読書ノート

IPCC報告書に関する情報

Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC)は、 1988年、国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)のもとに作られた組織である。 日本語では「気候変動に関する政府間パネル」という。 内容的には「気候変化」のほうがよいが「変動」が定訳になっている。 WWW上では、http://www.ipcc.ch/にホームページがある。

IPCCには、3つのおもな作業部会がある。 第3次評価報告書の作業開始以来、だいたい次のような分担になっている。

約5-8年おきに評価報告(assessment report)をまとめている。 第1次は1990年、 第2次は1995年(出版は1996年)、 第3次は2001年、 第4次は2007年(出版は2008年にまたがる)、 第5次は2013-2014年、 第6次は2021-2022年の予定。 第3次以後の報告書には、 3つの部会の報告の要旨を含めた統合報告書がある。 ただし、統合報告書からの文献参照はすべて各部会報告書をさしており、 情報のもともとの出典を知るには部会報告書を見る必要がある。

IPCC報告書のうち、 「政策決定者向け要約」(Summary for Policymakers, SPM)は、 IPCC総会で各国政府代表によって承認されたものである。 IPCC報告書の要約には、SPMのほかに「技術要約」(Technical Summary, TS)という やや専門的なものもある。 温暖化に関する科学の知識を勉強するには第1部会のTSをお勧めしたい。

第5次評価報告書(AR5, 2013-14年)

第4次評価報告書は, IPCCウェブサイトhttp://www.ipcc.ch/から、PDFの形で公開されている。 評価報告書本文は英語である。 「統合報告書」と、他の報告書の「政策決定者向け要約」は、他の国連公用語のものもある。

また、英語版が、次のように、本として出版されている。

日本語訳は、次のものがPDFで公開されている。

なお、2014年中に順次公開されたようすを、別サイトの次に示す記事で紹介したが、 その後に状況が変わったところもある。

第4次評価報告書(AR4, 2007年)

第4次評価報告書は, IPCCウェブサイトhttp://www.ipcc.ch/から、HTMLおよびPDFの形で公開されている。 評価報告書本文は英語である。 「政策決定者向け要約」は、他の国連公用語のものもある。

また、英語版が、本として Cambridge University Pressから出版されている。

日本語訳は、次のものがPDFで公開されている。

また、統合報告書の政策決定者向け要約と、 各作業部会報告書の政策決定者向け要約・技術要約を合本したものが、 次の形で出版された。

ウェブサイト情報は,Wikipedia日本語版の http://ja.wikipedia.org/wiki/IPCC第4次評価報告書 の 「外部リンク」の部分も参照してほしい。

第3次評価報告書(TAR, 2001年)

第3次評価報告書(英語版)は, UNEPのウェブサイトのひとつ http://www.grida.no/から、HTMLの形で公開されている。 たとえば第1部会報告書は http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/index.htmから 読むことができる。

また、英語版が、本として Cambridge University Pressから出版されている。

統合報告書は日本語訳もある。


2009-09-20; 更新 2014-05-17, 2018-01-22
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[読書ノート][気候関係] [気候+科学論] [全体目次へ]
[気候システム論教材][温暖化関係文献リスト] [参考書リスト] [入り口ページ]
[増田ウェブサイト][日本語入り口ページ]