三村 信男 ほか編 (2011) 持続可能なアジアの展望

  • 小宮山 宏, 武内 和彦, 住 明正, 花木 啓祐, 三村 信男 編, 2011: 持続可能なアジアの展望 (サステイナビリティ学 5)。 東京大学出版会, 217 pp. ISBN 978-4-13-065125-7.

東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)による5冊シリーズの最後の巻。これまでの巻についてはここですでに紹介した。1. サステイナビリティ学の創生, 2. 気候変動と低炭素社会, 3. 資源利用と循環型社会, 4. 生態系と自然共生社会

残念ながらまだ内容を読んでいない。

ひとまず、各章の題名と著者を紹介する。

序章. 持続可能なアジアの課題 (福士 謙介, 三村)
1. 成長するアジアのエネルギー・環境 — 持続的発展は可能か ( 山地 憲治, 小宮山 涼一)
2. アジアの気候および生態系の変化 — 適応対策の設計 (S. Herath[ヘラート], 三村)
3. アジアの自然環境と持続的生物生産 — 21世紀型持続的農業を考える (大崎 満)
4. アジアの都市・農村 — 循環型社会を創造する (原 祐二, 武内)
5. アジアの水資源 — 環境を管理する (渡部 徹, 福士 謙介, 大村 達夫)
6. アジア人の健康 — 豊かに生きる (関山 牧子, 渡辺 知保)
終章. 持続可能なアジアに向けて (三村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください