桜井 邦朋 (2015) 日本列島SOS — 太陽黒点消滅が招く異常気象

  • 桜井 邦朋, 2015: 日本列島SOS — 太陽黒点消滅が招く異常気象 (小学館新書 244)。小学館, 189 pp. ISBN 978-4-09-825244-2.

2015年末、職場の同僚と話をしているうちに、「桜井邦朋さんが『また』温暖化懐疑論の本を出した」と聞いた。桜井さんが2010年に出した『眠りにつく太陽』(祥伝社新書) [読書メモ]や『移り気な太陽』(恒星社厚生閣)[読書メモ]は読んだが、何か新しいことを言っているか確認してみようと思った。2015年6月に出た本で、新書の新刊だけを置く本屋にはすでになかったが、既刊の在庫を置く本屋をいくつかまわったら見つかった。

二酸化炭素による温暖化についての著者の論調は、2010年の本よりもさらに否定的になっている。しかし、2010年の本と違って、いわゆるClimategateの暴露された電子メールの文章を曲解した陰謀論は出てこない。世界平均気温と二酸化炭素濃度の時系列グラフの形が似ていないと言っているだけのようだ。海洋のエネルギーためこみを考えれば似ていないのはあたりまえなのだが。しかも、本書144ページの二酸化炭素濃度と気温のグラフはデータが1990年ごろで終わっているし、137ページの気温のグラフは2009年のKerrによるScienceの時事的記事からの引用だから2009年の途中で終わっている。この話題でデータを更新しないのは、なまけていると言ってさしつかえないだろう。なお、本書の図には番号がついていないので本文との対応がわかりにくいし、他の文献から引用した図の出典表示がないことが多い(Kerrの場合は著者名と年はあるが雑誌名がない)。

著者の専門であるはずの太陽についてさえ、145ページの太陽放射エネルギーの時系列のグラフ(出典表示がないがFröhlichのもの)は1999年で終わっているし(pmodwrc.chのサイトでは更新されているのだが)、84ページの黒点数のグラフは2009年で終わっている。「はじめに」の12ページで「2003年以降現在まで、黒点がほとんど観測されず」と言っているが、2010年現在あるいは(「ほとんどない」は強調しすぎではあるが) 2016年現在ならばともかくこの本が発行された2015年6月の時点でこう言うのは無理があるだろう。(1周期前の極大である2001年ごろよりも弱いとか、南北非対称性が大きくなっているとかいうことを指摘して、過去の極小期と似たところがあるというのならばわかるが。) [この段落、2016-07-03, 2016-09-11改訂]

また、著者はSvensmark & Calder (2007, 日本語版2010)の本[読書ノート]の監訳者なのだが、これから述べるように、Svensmarkの理屈を正確に記憶していないようだ。

著者は1933年生まれだ。80台の人ならばありがちなことだと思うが、著者は新たな資料調べをしないで、すでに頭の中にある知識をならべているようだ。しかし本を書き慣れてはいるので、出版社は出された原稿がそのまま出版できると思ってしまったのだろう。現役を引退した人に本を書いてもらう場合、長老の発想を聞くという趣旨ならば思うままに書いてもらってもよいかもしれないが、事実認識が重要で、しかもその認識が広まることが政策に影響しうるような内容を扱う本を出す場合には、出版社の編集体制の中に、事実のチェックをする人を置くべきではないだろうか。

【もっとも、この批判は自分にもはねかえってくる。著者ほどの年寄りではないが、わたしも、専門だと名のりたい領域の一部分の知識は5年、10年、あるいは20年くらい更新されておらず、調べなおす時間と気力がとれるかどうかわからない。】

同じ出版社の同じシリーズから、中村尚さんの本[読書メモ]も出たので(その本の題名も変ではあったが)、出版社が温暖化否定論に染まっているわけではなさそうだ。両論併記でバランスをとればよいと思っていたとしたら、それもちょっと困ったことなのだが。

ともかく、順を追って、気になったところについて述べる。

はじめに
「現在の太陽は、その光球面に黒点がほとんど発生しないという無黒点期に移行する徴候を示しており、… 数十年にわたって今後続くような事態に立ち至ったら、… 二酸化炭素の大気中への蓄積による温暖化の傾向は、消失してしまうことになるであろうと考えられるのです。」と言っている。「立ち至ったら」があまり確率が高いことを想定しているとは思われない条件表現なのに、温暖化の否定が強く感じられる表現だ。「徴候」は2009年の観察ならばもっともだが、2014年の黒点数を見たあとの記述としては無理があると思う。この部分の原稿は2010年ごろ書いたものなのだろうか?

