北条氏研究会 (2018) 城塞都市 鎌倉

  • 北条氏研究会 編, 2018: (地形と歴史から探る) 城塞都市 鎌倉 (歴史新書)。洋泉社, 191 pp. ISBN 978-4-8003-1419-2.

2018年2月に出た本。わたしは2018年の秋に、鎌倉に行く用事ができたので鎌倉についてもうすこし知っておこうと思って(東京の)本屋を見まわしたときに見つけた。しかしそのときは読む時間がとれず、2019年11月にまた鎌倉に行った機会に読んだ。

洋泉社は新書本やムックをたくさん出しているが、そのうちには、残念ながら、雑なできのものもあった。とくに著者名が「なになに研究会」の形のものはあやしかったので、本書を見たときも警戒した。しかし「北条氏研究会」は1978年にできて北条氏の「発給文書」を輪読してきた会だそうであり、執筆者名も明示され、それぞれ大学(非常勤)講師・高校教諭・自治体史編集委員など専門性のありそうな職の人であり、参考文献リストもある。専門外のわたしにわかるかぎりではよさそうな本だと判断した。

メモをとらずに読み、気にかかったことについて立ちもどりながら書きだしておく。

奈良時代には「鎌倉郡」があった。郡役所あとが、いまの御成小学校で見つかっている。

古代から、鎌倉には、ふたつの東西の道がとおっていた。山の内から朝比奈さらには六浦にむかう山側の道と、由比が浜から名越にむかう海側の道だ。しかし両者のあいだは湿地で人がおおぜい住めるところではなかった。砂丘で高潮や津波からまもられていたので、その中の水域は港湾機能をもった。

源 頼朝の幕府は、六浦にむかう道の北側の大倉(いまの西御門あたり)に立地した。またその西に八幡宮を移転した。それから、低地を改造した。まず、小町大路をつくるとともに滑川の流路を固定した。それから若宮大路をつくった。これが ま南ではなくその30度西にむかっていることを、側溝を排水路をかねたものとしてつくったからだろうと本書の著者は考えている。

執権 北条 泰時の代になって、四代将軍 藤原(九条)頼経の「御所」が若宮大路につくられた。このころから若宮大路周辺が都市化してきたと考えられる。北条氏(の本家にあたる「得宗」)の屋敷は大倉と新都市域のあいだの小町にあった。また、北条氏の五つ以上の分家(というのは本書の表現でなくわたしの雑な表現だが)がそれぞれ鎌倉の入り口の近くに配置された。

(わたしは人物に関する話題をあまり追わないが、ひとつだけ。源 頼家の娘の竹御所は、年下の将軍 頼経と結婚し、子どもが生まれるはずだったところで母子ともに亡くなってしまった(1234年)。「歴史のもしも」にすぎないが、この母子のいずれかでも生き残っていくらかの実権をもったら、鎌倉幕府は北条氏の政権とちがう性格のものになりえたか… などと考えてしまった。)

鎌倉は「城塞都市」であると、かつてはよく言われたようだが、本書「はじめに」によれば「最近の学会では、鎌倉は城塞都市ではないという主張が多いようである。」 しかし本書は城塞都市であるというたちばで論じる。ただし頼朝が本拠とした当初の鎌倉の領域はせまく、「要害の地」と認識はされていなかっただろうとする。

鎌倉(泰時のころ以後のひろがり)は人工的につくった城塞ではないが、地形によって、人が出入りできる道がかぎられているので、城塞の性格をもっていた。この出入口(どれを数にいれるかは一定しないが「鎌倉七口」といわれる)は運輸と防衛の両面を考えて整備された。結局、鎌倉幕府は新田 義貞を中心とする勢力に負けたが、攻める側が苦戦する城塞ではあっただろう。ただし、城塞の中はもちろん近辺をふくめても食料生産能力は低く、武蔵などからの食料供給が必要だった。長期の籠城ができるような城塞都市ではなかったのだ。

本書はカラーの口絵に「カシミール3D」による地形段彩図や航空写真をつかっており、白黒印刷の本文中にも地図がいくつもあるのだが、地形、当時の建物や道路、現在の建物や鉄道・道路などを区別しながら相互の関係がわかるような図をつくるのは(本書はかなりくふうしていると思うのだが)なおむずかしいと感じる。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。「著者略歴」のところに書かれていた執筆分担を「/」につづく形でおぎなった。
Continue reading

筆保 弘徳、山崎 哲 編著 (2019) (ニュース・天気予報がよくわかる) 気象キーワード事典

  • 筆保 弘徳 [ふでやす ひろのり](編著)、山崎 哲[あきら](編著)、堀田 大介、釜江 陽一、大橋 唯太[ゆきたか]、中村 哲[てつ]、吉田 龍二、下瀬 健一、安成 哲平, 2019: (ニュース・天気予報がよくわかる) 気象キーワード事典。ベレ出版, 270 pp. ISBN 978-4-86064-591-5.

2019年10月の新刊。筆保さんが中心となって、40代・30代の研究者の分担執筆で、気象・気候の話題を、しろうとだがその話題に関心のある人に向けて語る本、というところまでは、すでに4冊出ている『… について わかっていること いないこと』の形の題名の本(このブログにそのうち3つの読書メモを書いた。4つめの『台風について…』も紹介したいと思っている。) と同様だ。しかし、これまでの4冊が、執筆者それぞれが研究者として気にかけている課題を語るものだったのに対して、本書は(「column」の部分だけは同様だが) テレビや新聞などでとりあげられる気象・気候の話題について解説するものだ。

6つの章がある。

第1章はいわゆる「異常気象」について。おもに1か月平均の気温などがその30年平均から大きくはずれる状況をあつかっているから、「異常天候」と言ったほうがよいかもしれない。それがもたらされる要因を、温帯の偏西風の変動、寒帯(北極圏)からの影響、熱帯からの影響にわけて説明している。

第2章は地球温暖化について。地球温暖化のしくみ、いわゆる温暖化予測はどのようにおこなわれているか、温暖化の人間社会への影響など。

第3章は暑さ・寒さなどが人間の健康にどのように影響をあたえるかという「生気象」の話。都市気候や海陸風などのローカルな気候の話もある。大気汚染の話もあるが、その部分の話題は健康への影響よりも汚染物質の動きがおもになっている。

第4章は気象のシミュレーションに計算機がどのようにつかわれているか、第5章は、天気予報のしくみについて、観測、数値予報とデータ同化、情報発表の各段階について解説している。数値予報の話題は両方に出てくるのであわせて見たほうがよさそうだ。

第6章は 数時間から数日の時間スケールのはげしい天気現象について(こちらを「異常気象」という人もいると思う)。強風、豪雨、たつまき、雷、ひょう、温帯低気圧、台風など。

見出しにあげられているキーワードはこのほかにもたくさんある。つぎにあげる目次を見てほしい。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。分担執筆者名を(column 以外は「執筆者」のページにもとづいて)「/」のあとにおぎなった。「ニュースキーワード」を(この読書メモかぎりで)「nkw」と略した。
Continue reading

中澤 哲夫 (2019) 台風予測の最前線

  • 中澤 哲夫, 2019: 台風予測の最前線 (気象ブックス 045)。成山堂書店, 185 pp. ISBN 978-4-425-55441-6.

2019年10月の新刊。

中澤さんは気象学者で、わたしにとっては大学の同じ研究室の先輩にあたる(わたしが大学院生になったときは中澤さんが気象庁に就職されたあとだったが)。所属はながらく気象庁 気象研究所 台風研究部だった。台風研究部は台風にかぎらない熱帯気象を研究対象にしていて、わたしが知っている1980年代の中澤さんの仕事はおもに季節内変動(本書の第1章1.2(2)に出てくる「MJO = Madden-Julian振動」)に関するものだった。しかし2000年代の中澤さんの主題はたしかに台風であり、台風の予報を改善することをめざした実験的観測のプロジェクトT-PARC (本書第6章6.4節の話題)の中心のひとりになっていた。中澤さんによる台風の本はもっと早く出ていてもよかったと思うのだが、2010年から2017年まではWMO (世界気象機関)の仕事でジュネーブや韓国の勤務だったので、日本語による著作には手がまわらなかったのだろう。本書の題名からは、T-PARCなどの研究内容の話題を期待してしまうが、本書はその話題をすこしふくむものの、むしろ台風についての概論書になっている。まず概論書が必要だという判断はもっともだと思う。

第1章は、台風がどのようなところで発生、発達、衰弱するものかを概観している。その過程で、気圧、潜熱と顕熱、角運動量などの気象学でつかわれる物理的概念や、「偏東風波動」やMJOなどの熱帯の気象現象も紹介される。台風(をふくむ熱帯低気圧)と温帯低気圧とのちがいの説明もある。

第2章。台風が発生するしくみは「CISK」(第2種の条件つき不安定)といわれる。この「不安定」とは何か、「条件つき不安定」とは何か、そして「第2種」は「第1種」とどうちがうかが説明される。台風は積雲対流と大きな渦とが強めあってできた構造だともいえる。

第3章は、人工衛星からの観測と、航空機による観測の話。衛星観測には、よく知られた気象衛星の可視・赤外放射計による画像もあるが、マイクロ波の受動型観測(地球上の雲などが出すマイクロ波を衛星で受ける)と能動型観測(衛星から出したマイクロ波が地球上の雨粒や海面などによって反射・散乱されたものを衛星で受ける)が重視されている。台風の航空機観測には台風を貫通するものとまわりを周回するものがある。いずれのばあいも主要な観測機器として、落下しながら気温・湿度などを観測して電波で知らせる「ドロップゾンデ」がある。

第4章は台風の予報。運動方程式や熱力学にもとづく数値予報の技術が発達し、台風の進路の予報精度は向上してきた。T-PARCは、どのようなところに観測を入れると予報精度がさらに高まるかを考えるための研究だった。台風の強度予測の精度向上はまだむずかしく、数値モデルの空間分解能を上げることと、大気・海洋物理の理解を深めることが必要だろう。気象には(ローレンツ[Lorenz]のいう意味での)カオス性があり、決定論的な予測には限界がある。それをいくらか克服するために、初期値をすこしずつ変えた多数の予報計算をあわせてみる「アンサンブル予報」がおこなわれている。

第5章は、地球温暖化によって台風はどう変わるかの見とおし。まだ不たしかさが大きいが、強い台風がふえる、とは言えそうだ。

第6章は、台風に関する国際協力体制の話。WMOに、現業に関する「熱帯低気圧計画」と研究に関する「熱帯気象研究作業部会」がある。ESCAP (国連 アジア太平洋経済社会理事会)とWMOがつくった「台風委員会」がある(現在の本部所在地はマカオ)。台風のアジア名を決めているのはここだ。研究者と予報官が参加した「熱帯低気圧に関する国際ワークショップ」が4年ごとに開かれている。T-PARCに続くT-PARC IIなどの国際共同研究がおこなわれている。

第7章は防災の話。台風を研究することにはそれによる被害を減らしたいという動機があるので、著者としてはそれを読者にうったえたかったのだと思う。しかし、中澤さんは自然現象である気象の専門家であって、人間社会の行動である防災の専門家ではない。防災に関する提言としては、「気象庁が有用な情報を出しているのでそれを活用できるようになってほしい」という主張ばかりが強く出て、住民や地方自治体が考えるべきことのうちでのバランスがうまくないような気がする(わたしが著者よりうまく論じられるわけではないのに批評だけして申しわけないが)。ともかく、気象庁が出している情報についての記述は有用だと思う。

グラフや分布地図が多くつかわれているのはよいのだが、ちかごろの学術論文ならばカラーでしめされるような図がそのまま白黒印刷されている。灰色の濃淡の階調で区別されているが、ひと目では見わけられないこともある。カラーにするのがひとつの解決だが費用がかさむだろう。白黒印刷をえらぶのならば、破線などをつかって、白黒でも見わけやすいように、図をくふうしてほしいと思う。とくに気象・海洋に関するシリーズの本を出す出版社は、そのような図づくりのノウハウを保有し活用してほしいと思う。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

杉山 正明 (2008, 2016) モンゴル帝国と長いその後

  • 杉山 正明, 2008: モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史 9)。講談社。
  • 杉山 正明, (2008), 2016: モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史) (講談社学術文庫 2352)。講談社, 365 pp. ISBN 978-4-06-292352-1.

2019年10月、ユーラシア史に関する研究会に参加するにあたって、ユーラシア史の基礎知識をおさえておきたいと思った。まえから気になっていた「興亡の世界史」シリーズが文庫本になっているので、そのモンゴル帝国の巻を読むことにした。歴史書ではいつものことながら、メモをとりはじめるときりがないので、メモをとらずにざっと読み、気になったところだけ読みかえした。ここからのメモはだいたい本書の内容のうちでわたしが理解したことだが、わたしの誤解もあるかもしれない。【[2019-10-20 補足] わたしの気づいたかぎりでは、歴史の要因としての気候の変動・変化への言及は見あたらなかった。】

著者は、「アジア」というとらえかたは「非ヨーロッパ」にすぎないとして、「ユーラシア」の歴史を考えようとする。ユーラシアの大きな部分が、13世紀にモンゴル帝国によって統合され、そのシステムをひきつぐ帝国群が第1次世界大戦ごろまでつづいた、というふうにとらえる。

本書によれば、モンゴル史の最重要資料は、ペルシャ語で書かれた『集史 (ジャーミゥッタヴァーリーフ)』である。フレグ・ウルスの君主たちが1300-1310年に編纂させたものだ。第1部がモンゴル史、第2部が世界史で、第3部として地理誌があったとされるが残っていない。

「ウルス」はモンゴル語で「国」にあたるが、土地ではなく人の集団をさしていた。

モンゴルの君主をさす「カン」あるいは「ハン」は同じことばで、本書ではモンゴル帝国時代の発音がどちらかといえばこちらという理由で「カン」とする。「カアン」あるいは「カガン」はそれと区別される。本書の用語ではないが乱暴に対比すればカンは王、カアンは皇帝にあたるといえるだろう。チンギス・カン自身はカアンをなのらなかったが、その子孫がカアンに選ばれた。

目次のあとに14世紀はじめのモンゴル帝国の地図がある。東の「大元ウルス」がいまのモンゴルと中国の大部分(チベット、雲南をふくむ)にわたる。中央の「チャガタイ・ウルス」が新疆の西部、キルギス、タジク、ウズベクにわたる。北西の「ジョチ・ウルス」がカザフ、ロシア、ウクライナにわたる(従来の本では「キプチャク・ハン国」とされるが、キプチャクはそこに住んでいたチュルク系の民族名であるとともに、そのあたりの草原(ステップ)のよび名だった)。南西の「フレグ・ウルス」はアフガニスタン、イラン、イラク、アゼルバイジャン、トルコ東部にわたる(従来の本では「イル・ハン国」とされるが、イル・カンは敬称のようなもので固有名ではないそうだ)。

この地帯のうち北側の草原地帯には遊牧民が住んでいた。その大部分はチュルク系の言語を話す人たちで、モンゴル語を話す人は比較的少数だった。しかし、モンゴル人のウルスは、もとの民族がちがっていても「イル」(ウルスとほぼ同じ)にくわわれば同じなかまとみなすことによって拡大した。建国伝説もモンゴルとチュルクの両方の伝統をとりこんで構成された。他の国の軍に傭兵が多かったのに対して、モンゴルの軍は共同体的な結束が強かった。

ジョチの子バトゥによる西方遠征は、カスピ海・黒海の北の「キプチャク草原」とそこに住む人びとをとりこむことが目的であり、ロシアの制圧は副次的結果だった、と著者はみる。ただし次のモンケがヨーロッパ侵攻をさせようとしていた可能性はある。

モンケ・カアンは世界征服をめざし、クビライに中国(南宋)、フレグに(いわゆる)中東をへてエジプト、さらにはヨーロッパを制圧させようとしていた、と著者はみる。しかしモンケが急死したので、フレグ・ウルスは上記の範囲でおちつき、ヨーロッパとは外国としてつきあうことになった。

フレグ・ウルスがこわれたあとに建国したティムール(本来はテムル)はモンゴルの貴族だったがチンギス・カンの(男系)子孫ではなかったので、カンをなのることはなく、チンギス・カンの子孫を妻として、「婿どの」にあたる称号をなのった。その子孫はインドにうつってムガル帝国をきずいた。

ロシアはジョチ・ウルスの支配下でしだいに独立性をたかめていったのだが、そのイヴァン四世(雷帝)もやはりモンゴル王族の婿なのだった。

中国は明に支配されたが、モンゴル高原には大元ウルスの王統をつぐ者がいた。ジュシェン族のホンタイジは、大元ウルスの「伝国の璽」をうけついだとされている。そして国名を「ダイチン・グルン (大清国)」とした。ホンタイジもモンゴル王族の婿になった。清は、中国とモンゴルの両方をふくむ大元ウルスの後継者となった。

清は陸では強大な力となったが、海では、明がみずから閉じた政策をとっていたあいだに、ヨーロッパが力をつけた。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

佐藤 尚毅 (2019) 基礎から学ぶ気象学

  • 佐藤 尚毅 [なおき], 2019: 基礎から学ぶ気象学。東京学芸大学出版会, 205 pp. ISBN 978-4-901665-58-2.

2019年9月の新刊。

大学で気象学を学びはじめる人むけの教科書。実際に半年週1回の授業で使っている教材をほぼそのまま本にしたそうだ。おもに中学・高校の理科の教員になる人のため、副次的に、気象予報士の資格をとろうとする人の役にたつように考えられている(もちろん本書がカバーするのは気象学の内容であって、予報士試験には日本の気象予報の制度の知識も必要だが)。

【わたしも、教職の教科の科目である地学概論の授業をもっていて、その中では気象について本書ほどくわしくあつかえないが、さらに勉強したい学生に本を紹介したい。また、他の専門からきた人に気象の基礎知識をもってもらいたいこともある。本書はそういうときに紹介できる複数の本のひとつになる。】

内容の重点は、大気のうち対流圏の大規模(水平 数百キロメートル以上)の現象である大気大循環および温帯低気圧・熱帯低気圧などと、それを支配している大気力学(物理の力学と熱力学にもとづく)の理論の基本である。【田中 博『地球大気の科学[読書メモ]もそうだが、それよりは本書のほうが初級むけだ。】

初級の教科書にしては、わりあい数式が多い。理科教師や予報士をめざす人はこのくらいの数式に慣れたほうがよいと、わたしも思う。数式はだいたい高校の理科系の数学でやる範囲であり、それに含まれない微分方程式(そのうちでは簡単な、解が指数関数になるものなどだが)については「補講」として説明をくわえている。偏微分記号も、収束・発散と渦度のところなどで出てくるが、偏微分方程式を解く数学の問題ではなく、微分を有限距離間隔の差分で近似するあつかいにむかう。

現象の説明としては、日本付近の気圧配置を大きく5つにわけて、代表的天気図をあげて説明している。【たまたまこの件を人に説明することがあったので参照したら、残念なまちがいを見つけた。「気圧の谷」型をさらに「日本海低気圧、南岸低気圧、二つ玉低気圧」にわけた図10-3 (140ページ)の天気図と分類名との対応がずれてしまっている。】 日本付近の気団の簡単な説明もある。気団の概念は、気象学の専門ではあまり使わなくなったが、天気予報の現場や地域の気候の記述で使われているのでふくめておいたのだろう。

気候の変動・変化については、「短周期の変動」と「人為的な気候変動」にわけて、わりあい簡単に説明している。【なお、最後に西洋と日本の雪景色の絵が出てくるのだが、これは、人為的原因によるのではない長期の気候変動もあることをわすれないように、という趣旨らしい。その絵がかかれた当時の気候をしめすデータとして使えるかという問題にふみこんではいないようだ。】

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。
Continue reading

半田 利弘 (2011) 基礎からわかる天文学

  • 半田 利弘, 2011: 基礎からわかる天文学 — 太陽系から銀河、観測技術や宇宙論まで。誠文堂新光社, 351 pp. ISBN 978-4-416-21132-8.

2011年に出た本。わたしは2019年9月、地学概論の参考書をさがしていて店頭で見つけた。

まえがきの表現によれば「入門書と専門書の間をつなぐもの」として書かれた本。数式をつかわない範囲で、現代の学問的知見を提示する。著者が「頭の中に描いている宇宙のイメージを伝えることを主眼とした」そうだ。わたしの分類によれば「大学教養科目」の本だといえる(この表現はわたしの「教養科目」像を共有した人にしか意味がないだろうが)。ただしこの本にそって授業をすれば90分の30回でもたりないかもしれない。

全体の8章のうち、第1章から第6章までは、対象(天体)別にわけられ、身近なものからだんだん大きなものの順にならべられている。第1章は、月からはじめて、太陽系内の惑星。第2章はたくさんの恒星(太陽のなかま)。恒星の「進化」をあつかうので、ブラックホールなども出てくる。第3章は第2章と同じ規模で、星間物質。恒星の「進化」のうち恒星ができるところはこちらに出てくる。第4章はわれわれのいる銀河 (「天の川銀河」という)。第5章はたくさんの銀河。第6章は宇宙全体。

第7章は観測方法。電磁波についての基本的知識からはじめて、大気をとおして観測することによる問題点、データ解析の方法にもふれ、望遠鏡・干渉計・分光器の技術にわたる。

第8章は観測以外の基本的なことがら。さまざまなレベルのものがまじる。8-1節は科学の学説がどのように発達するかについての、どちらかといえば哲学的な話。8-8節は理論的研究および数値シミュレーションとはどんな仕事か。8-2から8-7までは天文学でつかわれる物理学(力学、電磁気学、電磁波と物体の相互作用、熱学・統計力学、相対論、量子論)の知識。8-9節は天体の位置のしめしかた(複数)の約束ごと。8-10節は天体までの距離の表現と距離をきめる方法。

天文学の初歩でよく出てくる話題のうちで、本書は、地球の自転・公転と天体の位置の関係を解説していない(8-9節でちょっとだけ出てくる)。また、太陽は、第1章であつかわず、第2章で恒星のひとつとして簡単にあつかっている。そのあたりはほかの本を見ればよいという判断なのだろう。

印刷が、少数のカラー図版のほかは、黒と青の2色刷りになっている。それはよいと思うが、章・節の見出しが明るい青字、章の題につづく要約文がうすい青の地に明るい青字、というのは、読者の視力によっては読みにくいこともあるだろうと思う。紙が白地であることを前提として、見出しの文字はもう少し暗い色にしたほうがよかったと思う。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

渡辺 利夫 (2010) (誰にでもできる) らくらく R言語

  • 渡辺 利夫, 2010: (誰にでもできる) らくらく R言語。京都: ナカニシヤ出版, 188 pp. ISBN 978-4-7795-0367-2.

