James Rodger Fleming & Vladimir Jankovic 編 (2011) Klima (Osiris 26)

  • James Rodger FLEMING & Vladimir JANKOVIC eds., 2011: Klima (Osiris 26). University of Chicago Press, 270 pp. ISBN 978-0-226-25337-4.

科学史はわたしの仕事ではないが、気候に関する認識の発達についての本は読みたい。編者がHistorical Perspectives on Climate ChangeFixing the Sky (気象・気候改変の研究の歴史)のFleming氏だとなればなおさらなので取り寄せた。

取り寄せる前に出版社のサイトで目次を読んで見当はついていたのだが、執筆者の顔ぶれだけでなく話題の広がりも2006年の論文集Intimate Universalityと似たもののようだ。中身を読むのはひまができたとき(退職したときになるだろうか?)までおあずけにしよう。

と言いながら、ちょっとめくって見てはいる。大気中のCO2濃度について、Keeling氏が連続測定を始めるよりも前からスウェーデンを中心とする北ヨーロッパの研究者たちが取り組んでいたことは、Weart (2003, 2008)もふれているけれども、breakthroughが生じる前の行き詰まっていた状況のような扱いになっている。本書のBohn氏の論文に(まだしっかり読んでいないが)、当時の学者たちがどんな認識の風景の中で研究課題を構成していたかが書かれているようだ。

「核の冬」のTTAPSの5人に関するDörries氏の論考は読むことになりそうだ。政策課題について科学的専門知識を提供する科学者が、その政策について強い意見をもつ市民でもある場合、どのように発言したらよいかという問題がずっと気になっているので。

気候学者のHulme氏の論文があるが、これは著者のウェブサイト http://mikehulme.org に置かれていたプレプリントで読んでいた。Why We Disagree About Climate Changeに出ていた論点のひとつの明確化と言えると思う。地球温暖化に関する政策を求める人々が、社会のさまざまな問題の原因を気候変化に求める「気候還元論」(気候決定論とは少し違う)におちいっているのではないかという批判は一面でもっとも。ただし、実際に気候変化の影響を論じている人の多くは、気候以外のものごとが原因として重要でないと認識しているわけではなく、複数の考えかたのひとつとして気候を原因と考えているのだと思う。批判を、今動いている人の隠れた意識について決めつけるのではなく、(政策案策定の場、研究企画の場を含めた)社会の中の議論を組みたてなおす材料にしていくべきなのだろう。

文献

  • James Rodger FLEMING, 1998: Historical Perspectives on Climate Change. New York: Oxford University Press.
  • James Rodger FLEMING, 2010: Fixing the Sky: The checkered history of weather and climate control. New York: Columbia Univ. Press, 325 pp. ISBN 978-0-231-14412-4. [読書メモ]
  • James Rodger FLEMING, Vladimir JANKOVIC & Deborah R. COEN eds., 2006: Intimate Universality: Local and Global Themes in the History of Weather and Climate. Sagamore Beach MA USA: Science History Publications/USA (Watson Publishing International の一部), 264 pp. ISBN 0-88135-367-1. [読書ノート]
  • Mike HULME, 2009: Why We Disagree About Climate Change: Understanding Controversy, Inaction and Opportunity. Cambridge: Cambridge Univ. Press, 392 pp. ISBN 978-0-521-72732-7. [読書ノート]
  • Roger D. LAUNIUS, James Rodger FLEMING & David H. DeVORKIN eds., 2010: Globalizing Polar Science — Reconsidering the International Polar and Geophysical Years. New York: Palgrave Macmillan (St. Martin’s Press LLCの一部), 386 pp. ISBN 978-0-230-10533-1. [これも買ったのだがまだ読んでいない。]
  • Spencer R. WEART, 2003; Revised edition 2008: The Discovery of Global Warming. Harvard University Press. [読書ノート]

折り返しのあとに詳しい目次をつける。

  • Klima
    • James Rodger FLEMING & Vladimir JANKOVIC: Introduction: Revisiting Klima. 1-15.
  • Natural laboratories
    • Gregory T. CUSHMAN: Humboldian science, Creole meteorology, and the discovery of human-caused climate change in South America. 19-44.
    • Deborah R. COEN: Imperial climatographies from Tyrol to Turkestan. 45-65.
    • Sverker SÖRLIN: The anxieties of a science diplomat: Field coproduction of climate knowledge and the rise and fall of Hans Ahlmann’s “polar warming”. 66-88.
    • Ruth A. MORGAN: Diagnosing the dry: Historical case notes from southwest Western Australia, 1945-2007. 89-108.
  • Social contexts
    • Brant VOGEL: The letter from Dublin: Climate change, colonialism, and the Royal Society in the Seventeenth Century. 111-128.
    • Mark CAREY: Inventing Caribbean climates: How science, medicine, and tourism changed tropical weather from deadly to healthy. 129-141.
    • Georgina ENDFIELD: Reculturing and particularizing climate discourses: Weather, identity, and the work of Gordon Manley. 142-162.
  • International to global
    • Maria BOHN: Concentrating on CO2: The Scandinavian and Arctic measurements. 165-179.
    • Adrian HOWKINS: Melting empires? Climate change and politics in Antarctica since the International Geophysical Year. 180-197.
    • Matthias DÖRRIES: The politics of atmospheric sciences: “nuclear winter” and global climate change. 198-223.
    • Samuel RANDALLS: Optimal climate change: Economics and climate science policy histories (from heuristic to normative). 224-242.
  • Climate redux
    • Mike HULME: Reducing the future to climate: A story of climate determinism and reductionism. 245-266.

One thought on “James Rodger Fleming & Vladimir Jankovic 編 (2011) Klima (Osiris 26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.