Donner, Schubert & Somerville (2011) The Development of Atmospheric General Circulation Models

  • Leo DONNER, Wayne SCHUBERT & Richard SOMERVILLE eds., 2011: The Development of Atmospheric General Circulation Models: Complexity, Synthesis and Computation. Cambridge University Press, 255 pp. ISBN 978-0-521-19006-0.

ウェブ上で地球温暖化の科学に関する話題を追いかけていたときにたまたま情報を得て、この主題の本は知っておく必要があると思って注文した。届いたものをめくってみると、重要な研究者本人が書いているレビュー論文集という意味で価値はあるが、この主題を勉強する人のための必読書ではない。まだ中身を読んだわけではないが覚え書きを書いておく。

地球温暖化などの気候変化の予測型シミュレーションに使われる気候モデルの大気部分と、数値天気予報モデルのうち全球スケールのものは、実質ほぼ同じである。本書はこれを主題とし、科学者たちが、過去の発達をふりかえり、将来に向けての展望を述べたものだ。

気候モデルの構築・利用のいわば第2世代が中心になった企画だが、第1世代の、NCAR大気モデルを作った笠原・Washington、GFDL海洋モデルを作り真鍋の大気モデルとの結合モデル実験をしたBryan、もともと大気力学が専門だが気候モデルの部分としての陸上生物圏のモデルの構築の先頭に立ったDickinsonに執筆させている。必ずしも過去の研究史の確認ではなく、今思うことを自由に書かせているようだ。

はっきり科学史的な章としては、数値天気予報研究者の立場から歴史上重要なシミュレーション研究の再現に踏みこんでいる[読書ノート参照] Lynchと、意図的気候改変への動きを気にかけている([読書ノート参照]、さらに2010年の著書Fixing the Skyがある)科学史家Flemingによるものがある。

第2世代からは、気候モデルと数値天気予報モデルをなるべく統一した構成でつくっているイギリス気象庁(UKMO)ハドレー気候センターのSeniorほか、観測データと気候モデル出力を併用して大気大循環の現象の解析をしているGFDLのLau、これまでの大循環モデルの空間分解能よりも細かい積雲対流の役割にとりくんでいるRandall、第1と第2世代の中間からIPCC第4次報告書の編著者となったSomervilleの報告がある。

気候予測をとりまく社会からの期待に対して科学者たちが鈍感な態度をとっている気がしないでもない。ただし、本書の原稿は、たとえば9章の初めに明示されているように、2009年初めに書かれている。East Anglia大学の電子メール暴露やIPCC第4次報告書(第2部会の巻)のまちがいが大衆的話題になるよりも前であることはもちろん、世界気象機関が中心となった世界気候会議で(気象事業とならんだ)「気候サービス」を構築しようという方針が明示されるよりも前なのだ。査読済み論文集ではないものの一種の査読を入れて原稿を改良したそうであり、しあがりも学術書にふさわしいしっかりしたものになっているようだ。編集に2年かかったのはもっともだと思う。

章構成は次のとおり。
Foreword (Isaac M. Held)
1. Introduction (Donner, Schubert & Somerville)
2. From Richardson to early numerical weather prediction (Peter Lynch)
3. The evolution and future research goals for general circulation models (Warren M. Washington and Akira Kasahara)
4. Beyond prediction to climate modeling and climate control: New perspectives from the papers of Harry Wexler, 1945-1962 (James Rodger Fleming)
5. Synergies between numerical weather prediction and general circulation climate models (Catherine A. Senior, Alberto Arribas, Andrew R. Brown, Michael J.P. Curren, Timothy C. Johns, Gillian M. Martin, Sean F. Milton, Stuart Webster & Keith D. Williams)
6. Contribution of observational studies to the evaluation and diagnosis of atmospheric GCM simulations (Ngar-Cheung Lau)
7. Coupling atmospheric general circulation to oceans (Kirk Bryan)
8. Coupling atmospheric circulation models to biophysical, biochemical, and biological processes at the land surface (Robert E. Dickinson)
9. The evolution of complexity in general circulation models (David Randall)
10. The co-evolution of climate models and the Intergovernmental Panel on Climate Change (Somerville)
References
Index

One thought on “Donner, Schubert & Somerville (2011) The Development of Atmospheric General Circulation Models

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください