述まちがいおよびまちがいと伝えられたことがら」については[別ブログ2010-07-10記事]、「気候研究ユニット電子メール流出事件(いわゆるクライメートゲート事件)」については[別ブログ2010-07-16記事][別ブログ2010-11-17記事]をごらんいただきたい。今後必要を感じればあらたに記事を書き、ここからもリンクしようと思う。

折り返しのあとに目次をつける。ここでは、章の直下の「2.1」のような節までを述べ、その下の「2.1.1」のようなレベルは省略した。執筆分担者名を「/」に続く形で入れた。
(続きを読む…)

2014-12-16

山鳥 重 (2011) 言葉と脳と心 — 失語症とは何か

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:56
  • 山鳥 重(あつし), 2011: 言葉と脳と心 — 失語症とは何か (講談社現代新書 2085)。講談社, 252 pp. ISBN 978-4-06-288085-5.

身近な人に「ことばが出てこない」という症状(本書の用語で「健忘失語」にあたるようだ)が現われたので、それを理解する参考として読んでみた。

新書本で、章だては次のようになっている。

プロローグ — 失語症を通して言葉を考える
第1章 名前がわからなくなるふしぎ — 健忘失語
第2章 発話できなくなるふしぎ — ブローカ失語
第3章 聞いた言葉が理解できなくなるふしぎ — ウェルニッケ失語
第4章 言い間違いのふしぎ — 伝導失語
第5章 脳の右半球と左半球のふしぎ — 空回りする言葉
- 1. 左右大脳半球を切断したとき何が起こるか
- 2. 右半球を損傷しても言葉の障害は起こる
エピローグ 言葉と心の関係を考えてきて
参考文献

著者は医師で、神経内科を専門とする。ボストンVA (Veterans Administration)病院失語症研究部門で研究し、その後東北大学教授などをつとめた人だ。

失語症は、Broca (1824-1880) や Wernicke (1848-1905)以来、脳の特定の部位の損傷が特定の種類の症状をもたらすと考えられがちなのだが、それでは説明できないことも多い。
著者は、失語症の原因を直接に脳に求めず、心の機能から考える。ただし、心は、脳の働きが生み出すものだと考えている。心には「心像」というものがあると考える。
エピローグでの著者の議論はわからなかったところもあるが、理解できたのは次のようなことだ。心像は連続的だが、ことば(これも心像だが)によって、心像が分割され、それに名まえが与えられる。

以下、各項目について、わたしがしろうとなりに理解したことの覚え書き。

「健忘失語」の症状としてよくあるのは、 固有名詞が出てこなくなること、ある群の語が出てこなくなることだ。もう少しわかりにくいものとして、著者が「抽象的態度の喪失」と呼ぶものがある。「机」とか「赤い」とかいうことばが、特定の物体にあてはまると認めたとしても、他の物体を同じ語でくくってよいか自信がもてないのだ。

「ブローカ失語」の症状は、少数の単語しか話せなくなる、話がつながらない、というものだ。古典的理解は、言語に関する「運動機能」の障害、というものだが、著者はむしろ、「流暢性」が欠ける、つまり、ことばとことばをつないで配置するしくみがこわれているととらえている。

「ウェルニッケ失語」は、聞いたことばを理解できない(命令のようなものはわかることもある)。話すときには流暢性はあるが、話される語の群が意味をなさない。古典的理解は、言語に関する聴覚心像を構成できない、というものだが、著者は、(聞くときも話すときも)音の塊の心像を語や音節に分解できない、というふうにとらえている。

「伝導失語」もウェルニッケが指摘したもので、彼は、感覚と運動をつなぐ部分の損傷と考えた。言いまちがい (音が化ける) が多い。著者が直接会った症例では、正しい音節を見つけていることが多いが、順序が定まらない。単語を音(音節)に分解すること、あるいはそれをならべることができなくなっている。

脳の左右半球の働き。多くの人では、言語をつかさどるのは左半球だ。右半球損傷では、言語機能がまったくなくなるわけではないが、極端な多弁、その他、不適切になることがある。

松尾 匡 (2014) ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 22:52
  • 松尾 匡, 2014: ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼 — 巨人たちはすでに経済政策の混迷を解く鍵をすでに知っていた (PHP新書 958)。PHP研究所, 286 pp. ISBN 978-4-569-82137-5.

「シノドス」というウェブサイトにこの著者の論説が連載されているのを知った(http://synodos.jp/authorcategory/matsuotadasu)。無料記事だったが、ウェブブラウザで読むのがちょっとつらいと思った。(ブラウザの画面のスクロールに加えて、連載の各回が5つくらいのHTMLページに分割されているので、「めくる」ためのボタンのようなものの操作が必要なのだ。) 本になるという情報があったので、それが出版されるのを待って読むことにした。2014年11月に出た。連載は続いているが、本の内容は連載第8回までにあたり、各回がそのまま各章になっている。ただし連載第8回の終わりの部分にあたるがもう少し詳しくしたものが「終章」となっている。目次を書きぬこうとしたが、この本の場合、章の内わけの節の見出しの字数がとても多いので(雑誌連載のときのものを引き継いでいるのだが語句の変更はある)、詳しい目次はあきらめて章のレベルまでにしておく。

まえがき
第1章 三十年続いた、経済政策の大誤解
第2章 ソ連型システム崩壊が教えてくれること — コルナイの理論から
第3章 一般的ルールかさじ加減の判断か — ハイエクが目指した社会とは
第4章 反ケインズ派のマクロ経済学者たちの革命 — フリードマンとルーカスと「予想」
第5章 ゲーム理論による制度分析と「予想」 — 日本型雇用がとられたわけを題材に
第6章 なぜベーシックインカムは左右を問わず賛否両論なのか — 「転換X」にのっとる政策その1
第7章 失業とたたかう「ケインズ復権」と「インフレ目標政策」 — 「転換X」にのっとる政策その2
第8章 「新スウェーデンモデル」に見る、あるべき福祉の姿 — 「転換X」にのっとる政策その3
終章 未来へ希望をつなぐ政策とは
あとがき

著者は経済学者である。そして、労働者 対 資本の対立構造では、労働者側に立つ態度を鮮明にしている。(ただしこの「労働者」は、現在働いている人だけでなく、失業者やこどもなども含む。) 同じことだが、「左」対「右」では「左」である。

第2次大戦ごろから1970年代まで、ソ連型社会主義だけでなく、資本主義圏でも(重点は国によって、軍備、福祉、土木工事など、違うが)政府が経済をひっぱる政策がとられてきた。これは行き詰まり、転換が必要なことは確かだ。この転換を、多くの人が、「大きな政府から小さな政府へ」ととらえてしまった。つまり、政府がする仕事を減らす、または政府が民間企業のようにふるまうことだ。「右」の政治家が、公共サービス民営化を推進した。「左」の一部(イギリス労働党Blair政権、日本の民主党政権など)も、福祉や労働政策に注目はしたものの、それを民間にまかせてしまうような「小さな政府」政策をとってしまった。それに不満な「左」の人々は、「小さな政府」の政策に抵抗するだけになってしまった。松尾氏によれば、ここで必要な転換を「小さな政府へ」ととらえたのがまちがいだったのだ。

わたしにとって、この指摘は、ちょっと驚きだったが、言われてみればもっともな気もする。著者の主張に必ずしも納得したわけではないが、大筋はもっともだと思うので、それに沿って紹介する。

社会主義がうまくいかないことを早くから指摘したHayekの思想をたどってみる(3章)。
「社会主義計算論争」でのHayekの主張は、わたしは桑田学(2014)『経済的思考の転回[読書メモ]で知ったのと同じ話だった。経済活動の各主体(企業など)は不確かさの中で判断しなければならない。中央政府が使える情報は現場に劣る。したがって判断は現場にまかせるべきだ、ということになるのだ。
ただし、Hayekの思想は市場万能論ではない。国の役割はある。それはルールをつくり、守らせることだ。ルールのうちには労働基準もある。(Hayekは一方的な資本の身方ではない。)
国の役割は、民間の経済主体にとっての不確かさを減らすことだ。そのために、国は、特定の目的を推進するためにリスクをもつ事業に直接手を出すことをしない。また、政治・行政の裁量によるのでなく、一定のルールに従って公共サービスを提供する。

ここで結論(終章)にとぶと、政府のありかたについて、「大きな政府/小さな政府」、「労働/資本」に加えて、「裁量的政府/基準政府」の軸をたてて考えるべきなのだ。そして求められる転換は「基準政府へ」、言いかえれば「予想確定政策」なのだ。

社会福祉や公共事業の運営形態については、8章で論じられている。松尾氏が望ましい形に近いとしてとりあげるのは、スウェーデン社会民主労働党政権 (1994-2006年; 2014年9月に復帰)の政策だ。社会福祉の多くは政府直営でないという意味では民営だが、主体は協同組合が多い。そして政府からの社会保障支出は(対GDP比で)、他の西ヨーロッパの国と違って、減っていない。
スウェーデンでは、社会サービスの担い手の意思決定への利用者の参加が重視されている。これはco-productionとも言われる (「協働」と訳されることがあるが必ずしも同じ意味でないので注意)。

【本書と直接関係ないが、地球環境科学に関する国際共同研究の体制として Future Earth (www.futureearth.org)というものが始まったが、そこでもco-productionが重視されている(とりあえず[別ブログ2013-11-17記事]参照)。これはヨーロッパの科学技術政策家から出てきた考えだが、そのうちでもとくにスウェーデンの人にはなじみのある考えなのだろう。】

社会保障のしくみとして、「ベーシックインカム」が6章で論じられている。これには「左」にも「右」にも反対者がいるが、著者の議論は賛成論だ。もちろん、著者は、「右」に多い、社会保障や公共サービスへの政府支出を減らすためのベーシックインカム推進論には賛同しない。
著者によれば、ベーシックインカムには次のようなよいところがある。
- (現状の生活保護や失業給付などの運用が行政の裁量によるところが多いのに対して)、ベーシックインカムは一定のルールに従い裁量の余地の少ない制度なのがよい。
- 給付を受けている人の労働意欲をそがない。
- リスクのある新事業を起こす人がふえるだろう (失敗しても無収入になる心配をしなくてすむので)。

景気・金融・物価に関する政策が、 7章で論じられている。
まず、Keynes政策は、不況の状態から完全雇用に至るぶんだけ総需要拡大(経済成長)をさせるものであって、高度経済成長の時代よりもむしろ成長が不確かな今の時代に意義があるのだという。
著者は、物価については、ゆるやかなインフレが望ましいとする。名目利子率からインフレ率をひいた実質利子率が小さいのがよいということだ。
デフレがデフレを招くのも、インフレがインフレを招くのもまずいが、そういうことが起こるのは、人がインフレ率の予想に基づいて行動し、その結果がインフレ率を変えてしまうからなのだ。政府の役割は、一定のインフレ率目標を設定し、それが達成されるという予想が信頼できるような実質的政策をとることだ。必要に応じて、インフレ率を高める政策も抑制する政策も使う。その具体策(金融政策か財政支出かなど)については、資本と労働の間に利害対立があり、政治的意思決定の課題になる。

主要な結論には直結しないと思うが、5章では「比較制度分析」という考えかたが、日本とアメリカの雇用慣行の違いを題材として紹介されている。これはゲームの理論の応用だ。企業と労働者のとる「テ」(ゲーム理論用語では「戦略」)がそれぞれ2つあるとすると、2×2の組み合わせがあるが、このうち落ち着くところ(Nash均衡)が2つある。終身雇用のもとで労働者が特定企業内で有効な技能を身につける「日本型」と、流動的雇用のもとで労働者が汎用的技能を身につける「アメリカ型」だ。社会のなりゆきでどちらかが選択されると、個別の当事者が抜け出すことはむずかしく、制度は変わりにくい。
ただし、現在の日本では、終身雇用型が選択される条件がくずれつつある。【もしこのゲームの前提の範囲で考えるならば、不安定な状況を経てアメリカ型に移って落ち着くことになるが、むしろ、この単純化したゲームで表現できない状態に行くのだろうと思う。それを積極的に考えて誘導すべきなのかもしれない。】

2014-12-14

Ian Morris [モリス] (2010 / 2014) 人類5万年 文明の興亡 — なぜ西洋が世界を支配しているのか

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 16:11
  • Ian MORRIS, 2010: Why the West Rules … For Now — The Patterns of History, and What They Reveal About the Future. USA: Farrar, Straus and Giroux.
  • イアン・モリス 著, 北川 知子 訳 (2014): 人類5万年 文明の興亡 — なぜ西洋が世界を支配しているのか (上・下)。 筑摩書房, 404 pp. + 444 pp. ISBN 978-4-480-{86127-6,86128-3}. [わたしはこの版を読んだ。]

わたしは、今の時代に必要なことは、もうひとつの産業革命、あるいは、もし産業革命ということばが化石燃料依存をさすとすれば「脱産業革命」だと思っている。したがって、世界史を、産業革命の前後をとおして、人間社会の産業活動とそれを支える体制の歴史としてみることに興味を感じている。また、自然環境の歴史と関係づけたいので、歴史資料を得ることや解釈することがむずかしいのはわかっているが、人間社会の特徴を定量的な指標で表現する試みに興味を感じている。

2014年4月、Morris (2013)の本を店頭で見つけた。「社会発展指数」を使って文明の歴史を考えるという発想がおもしろいと思って買った。あまり読み進めなかったのでよく判断できなかったが、期待したものと違っているような気がした。

それから本書の日本語版が3月に出ていたのに気づいた。まず2010年にこの一般向けの本の英語版が出て、その付録としてのせられている指標のつくりかたの部分を中心にやや専門的に書いたものが2013年の本であるらしい。基本的に同じ議論にちがいないのでどちらを読もうか迷ったが、12月に至って、日本語版を買ってあまり深入りしないでざっと読んでみることにした。

それでわかったことは、(本書を書いたときの)著者の関心事の中心は「社会発展」自体ではなく、世界の覇権(これは本書の用語ではないがわたしはこの表現を使いたい)をもつ集団がどの文明伝統から出ているか、そしてそうなった原因は何か、ということなのだ。南北アメリカなどのいわゆる(本書の用語ではない)「新大陸」にも「旧大陸」(ユーラシア+アフリカ)にあまり遅れずに農業がおこり都市文明も発達したのだが、覇権をとったのは「旧大陸」の人々だった。そのことは、Alfred CrosbyやWilliam McNeillやJared Diamondのいうように「生態学的」要因、ひとつには伝染病、もうひとつには家畜によって説明される[Diamond 『銃・病原菌・鉄』の読書ノート]。さらに「旧大陸」のうちで「西洋」と「東洋」を分けてとりあげる。ここでいう「西洋」はヨーロッパに限られるものではなく、現在のシリアのあたりのレバント地方(本書の用語では「河沿いの丘陵地帯」、川はティグリス、ユーフラテス、ヨルダン)でおこった農業からはじまる文明伝統をまとめたものだ。「東洋」のほうはだいたい黄河・長江両流域を含む中国が中心とされていて、日本も含む。インド亜大陸には「西洋」「東洋」の両方の農業が伝わってもうひとつの文明伝統ができたと考えられるので、これを含めると議論がややこしいのだが、世界の覇権をとる候補にならなかったので、本書では本格的に論じないですんでいる。本書でいう「社会発展指数」は、(定量的に結論に大きくきいていないそうだが「戦争遂行力」を項目に入れていることにも現われているように) 覇権をとることのできる潜在能力を評価するために考えられたものなのだ。社会の発展を主題として総合的に評価しているわけではなく、また、倫理や文化などの観点から価値判断しているわけでもない。(西暦前5世紀は西洋・東洋・インドともに哲学が活発であり「枢軸時代」と呼ばれることは本書でもとりあげられているが、この時代は西洋と東洋の「社会発展指数」の時系列のうえでは平常時にすぎない。)

本書でいう社会発展指数は、「エネルギー獲得量」「組織化」「戦争遂行力」「情報技術」の4種目、それぞれの種目について2000年の西洋と東洋のそれぞれの中核地域(本書の表現では「コア」)での値の大きいほうを250点とした相対値を合計したものである。中核地域の場所は時代とともに移る。
「エネルギー獲得量」は、1人1日あたりの数値としている。内わけは先史時代は人の食料が主だが、現代は化石燃料が主となっている。2000年の西洋中核地域の値としてはアメリカ合衆国の値を使っているらしい。
「組織化」は、都市の発達で代表させ、さらに、都市の「規模」を代表する変数として、最大定住地域の人口をとりあげている。2000年の最大値をもたらしているのは東京首都圏である。
「戦争遂行力」は、著者もかなりおおざっぱな見積もりであることを認めているが、結果として2000年の西洋の軍事力があまりに大きい(2000年の東洋の20倍、1900年の西洋の50倍)ので、1900年以前の合計の「社会発展指数」の変化への寄与は小さい。
「情報技術」の指標としては、読み書き能力(識字率)に、通信技術に関する乗数をかけたものを使っている。(印刷技術には注目しない。)

著者は、西洋と東洋の違いを、人の遺伝的性質によるものとは考えない。数十万年前にさかのぼると、ヨーロッパにはネアンデルタール人、東洋には原人がすんでいた歴史はあるのだが、現代の人類の祖先はいずれも約15万年前以後にアフリカから出てきたホモサピエンスなので、その時点で差がなくなったはずなのだ。

人種論を除外したうちでも、西洋の優勢は、文明の始まりのときから決まっていたという考えと、19世紀ごろ以後に偶然的に生じたものだという考えとが、よく聞かれる。著者の「社会発展指数」によれば、農業開始以来の歴史の大部分の時期は「西洋」が優位だったが、西暦5xx年から17xx年まで(これはわたしが変更した表現だがもともと細かい年数を出せる情報ではない)は「東洋」が優位だった。その後に西洋が覇権をもったのは西洋の「社会発展」が速かったことで説明でき偶然ではないが、昔から決まっていた必然でもないのだ。

先史時代について著者は、農業開始以来、西洋が東洋よりも約2千年先行することが続いたと見ている。社会発展指数にまとめるほかに、技術や国家組織に関する特徴を個別に見ても、「西洋」(メソポタミアやエジプト)に先に現われたものが多いというのだ。土器(本書の表現は「素朴な陶器」)と、副葬品の多い墓は、東洋が先行しているが、多数決で負けた形になっている。この点は、東洋文明を研究する人からは異論がありそうだ。ともかく、西暦前1200年にごろに「西洋」(ギリシャ、ヒッタイト、アッシリア、エジプト)の社会の衰退があり、東洋に比べればまだ優勢ではあるものの差は小さくなったという。

近代よりも前の社会発展の第1のピークは西暦紀元前後の「西洋」にありその中核はローマ帝国である。同時に東洋では秦・漢帝国が発達したが、その「社会発展」はローマほどではなかったと著者はみる。

その後、両者ともやや衰退し、帝国は東ローマと南朝(東晋)に残り、西ローマと北朝は牧畜民が支配する組織度の低い社会になった。そこに世界宗教となったキリスト教と仏教が広がり、再組織化が起こった。東洋では隋・唐・宋の帝国が栄えた。その時期の「西洋」の技術知識の中核はイスラム圏にあったが、そこの社会は東洋の帝国ほどは組織化されておらず、社会発展指数は東洋が優勢な状態が続いた。

第2のピークは1000年ごろの東洋(宋)にあったと著者はみる。宋で石炭が使われていたことは知られているが、著者はこれを当時の社会の重要なエネルギー源のひとつだったと見て、エネルギー取得能力の高さの証拠と考えているようだ。もちろんその利用は熱としてであり、動力源として化石燃料を使えなかったことが産業革命前の社会発展の限界だった、という判断も伴っている。

その後、金・南宋、元の時代に東洋の社会組織はややおとろえたが、明の時代にはまだ西洋よりも優勢だった。鄭和のあと明の国家が航海を抑制しなければ、東洋がもっと世界に進出していた可能性はある。しかし、当時の明の航海能力で、アメリカに達することはできたかもしれないが、アメリカを支配しつづけるには太平洋はあまりに広すぎる。アメリカを支配できたという意味での優勢を西洋が達成した要因として「地理」を無視できないと著者はいうが、それはおもに太平洋と大西洋の幅の違いをさすらしい。(Diamondが少し論じていたヨーロッパと中国の海岸線の長さの違いを重視しているのではない。)

そして、化石燃料による動力が使えることになって、「社会発展指数」が飛躍的に増大した。

20世紀末から今、「社会発展」は西洋のほうが優勢な状態にあるが、中国を中心とする東洋のほうが速く進行している。これを延長して、著者は、21世紀なかばに東洋が西洋を追い越すと見る。ただし、著者の社会発展指数の将来見通しは、22世紀初めには現在の5倍になるというものなのだが、これは数量的指標の根拠にさかのぼらないまま、指標の成長率を単純に時間外挿したもののようだ。百年後に(世界の文明の中核地域だけかもしれないが) ひとりあたりのエネルギー獲得能力が現在のアメリカ合衆国の5倍になりうるという見通しには、現実的なエネルギー資源の裏づけがない。もっとも著者も、新しいエネルギー技術が必要、とは言っているし、全面核戦争の危険と、地球温暖化の問題 (Thomas Friedmanにならって「地球不気味化」(global weirding)と表現している)があることを認識してはいる。

人類文明の持続可能性を心配する立場からは、本書にまとめられた過去の歴史の整理は一面の参考にはなるが、著者の未来観は頼りにならない。

文献

  • Ian MORRIS, 2013: The Measure of Civilization : How Social Development Decides the Fate of Nation. Princeton University Press, 381 pp. ISBN 978-0-691-16086-3 (pbk.)

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-12-13

筆保 弘徳、川瀬 宏明 編 (2014) 異常気象と気候変動についてわかっていること いないこと

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 03:34
  • 筆保 弘徳 編、川瀬 宏明 編著, 梶川 義幸、高谷 康太郎、堀 正岳、竹村 俊彦、竹下 秀 著, 2014: 異常気象と気候変動についてわかっていること いないこと — ようこそ、そらの研究室へ。ベレ出版, 269 pp. ISBN 978-4-86064-415-4.

筆保 弘徳, 芳村 圭 編著 (2013) 『天気と気象についてわかっていること いないこと[読書メモ]の続編というべきもの。『天気と気象』の巻と同様、30台から40歳前後の現役の研究者(大学教員を含む)が、それぞれ自分の研究課題を専門外の人に向けて語る。

天気と気象』の題材に、気象学の対象のうちで時間スケールの長いものがほとんど含まれていなかったのが気になっていたのだが、それは2冊めのためにとっておいたようだ。他方、「異常気象」ということばは、たつまき、台風、集中豪雨のような激しいが時間スケールは短い現象をさすこともあるが、それは『天気と気象』のほうでとりあげているので本書の題材ではない。本書の「異常気象」は、数日以上続き、1か月平均の天気図でも明確に見えるようなもので、むしろ「異常天候」と呼んだほうがよいかもしれないものだ。「気候変動」のほうは時間スケール十年くらい以上の変動・変化を考えているようで、いわゆる「地球温暖化」を含むけれどもそれだけではない。

章だてと執筆分担は次のようになっている。章の題名は『天気と気象』の巻の場合よりも内容に立ち入ったものになった。3章ずつ、それぞれ「異常気象」と「気候変動」がはいっている。
第1章 熱帯と異常気象 — 南の海から日本の天気へ /梶川
第2章 偏西風の蛇行と異常気象 /高谷
第3章 寒波と異常気象 /堀
第4章 日本の雪と気候変動 — 増える雪・減る雪 /川瀬
第5章 大気汚染と気候変動 — PM2.5の飛来がもたらすもの /竹村
第6章 太陽紫外線と気候変動 /竹下

「異常気象」の3つの章は、中緯度にある日本に異常天候をもたらす要因を、中緯度帯内(第2章)、熱帯(第1章)、高緯度(第3章)と分けたとみることもできる。熱帯の章では「エルニーニョ現象」や「季節内変動」(Madden-Julian振動を含む)、寒波の章では「北極振動」などの名まえのついた現象も紹介されている。

「気候変動」の3つの章の話題はいずれも地球温暖化とからむところがあるが、地球温暖化そのものを主題としてはいない。第4章は雪に関する基礎知識を述べたあと、それが地球温暖化とともにどう変わるかについて、わかっていること、わからないことを論じている。第5章は、温室効果気体とならんで大気の放射伝達を変えるエーロゾル、そのうちとくに大気汚染物質として最近注目されているPM2.5 (直径2.5μm以下の粒子状物質)について論じている。第6章は、地表に達する太陽放射の紫外線部分を対象とし、観測事実と、成層圏オゾン破壊問題および地球温暖化に伴って起こりそうな変化について論じている。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

柴崎 友香 (2012, 2014) わたしがいなかった街で

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 03:34
  • 柴崎 友香, 単行本2012, 文庫本2014: わたしがいなかった街で (新潮文庫 し/64/2)。新潮社, 324 pp. ISBN 978-4-10-137642-4.

わたしはふだん小説を読まないので、この著者についても知らなかったのだが、2014年7月、芥川賞受賞のニュースとほぼ同時に、(だれだったか忘れたが)現役の地理学者がネット上で、柴崎さんは大学で地理学を専攻した人だと言っていたのを気にとめた。地理に関係する例として、(受賞作ではなく) 「わたしがいなかった街で」の中に、第2次大戦後まもなくアメリカ軍がとった航空写真が出てくるということだった。この単行本は本屋では品薄になっていたが、あちこちまわって実物をめくってみた。本に航空写真自体がのっているわけではないのはまあ予想どおりだが、写真を見る場面が小説の中の現在として出てくるわけでもなく、「わたし」の回想として大学の実習で写真を見たことが出てくるのだった(8節、文庫本で83-84ページ)。小説の中の「わたし」は作家ではなく著者自身と全面的に同じではないのだが、これは著者自身の経験を反映したものにちがいない。大阪の、当時「わたし」が暮らしていた地区は、道がきれいに整備されたところと入り組んだところがあるのだが、それは空襲で焼けたところと焼け残ったところに対応しているのだった。

地上のようすを知るために飛行機で上空からとった写真を判読する実習は、おそらく、地理のコースでは必ずやるけれども、他のコースで経験した人は少ないと思う。アメリカ軍による航空写真は、戦後の復興や開発に伴って大きく変えられる前の地表面状態を知るための貴重な資料なのだ。ただし、わたしは(著者が学生だったころ、別の大学で)地理学の教員をしていたことがあるものの、航空写真を使う実習を担当はしなかったし、そのコースの学生だったこともないので、自分でそれに接することはなかった。東京の中心部については、最近出た、竹内正浩 (2014) 『空から見る戦後の東京』(実業之日本社)に最近の写真と対比する形で収録されているのを初めて見たところだった。

正直なところ、単行本で買って読もうという気は起きなかったのだが、11月末に文庫本になったので、さっそく買って読んでみた。小説自体は2012年6月に出版された単行本と変わっていないらしいが、文庫本には辻原 登 氏(作家)による解説がついている。

小説の中の大部分のできごとは「わたし」の視点でその内面をまじえて記述されているのだが、(わたしは辻原氏の解説を読んではじめて明確に意識したのだが) 「夏」という人物については三人称であるがときどきその内面に立ち入ったことが「わたし」とは別の視点から記述されている。

同じ著者の別の小説について「事件らしい事件が起きない」と紹介されていたのをどこかで見たが、この作品もそうだ。仮に「わたし」の身になってみれば、引っ越しや、気を失って病院にかつぎこまれたことや、勤めをやめることになりそうなことは、個人的大事件ではあるだろうが、社会的大事件ではない。しかし、大きな社会的大事件の影はかかっている。第2次大戦の空襲だ。航空写真のほか、建物に残る機銃掃射のあと、のちに出版された当時の作家の日記、そして、亡くなった祖父について間接的に聞いたことによって、時をへだてて過去と現在の同じ場所がつながる。また、録画されたテレビのドキュメンタリーによって、もっと新しい時代に、旧ユーゴスラビア、アフガニスタン、ルワンダ、イラクなどで起こった戦争も、同じ世界で起こっていることと意識される。

題名の「わたしがいなかった街」は、ひとつの特定のまちをさすのではないようだ。「わたし」の祖父がもし原爆に直撃されていれば「わたし」は生まれていなかったかもしれない、という考えとは関係があることは確かだし、知人が「わたし」の引っ越しを知らずに旧住所をたずねてしまったというささやかなできごとも関係あるかもしれないが、それならば「わたしのいない街」になるのではないだろうか。むしろ、「わたし」が今いるまちで空襲があったときに「わたし」はいなかった、ということのほうが深くかかわっているように思う。

「わたし」と「夏」は直接会わないのだが、話題を伝える知人がいて、「わたし」が関心を持っている場所に「夏」も行ってみて同様な関心をもつようになる。

わたしはふと、「袖すりあうも多少の縁」ということばを思い出した。ここでわざと「多少」と書いた。本来は「多生」だそうだ(「他生」とも書かれる)が、それは輪廻転生を前提とした考えで、わたしはそれを前提としないからだ。同じ時に同じ場所にいたという経験を共有する人と人の間の縁がある。そういう経験を複数もつ人が仲介することによって縁がひろがることがある。あるいは、時刻がずれても同じ場所に行って共通のことがらに関心をもつことによって縁がつながることがある。

2014-12-12

国立天文台 (2014) 理科年表 平成27年[2015] 第88冊

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 18:10
  • 国立天文台, 2014: 理科年表 平成27年 第88冊 (Chronological Scientific Tables 2015)。丸善出版, 1092 pp. ISBN 978-4-621-08888-3.

理科年表」は毎年11月に、翌年の冊が出版される。なぜ翌年のかというと、「暦」と「天文」の地上からみた天体の位置について、翌年の1月から12月までの予測情報がのるからだ。ほかの大部分の記事は予測ではないので、当然、出版数か月前の原稿しめきりまでの情報なのだが。それで、文献参照表示では、対象年(今度出たのは2015年)と発行年(2014年)の区別に気をつけなければならない。さらに、理科系の分野の仕事では(災害などの歴史をさかのぼる件のほかは)年はほとんど西暦で示されるにもかかわらず、理科年表の日本語の表題に含まれているのは日本の元号による年(今度は「平成27年」)なのだ。ただし今回は表紙のデザインを変えて、英語表題を大きく示したので、「2015」もよく見える。

このブログに理科年表読書メモを書いたのは3年前だった。それ以後、もちろん資料の更新はあるが、そのほかにどんな変化があるか、2013, 2014, 2015の3冊それぞれの「序」の記述を手がかりに見てみた。

  • 2013年の冊から、日本の経緯度原点の位置の移動(2011年の東北地方太平洋沖地震の結果)を反映した変更がある。

天文

  • 2014年の冊から、赤外線による天体観測を想定して、赤外線が大気をどれだけ透過するかを波長ごとに示したグラフが追加された。縦軸が対数目盛りになっていて、水蒸気・二酸化炭素その他による吸収の多い波長域と、吸収の少ない「窓領域」(地上での天体観測に利用できるところ)では、地表に達する量が桁違いに違うことがわかる。気象の教材として赤外線の吸収を説明するときにも役だちそうだ。
  • 2014年の冊から、小惑星隕石の項目がふえた。
  • 2015年の冊から、太陽系の元素組成 (ページの表題は「宇宙の元素組成」となっているが) が2009年に論文として出た新しいデータでさしかえられた。2015年の冊には、天文の部の終わりのほうにこれに関する解説もつけられているが、これはトピックスで今回限りらしい。

物理・化学

  • 2013年の冊から、基礎物理定数が、CODATAの2010年推奨値でさしかえられた。
  • 2015年の冊から、単位に関する記述の構成が変わり、メートル法の始まりから現在のSIに至る基本単位の定義の変遷が年表の形にまとめられた。

地学

  • 2014年の冊から、世界の地震分布図が新しいものでさしかえられた。
  • 2014年の冊から、「日本の過去2000年間の地磁気変化」が加わった。
  • 2015年の冊から、地理のうち、日本の山の標高について、算出方法が三角測量からGNSS測量に変わったことによる数値の変化(±1 m程度であるが)がある。

生物

  • 2015年の冊から、生物分類表のうち藻類原核生物の表がそれぞれさしかえられた。

環境

  • 放射線に関しては、2012年の冊にあった特集はそれ以後の冊にはないが、環境の部のそれに関するところが、2013年、2014年に1ページずつふやされている。
  • 2014年の冊から、海洋酸性化の観測データが加わった。
  • 2015年の冊では、IPCC第5次評価報告書(AR5)が出たのでそれに伴うデータの改訂があった。
    • 「気候変動・地球温暖化」の節では、その最初に出てくる「世界平均のエネルギー収支」がAR5 (WG1)のものでさしかえられた。【わたしの教材ページの図もそれに合わせて書きなおした。】それ以外のこの節のほとんどの図は日本の気象庁のオリジナルの作図であり、改訂されているものもあるが、IPCC報告書を出典とするものは見あたらない。
    • 「物質循環」の節では、地球表層(生物圏)における元素の循環のうち、炭素窒素に関する図が、AR5 (WG1)のものにさしかえられた。(紙面が同じなのに情報がやや詳しくなって読みにくくなった気もするが、やむをえないだろう。) 硫黄リンケイ素の循環は、大気中の温室効果気体成分に直接かかわらないのでIPCCの第4次・第5次報告書ではとりあげられなかったらしく、2001年のIPCC第3次報告書とその他の文献によっている。(この部分に実質的改訂があったかはまだ確認していない。)

2014-11-24

『現代思想』 2014年8月号 特集「科学者」

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 00:18
  • 現代思想, 2014: 現代思想 2014年8月号 (第42巻第12号) 特集 科学者 — 科学技術のポリティカルエコノミー。青土社, 230 pp. ISBN 978-4-7917-1284-7.

