Richard Alley (2011) Earth: The Operator's Manual

  • Richard B. ALLEY, 2011: Earth: The Operator’s Manual. New York: W.W. Norton, 479 pp. ISBN 978-0-393-08109-1.

新刊情報を検索するとAlleyさんの名前があった。グリーンランドの氷から復元推定される過去の気候について語る読みものThe Two-Mile Time Machine 日本語版は氷に刻まれた地球11万年の記憶 [読書ノート]の著者でもあり、National Research Council (2002)のAbrupt Climate Change (急激な気候変化)の報告書[読書ノート]のまとめ役でもある。そして「歌う地球科学者」でもある[別ブログ記事]。読み終わったあと、Schneider記念シンポジウムのインターネット中継の中できょう(アメリカ山地時間26日午後)聞いたのだが、Climate One (http://www.climate-one.org/)というNGOによるStephen H. Schneider Award for Outstanding Climate Science Communicationの第1回受賞者にもなった。

今回のもいい本だと思うが、注文する前の期待が高かったので、読んだあとの印象はそれほどでもなかった。国立科学基金(NSF)から資金をもらった公共放送PBSのテレビ番組http://www.pbs.org/programs/earth-the-operators-manual/ , http://earththeoperatorsmanual.com/ の企画が先にあったのだ。Alleyさんは野外の現場で解説を述べる登場人物として起用されたらしい。もちろん内容にも関与したにちがいないが、番組はどちらかと言えば番組プロデューサーの作品だろう。本はAlleyさんの立場で文章化しているので、番組とまったく同じではないらしい。ペンシルバニア州立大学教授なのでその地方に題材をとっていることがわりあい多い。

題名から見ると主題は地球環境問題全体のようだが、実際には地球温暖化、そして温室効果気体排出削減にしぼられていると言えそうだ。全24章のまん中に近い第15章にことわり書きがあり、それより前は地球科学の専門家として科学を解説しているが、あとのほうは一般的知識はあるが必ずしも専門知識はない市民のひとりとして人間社会を持続可能にするための方策を述べている。

話は、ヒトがこのように進化したのは火を使って食べ物を調理できたからだという説から始まる。したがって人間は燃料を必要としており、森林や鯨油の資源を枯渇させてしまったこともあった。そして現在の人間社会はおもに化石燃料に依存している。

ところが、科学が発達するにつれて、大気中のCO2がふえると気候を変えることがまず理論的にわかってきた。人間が現われる前の気候の変化をさぐり、その原因を考えていくと、たくさんの原因が同時に働いているのだが、そのうちでCO2の役割が無視できないことがわかる。産業革命以後の気候変化の原因についても、科学者は、CO2だけだと言っているのではなくて、たくさんの原因が同時に働いているうちでとくにCO2については因果関係が強く言えるようになってきたのだ。

そして、この気候変化は生態系が適応するには速すぎるので、いろいろ困ったことが起こる。とくに急激な変化が起きてとりかえしがつかなくなる、いわゆるtipping pointに達することがありうると言っているが、必ずあるとは言っていない。

対策の本論にはいる前に、類推として都市下水の話をもってくる。1854年ごろのロンドンのコレラがきっかけの一つになっているのだが、その百年前のエジンバラの旅行者の記録を掘り出してきて、公衆衛生の問題は認識されていたにもかかわらず対策に関する社会の意思をそろえることができなかったととらえる。今のCO2の問題も同様であり、下水道に相当するのが「smart grid」(あまりきちんと定義していない)だという。だが、リンや窒素の循環が気になっているわたしから見ると、肥料分を下水に流してしまうことこそ持続可能性の低下のほうの例とも言える。

対策の議論の大部分は、エネルギー資源消費に伴ってCO2などの温室効果気体を出さないようにしていくことだ。まず再生可能エネルギーを、風力、太陽光、水力、海洋エネルギー(潮汐、波、海流、温度差)、バイオマス燃料、地熱の順に論じる。それから、原子力(核分裂)とCO2回収隔離貯留を論じる。安全が重要だとは言っているが、使うのを避けるべきだという態度をとってはいない。次にエネルギー節約を論じる。白熱電球よりも生物の発光のほうが賢いという例をあげている。そして、いわゆるgeo-engineeringの可能性についても論じるが、これと、核融合については、今の科学的知見のもとではあてにならないとする。新技術の件に限らず、将来についての予想には不確かさが大きいので、軌道修正の可能性も含めて計画をたてていくべきだ。

目次を小見出しまで書きぬいてみた。こうすると本の内容のキーワードが見えてくることが多いのだが、この本の場合、詩的あるいはごろ合わせ的な表現が多くて、中身を読まないで見出しだけ見てもなんだかわからないことも多い。


Contents
Preface ix[-x]
Part 1. The burning question
1. Prepare to come about 3
Power on
The operators’ manual
2. Burning to learn 12
Brain power
What is energy, anyway?
Measuring the burn
Burning to earn
3. Peak trees and peak whale oil 21
The sinking rock
The great Pennsylvania desert
Peak whale oil
Fruits and nuts
Energy serfs
Part 2. Learning while we burn
4. Fossil fuelish — some telling facts 43
Energizing society
“Muc”ing up the ocean
“Oh, excuse me” — giant methane belches?
Peak oil?
5. Abraham Lincoln or your brother-in-law? 58
Streets of gold
Ironing out our differences
Passionate science
Spinning science
Assessing science
Warming to the academy
6. Red, white, and blue-green 73
All together now
Glowing brighter — the greenhouse effect
Bogus band saturation
A tiny terror?
7. Canting the kayak 86
Stabilizing a golden retriever
8. Why accountants and physicists care about the past 94
Whodunit?
Models and model validation
Accounting for climate models
Seeing through chaos
9. The moving finger writes 107
Wisdom of the ages
Reading the record
What the story says
.. Space dust-up
.. Solar stuff
.. Cosmic ray-ban
.. Home-grown heroes: volcanoes
.. Home-grown heroes: drifting continents
.. Looking for help
10. And having writ, moves on 120
The saurian sauna
Setting the thermostat
Throwing snowballs at the faint young sun
Resetting the thermostat
A blistering belch?
11. The great ice that covers the land 133
And slide on the ice
All together now
12. Kindergarten soccer and the last century of climate 14
In the field
Rating the players
Keeping score
Playing the game
13. But my brother-in-law said … 155
Sensitive soccer players
An answer brewing
A date with the data
What if the hockey stick broke?
Putting pioneers out to pasture
14. The future 170
Just the facts
Finding the future
Warming, melting, and blowing
Growing … or not
Tipping points?
Bulldozers and AC
15. Valuing the future 188
Low low prices … big sale! Discounting the future
Onward, securely
Onward, confidently
Onward, to work
Onward, with a healthier economy
Onward, ethically
Optimal options
Part 3. The road to the billion smiling people
16. Toilets and the smart grid 209
The 1 percent solution
A “terrible shower”
More terrible than they knew
Wedges and ways forward
Agreeing to move forward
17. Sustainable solution on the wind 224
Sustenance
And some things that aren’t big
The ways of the wind
Roping the wind
Intermittency
Who owns the wind?
Wind and changing climate
18. Sun and water 239
Here comes the sun
.. Fun in Philly
.. Using the sun
.. A costly decision?
.. Warming to the sun
Hydroelectric power
.. Eager-beaver power engineers
19. Down by the sea, where the water power grows 252
Expanding the energy menu
Taming the tide
Other ocean energy — waves, currents, and cold feet
.. Wave at the camera
.. Go with the flow
.. Cold toes
Moving ahead on moving fluids
20. Power from the land 264
Biomassive
Geothermal
21. Put it where the sun doesn’t shine: nuclear energy and carbon sequestration 277
We didn’t mean it
Gone fission
.. Natural and not-so-natural nuclear reactors
.. Safety today
.. Safety tomorrow
.. Looking forward
Carbon capture and sequestration
22. Conservation — why saving energy doesn’t mean sitting around in the dark 291
Glow, little glowworm
Less, or smarter?
23. Game-changers? Geoengineering, fusion, and … 303
Sunscreen
Geo-hydro-engineering
Geoengineering bites back
Fusion
Mid-course corrections?
24. Ten billion and smiling 316
Learning what works
Our search for energy
Warming to the unintended consequence
Fueling the future
Recommendations
.. This is science, not revealed truth, but the science is solid.
.. Delaying is not free.
.. Fossil fuel will run out.
.. We need alternatives to fossil fuels, and lots of them.
.. We haven’t been trying very hard.
.. Betting on the future can pay off.
Postscript
Notes 333
Acknowledgments 445
Figure credits and notes 447
Index 455[-479]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください