Mark Maslin (2014) Climate Change: A Very Short Introduction

  • Mark MASLIN, (2004, 2009) 2014: Climate Change: A Very Short Introduction (Third Edition). Oxford University Press. ISBN 978-0-19-871904-5 (ebook ISBN 978-0-19-102912-7).
  • (初版・第2版の題名はGlobal Warming。)
  • (わたしは今回は電子版(Amazon Kindle)を読んでいる。2014-12-29現在まだ紙版は確かめていない。)

オックスフォード大学出版の、日本の新書本とほぼ同じ大きさの入門書シリーズ(日本語版が岩波書店の「一冊でわかる」や丸善出版の「サイエンスパレット」で出ているものもある)の、地球温暖化に関するものの第3版。(このシリーズで第3版が出たのは初めてではないだろうか。) ただし、第2版までの題名がGlobal Warmingだったのに対して、第3版はClimate Changeとなった。装丁の色などは変わっておらず、同じ本の新版だという位置づけらしい。わたしは[読書ノート]を初版について書き、第2版を読んで改訂した。そちらには第3版に関してはまだ書いていないが、今後少しだけ書きたすつもりである。

初版は2004年に出た。第2版は2008年(Amazon.comによれば11月27日)に出たのだが書誌情報上は2009年発行となっており、わたしの記述で2008, 2009が混在しているが同じ版である。第3版は2014年(Amazon.comによれば12月1日、今度は書誌情報上もこの年)に出た。IPCCの報告書の趣旨の紹介が大きな部分をしめているので、IPCCの第4次報告書が2007年に、第5次報告書が2013–14年に出ると、それに合わせて内容を更新しているのだ。それに加えて、第2版ではあちこち内容の入れかえがあって、読書ノートにも書いたように、地球温暖化に関する入門書としてはよくなったと思う。第2版から第3版への改訂は、内容が大きく入れかえられたのは第9章だけで、その他は、章・節の見出しの用語の変更はあるものの、新しい論点の追加と情報の更新のようだ。

題名にclimate changeということばを採用したのは、英語圏ではglobal warmingに比べて使用頻度が高いので、出版する側からは無理のないなりゆきだったのだと思う。しかし、この本の場合は残念なことがふたつ生じてしまった。

まず、同じシリーズで同じ著者によるClimateという本[読書メモ]が2013年に出ていて、1単語だけの違いでまぎらわしいことになった。内容はだいぶちがう本なのだが、温暖化対策について(本書8章、Climateの第9章)はかなりかさなりがある。

それから、第1章は第2版「What is Global Warming?」から第3版では「What is Climate Change?」になったが、二酸化炭素濃度の変化から始める文章のすじがきを大きく変えなかったので、climate chageという用語は、まず、ほぼ「地球温暖化」にあたる狭い意味で紹介される。そして、その章のあとのほうの「 Linking global warming with climate change」という節がなくなってしまったので、地球温暖化よりも広い意味での気候変動について読者が理解する機会が乏しくなってしまったと思う。

最後の第9章「Envisioning the Future」は第2版第9章「Visions of a zero-carbon future」が二酸化炭素排出の少ない社会の具体的なすがたを描いたものであったのとは大きく違って、人間活動には地球環境の限界(planetary boundaries)があることからの認識から始め、生活様式の変革が必要だという主張を述べることが中心となっているようだ。

そのほか気づいた改訂点として、予測された将来の気候に関する第4章では、予測の不確かさと、極端現象に関する話題がふえている。気候の影響(インパクト)に関する第5章に、海洋酸性化のことが含められている。対策に関する第8章には、いわゆるジオエンジニアリング(気候工学)に関する話題は第2版にすでにあったが、そのガバナンスの問題が加えられている。

その他の点では、まだ内容をよく見ていないのだが、おそらく趣旨は第2版と同じで、あらたに勉強する人には情報の更新された第3版のほうが勧められるだろうと思う。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。(第2版と第3版の対比を示そうとも思ったのだが、煩雑になるので、すなおに第3版の目次を示す。)

Contents
Acknowledgements
Preface to the third edition
Abbreviations
List of illustrations
List of tables
List of boxes
1. What is climate change?
– The Earth’s natural greenhouse
– Past climate
– Past variations in carbon dioxide
– Early farmers
– The industrial revolution
– Who produces the pollution?
– [Box 1] What is the IPCC?
– Summary
2. The climate change debate
– Historical background
– Cold War science
– Why the delay in recognizing climate change?
– The rise of the enviromental social movement
– Climate change and the media
– The economists wade in
– Climategate
– Summary
3. Evidence for climate change
– Weight of evidence
– Recent climate change
– – Temperature
– – Precipitation
– – Relative global sea level
– Other evidence for global warming
– What do the sceptics say?
– Summary
4. Modelling future climate
– Models
– Carbon cycle
– Warming and cooling effects
– Emission models of the future
– Modelling uncertainty
– Future global temperatures and sea level
– Modelling extreme events
– What the sceptics say
– Summary
5. Climate change impacts
– What is dangerous climate change?
– Extreme events and society’s coping range
– Coasts
– Storms and floods
– Heat waves and droughts
– Human health
– Biodiversity
– [Box 2] El Niño – Southern Oscillation
– Agriculture
– Ocean acidification
– Summary
6. Climate surprises
– Thresholds and tipping points
– Melting icesheets
– Deep-ocean circulation
– Gas hydrates
– Amazon dieback
– Summary
7. Politics of climate change
– Introduction
– UNFCCC
– Kyoto
– [Box 3] UNFCCC negotiating alliances
– Copenhagen
– Post-Copenhagen
– Is the UNFCCC process flawed?
– A unilateral approach
– Carbon trading
– REDD+
– Summary
8. Solutions
– Introduction
– Adaptation
– Mitigation
– Alternative, renewable, or clean energy
– Carbon capture and storage
– Transport
– Carbon trading and offsetting
– Subsidies
– Geoengineering or technofixes
– Geoengineering governance
– Summary
9. Envisioning the future
– Introduction
– Planetary limits
– Perfect storm
– Neoliberal myth
– Taking action
– Win-win solutions
– Conclusions
Further reading
Index

One thought on “Mark Maslin (2014) Climate Change: A Very Short Introduction

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.