山本 晴彦 (2015) 帝国日本の気象観測ネットワーク II: 陸軍気象部

  • 山本 晴彦, 2015: 帝国日本の気象観測ネットワーク II — 陸軍気象部。農林統計出版, 531 pp. ISBN 978-4-89732-329-9.

2015年9月の新刊(わたしは10月に気づいた)。2014年に出た『帝国日本の気象観測ネットワーク — 満洲・関東州[読書メモ]と同じ著者(農業気象学者、山口大学教授)の著作である。

今度は、第二次大戦前・戦中の日本陸軍に注目して、その気象に関する組織の変遷、事業の内容、技術者がどのように養成されていたか、どんな資料が残っているかなどに関する情報をまとめたものだ。わたしも、当時の気象観測にとっての陸軍の重要性は知っていたのだが、自分で追求する元気が出ないままだった。このように情報を整理してくださったのはとてもありがたい。ていねいに読む価値があると思うが、ひとまず、目次を書きぬいて、このブログに紹介しておく。

まえがきを見ると、これは、これまでの気候の変動の実態を知るために過去の気象観測データを掘り起こし使えるようにする、いわゆるデータレスキューの研究活動(松本 淳 氏を代表とする科学研究費)の一環でもある。ただし本書では、気象や気候変動の内容には踏みこまず、当時の事業と残されている資料の紹介までにとどめている(それだけでもけっこう厚い本になる)。

著者は、資料の所在を、気象庁、防衛省、アジア歴史資料センター(国立公文書館)、アメリカ議会図書館、中国気象局にわたって調べている(第1章)。(ただし中国気象局の資料は利用許可されていない。またアジア歴史資料デジタルアーカイブは気象に関する内容でも件名に「気象」がはいっていないことが多く検索しにくいことを指摘している。) そして、どんな気象資料が残っているかを、事例の写真入りで紹介している(第10章)。観測データ報告だけでなく、技術の教科書やマニュアルも紹介している。そのような資料はデータ報告の意味を理解するうえでも重要になりうるのだ。

本書は、気象に関する知識の歴史、気象に関する制度の歴史、あるいは軍の歴史の中での気象という主題について知ろうとする人にも、資料として役立つだろう。そのような立場からは、本書の資料吟味は不足かもしれない。ざっと見たところでは、本書は資料に記述されたことをそのまま事実とみなしているようだ(その前に信頼がおけそうな資料を選別していると思うが)。当時秘密とされた内部資料であっても、記述者の利害関心による偏りあるいは意図的な偽りが含まれているおそれもあると思う。そういう意味での資料の質は、本書の著者とは別の関心をもった人が検討を加えることによってわかってくると思う。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。ただし、各章末に「参考文献」があるが、ここでは省略している。

== 目次 ==
まえがき
目次
序章 課題と方法
第1章 陸軍気象部や気象部隊に関する気象資料の所蔵と公開
– 1. 気象庁図書館
– 2. 防衛省防衛研究所 戦史研究センター 資料閲覧室
– 3. アジア歴史資料センター 「アジア歴史資料デジタルアーカイブ」
– 4. アメリカ議会図書館
– 5. 中国気象局気象档案館
– 6. 奈良県立図書情報館「戦争体験文庫」
第2章 中央気象台の創設・拡充と外地における気象業務の展開
– 1. 中央気象台の創設と拡充
– 2. 外地における気象業務の展開
– – 1) 台湾における気象業務の展開
– – 2) 日露戦争による臨時観測所の開設
– – 3) 朝鮮における気象業務の展開
– – 4) 樺太における気象業務の展開
– – 5) 南洋諸島における気象業務の展開
第3章 気球隊の設立と臨時軍用気球研究会の活動
– 1. 気球の軍事利用
– 2. 日露戦争における臨時気球隊の設立と活躍
– 3. 第一・第二臨時気球隊への改編
– 4. 気象班・気球隊への改編
– 5. 臨時軍用気球研究会の設立
– 6. 臨時軍用気球研究会の活動
第4章 陸軍気象勤務要員の養成と陸軍砲工学校気象部の設立
– 1. 軍用気象会の発足と飛行学校における気象教育
– 2. 陸軍気象勤務要員の養成
– 3. 第一回気象綜合演習(特種演習)の実施
– 4. 陸軍砲工学校気象部の設立
– 5. 陸軍砲工学校気象部への学生派遣
– 6. 気象観測機材の移管
– 7. 陸軍砲工学校における気象業務の廃止
第5章 陸軍気象部の創設と拡充
– 1. 陸軍気象部の創設と変遷
– 2. 組織と人員構成
– 3. 歴代の部長
– 4. 終戦時の人員構成
– 5. 建物と配置
第6章 陸軍気象部の人材養成
– 1. 陸軍気象部の諸規定
– 2. 陸軍気象部における学生教育
– – 1) 昭和15年度の教育課程
– – 2) 昭和14年度甲種幹部候補生の修業成績
– – 3) 気象技術員(気象技術要員)の養成
– 3.戦中期における気象教育の転換
– 4. 気象部・気象隊・野戦気象隊への要員派遣
– – 1) 気象技術員(気象技術要員)の配属
– – 2) 甲種・乙種の学生・幹部候補生の派遣
– – 3) 気象器材修理要員の派遣
第7章 陸軍気象部の気象観測所・飛行班
– 1. 気象観測所の開設
– 2. 支部と気象観測所・出張所
– 3. 平壌・大邱気象観測所の新設
– 4. 陸軍気象部と気象観測所における支出
– 5. 気象観測器材と気象要員の要求
– 6. 飛行班の設立と展開
第8章 陸軍気象部の調査研究
– 1. 第一課
– – 1) 兵要気象に関する研究調査
– – 2) 気象器材の研究・考案・設計・試作・試験
– 2. 第二課
– – 1) 気象研究演習
– – 2) 研究試験報告および研究試験規定
– – 3) 気象勤務
– – 4) 気象隊による観測露場の開設と気象観測の実施
第9章 気象報の暗号化と外国気象報の暗号解読
– 1. 軍機保護法とその改正
– 2. 気象管制の実施に向けた気象報の暗号化
– 3. 外国気象報の暗号解読
第10章 陸軍気象部等で発行された気象資料・気象学教程
– 1. 気象資料の探索
– – 1) 極秘『大東亜航空路気象誌』の参照資料
– – 2) 極秘『北東方面作戦気象資料(第二案)』の参考文献
– – 3) 軍事秘密『航空関係南方気象参考資料』の参考資料
– 2. 気象資料
– – 1) 陸軍砲工学校気象部
– – 2) 陸軍気象部
– – 3) 陸軍航空本部(陸軍士官学校分校・陸軍航空技術学校)
– – 4) 陸軍科学研究所
– – 5) 大本営陸軍部
– – 6) 北支那方面軍(北支派遣軍)多田部隊
– – 7) 北支那気象部
– – 8) 第二十二野戦気象隊
– 3. 気象学教程等
– – 1) 気象学教程等の概要
– – 2) 『気象学教程』(昭和十三年度 乙種学生用 第一巻 仮版)
– – 3) 『軍用気象学教程』(砲兵気象 乙種学生用)
– – 4) (秘) 『瓦斯気象教程』(昭和十六年度)
– – 5) 『無線 高層気象観測法の参考』(昭和十六年六月)
– – 6) (秘) 『気象観測教程』(昭和十九年度 改訂 全 将校学生用)
– – 7) 『陸軍気象常用諸表』(昭和十四年五月) 同 (昭和十六年五月) 『陸軍気象常用表』(昭和十八年九月、改訂第二版)
第11章 気象部・気象隊の編成と展開
– 1. 気象部・気象隊の編成概要
– 2. 支那における野戦気象隊の編成と展開
– 3. 支那における北支那方面軍の編成と展開
– – 1) 北支那気象部の編成と展開
– – 2) 北支那における測候所の開設と展開
– – 3) 北支那気象隊の編成と展開
– 4. 中支那における気象部隊の編成と展開
– 5. 南支那における気象部隊の編成と展開
– 6. 南方における野戦気象隊の再編と展開
– – 1) 第二十五野戦気象隊
– – 2) 第二十二野戦気象隊
– 7. 気象隊の随行品
– 8. 気象部や気象隊の部隊史に関する資料
第12章 企画院気象協議会の設立と戦時下における中央気象台の気象業務
– 1. 陸軍による気象通報の制限
– 2. 陸軍における気象情報の一元化
– 3. 企画院気象協議会の設立による気象業務の一元化
– 4. 戦時下における中央気象台の気象業務
第13章 終戦と戦後処理
– 1. 連合軍司令部に提出した陸軍気象部の回答書類
– 2. 終戦時の陸軍気象部
– – 1) 終戦時における陸軍気象機関の構成
– – 2) 終戦時における陸軍気象機関の編成と人員推定
– 3. 気象施設における器材および消耗品の現況
– 4. 陸軍気象部回答(e)に記された「各器材に関する製作所の特質」
– 5. 「(f) 各種器材研究の経過及研究完結の目途」について
– 6. 「(r) 気候資料及局地予報研究」について
– 7. 「(s)~(z)」について
– 8. 「(y) 気象観測の種類及其の説明」について
– 9. 「(z) 「ラヂオゾンデ」、測雲「ゾンデ」、方向探知機、地上観測、測風観測及空電観測の実施要領」について
終章
– 1. 陸軍気象部・気象隊に所属した主要将校の回想録
– 2. 能登 久 少将の回想
– 3. 中村 克巳 大尉の回想
– 4. 戦友会について
おわりに
附図 1, 2
附表 1, 2, 3, 4
人名索引
事項索引

2 thoughts on “山本 晴彦 (2015) 帝国日本の気象観測ネットワーク II: 陸軍気象部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です