真鍋 淑郎、アンソニー J. ブロッコリー [Broccoli] (2020 / 2022) 地球温暖化はなぜ起こるのか [Beyond Global Warming]

  • Syukuro Manabe & Anthony J. Broccoli, 2020: Beyond Global Warming — How Numerical Models Revealed the Secrets of Climate Change. Princeton NJ USA: Princeton University Press. [読書メモ (1)] [(2)] [(3)]
  • 真鍋 淑郎、アンソニー J. ブロッコリー 著, 増田 耕一、阿部 彩子 監訳、宮本 寿代 訳, 2022: 地球温暖化はなぜ起こるのか — 気候モデルで探る 過去・現在・未来の地球 (ブルーバックス B2202)。講談社, 309 pp. ISBN 978-4-06-528081-2.

内容については英語版の読書メモを見てほしい。
日本語版は新書判横書きで2022年6月に出た。
わたしは、講談社による出版企画がはじまってから、監訳者として日本語版づくりにくわわった。

本書には、万人むけの部分と専門家むけの部分がある。
第1章のおわりちかくの図1.7は、真鍋博士がまさに「地球温暖化はなぜ起こるのか」を一般の人びとに説明するためにつくった図解で、ノーベル賞受賞講演でもつかわれたものだ。その理屈の半分は、1983年の講義や1985年に『科学』で出た解説でもつかわれていて、わたしの授業でもつかっている (たとえば、教材ページ[温室効果の基本]の下のほうの「放射対流平衡を前提とした温室効果の説明」)。そのあと真鍋博士がつけくわえたことは、大気の赤外線に対する不透明さがつよまると、大気のうちで地表に達する下向き地球放射を出す代表高さが低くなるので、地表に達する放射がふえ、直接的に地表の温度上昇をもたらすことだ。

しかし、そのほかの部分は、大学院の講義をもとにしているので、専門基礎知識を前提として書かれていることがある。ブルーバックスは広い範囲の人に読まれるので、あちこち訳注をつけたが、紙面や作業時間にかぎりがあったので、じゅうぶんできなかったところもある。本書の題名を『地球温暖化と気候システム』とする案があって、それならば気候システムに関する概説も必要だと思ったのだが、そうならなかったので見送った。

ひとまず章立てをあげておく。
第1章 はじめに
第2章 初期の研究
第3章 1次元モデル
第4章 大循環モデル
第5章 初期の数値実験
第6章 気候感度
第7章 氷期・間氷期の比較
第8章 気候変化における海洋の役割
第9章 寒冷な気候と海洋深層水の形成
第10章 地球の水循環はどう変わるか

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。
Continue reading

日本自然災害学会 (2022) 自然災害科学・防災の百科事典

  • 日本自然災害学会 編, 2022: 自然災害科学・防災の百科事典。丸善出版, 777 pp. ISBN 978-4-621-30664-2.

2022年1月の新刊。A5 横書きで、表紙はかたいが「ハードカバー」というには薄め、紙ケース入り。定価 24000円 (+税)。(個人で買うにはちょっと高いが、ちょうど職場で本を買う目的のおかねがあったのでそれで買ってもらった。)

趣旨が似た出版物がいくつかあり、まえがきの参考資料としてリストがあげられている。新しいと思っていた本もだいぶ年数がたっているので、更新したほうがよいところもあるだろう。

  • 日本自然災害学会がかかわったもの: 『自然災害科学事典』 (1988 築地書館)、『防災事典』 (2002 築地書館)。
  • 防災科学技術研究所の人たちが中心になったもの: 『災害の事典』 (1992 朝倉書店) 、『自然災害の事典』 (2007 朝倉書店)
  • 京都大学 防災研究所が中心になったもの: 『防災学ハンドブック』 (2001 朝倉書店) 、『自然災害と防災の事典』 (2011 丸善出版)
  • 日本災害情報学会 『災害情報学事典』 (2016 朝倉書店)
  • 北原 糸子 ほか 編 『日本歴史災害事典』 (2012 吉川弘文館)

全15章で、各章が、多くは見開き2ページ、ときには4ページの項目にわかれている。ひとまず、章の題目と編集者をあげておく。
1章 防災の哲学 /寶 馨
2章 自然災害の科学 /橋本 学
3章 地震災害 /清野 純史
4章 火山災害 /高橋 和雄
5章 土砂災害と地盤災害 /諏訪 浩
6章 津波災害 /間瀬 肇
7章 異常気象災害 /鬼頭 昭雄
8章 強風災害 /石川 裕彦
9章 洪水災害 /山本 晴彦
10章 雪氷災害 /上石 勲
11章 都市災害 /能島 暢呂
12章 災害をめぐる人間行動と社会的反応 /矢守 克也
13章 自然災害に対する人文・社会科学的アプローチ /寶 馨
14章 災害リスクマネジメント・防災計画 /目黒 公郎
15章 防災の将来・ガバナンス・防災投資 /林 春男

編集方針は、章ごとの編集者にまかされたようだ。第14章は目黒さん自身が大部分の項目を執筆している。そのほかはおおぜいの分担執筆だが、日本語圏全体から専門家をえらんだと思われる章と、章の編者にとって身近な人でかためたと思われる章がある。項目にまたがって内容を調整するためには後者のやりかたもよいのかもしれない。総論の第1章と人文社会科学の第13章の話題はとても多様で、その編集は本全体の編者が担当している。

第2章は自然災害の原因となる現象を理解するための地球科学の知識をのべた章だ。大気・気候・海洋が最後の3項目にまとめられていて、ほかの大部分は (地震・火山をふくむ) 地球内部の話題だ (ただし津波はその途中にふくまれている)。大気・水圏に関心のある人としては不満を感じるが、大気・水圏については地球物理の概念だけですむが地球内部については地球物理と地質の概念をそれぞれ説明しておく必要があるということなのかもしれない。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。「/」のあとに、章の編者と各項目の執筆者の名まえをあげた。
Continue reading

佐々木 貴教 (2021) 地球以外に生命を宿す天体はあるのだろうか?

  • 佐々木 貴教, 2021: 地球以外に生命を宿す天体はあるのだろうか? (ジュニスタ)。岩波書店, 110+10 pp. ISBN 978-4-00-027236-0.

2021年5月の新刊。B6判縦書きのペーパーバック。(わたしは2021年8月に買った。その年度の授業で紹介する機会をのがして、2022年の授業で関連する話題をあつかったときに思いだした。)

岩波書店が「岩波 ジュニア スタート ブックス」、略称「ジュニスタ」というあたらしいシリーズをはじめた。岩波新書とならんで「岩波ジュニア新書」があって、当初は読者に高校生ぐらいの世代を想定していたらしいが、大学生ぐらいむけのものが多くなっていた。それで中学・高校生むけには別のシリーズをくむことになったらしい。判型は新書本と たけ はだいたい同じだが横幅がひろい。本書では各ページに茶色のふちどりがあって、内側の白い部分に文字が黒と茶色の二色 (強調される語が茶色) で印刷されている。内側の白い部分だけならば文庫本と同じくらいの大きさなので、文庫判か新書判のほうがたくさんの本屋にとどけることができると思うのだが、なぜこうしたのだろう? 学校図書館むけにはこのほうがよいのだろうか?

本書の著者は、『「惑星」の話 [読書メモ] という著書もある惑星形成論の専門家だ。1979年生まれだそうなので、学者のうちではわりあい若い世代だ。

本論にはいるまえの第1章は天文学の基礎知識。地球は宇宙の中心ではない。太陽も宇宙の中心ではなく、銀河の中心からはずれたところにある。そして宇宙にはたくさんの銀河がある。

本書では「生命」をきちんと定義していないようだが、生命は「つねにいろいろな化学反応を起こし、周囲と相互作用しながら生きている存在」であるとしている。そしてそのためには液体が必要だとする。その液体としては、水 (H2O) を想定する。しかし、別の液体でも可能かもしれないとも言っている。

第2章では、太陽系のうちで、そのような液体のある環境が地球のほかのどこにあるかをのべている。火星には過去に水があった証拠がある。木星の衛星 エウロパ と 土星の衛星 エンケラドス は、固体の表面の下に液体の水がある可能性がある。土星の衛星 タイタン には、水ではなくメタンだが、液体の湖のようなものがある。

第3章。この太陽系のほかの恒星のまわりに惑星がある。まだ惑星自体が観測されているわけではないが、そう言えるのはどんな証拠からかがのべられている。それから、その惑星に液体の水が存在しうる条件はどんなものか、そして、宇宙にはそのような惑星がどのくらいたくさんあるだろうか、といった話になる。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

瀧羽 麻子 (2022) 博士の長靴

  • 瀧羽 麻子 [たきわ あさこ], 2022: 博士の長靴。ポプラ社, 255 pp. ISBN 978-4-591-17329-9.

2022年3月の新刊。四六判 縦書きのペーパーバック。

わたしは、2022年4月中に、ウェブを見ているうちに、気象学者が主要人物である小説の本が出たという情報をみつけた。書評のような記事だった。気象学者がどのように描写されているかを知りたくなって、おぼえていた著者名で検索したら、出てきたのは書評記事だけだった。わたしがおぼえていた 瀧井 朝世 という名まえは書評記事 (くわしくいうと、本になるまえのウェブ連載をレビューした記事が同じウェブサイトにのったもの) の著者のもので、本の著者の名まえは、まちがえてもふしぎがないくらいよく似ていたのだが、いっしょに検索にかかるほどは似ていなかったのだった。こんどは著者名・書名を確認してさがしたが、店頭でみつからず (ポプラ社の子どもむけの本は多くの店にあるのだがこれはそうではないらしい)、注文した。

6つの短編の連作という形になっている。64年の時がながれるあいだの、それぞれ数日間のできごとだ。人物にはかさなりがある。「博士」とされている人は (わたしが気づいたかぎりで、本文中で「博士」とよばれてはいないのだが) 第1話の1958年には、大学につとめる社会人ではあるがまだ若い研究者だ。(おそらく博士になったばかりなのだろうと想像すると、1958年に博士号をとった真鍋淑郎さんとちょうど同世代の人ということになる。) 第6話の2022年には「ひいおじいちゃん」だ。この「博士」を2代めとする一族の5世代と、そのまわりの人物が登場する。長靴はこの第1話と第6話に出てきて、同じ物体ではないが、「博士」との関係はつながっている。

「博士」の子は別の職業にすすむが、孫が気象学者になった。気象学の専門家の仕事にかかわる話が出てくるのは孫が大学院生としてあらわれる第5話 (2010年) だ。そして、瀧井さんの指摘で気づいたのだが、孫からみて祖父と自分とでは学問の姿勢がいくらかちがう。祖父は純粋に気象のしくみを知りたいのだが、孫は気象の知識を防災に役だてることを考えているのだ。第2話 (1975年) で「博士」の弟子が見た「博士」と自分との感覚のちがいも同様だ。

第2話は、内容に深入りしてはいないのだが、専門の雑誌に書かれていたことばとして「気団変質の観測結果 … 国際的な気象研究の一環として、南西諸島沖で海面上の乱流輸送量を計測する … 超音波風速温度計…」といったものがでてくる。たしかに 1975年ごろ、日本の多くの気象学者がかかわっていた話題だ (わたしがそれを知ったのは1980年ごろだが)。

「博士」の家族には立春をはじめとする二十四節気にあわせて家族の行事をする習慣がある、それは (気象学者だからではなく) 「博士」の父方の祖母のいなかの習慣をひきついだものということになっている。季節感と登場人物間のできごととをつなげるきっかけとしておもしろい設定だと思うが、気象学の話題とかさねたことで効果がめだたなくなったような気もする。

山賀 進 (2022) なぜ地球は人間が住める星になったのか?