出版社サイトの[この号のページ]に目次がある。(したがって、ここに目次を書きうつすことはしない。ただし、出版社サイトのページが消えた場合は追加することになるかもしれない。)

科学者の働きかたに関する特集があるという予告を見て、出版されたらすぐ迷わず買った。しかし、中身を見ると、「STAP細胞」の話題がそこらじゅうにある。これは、わたしが読みたかった特集ではない。拾い読みはしたが、読み終える見通しがないので、この段階で読書メモを書いておく。

おそらく、特集の著者全員に対して、「STAP細胞」の件を論評することという要請が出ていたと思われる。出版のタイミングから見て、一部の著者には、先に科学者に関する企画の執筆を約束してから追加でSTAPも論評せよという要請が加わり、一部の著者には、STAPが世間の話題になってから短いしめきりで執筆依頼があったのではないだろうか。2014年6月ごろの時点で、STAP細胞の件は、研究不正、しかも、山崎 茂明 (2007) 『パブリッシュ・オア・ペリッシュ — 科学者の発表倫理[読書ノート]でいう研究不正の4つの主要な分類である、捏造、改ざん、盗作、authorshipの誤用がすべてかかわったものらしい、ということは、この事件の情報を追いかけていた人の多くの共通認識になっていたと思う。しかし、だれがどのような動機で具体的にどんな不正行為をしたのかという細部に立ち入ろうとすると、だれの発言が真なのかわからず、まだ認識が変わるかもしれない状況にある。(実際、発行後しばらくして笹井芳樹氏の自殺という事態の変化があった。) 各著者が、その時点で広まっている報道に基づいて事実認識を持ち、それをまじめに論評したとしても、その事実認識がまずいとわかったら、論評の価値もなくなるおそれがある。おそらく各著者はその穴に落ちないようにそれぞれ論じかたをくふうしていると思うが、それにしても、拙速を招く可能性が高いむちゃな企画だと思う。そういえば、この雑誌名の副題はフランス語で「revue de la pensée d’aujourd’hui」だ。aujourd’hui = 「今日」は「現代」の意味で使われているとは思うが、編集者が「日」単位の新鮮さを求めるあまり、文献の「年」単位での価値をそこなっていないだろうか? (わたしが前に書いた文章[「日日主義」から「年年主義」へ]参照。)

特集のうちでも、おもに昔の事例を論じることで古今にわたる問題にせまろうとする科学史家の話は古びないと思う。
- 隠岐 さや香 「一八世紀科学における『公共の福祉』と社会」
- 田中 祐理子 「〈科学〉と『信じられない事柄』」 (PasteurやKochを論じている)
- 中尾 麻伊香 「『科学者の自由な楽園』が国民に開かれる時」(これは長岡半太郎と仁科芳雄のそれぞれの「元素転換」実験の話題で、理化学研究所の広報がかかわっているというところで今回の時事とのかかわりが出てくる)

人文系評論の雑誌だから、著者の多くが人文系の学者や評論家であるのは当然かもしれないが、この主題ならば、自然科学者も参加するべきだろう。ところが自然科学者の執筆者は、長老の小柴 昌俊 氏[インタビュー]、中村 桂子 氏、佐藤 文隆 氏はいるものの、現役は著者の榎木 英介 氏と対談の美馬 達哉 氏(いずれも医学)だけのようだ。また、ポリティカルエコノミーという副題があるが、(経済学や政治学を学んだ経歴のある人はいるものの)現役の経済学者や政治学者が見あたらない。科学者の行動がどれだけ政治的あるいは経済的動機によっているかという問題を、科学技術社会論などの立場からとりあげていることはわかるのだけれど、それならばもう少し政治や経済そのものにも踏みこむべきだったのではないか。ただしそうすると、企画から発行までの日数がもっとのびたかもしれない。

特集に含まれるが、
-塚原 東吾「戦後科学論の鉱脈ver. 2:中山茂の科学技術論」
は、STAPの話題を直接含んでおらず、長期的な意義のある文章だと思う。これが「ver. 2」となっているのは、同じ雑誌の2001年8月号 (特集「サイエンス・スタディーズ」)にのった、中山 茂[聞き手 塚原 東吾、柿原 泰]「戦後科学論の鉱脈 — 遡行と展望」をを引き継ぐものだからだ。結果として中山氏追悼のような位置づけになったが、おそらくこの文章を書く計画は、中山氏の自伝[読書メモ]が出版された2013年中に始まっていたのではないだろうか。
(なお、2001年8月号の特集については隠岐氏による紹介がある。http://stsnj.org/nj/essay2001/oki01.html)

ただし、わたしから見ると、塚原氏の中山氏の仕事に関する論評のうちに「市民のための科学」は出てくるのだが、「アカデミズム科学、産業化科学、サービス科学」の3項対立[別ブログ2011-11-20記事参照]が出てこないのがちょっとものたりなかった。

今回の特集では、科学者全体に比べれば少人数の人が起こしていると思われる研究不正よりもむしろ、多くの科学者がどんな目標設定をされた職場で働いているかが問題にされていると思う。現代の日本では(おそらく外国でも)、中山の3項でいう「産業化科学」が強くなっている。とくに、医療に応用される可能性のある生命科学の分野が、激しく産業化している。木原 英逸「科学のビジネス化」栗原 千絵子「商人として科学者」は、そのあからさまな面を扱っていると思う。池田 光穂「科学における認識論的アナーキズムについて」と、塚原 東吾、美馬 達哉 対談「ポスト・ノーマル時代の科学者の仕事」には、ZimanのCUDOS対PLACEの議論[Real Scienceの読書ノート参照]が出てくる。PLACEは産業化科学従事者の規範と見てよいだろう。

塚原・美馬対談の表題はFuntovicz & Ravetzのpost-normal scienceをふまえたものと思われる。これも関係あるのだが、normal対post-normalという対比は、ここでの問題をわかりにくくするのではないだろうか。Kuhnの通常科学は、アカデミズム科学と産業化科学にまたがっている。科学者の相互評価で成り立つアカデミズム科学で発達した通常科学の仕事のスタイルを、産業化科学が採用したのだと思う。ただし、産業化科学の内容が、かつては、専門分科ごとにパラダイムを共有し相互批判可能だった(Kuhnの意味でnormal)が、今は、学派ごとに知識基盤が細分されて相互批判困難になった(normalからはずれた)ことを、post-normal的時代状況と言えるかもしれないが、Funtovicz & Ravetzのpost-normalの論点とは違うと思う。この状況から抜け出す(まで行かないまでも、それを相対化する)道は、産業化科学とは違った動機で動く、中山のいう「サービス科学」の方向にあるのだと思う。

