Evan Selinger & Robert P. Crease 編 (2006) The Philosophy of Expertise

  • Evan SELINGER & Robert P. CREASE eds. 2006: The Philosophy of Expertise. New York: Columbia University Press, 421 pp. ISBN 0-231-13644-7.

伊藤憲二さんのブログの4月19日の記事「素人」はどの「専門家」を信用すべきか判断できるか(Novice/2-Expert problem)を見て、これはわたしにとっても問題でもあると思ったので取り寄せた。

「専門家とは何か」(社会の中でどんな役割を果たす人か、など)という問題に関して考えるために編者たちが重要と思った論文を集めたもの。哲学のある分野(たぶん最近日本語圏でも使われる用語で「応用哲学」と言ってもよいのだろう)の専門教育の教材なのだろう。

わたしがこれまでに読んだのは、序論、第1章、第10章だけだ。

伊藤さんがとりあげていたGoldman氏の論文(本書第1章)については、伊藤さんの記事を見た段階で書いたわたしの4月22日のブログ記事の理解でよかったようだが、そこに少し加筆しておいた。

Collins and Evansの「interactional experts」の概念が重要だと思っているわたしにとって、この本を取り寄せたいちばんの動機は、編者Selinger氏がMix氏との共著で書いている第10章を読むことだった。この章は2004年に出た論文の再録であり、それが参照しているのはCollins and Evansの2002年の論文(本書第2章)だ。その批判はわたしが読んだ2007年の本の論述にはあてはまらないところがある。おそらくCollins氏たちはSelinger氏たちの批判を受けて議論を改訂したのだろう。批判に正面からこたえたというよりは、斜めに避けたような感じのところもあるが。

Collins and Evans (2002)では、interactional expertsを、しろうととcontributory experts (ふつうの意味での「専門家」)の中間段階に位置づけ、そこにさまざまな属性の人々を押しこんだ議論をしていたらしい。Selinger and Mixは、たとえば患者運動家は(医学専門家とは別の形でだが) 治療技術にcontributeすることを指摘する。2007年の本では、患者運動家もexpertsだと言っているが、interactional expertsだとは言っていない。論理的にはcontributory expertsに含めたことになるがそれも明確でなく、概念整理が充分でないように思われる。

もうひとつの問題は専門性と身体的経験の関係をめぐるところだ。Collins and Evans (2002)は、例として、目が見えず手足のない人は言語だけによって世界を知ると仮定したようだが、Selinger and Mixによればそう単純ではない。Collins and Evans (2007)でもこの例は出てくるのだが何を説明するための例なのかわたしにはよくわからなかった。どうやら、Collins and Evans (2002)は、interactional expertsになるためには、専門の実地体験をする必要はなく、専門家の言語が理解できればよい、という主張をしていたようだ。(ただし、これは、専門の講義を聞くだけでよいという意味ではなく、専門家相互の会話を聞いて専門家間の相互作用を理解することも必要なのだが。) それで、情報が言語という経路を通じてだけはいってくる状況の例をあげたかったらしい。2007年の本ではそのような議論はなくなったようだ。

序論を読んでキーワードだけ知ったのだが、本書にはいわゆる人工知能のexpert systemの問題も扱われているらしい。そういえば1990年ごろに、機械が専門家にとって代わるという議論をする人もいたような気がする。わたしは、専門家による判断のうちで機械にやらせることができる部分とできない部分があることは自明であり、前者を機械化することは望ましいが後者を機械化しようというのは無理な望みだと思っていた。今もそう思っているが、両者の領域をどうやって区別するかについて考えを深めていなかったことに気がついた。

文献

  • Harry COLLINS & Robert EVANS, 2007年 (ペーパーバック 2009年): Rethinking Expertise. University of Chicago Press, 159 pp. ISBN 978-0-226-11361-6 (pbk.).[読書ノート]

折り返しのあとに、収録された論文のリストをつける。

  • (Introduction)
    • Evan SELINGER & Robert P. CREASE: Introduction. [1-]
  • Part 1. Trusting experts
    • Introduction [11-]
    • 1. Alvin I. GOLDMAN, 2001: Experts: which ones should you trust? Philosophy and Phenomenological Research 63(1):85-109 [本書14-].
    • 2. H.M. COLLINS & Robert EVANS, 2002: The third wave of science studies: Studies of expertise and experience. Social Studies of Science 32(2):235-296 [39-].
    • 3. Scott BREWER, 1998: Scientific expert testimony and intellectual due process. The Yale Law Journal 107:1535-1681 [111-].
    • 4. Stephen TURNER, 2001: What is the problem with experts?
      Social Studies of Science 31(1):125-149 [159-].
    • 5. Peter SINGER, 1972: Moral experts. Analysis 32:115-117 [187-].
  • Part 2. Expertise and practical knowledge
    • Introduction [193-]
    • 6. Hubert DREYFUS, ????: How far is distance learning from education? On the Internet, Routledge Publishing [196-].
    • 7. Evan SELINGER & Robert P.CREASE, 2005: Dreyfus on Expertise: The limits of phenomenological analysis. Continental Philosophy Review 35:245-279 [213-].
    • 8. Hélène MIALET, 1999: Do angels have bodies? Two stories about subjectivities in science: the cases of William X and Mister H. Social Studies of Science 29(4):551-582 [246-].
    • 9. Julia ANNAS, 2001: Moral knowledge as practical knowledge. Social Philosophy & Policy 18(2):236-256 [280-].
    • 10. Evan SELINGER & John MIX, 2004: On interactional expertise: Pragmatic and ontological considerations. Phenomenology and the Cognitive Sciences 3(2):145-163 [302-].
  • Part 3: Contesting expertise
    • Introduction [325-]
    • 11. John HARDWIG, 1985: Epistemic dependence. The Journal of Philosophy 82:335-349 [328-].
    • 12. Steve FULLER, 1994: The constitutively social character of expertise. Expert Systems 7(1):51-64 [342-].
    • 13. Paul FEYERABEND, 1975: How to defend society against science. Radical Philosophy 11:3-8 [358-].
    • 14. Edward W. SAID, 1984: Opponents, audiences, constituencies, and community. Critical Inquiry 9(1):236-256 [370-].
    • 15. Don IHDE, 1997: Why not science critics? International Philosophy 29:45-54 [395-].
  • List of contributors [405-]
  • Acknowledgments [409-]
  • Index [411-421]

One thought on “Evan Selinger & Robert P. Crease 編 (2006) The Philosophy of Expertise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.