  • 山賀 進, 2022: なぜ地球は人間が住める星になったのか? (ちくまプリマー新書 396)。筑摩書房, 267 pp. ISBN 978-4-480-68422-6.

2022年3月の新刊。新書判 縦書き。ひとまず 5月15日に (折りかえしのあとに) くわしい目次を出した。

[ここから 2022-05-29 追記]

本書の表題と同じような主題について、一般むけの読みものとして書かれた本としては、阿部 (2015), 佐々木 (2021) のものがある。阿部 豊 さん (故人) や 佐々木 貴教 さんは惑星形成論の研究者であり、この主題について研究してきたことを書いたのだ。ただし主題の問いは「液体の水が存在しつづける条件」におきかえられている。

他方、本書の著者は、ながらく高校の地学の教員をしてきた人だ。地学の入門書をいくつも出している (わたしが知っているのは下にあげた3つ)。また、個人ウェブサイト https://www.s-yamaga.jp/ のうちの「われわれは何者か -宇宙・地球・人類-」というページ群で、地学 (宇宙と地球の科学) の教材を提供している。

本書は、表題の問いに重点はあるが、それに関連して出てくる、宇宙の膨張、恒星の一生と元素の合成、マントル対流、生命の起源、光合成生物の進化と大気中の酸素増加、など、宇宙・地球の科学のいろいろな主題の入門解説をふくんでいる。

気候に関する話題としては、第7章の最後の節で、まずフィードバックのあるシステムを説明している。その題材はおもに二酸化炭素などの物質の循環で、生物の活動、さらに人間の活動によってどう変わったかも定性的に論じている。それから温室効果を図 7-7 で説明している。基本はエネルギー収支だが、「温室効果ガスは赤外線に対して不透明 … 地球からの放射は出さない … 熱がこもる …」というおおざっぱな表現だ。

第8章の「スノーボールアース」の節では、基本的にエネルギー収支がつりあった状態が実現すると想定したうえで、地球には、全球凍結 (snowball earth) の状態、現在ぐらいの氷床がある状態、氷のない状態の 3つの安定状態があるという考えをのべている。図8-5 は一般的な定常解の安定性の模式図で、谷底が安定、山は不安定なのだ。図8-4 は一見それと似た図だが意味がちがい、横軸に温度、縦軸に地球が外に出すエネルギーをとって曲線をえがき、地球が吸収する太陽放射を横線であたえている。曲線と横線の交点が定常解となるが、曲線が右下がりのところの解は不安定だ。(図8-6は図8-4の解の構造をぬきだした図だ。) 現状は曲線が右上がりのところにある安定解だが、その近くに山頂があって、さらに温度があがると不安定解をとびこえて高温の山にうつってしまう。本書では「熱暴走」と表現しているが、わたしは「暴走温室」とよぶしくみだ ([別ブログ記事「暴走温室効果」(2012-05-12)])。曲線が右下がりになるかもしれないしくみとして、著者は、温度が高いほど海の水が水蒸気となって大気に加わることのほか、石灰岩が分解して二酸化炭素が大気に加わる可能性を想定している。ただし、図8-4は暴走温室の説明にはなるが、全球凍結のしくみの説明になるかは疑問だ。氷の有無は横線のレベルを変えることによって表現されており、それによって曲線との交点の位置は移動し、ばあいによっては交点の数がかわるけれども、全球凍結と現状に近い状態の一方が安定で他方が不安定といった状況は出てこない。地球が吸収する太陽放射も温度に応じて変わるとして曲線で表現する必要があるだろう。

本書の暴走温室の議論は、島津 (1971) の本にあったものと同じだと思う。著者は名古屋大学の地球科学科の卒業生で、島津教授の指導を受けたことがある。1967年に暴走温室の条件を論じた論文を出した駒林 誠さんも名古屋大学にいたので、島津さんは駒林さんの影響を受けただろうと思う。しかし駒林さんの論文が水蒸気大気の物性を考慮した定量的計算であるのに対して、島津さんの本や本書の議論はもっと抽象化された概念モデルだ。

そのほか大気・海洋の物理については、海洋の深層循環の模式図 (そう明示していないが、ブロッカーのベルトコンベヤーの模式) があるが、それが出てくる文脈は、この循環が止まると深層が無酸素状態になるだろうという、物質循環や生態の話題である。

【わたしがすこしまえに大学の授業の大気の循環に関するレポート課題を出したら、解答のうちに山賀先生のサイトを参照したものがあって、それはわたしの問いへの答えとしてはあまりうまくなかった。それで山賀先生のサイトの大気の循環のところを見ると、その内容は、まちがいとはいえないものの、1970年代の気象学の教科書にあったような概念をつかっていた。山賀先生の気象の分野の知識は教員になったばかりのころからあまり更新されていないのかもしれない。本書のおもな話題の分野の知識は更新されているだろう。】

文献

  • 阿部 豊, 2015, 文庫 2018: 生命の星の条件を探る。文藝春秋。[読書メモ]
  • 佐々木 貴教, 2021: 地球以外に生命を宿す天体はあるのだろうか? (岩波ジュニアスタートブックス)。岩波書店。[読書メモ (2022-06-01)]
  • 島津 康男, 1971: 地球の物理 (基礎物理学選書 11)。裳華房。
  • 山賀 進, 2010: 一冊で読む 地球の歴史としくみ。ベレ出版。[読書メモ]
  • 山賀 進, 2011: 地球について、まだわかっていないこと。ベレ出版。
  • 山賀 進, 2016: 科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史。ベレ出版。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。
Continue reading

臼田 孝 (2022) 宇宙を支配する「定数」

  • 臼田 孝, 2022: 宇宙を支配する「定数」 — 万有引力定数から光速、プランク定数まで (ブルーバックス B2194)。講談社, 262 pp. ISBN 978-4-06-527329-6.

2022年2月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

左巻 健男 (2022) こんなに変わった理科教科書

  • 左巻 健男 [さまき たけお], 2022: こんなに変わった理科教科書 (ちくま新書 1644)。筑摩書房, 237 pp. ISBN 978-4-480-07470-6.

2022年4月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

Kevin E. Trenberth (2022) The Changing Flow of Energy Through the Climate System

  • Kevin E. Trenberth, 2022: The Changing Flow of Energy Through the Climate System. Cambridge UK: Cambridge University Press. ISBN 978-1-108-83886-3 (hardback), -97246-8 (paperback), 97903-0 (epub).

2022年の新刊。わたしは 2022年5月3日、ディジタル出版の新刊を検索していたときに出版を知り、すぐディジタル本で買った。紙の本でどんな形になっているかは知らない。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

R. Saranavan (2022) The Climate Demon — Past, Present, and Future of Climate Prediction

  • R[amalingam] Saravanan, 2022: The Climate Demon — Past, Present, and Future of Climate Prediction. Cambridge UK: Cambridge University Press, 379 pp. ISBN 978-1-009-01804-3 (paperback).

2022年の新刊。わたしは2022年3月20日、東京の本屋の洋書売り場で見つけて買った。A5判のペーパーバック。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading

高槻 泰郎 (2018) 大坂 堂島 米市場

  • 高槻 泰郎 [やすお], 2018: 大坂 堂島 米市場 [こめいちば] — 江戸幕府 vs 市場経済 (講談社現代新書 2487)。講談社, 318 pp. ISBN 978-4-06-512498-7.

2018年8月の新刊、新書判縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。
Continue reading