まえおきは[兼子(2015)の本の読書メモ]と同じ。

本書は2010年に出た本。例文は Windows 上の R 2.9.2 を使っている。

前半(第3章まで)は、初心者むけのRの操作のてびき。

第1章では、コンソールから計算式をうちこむ方式で、とくに R でのベクトル変数や
行列(matrix)変数の使いかたの例を示す。その最後の節で、プログラムとデータをそれぞれファイルにつくっておいて読みこむ方法を説明し、あとの章ではその方法を使っている。第2章ではグラフィックス(R本体のグラフィックス機能)、第3章ではプログラミング言語としての機能の例を示す。

なお、第3章の最後の節では、「アンケート画面」で日本語文字を表示するためにまわりくどいことをやっているが、R処理系の新しいバージョンならばもっと単純にできるはずなので、ここは読みとばしたほうがよいだろう。

第4章から第8章は、統計学的手法 (仮説検定、分散分析、多重比較)のためのプログラミングで、基礎となる式は書いてあるが、統計学の教科書をあわせて勉強する人むけだろう。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

兼子 毅 (2015) ゼロから始める R

  • 兼子 毅[たけし], 2015: ゼロから始める R — 四則演算から多変量解析まで。日科技連。ISBN 978-5-8171-9566-1.

わたしの授業の数値計算とグラフ作図の実習で、プログラム言語 R 処理系をつかうことにした。その学生に紹介する R の入門書をさがした。R はもともと統計学的データ解析のためにつくられたものだから、R の入門書のうちにはすぐ統計学的手法にはいってしまうものが多いのだが、今回わたしがほしかったのは、ごく基本的な演算をやる手順の説明を中心にした本だった。2019年9月、本屋の店頭でそのような本をさがしたら、まずこれが見つかった。

本書は2015年に出た本で、実行例は Windows上の R 3.2.2 によっている。インストールのしかたは Mac 上でもしめしている。R は Linuxでも使えるとのべているが、Linuxでのインストールのしかたや使いかたは省略している。

全7章のうち、短い第1章が序論、第2章がインストールのしかたで、第3章から第6章までが初心者むけのRの操作のてびきになっている。第3章で四則演算、第4章で合計、平均、最大最小、標準偏差などの単純な統計量の計算、第5章ではグラフ(ヒストグラム、散布図)、第6章は「メモ帳」やExcelで作成したデータの読みこみを、それぞれ、コンソールから1行ずつ計算式をうちこむ方式で説明している。(ただし、第3章の例は、1行ごとに完結した計算だが、第4章からは、変数をつかい、処理系が変数の値を記憶していることを前提として操作している。) プログラム(Rスクリプト)をファイルから読みこむ方法をとっていない。

最後の第7章は多変量解析の話で、クラスター分析、主成分分析、対応分析が出てくるが、この章でやっていることの意味を理解するには多変量解析の予備知識が必要だろう。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。
Continue reading

E. Le Roy Ladurie [ル=ロワ=ラデュリ] (2004 / 稲垣 文雄 訳 2019) 気候と人間の歴史 I. 猛暑と氷河 13世紀から18世紀

  • Emmanuel Le Roy Ladurie, 2004: Histoire Humaine et Comparée du Climat. Tome 1, Canicules et Glaciers, 13e-18e siècles. Paris: Librarie Arthème Fayard. 出版社サイトのこの本のページ https://www.fayard.fr/histoire/histoire-humaine-et-comparee-du-climat-volume-1-9782213619217
  • E. ル=ロワ=ラデュリ, 稲垣 文雄 訳, 2019: 気候と人間の歴史 I. 猛暑と氷河 13世紀から18世紀。藤原書店, 734 pp. ISBN 978-4-86578-237-0.

Le Roy Ladurieという人が1967年に出した西暦1000年以後の気候の歴史の本は有名で、わたしは学生のころから名まえは知っていたし英語版ならば読めるところにあったのだが、読まずにきてしまった。著者は歴史学者で、アナール(Annales)学派の重要人物としても知られている。ふだんは人間社会の歴史をあつかっているのだが、1967年の本は、人間が書いた文書をつかって、自然現象であり人間社会にとっての環境である気候の歴史を論じたものだ。わたしは、数百年規模の気候変動にはあまり関心がなかったのと、近代的な気象観測がはじまるまえの気候のデータとしては木の年輪などの自然物によるものを重視していたので、興味がわかなかったのだった。

【余談。2001年9月、パリのカルチエ ラタンであった気候に関する(英語による)会議の昼休み、近くの本屋さんで(その会議とは関係なく) Le Roy Ladurie先生を含む座談会があると知って聞きに行ったのだけれど、スクリーンあるいは紙で文字がしめされず音声だけのフランス語はわたしには聞きとれなかったのだった。】

2017年ごろから、過去数百年の気候と人間社会の関係にも関心をもつようになって、いくつか本を読みはじめた。この著者が2000年代に、3冊本というか、三部作というか、の本を出したことに気づいたのだが、フランス語の厚い本にはちょっと手が出なかった。(わたしは時間をかければ、気候に関する自然科学的な内容を読みとることはできそうだが、社会現象に関しては知っている単語がすくなすぎる。)

2019年9月、第1巻の日本語訳が出た。わたしはまだこの本をかならず読むと決めたわけではない。長老よりももう少し若い世代の著者が書いた本があればそちらを優先したいと思っている。しかしともかく、目次を書きぬいて、まえがきに目をとおしてみた。そこまでで「読書メモ」を出しておく。

まえがきでは、まず、1967年の本が出てから、その本の主題である「気候の歴史」の知識には大きな進展があったとのべる。Pfister, Alexandre, van Engelen, Jones のなまえをあげている。

本書では「人間にとっての気候の歴史」、とくに、気候の変動が (特に食糧不足、ある場合には疫病をつうじて) 社会に与えた影響をあつかう。また、「比較史」のたちばをとる。フランス北部・中部を主として、ヨーロッパ内の他地域と比較する。地中海岸は、本書ではくわしくないが、1740-1860年を対象とする第2巻ではくわしくあつかう。

第1巻の対象は13世紀から1740年ごろまでである。

「中世温暖期」という概念はつかわないことにする (かつては、9世紀から13世紀は世界規模の温暖期だったと考えていたが、それは正しくないようだ)。本書では、対象時期を13世紀以後にかぎる。西ヨーロッパでは、13世紀には、夏、乾燥して暑かった

小氷期は、おおまかには14世紀から19世紀なかばまで続いたといえるが、そのうちに変動がある。14世紀は冷涼だった。15世紀は評価がむずかしい。16世紀のうち1560年ごろまでは暑かった。それから寒くなった。17世紀は寒かったが、夏は暖かいこともあった。18世紀は、JonesやHulmeによれば北半球全体は(前後にくらべて)温暖だった。フランスで見ても、1740年までのうちに温暖な時期をふくむが、年々変動を考えなければならない。

小氷期の特徴は、冬の寒さがきびしかったことだ。夏は20世紀よりもすずしいがそのちがいはあまり大きくはなく、暑い夏もあった。暑い夏はかんばつをもたらすこともあったが、ブドウの収穫はよかった。(そして、まえがきのうちでも個別の年をとりあげているが、本文を見ないとよくわからないのでメモをとるのをやめた。)

文献 (わたしは読んでいない)

  • Emmanuel Le Roy Ladurie, 1967: Histoire du Climat depuis l’An Mil. Paris: Flammarion.
  • [同、英語版] Emmanuel Le Roy Ladurie, translated by Barbara Bray, 1971: Times of Feast, Times of Famine: A History of Climate since the Year 1000. Garden City NY USA: Doubleday; London: Allen & Unwin.
  • [同、日本語版] エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリ 著, 稲垣 文雄 訳, 2000: 気候の歴史。藤原書店。
  • Emmanuel Le Roy Ladurie, 2006: Histoire Humaine et Comparée du Climat. Tome 2, Disettes et Révolutions, 1740-1860. Paris: Fayard.
  • Emmanuel Le Roy Ladurie, 2009: Histoire Humaine et Comparée du Climat. Tome 3, Le Réchauffement, de 1860 à nos Jours. Paris: Fayard.

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。
Continue reading

ブレオン(Bréon)、リュノー(Luneau) (2015, 2018 / 鳥取 絹子 訳 2019) 地図とデータで見る気象の世界ハンドブック [Atlas du climat]

  • François-Marie Bréon & Gilles Luneau (Preface by Jean Jouzel, Maps by Hugues Piolet), 2015, 2 ed. 2018: Atlas du climat — Face aux défis du réchauffement. Paris: Éditions Autrement.
  • フランソワ=マリー・ブレオン、ジル・リュノー、序文=ジャン・ジュゼル鳥取 絹子 訳、地図製作=ユーグ・ピオレ、2019: 地図とデータで見る 気象の世界ハンドブック。原書房, 170 pp. ISBN 978-4-562-05685-9.

日本語版は2019年9月の新刊。2015年に初版、2018年に第2版が出たフランス語版からの翻訳。

日本語版題名の「気象」は「気候」のまちがいだ、と言いきってよいと思う。(日本語圏むけに通じる題名をつけるのならば「地球温暖化」のほうがよいかもしれない)。なかみの章・節の見出しでは「気候」になっているから、訳者でなく出版社が、気候は気象にふくまれると思っている人の考えを採用してしまったのだと思うが、原書房は地理学の本もたくさんだしているのだから(その多くは廃業した大明堂からひきついだものではあるが)、地理専門家の意見をきいてきめてほしかった。

章・節の見出しと、たまたま目にふれたところを見たかぎりで、大部分の用語はよいと思うが、つぎの点は指摘しておきたい。

  • 人間活動と自然現象の両方が「気候を妨害する」という表現は変で、「気候を変動・変化させる」「変動・変化の原因となる」というような意味だ。
  • 「地球工学」とされているものごとは日本語圏では「気候工学」あるいは「ジオエンジニアリング」と書かれていることが多い。(内容に即した表現としては、わたしはこれまで「意図的気候改変」と書いてきたが、「気候への介入」がよいかもしれない。)
  • 気候システムのエネルギー収支のところで出てくる「流束」は、英語の flux にあたり、日本語のこの分野の文献では「フラックス」と書かれることが多い(「流束」は「流速」と同じ音でちがう意味だから使わない)。物理用語としては「エネルギーフラックス密度」で、単位面積あたり・単位時間あたりのエネルギーの流れである。
  • 「気候モデル」は、地球の気候のしくみを計算機でシミュレートするためのソフトウェアであり、農業についても同様な「農業モデル」はありうるのだが、第4部の章の題名で出てくる「農業モデル」はそれではなく、現実の農業の経営の類型をさしている。
  • 図の出典が「GIEC」となっているところがあるが、「IPCC」と同じ(IPCCは英語、GIECはフランス語の頭文字略語)である。

本は、番号はついていないが、4部で構成されている。第2部から第4部が、おおまかにIPCCの3部会に対応し、第2部で人為起源気候変化(地球温暖化)のしくみと現象 (ただし、極端現象は第3部、将来の見とおしは第4部へ)、第3部で生物圏や人間社会への影響、第4部で対策(おもに温室効果気体排出削減をどのように実現するか)をあつかっている。第1部は第2部で前提となる、大気・海洋・雪氷をふくむ気候システム、とくにそのエネルギー収支をあつかっている。

この構成はよいと思うが、第1部での説明が地球のエネルギー収支から雲のはたらき(雲による温室効果をふくむ)にとんでしまうのはわかりにくい。第2部の途中にある、二酸化炭素などの大気成分による温室効果の説明をここにはさむべきだ。第2部の構成は、「すでに温度があがっている」「その原因はなにか」という、わたしならばやりたくない論法になっているが、温室効果の基本を第1部でだしておくという修正があれば、これでもよいと思う。

原書がフランスで出版されたものだから、具体的材料のうち世界全体の分布をしめすもの以外が、フランスやそのまわりの例にかたよる傾向はある。「気温の上昇」のところでは、フランスの年平均気温のこれまでの変化をしめしたところに、日本語版では日本の年平均気温のグラフをおぎなっている。

第4部の最後の章に出てくる「スマート都市」と「エコ都市」の対比は、技術を駆使してエネルギー利用効率の高い社会をめざすのか、生活様式をエネルギー資源をあまり使わないものに変えていくのか、というビジョンの対比であり、西岡 秀三 (2011) 『低炭素社会のデザイン[読書メモ]でいう「活力社会」と「ゆとり社会」と同じとみてよいと思う。

原子力について、巻末の著者紹介によればBréonさんは温暖化防止のために核エネルギーを使うべきだという主張をもっているらしいが、本文では、事故の危険や廃棄物管理の方針がさだまっていないことにもふれ、結論らしいところでは、依存を徐々に減らしていくべきだと言っている。

Bréonさんは気候科学者で、LSCE (気候と環境の科学の研究所)ではたらいている。本書によればIPCCの第5次評価報告書の著者になった。本書には書いてないが、人工衛星による植生・エーロゾル・雲・大気成分の観測に関する研究業績がある。

Luneauさんは、わたしは知らなかったが、ジャーナリスト、編集者、映像作家などの実績のある人だそうだ。

序文を書いているJouzelさんは、おもに南極などの氷床コアの分析で氷期・間氷期の大気中二酸化炭素や温度の変動を論じる研究をしてきた。そして気候モデルによる気候の研究にもかかわってきた。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。
Continue reading