第1章 太陽と切っても切れない地球の関係
「黒点がたくさん発生すると…太陽活動も活発で、地球は温暖化します。黒点が減少し、太陽活動が弱まってしまったら…気温が低下して寒冷化する可能性があります。」と言っているが、因果関係の根拠は述べていない。

「過去の歴史を照らし合わせてみると、無黒点状態が続いた場合、地球が寒冷化する可能性があるのです。」と言っているが、この「過去の歴史」はおもにマウンダー極小期と小氷期の対応のことなのだろう。

第2章 日本の歴史を支配した黒点
41ページの図は「紀元1000年以降の太陽活動の長期変動」とあるが、Usoskin (2004年) の炭素14生成率が示されている。これで38ページの本文のMedieval Grand Maximum (仮にMGMとする)を示したいのだろうが、どこがMGMかは図に示されていない。またMGMの話の前後に時間スケールが違う氷期の話があって、関連がわかりにくい。

44ページの図は「ウルム(Wurm)氷期[原文ママ]以後における地球の気温変動。H. Lamb (1982)による。黒丸は測定値を示す。」とある。1982年の本に基づくのはいかにも情報が古い。曲線では5千年前ごろが高温となっているが、そのあたりには測定値の丸はなく、根拠がよくわからない。なお「ウルム氷期」という表現の問題点は[別ブログ2013-04-22の記事]参照。

言語学のSapirとWhorfの仮説と「日本人がもつ知的伝統」とを結びつけるのは安易だと思う。

60ページにはSvensmarkの説らしいものが出てくるが、「地球に到来する宇宙線と呼ばれる陽子をはじめとした高エネルギーの原子核群の数が減少し、これらの粒子の侵入による地球大気下層部にある酸素や窒素の原子や分子のイオン化は進まず、このイオン化がもたらす雨滴の形成による大気下層部における雲の形成の効率も減少し、太陽からの光が直接地球の大気や大地にまで効率よく届くようになり、必然的に地球の温暖化が進むようになります。」という表現になっている。「雨滴」は雲粒よりも大きい水滴をさすのであきらかにおかしい。これが雲凝結核となりうる(雲粒よりも小さい)エーロゾル粒子をさすなんらかの表現を書きまちがえたのならば、Svensmark説の紹介としてはよさそうだが。

前の本では中世に「海進」があったという主張がおおざっぱすぎると思ったが、本書62ページでは、10世紀なかばから13世紀なかばまでの約300年を「ロットネスト海進」とし、「日本あたりでも、海水面は現在より1メートル余り上昇して[原文ママ]と考えられています。」と、いくらか定量的になっている。(現在の第四紀学者の共通認識として、この時期に世界規模の海進があったと考えられているかどうか、わたしは知らないのだが。)

71-77ページでは、「太陽活動が極端に衰退した時代」を「極小期」と呼び、14世紀から19世紀に4つの極小期があったとするが、(73ページの図の説明などを見ると)それはそのまま寒冷期であったと考えているようだ。その1つめが、1300年前後[73ページの図では1280-1340年]の「ウォルフ極小期」だ。そしてその時代の社会現象を述べ、その因果関係は気候が寒冷だったからだという解釈を当然のように述べる(寒冷であったことの直接的証拠は論じていないようだ)。「元寇」つまり元が日本に攻めてきたことの説明として、ユーラシア(モンゴル付近をさすようだ)が寒冷で牧草・食料不足だったことが、南に侵攻する動機だったのだと言う。また元寇が2回とも嵐に出会ったことを、2回とも台風だと考えて、寒冷期は台風が多かっただろうという考えと結びつけている。否定はしにくいものの、肯定する根拠が薄い議論だと思う。

第3章 太陽に翻弄されたマウンダー極小期
最初の節の見出しは「太陽表面は無黒点状態」となっているが、図に示されているデータは2009年または2010年途中までのものだ。85ページの本文には「2015年の3月、11年ぶりに北海道でオーロラが観測された…太陽が活動し、フレアが発生したためと思われます。」ともあるが、続いて「現在、太陽表面には、黒点の発生がほとんど観測されていないので…」とある。「現在」が2010年前半にもどってしまったようだ。

91ページの図は出典表示がないがEddyのものにちがいない。図のcaptionにある「小氷期」は「極小期」のまちがいだろう。またcaptionにある「黒点の発生率」は図の縦軸の説明として書かれた「14C生成率」が正しいのだろう。ちょっとかんちがいしただけだと思うが、出版にいたるまでにチェックがないのはまずいと思う。

マウンダー極小期が寒かった証拠として、「当時に残された絵画を見ると、… テムズ河が、夏でも凍って氷に覆われており、氷上パーティーが開かれていたというものがあります。」とあるのだが、絵画が現実の描写である証拠はあるのか、ほんとうに「夏」なのか、また孤立した異常な年ではなく数十年間を代表する情報なのか、とても疑問だ。【わたしがある気候の専門家から聞いたところでは、寒冷期のうちでも毎年ではなく特に寒い冬に凍ったらしい。また、川の凍りやすさは河床や橋の改修の変化の影響も受け、今のテムズ川が昔より凍りにくいおもな理由は気候よりもそちらであるらしい。】イギリスなどのペストの流行も、寒冷なときに起こりやすいという因果関係の理屈はあるのだと思うが、それを説明せず当然のように寒冷だった証拠とみなしている。

ドールトン極小期(1800年の前・後各20年)も寒冷だとしている。ヨーロッパで農業生産落ち込み → 価格上昇 → 政情不安、革命の遠因、という理屈はいちおうもっともだ。ただし見出しの「フランス革命の原因は太陽活動の低下」は断定が強すぎる。

107ページの「サイクル3 [1770年代]における太陽活動の下降期に、地球環境に異変が現われている…これを証明するのが…ヨーロッパの農業市場における小麦価格の変動です。」という議論も、気候変動の影響が価格に現われているにちがいない、というのならばよいのだが「証明する」は無理がある。

1780年代については、著者は太陽よりもむしろ火山が寒冷化に寄与しただろうと言っているが、1783年の浅間山の大噴火が世界中に影響したとしている。その節の最後の文で「ラーキ山も噴火」と言ってはいるが扱いが軽い。これはLakiのほうが影響が大きかったというのが専門家の常識になっていると思う。

マウンダー極小期(1650-1750ごろ)の、ヨーロッパのペストや不作を、寒冷化のせいだとしている。さらに、宗教改革や、近代科学の成立、近代国家の根拠となる思想の成立が、その結果だと論じている。しかし(あげられている事件のうちにはその期間のものもあるが)、宗教改革の始まりとされるLutherの論題は1517年、近代国家の思想の例としてあげられているMachiavelliの『君主論』は1532年で、極小期よりも前だ。歴史的事件の年代を確認しないで書いていたようだ。

第4章 気候変動を引き起こす原因
太陽風の説明、黒点の説明は標準的なものだと思う。しかし、126ページの「氷河期は…[銀河の]アーム中へと地球が入り込んでいるときに起こるものと推測されています」というのは有力な説ではない。また「時間感覚」とあるのは「時間間隔」のtypoだ。

太陽黒点の約11年周期の変動に伴って、太陽の明るさ(放射エネルギー量)も太陽活動の高い(黒点が多い)時期に低い時期に比べて0.2%ほど高い、ということを述べている。しかし、これは気候の変化の原因としては弱すぎると著者は考えている。また、太陽風も、地球半径の10倍程度のところまでしか流れこまないので気候に影響を与えないと考えている。

そこで太陽磁場が宇宙線を変調させるというSvensmarkの仮説が出てくるのだが、ここでの表現は「宇宙線が大気の水蒸気をイオン化し、それらを凝結核として雨滴が形成されることが説明されていますが、現在では実験室で確かに起こることが立証されているのです。」となっている。「雨滴」は変だが雲粒のことならば筋はとおる。しかし、何がイオンになるかについて、前には窒素や酸素だと言っていたのにここでは水蒸気だと言っている。また、イオンがそのまま凝結核になるような表現で、Svensmarkが重視しているエーロゾルが出てこない。それならば当然ではあるが、エーロゾルが1 nmから50 nmまで成長することの困難を知らないらしい。もし、それができると楽観しているらしい深井有氏(2015)の本[読書メモ]の理屈に従うとしても、「確かに起こる」とまでは言えないはずだ。

それから、20世紀の気温変化が二酸化炭素で説明できないという主張がくるのだが、その根拠として示された図がどんなものかはすでに紹介した。

第5章 変動する太陽と地球温暖化
149ページの図は「1882年以降の宇宙線の地球大気中への侵入フラックスの長期変動」とあり、大気中で生成したベリリウムの同位体10Beの数が示されている。これは著者自身が2009年に発表した論文からの引用だ。示された数値は黒点サイクルごとの平均で、サイクル17-22ではおおざっぱに一定のように見える。つまり20世紀後半の温暖化の説明にはなっていない。【「このほぼ一定の値が、さらに長期の平均値よりも高いので、地球のエネルギーためこみが進行する」という説明は可能かもしれないが、本書からそういう理屈を読み取ることはできないだろう。】このレベルに比べてサイクル12-14ごろは、黒点数が少なく、10Beが多いように見える。しかし本文にこれに対応する20世紀前半の議論がなく、この図の対象期間からはずれるドールトン極小期の議論があるが数量の裏づけがない。

過去150年間の温暖化は、太陽の出す電磁放射エネルギーの変化では説明できない。したがって「太陽と地球の間の空間に…何らかが存在するのではないか、と推測される」と言うのだが、ここから、太陽活動極小期と文明の関連の話になってしまい「何らか」の話は進まない。

そして「太陽光発電は地球にやさしいか?」という話にとぶ。太陽光発電は、余分なエネルギーを地球環境に取り入れたことになるので、熱汚染を招くというのだ。これまでの歴史に関する著者の議論は寒冷化が人間社会に苦しみをもたらすということであって、温暖化は悪くないように扱われていたが、ここに来て、気候の温暖化は環境の悪化だという話になっている。

太陽光パネルが吸収する太陽光エネルギーのすべてが発電に使われず、パネルの温度が上がる(50℃とする) 。すると上向き放射がふえる(600 W/m2になる)。その1%が10kmまでの大気中に長時間滞留すると7℃ほど上がる。という議論をしているが、わたしには計算の理屈を追うことができない。

まず、電気になったものも結局廃熱になると考えれば、それも含めてエネルギー収支を考えればよいはずで、パネルを置く前と後でエネルギー収支がどれだけ変わるかが問題だ。パネルが出す熱放射よりも前に、パネルの太陽光吸収を問題にすべきだろう。黒塗りにしたりすると、少なくともローカルには影響がありそうだが、熱利用を考えない太陽光パネルの場合は、反射率は地面とあまり変わらないのではないか。熱放射については、地表面(パネルがある場合はその表面)の温度が上がればそこから上に出て行く熱放射がふえるというのはもっともだ。著者はその大部分が大気に吸収されると考えているようだ。水蒸気や二酸化炭素の吸収の多い波長域はそうなるだろうが、吸収の少ない「窓領域」の波長の赤外線に関しては、地表面温度が高いほうが宇宙空間に出て行く放射もふえる。どちらが勝つか、定量的に計算してみないとわからない。

著者は「太陽からのエネルギーを使おうと思ってはいけません。エネルギーは一度蓄積したら、どうやって捨てるかを考えなければならないのです。もし再生可能エネルギーを考えるなら、地熱発電しかすすめられません。」と言う。とても乱暴な議論だ。そしてこれを太陽の専門家が言うので、本気にする読者も出てくるだろう。地球にいる太陽の専門家ならば、地球大気による放射吸収の波長依存性の概略くらいはおさえて議論してほしいというのは高望みだろうか。

太陽活動が静かなのに、このところ例年台風の発生が多い。なぜか? という問いを出す。わたしから見れば、海面水温はここ数年停滞しているとしても昔よりも上がっているのだから、すなおに説明できると思うのだが、著者は、ひとつは「マントル対流の温暖化」だろうと、(わたしから見ればあきらかに無関係なものに)連想を暴走させている。もうひとつは、森林伐採や砂漠化だろうとする。実際に砂漠化が進んでいるならば「砂漠に上昇気流が発生し低気圧が生まれます。」まではよいとしても、「そのためシベリアの寒気が南に張り出して…」はとても変だ。寒気が発達するのは冬で台風が発達するのは夏だし、砂漠に低気圧が発生しやすいのは春だろう。これもたまたま思いあたった気象学用語による連想を暴走させているのだろうか。

そして、また、太陽が地球の気候に影響するしくみとしてSvensmark説になるのだが、宇宙線によって地球大気中にできるミューオンが「下層大気中に広がる水分子と出会い、これらをイオン化する」「イオン化された水分子は互いに結びつき、それが水滴を作り出す働きをします」「宇宙線は…下層雲の形成を通じて、気候の寒冷化をもたらします」と、またおおざっぱな議論になっている。

なお、「太陽活動の本質」とは、「太陽の対流層内部における磁気の生成あるいは消滅」「対流層における差動回転と対流運動」だと言っていて、これは、事実認識というよりも直観だと思うが、それとしてはもっともだと思う。

おわりに
「太陽…が人類史に…強い影響を及ぼしてきたことが “事実” である」という。これは総論としてはよいだろう。ただし著者のいう事例について因果関係が示されたということではない。

「もし温暖化を進めている人為的要因があるとすれば、 森林伐採と緑地の砂漠化のほうが問題で、決して二酸化炭素の量が増加していることが原因ではないのです。」と言うが、その理屈に充分な根拠は示されていないと思う。二酸化炭素と気温の時系列グラフが似ていないことが根拠だとすれば、海洋の熱ためこみを理解していない。

「2003年以降太陽の無黒点に近い状況が続いています。」2010年ごろに書いた原稿そのままなのだろうか。

「もし、このまま黒点がない状況が20年、30年と続くなら、地球は確実に寒冷化するでしょう」それはそうかもしれない。しかし黒点がない状況が続く可能性が高いという見通しは示されていない。

折り返しのあとに目次を示す。

はじめに
目次
第1章 太陽と切っても切れない地球の関係
– 太陽の誕生
– 光のエネルギー
– 太陽から地球は見えない
– ガリレオの偉業
– オーロラは太陽活動の賜物
第2章 日本の歴史を支配した黒点
– 氷期の日本列島
– ことばでわかる独自の縄文文化
– 縄文前期の気候と太陽
– 古代文明に見る太陽信仰
– 縄文後期から弥生時代へ
– 平安文化をもたらした中世温暖期
– 源氏と平家 海進の時代
– 元寇を蹴散らした地球寒冷化
第3章 太陽に翻弄されたマウンダー極小期
– 太陽表面は無黒点状態
– 小さな氷河期
– 夏でも凍ったテムズ川
– フランス革命の原因は太陽活動の低下
– 浅間山の大噴火が世界中に影響
– 太陽活動周期(サイクル)
– 太陽活動で歴史が動く
– 寒冷期の科学革命と思想革命
第4章 気候変動を引き起こす原因
– 太陽エネルギーが地球に与える影響
– 太陽は変わる
– 太陽活動を支配する黒点
– 宇宙線が気候を変える
– 光エネルギーの変動はごく僅か
第5章 変動する太陽と地球温暖化
– 太陽活動の長期変動と気候
– 太陽あっての私たち
– 太陽が作る地球環境
– 太陽光発電は地球にやさしいか?
– 太陽光パネルによる気温上昇
– 森林伐採の影響と砂漠化
– 太陽と地球の間に介在するものは — 宇宙線の役割
– 太陽活動の本質とは何か
おわりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.