Lomborg 編 (2010) Smart Solutions to Climate Change (気候改変に関するPielkeのコメントについて)

  • Bjørn LOMBORG ed., 2010: Smart Solutions to Climate Change: Comparing Costs and Benefits. Cambridge Univ. Press, 413 pp. ISBN 978-0-521-13856-7 (pbk.)

ビョアン・ロンボー (読みかたはデンマーク在住のブロガーdenjapanerさんによる)はデンマークの政治学者で、2001年のSkeptical Environmentalist (日本語版は環境危機をあおってはいけない) [読書ノート]、2007年のCool It (日本語版は地球と一緒に頭も冷やせ) [読書ノート]などの著書で知られる。

地球温暖化を否定するわけではないが、それは人間社会にとってたいした問題ではない、という態度の発言が多かった。ところが2010年8月になって、地球温暖化はかなり重大な問題だということは認めるようになったようだ。イギリスの新聞Guardianが伝えるところでは、温暖化対策のために1年あたり1千億ドルをかける必要があると述べたそうだ。(Juliette Jowit, 2010年8月30日、“Bjørn Lomborg: $100bn a year needed to fight climate change”)。 しかしその直前に別のところでは、温暖化などたいした問題ではないというような発言をしている(Bjørn Lomborg, 2011年08月11日, Who’s Afraid of Climate Change?)。海面が6メートルくらい上がるかもしれないという説をとりあげて(それを必ずしも本気にしているわけではないのだが)、東京(の江東区など)は20世紀の100年間に6メートルくらいの相対的海面上昇(地盤沈下)に適応できたのだからだいじょうぶだ、という。両方の意見がつじつまがあっているとすれば、温暖化はかなり深刻な問題ではあるが、お金さえかければ解決できる、したがって温暖化対策のために必要なのは経済成長だ、という理屈らしい。

LomborgはCopenhagen Consensusという会議を数年ごとに主催している。経済学者を集めて、世界規模の政策課題の優先順位づけをするもので、(専門用語を使うと違うかもしれないが大筋で) 費用便益分析(cost-benefit analysis)の考えかたに基づく議論だ。

その新しい本が出たが、買って読む気は起きなかった。非常勤先の図書館にあったのでめくってみると、やはり大部分は経済学的議論で、地球環境問題の構造をよく理解しているようには思えない。

ただし、執筆者のうちにRoger Pielke Jr. の名前があった。アメリカの科学技術政策論者(広い意味では政治学者)で、Honest Broker [読書ノート]などの著書があるほか、個人ブログhttp://rogerpielkejr.blogspot.com/でいろいろなことを言っている。このごろ、地球温暖化懐疑論に反論して温暖化は重要な問題だと主張する人たち(一部の科学者と一部の環境運動家を含む)からは、Pielkeは敵の一味扱いされがちだが、本書の執筆陣の広がりで見ると、Pielkeは気候の科学がいちばんわかっている人だ。

第1章はPickelとLaneによる「climate engineering」(杉山 2011[読書メモ]でいう「気候工学」)の費用便益分析だ。太陽放射を反射する技術(SRM)に関しては、人工物でさえぎる方法、成層圏エーロゾルをふやす方法、海の雲の太陽光反射率を上げる方法にふれる。(地表面の太陽光反射率を上げる方法は小規模にしかできないだろうとみる)。大気中の二酸化炭素を減らす技術に関しては、大気中からの二酸化炭素の回収だけをとりあげている。

これに対してPielkeは、SRMに対する費用便益分析に使えるだけのデータがまだないと言う。太陽光の反射をふやせば、全球平均地上気温に関しては、温室効果の強化を打ち消すことができるけれども、緯度別・季節別の気候変化に関してはきれいに打ち消すわけではなく複雑な変化が生じる。したがって、温暖化による損失がSRMによってどれだけ軽減されるかという便益の評価はむずかしいのだ。今の時点でSRMが推進すべき政策かどうかの判断は、費用便益分析ではなく、正面からの価値判断によらなければならない。

そのほかの部分をわたしは読んでいないが、折り返しの先に目次を書きぬいておく。

ここで「@」印をつけたのは「alternative perspectives」というもので、各項目について、ひとりの著者に論評させたあとで、別の人の見解をならべているものだ。

目次
(( “@” : Alternative perspectives ))
Introduction (Bjørn Lomborg) 1
Part 1. The Solutions
1. Climate Engineering (J. Eric Bickel & Lee Lane) 9
@1.1 Roger A. Pielke Jr. 52
@1.2 Anne E. Smith 62
2. Carbon Dioxide Mitigation (Richard S.J. Tol) 74
@2.1 Onno Kuik 106
@2.2 Robert Roson 109
3. Forestry Carbon Sequestration (Brent Sorngen) 114
@3.1 Sabine Fuss 133
4. Black Carbon Mitigation (Robert E. Baron, W. David Montgomery & Sugandhan D. Tuladhar) 142
@4.1 Milind Kandlikar, Conor C.O. Reeynolds & Andrew P. Grieshop 159
5. Methane Mitigation (Claudia Kempfert & Wolf-Peter Schill) 172
@5.1 David Anthoff 198
@5.2 Daniel J.A. Johansson & Frederik Hedemus 208
6. Market- and Policy-Driven Adaptation (Francesco Bosello, Carlo Carraro & Enrica De Cian) 222
@6.1 Samuel Fankhauser 277
@6.2 Frank Jotzo 284
7. Technology-Led Climate Policy (Isabel Galiana & Christopher Green) 292
@7.1 Valentina Bosetti 340
@7.2 Gregory Nemet 349
8. Technology Transfer (Zili Yang) 360
@8.1 David Popp 371
Part 2. Ranking the Opportunities
Expert Panel Ranking (Nancy L. Stokey, Vernon L. Smith, Thomas C. Schelling, FInn E. Kydland & Jagadish N. Bhagwati) 381
Conclusion (Bjørn Lomborg) 395
Index 397[-413]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください