国立天文台 (2010) よくわかる気象・環境と生物のしくみ

  • 国立天文台, 2010: よくわかる気象・環境と生物のしくみ (理科年表シリーズ — マイファーストサイエンス)。丸善, 143 pp. ISBN 978-4-621-08148-8.

よくわかる宇宙と地球のすがた[読書メモ]に続くシリーズ2冊め。表題は『理科年表』の3つの「部」に対応しており、本書の構成には「部」は明示されていないもののそれが反映されていることは明らかなので、下にはそれを含めて目次を紹介する。各章の長さは原則4ページで、違うものはかっこつき数字で示す。

  • 気象 (合計52ページ): 1. 高度と温度・気圧の関係 (6) / 2. 大気大循環の形成 (6) / 3. 大気大循環のつくるもの (6) / 4. ジェット気流がつくる低気圧、高気圧 (6) / 5. 空気のなかの水 / 6. 台風 (6) / 7. 気候変動 (6) / 8. 気象の限界を知ろう [極値記録の話題] / 9. 高層気象 / 10. 風を知り、風を見よう
  • 環境 (合計28ページ): 11. エルニーニョ現象とラニーニャ現象 / 12. オゾン層 / 13. 増える!? 熱帯夜と猛暑日 / 14. 地球温暖化とヒートアイランド / 15. 黄砂 / 16. 酸性雨 / 17. 紫外線
  • 生物 (合計58ページ): 18. 遺伝現象を担う遺伝子 (2) / 19. 生物に共通した構造=細胞 / 20. さまざまな細胞 / 21. 細胞を構成する成分 (2) / 22. 植物の生き方 / 23. 動物の寿命 / 24. 極限の環境に生きる生物 / 25. 生物に学んだ先端技術 / 26. 生物の進化 / 27. 生物の多様性と進化のしくみ / 28. 生態系・食物連鎖 / 29. 動物の感覚 / 30. 繁殖 (6) / 31. 人体 / 32. 食べ物にふくまれている栄養素

内容は必ずしも『理科年表』と密接ではない。とくに環境の部は、『理科年表』では水循環水域環境[水質と水域生態系]、陸域環境[植生など]、化学物質・放射線などの項目も含んでいるが、本書では大気(ただしエルニーニョ現象は主として海洋)に話題を限っている。なおエルニーニョ現象黄砂は基本的には人間活動によらない自然現象だが『理科年表』では環境の部で扱われており本書もそれにならったようだ。生態系・生物多様性については本書では基本概念は生物の部で扱われているが人間活動との相互作用の話題は乏しい。

気象環境の部の内容は実質的に入り混じっている。気候変動地球温暖化の章に同じ図が重複して収録されているところなどを見ると、それぞれの部分を別の著者が分担して執筆しおえてから、相互参照を入れるなどの部分的調整をしたようだ。できれば、この両方の部にわたって編成を考えなおしたほうがよかったと思う。また、気候変動の章の「過去の気候変動」のところは、基本概念についてはよいのだが、データが古いのが残念だ。

海洋に関しては、『理科年表』で地学環境の部に分散しているのを引き継いで、「宇宙と地球」の本と本書とに分散してしまった。本書ではエルニーニョの件のほかに、大気大循環がつくるものの章に海流の話と海洋による熱輸送の話がある。『理科年表』でこれに関連するデータがあるのは気象の部ではないのだが、気象の部のデータの大部分は数十年の統計値なので気象よりもむしろ気候の知識に役だつものであり、気候のしくみを理解するうえで海洋のこの役割にふれる必然性はある。なお、この章に、わたしが作成した大気と海洋によるエネルギー南北輸送のグラフ[教材用ページ]が採用されている。

生物に関しては、『理科年表』では遺伝・免疫代謝・生合成系など分子レベルのことにも多くのページをさいているが、本書ではそれは簡単にして、細胞および個体以上のスケールに重点を置いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください