高槻 泰郎 (2018) 大坂 堂島 米市場

  • 高槻 泰郎 [やすお], 2018: 大坂 堂島 米市場 [こめいちば] — 江戸幕府 vs 市場経済 (講談社現代新書 2487)。講談社, 318 pp. ISBN 978-4-06-512498-7.

2018年8月の新刊、新書判縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。

== 目次 ==
はじめに
– 躍動する江戸時代の市場経済
– 暴走する江戸時代の市場経済
– 市場経済との向き合い方
目次
第1章 中央市場・大坂の誕生
– 江戸時代初期の大坂
– 細川家と大坂市場
– 幣制の統一
– 開発の17世紀
第2章 大坂米市の誕生
– 米市の発生
– 手形取引の功罪
– 米切手の誕生
– 先物取引の誕生
– 清算機関の誕生
– 立物米取引は商品先物取引にあらず
– 実物をやりとりしない取引は賭博?
第3章 堂島米市場の成立
– 米取引をめぐる紛争
– 「不実」な商いの容認
– 享保期の米価低落
– 享保期の米余り
– 堂島米市場の「公認」
– 天下御免の米相場へ
– 帳合米商いを支えた秩序
– 堂島米会所か、堂島米市場か
第4章 米切手の発行
– 江戸時代のウォール街
– 大坂への米廻送
– 大坂蔵屋敷の属性について
– 久留米藩蔵屋敷における米の荷さばき
– 入札資格「蔵名前」
– 米切手の発行
– 大坂米市場における取引の流れ
– 米切手の券面
– 米切手券面のトリック
– 米切手の期限
第5章 堂島米市場における取引
– 堂島米市場のルールブックは存在するのか
– 堂島米市場の組織
– 堂島米市場の取引期間
– 正米商い (スポット市場) の取引ルール
– 帳合米商い (先物市場) の取引ルール
– 立用 [るいよう]
– 取引の終わり
– 立物米の選定基準
– 35歳デリバティブ限界説?
– 立物米を取引するとは?
– 帳合米商いを「手仕舞う」
– 米方両替の機能
– 例外としての現物決済
– 帳合米商いはマネーゲームか?
第6章 大名の米穀検査
– 米の品質を巡る競争
– 「見付」と「地味相応」
– 熊本藩の米穀検査制度
– 市場経済と地域社会
– 地租改正と産米品質
第7章 宝暦11 (1761) 年の空米切手停止令
– 18世紀中期の危機
– 空米切手問題の顕在化
– 広島藩蔵屋敷の取り付け騒ぎ
– 萩藩蔵屋敷を巡る騒動
– 大津での騒動
– 待たれる政策対応
– 江戸幕府による実態調査
– 空米切手停止令の発令
– 久留米藩米切手滞り騒動の発端
– 奉行の言葉
– 買い戻し価格を巡る交渉
– 「内済証文」の裏側
– 大坂町奉行所の役割
– 空米切手停止令の意義
第8章 空米切手問題に挑んだ江戸幕府
– モラル・ハザードと逆選択
– 不埒な米切手の回収
– 鴻善・加久の回答
– 江戸表からの再提案
– 鴻善・加久の再反論
– 不渡り米切手のお買い上げ政策
– 蔵屋敷への監査
– その後の空米切手騒動
– 江戸幕府・大名・商人の対話
第9章 米価低落問題に挑んだ江戸幕府
– 米価水準と江戸時代経済
– 享保16年の買米令
– 享保16年買米令の顛末
– 米価の下限規制
– 買米ふたたび
– 下限規制の撤廃
– 宝暦の大坂御用金
– 享保の大坂買米との違い
– 政策がもたらした正負の効果
– 宝暦の御用金政策をいかに評価するか
– 文化3年大坂買米の発令
– 目標高の指定
– 升屋平右衛門の素晴らしい提案
– 政策の「出口」と買米高の意味
– 政策の効果
– 江戸幕府による学習過程
第10章 江戸時代の通信革命
– 「状屋」というビジネス
– 米飛脚の役割
– 米飛脚の速度
– 米飛脚の起源
– 旗振り通信の登場
– 旗振り通信が禁止された理由
– 旗振り通信の「証拠」
– 旗振り通信の技術
– 相場情報の活用事例
– 「速度」が求められた時代
おわりに
あとがき
参考文献一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください