James Rodger Fleming (フレミング) (2010/2012) 気象を操作したいと願った人間の歴史

  • James Rodger FLEMING, 2010: Fixing the Sky: The checkered history of weather and climate control. New York: Columbia Univ. Press, 325 pp. ISBN 978-0-231-14412-4.
  • ジェイムズ・ロジャー・フレミング 著, 鬼澤 忍 訳 (2012): 気象を操作したいと願った人間の歴史。 紀伊國屋書店, 521 pp. ISBN 978-4-314-01092-4.

気象改変(人工降雨など)と気候改変に関する科学史。日本語版が出た。まだ実質的に読んでいないが、ちょっと見た印象では訳はよくできていると思う。本の内容についてのわたしのコメントは[英語版の読書メモ]をごらんいただきたい。

Geoengineeringは「地球工学」とされているが杉山昌広さんのいう「気候工学」と同じ意味で使われている。英語版題名にあたる表現は「空を修理する」と表現されているが日本語版題名は説明的なものが選ばれた。

参考文献リストのうちで日本語版の出ているものは訳者がその情報も補足してあるが、その多くは西洋の古典的哲学・文学、SF小説、他分野でも知られた科学者の伝記などで、本書に近い話題の本はまだ少ない。ソ連のRusin and Flit (1971)の本の日本語版[読書メモ]の情報が抜けていると思ったら、Flemingが参照した英語版の本の原本はもっと古い1960年と1962年のものだった。Takano and Higuchi (1970)というのは海洋大循環モデル研究者の高野健三さんが南アメリカと南極の間の海流を止めたらどうなるかをシミュレーションしてみた話で、樋口敬二(1972)「地球からの発想」 (新潮選書; 1991年 朝日文庫)に出ている。

5 thoughts on “James Rodger Fleming (フレミング) (2010/2012) 気象を操作したいと願った人間の歴史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.