- 高橋 さきの 「『生きもの』だと宣言すること — 今日的サイボーグ状況をめぐって」
は、わたしにはむずかしいのだが、機械と人間との関係の問題、それから、これまでフェミニズムが取り上げてきた問題の多くは女と男の問題というよりは生きものとしての人間にかかわるものだという指摘は、これからも考え続けていくべきことだと思った。

「生きもの」というキーワードを見て、ふと、STAPがらみの(2014年8月現在の)世間の議論が、研究不正あるいは広報の問題に偏って、その研究が生命を扱った仕事であることの考察が乏しくなっていないだろうかと思った。(わたしの見落としも多いと思うが。)
- ひとつは、幹細胞研究から再生医療への応用が実際に進むとすれば、人クローンが可能になりそうだということが生命倫理上の重い問題をもたらすが、他方、臓器取り出しの必要が減るという意味で生命倫理上の問題を軽くする働きもあること。(本号でも生命倫理の議論はあることはある。とくに、粥川 準二 氏の論考には、わたしが思い至らなかった論点もある。)
- もうひとつは動物実験に関すること。幹細胞研究でも、マウスなどの実験動物を多数使い、殺すこともしている。動物倫理に深入りしないとしても、生物のむだづかいでないかという批判があるだろう。ところが、細胞培養や臓器再生がうまくいけば、実験のために動物個体を殺したり苦痛を与えたりする必要を減らせるかもしれないという面もある。
わたしの考えはここで止まっているが、ひとまず書きとめておく。

2014-11-23

松浦 正浩 (2010) 実践! 交渉学 — いかに合意形成を図るか

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 16:22
  • 松浦 正浩, 2010: 実践! 交渉学 — いかに合意形成を図るか (ちくま新書 839)。筑摩書房, 238 pp. ISBN 978-4-480-06542-1.

著者が、公共政策に関する合意形成について研究していることを知って、しばらくして「交渉学」に関する本を出していることも知ったのだが、両者が一連の話かどうかわからなかった。2013年初め、店頭で本書を手にとって、著者のいう交渉と合意形成は大きく重なっていることがわかった。

また、わたしは、松浦氏が合意形成の方法、とくに「共同事実確認」をもっと使うことを提唱していることを、世の中の「熟議」が大事だという議論に含めて認識していた。しかし松浦氏の発言を聞いてみると、共同事実確認はステークホルダー参加、熟議は公衆参加であり、両者は区別される、と考えているように思われた。

本書では第5章に「熟議型民主主義 (deliberative democracy)」ということばが出てくるのだが、これと本書の主題である「交渉」との関係は、本書を読んだだけではよくわからない。第5章第1節の表題に「合意形成は交渉による利害調整」とあるのだが、第2節の小節の表題には「熟議型民主主義の実践としての社会的合意形成」とある。ところがその小節の内容を読むと、交渉による問題解決と熟議型民主主義とは並列の扱いになっている。
わたしなりに考えてみると、ここでは「社会的合意形成」ということばが広い意味と狭い意味で使われているのだと思う。このうち狭いほうの意味を「交渉型合意形成」または「交渉による合意形成」と言えばよさそうだ(前者では交渉と合意形成は同じ行動だと考えており、後者は交渉を合意形成の手段と考えていて、この両者は同じではないのだが)。交渉は、交渉型の社会的合意形成と、ビジネスの交渉などを含む。社会的合意形成には、交渉型、投票型、社会運動型、熟議型などを含む。本書で主題としてとりあげる社会的合意形成は、交渉型社会的合意形成なのだ。

あとは本書の流れにそって、わたしが要点と思ったことを紹介する。

はじめに」。
本書でいう「交渉学」は、あいてを説得する方法や、感情をあやつる方法などのような意味での「交渉術」ではない。
交渉 (negotiation)とは、「二人以上の人間が協力して行動する未来のことがらについて、話し合いで取り決めを交わすこと」である。ここでいう交渉がめざすのは、自分が損をしないとともに、あいてにも損をさせないことである。これを「Win/Win」ともいうが、勝ち負けの問題ではない。
交渉の結果は期待どおりにならないこともある。交渉とは別の方面で事態を変えられることもある。

第1章「交渉とは何か」。
交渉の「わな」(行き詰まり) を避ける知恵が交渉学だ。行き詰まりには複数のタイプがある。
一つの合計が固定された利益を配分する交渉(配分型交渉)は行き詰まりやすい。
複数の条件があって人によって重みづけが違うと合意できることがある(統合型交渉)。
立場 (position、望んでいる結論)に基づく対立のままだと交渉は行き詰まるが、利害 (interest … その結論を望む理由)に着目すると交渉による解決が可能になることがある。(例、1967年の中東戦争でのエジプトとイスラエルのシナイ半島領有争いでは、領有を望む理由の違いに着目することで調停が可能になった。)

第2章「交渉のための実践的方法論」。
BATNA (Best Alternative To a Negotiated Agreement、不調時 代替案)。交渉の一方の当事者として、もし交渉が決着しなかった場合にとる行動の案。これがあると、交渉で冷静になれるし、BATNAよりも損をする交渉結果を避けられる。当事者は(配分型交渉で自分の側の相対的な得を大きくするためには) BATNAを相手には言わない。
ZOPA (Zone Of Possible Agreement、合意可能領域)。統合型交渉では、両者の満足度の尺度が違う。ZOPAは、まず、Aの満足度がAのBATNA以上、Bの満足度がBのBATNA以上、という条件をみたさなければならない。さらに、現実に得られる両者の満足度の組み合わせの限界(その線上はパレート最適)がZOPAの限界となる。
交渉の外での努力により、交渉の前提となる条件を動かして、交渉の結果を改善できる場合がある。まず、両者の満足度を大きくしうるのはZOPAの限界を広げる、つまり「パイを大きくする」ことである。また、相手に対して自分を有利にしうるのは、自分のBATNAを上げることや、相手のBATNAを下げることである。
単独の条件ではなく、条件のパッケージについて話し合うのがよい。要素間の重みづけが当事者によって違うので両者が満足することが可能になる。
合意の達成をモニタリングすることも、とくに公共的な件で、重要だ。

第3章「社会的責任のある交渉の進め方」。
交渉の成立だけでなく、社会的公正も考えないといけない。
Win/Win型の合意のうちでも、相対的な勝者敗者が生じる。BATNAが低い人(雇用が不確実な労働者、産業が乏しい地域など)に相対的悪条件をおしつけることが起こりがちである。

第4章「一対一から多者間交渉へ — ステークホルダー論」。
現実の交渉では、当事者がもつ利害の型が2つよりも多い「マルチステークホルダー」の状況がふつうである。
ステークホルダーの定義としては、エドワード・フリーマンという経営学者による「自分の行動に影響を与えうる人たちと、自分の行動が影響を与えうる人たちの総称」(118ページ)が示されている。この表現はことばたらずで意味が定まらない。「『人Aが計画Xのステークホルダーである』とは『XがAの行動に影響を与えるか、Aの行動がXに影響を与える』ことである」というような意味なのだろう。
マルチステークホルダー状況で重要なことのひとつは、ステークホルダーを見落とさないことだ。(関連する例。開発に対して、それが実行されると自分は騒音の影響を受けると予想する近隣住民が、開発さしとめの裁判を起こした。被告は原告は利害関係者でないと主張したが、判決は原告の適格性を認めた。)
話し合いの進行を、ステークホルダーでないファシリテーターが担当するのがよい。

第5章「社会的な合意形成とは
著者は、社会に関する意見を持っている人が同意者をふやそうとする活動のことを「社会運動」と呼んでいる。著者が論じたい(狭い意味での)社会的合意形成は交渉であって、社会運動ではない。ただし、交渉の前提となる対立状況が作られることには、社会運動がかかわることが多い。
交渉によって、価値観のちがいはなくせないが、具体的問題への利害や望ましさは合意可能である。
ビジネス交渉にも社会的合意形成の性格をも含むことがある(たとえば、いわゆるCSR関係の課題)。
合意形成の過程では、価値配分で競争する局面と、価値生産で協力できる局面がある。
ステークホルダーには交渉での弱者もいる。

第6章「交渉による社会的合意形成の課題 — マスコミと科学技術」。
マスコミは、情報を広く伝えることによって、社会的合意形成に役立つ働きをする。しかし、マルチステークホルダーの問題を二者択一に見せがちである(この点は注意してあたらめてほしい)。

社会的合意形成の材料として使われるような科学技術には、不確実性がある。そこで、ステークホルダーがそれぞれにその主張を裏づけるような科学的知見を提示する専門家を頼るという「弁護(advocacy)科学」が現われたり、専門家不信が生じることが多い。弁護科学どうしの事実認識が一致しないために議論が進まないような事態の対策として、共同事実確認(joint fact-finding)がある。それは、合意形成の過程を事実認識と行動計画とに分け、まず両側の専門家どうしが共通の事実認識をもつ(価値判断は違ってよい)ようにすることである。行動に関する交渉は、確認された事実認識を前提に、ステークホルダー間でおこなわれる。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。
(続きを読む…)

2014-11-22

舘野 正樹 (2014) 日本の樹木

カテゴリー: dokusyo memo / 読書メモ — masudako @ 23:37
  • 舘野 正樹, 2014: 日本の樹木 (ちくま新書 1095 カラー新書)。筑摩書房, 127 pp. ISBN 978-4-480-06799-9.

2014年10月新刊の新書本。木の写真の多い本だが、同定用図鑑でも観光写真集でもない。著者は植物学者であり、東京大学日光植物園長をしているが、専門は(系統学・分類学ではなく)生態学で、その立場から植物の進化を考えている。

この本では、著者がよく知っている木の種類それぞれについて、生態学の理屈と、エピソードを語る。日本に育つ主要な樹種を網羅するわけではないが、大きな類型をカバーする。まえがきの中で著者はこのように述べている(外カバーにも示されている)。「日本だけを見ても、樹木の種類は千近くになる。… しかし、樹木の生き方はそれほど多くはない。生き方を知れば、ある特徴をもつ種の進化の仕方については、ほぼ間違いなく推定できる。」

わたしは植物に関心はあるのだが、たくさんの種類を区別できない。常緑か落葉かなどの生活形だけを気にする。気候を専門とする者として、木の生活形の分布の概略と、それと温度などの気候要素との経験的関係も知っている。しかしその因果的説明は、凍結に耐えられるしくみをもっているかなどによってできている部分もあるものの、充分とはいえなかった。それは、専門家にとっても、まだ研究進行中なのだ。本書は、著者の学説をそれとして述べ、また、まだ謎であるところは無理に説明しないで謎だと述べているので、わたしにとってはとてもありがたい本だ。

本書では、進化の過程で選択された木の生存戦略があると考える。戦略は次のように、期待される個体の寿命に関連している。
- - (1) 常緑高木は長い寿命が期待される場合の戦略
- - (2) 落葉高木はもう少し寿命が短い場合の戦略
- - (3) 中低木はずっと寿命が短い場合の戦略
常緑樹も落葉樹も育つことができる気候条件のもとでは、生育が速い落葉樹のほうが優勢となる。しかし、常緑樹は冬に落葉樹の林床で育つことができる。そこで、何かの撹乱によって落葉樹が倒れたときには常緑樹が優勢となる。このように、同じ気候のもとでも、常緑・落葉の交代が起きる。

広葉樹は被子植物、針葉樹は裸子植物で、両方が育つ条件では、進化の新しい形である広葉樹のほうが優勢になりやすい。しかし、常緑広葉樹は、吸い上げる水が通る「道管」が太く、そこで水が凍って、とけても泡が残ることが致命的となる。針葉樹は細い「仮道管」なので耐えられる。さらに、針葉樹のうちでもとくに寒さに耐えられる種類では、水を体外に出して体内の液体の濃度を高くし凍結しにくくするしくみが発達している。

また、積雪の重みに耐える種類と、積雪に保護されないふきさらしの低温に耐えられる種類がそれぞれ進化している。

動物による捕食に対する防衛としては、タンニン(たんぱく質にくっつきやすく消化されにくい)、アルカロイドなどの動物にとっての毒物、物理的かたさがある。

しかし、同じ生活形の木のうち、どの種類がどういう場に生育するかについては、まだ謎が多い。

本書での木の種類の選択は、著者自身が育てたことがあるとか、大学の実習で扱ったことがあるなど、語る材料があるものが多くなっている。最初の話題には、ヒノキ、スギ、という、日本に自然にもあったと思われるが主として人工林に植林され利用されている木がとりあげられている。イチョウ、ハリエンジュ(ニセアカシア)など、人が持ちこんだ木も扱っている。

木の種類を節の表題として、それに関する話題を述べる趣向になっているが、表題の木と特に関係ない話題が中心の節もある。カツラのところでは、土壌微生物が有機物を分解し窒素を植物が使うという、物質循環の話をしている。生態学の話題としては重要なのだが目次からは気づきにくい。

なお、気候帯の名まえとして、亜熱帯、暖温帯、冷温帯とならんで「寒温帯」という用語を使っている。わたしの知っている用語は「亜寒帯」であり、植物学の人もこれまではそう呼んできたが、最近は変わってきているらしい。わたしが考えても、植生に注目した区分ならば、従来「亜寒帯針葉樹林」といわれていたものは、寒帯のツンドラよりも、冷温帯の森林のほうに近いまとまりにしたくなるのはわかる。しかし「冷」と「寒」だけで区別するのもわかりにくいと思うので、すぐに追随しようとは思わない。

折り返しのあとに目次をつける。
(続きを読む…)

古い投稿 »

Powered by WordPress