ブレオン(Bréon)、リュノー(Luneau) (2015, 2018 / 鳥取 絹子 訳 2019) 地図とデータで見る気象の世界ハンドブック [Atlas du climat]

  • François-Marie Bréon & Gilles Luneau (Preface by Jean Jouzel, Maps by Hugues Piolet), 2015, 2 ed. 2018: Atlas du climat — Face aux défis du réchauffement. Paris: Éditions Autrement.
  • フランソワ=マリー・ブレオン、ジル・リュノー、序文=ジャン・ジュゼル鳥取 絹子 訳、地図製作=ユーグ・ピオレ、2019: 地図とデータで見る 気象の世界ハンドブック。原書房, 170 pp. ISBN 978-4-562-05685-9.

日本語版は2019年9月の新刊。2015年に初版、2018年に第2版が出たフランス語版からの翻訳。

日本語版題名の「気象」は「気候」のまちがいだ、と言いきってよいと思う。(日本語圏むけに通じる題名をつけるのならば「地球温暖化」のほうがよいかもしれない)。なかみの章・節の見出しでは「気候」になっているから、訳者でなく出版社が、気候は気象にふくまれると思っている人の考えを採用してしまったのだと思うが、原書房は地理学の本もたくさんだしているのだから(その多くは廃業した大明堂からひきついだものではあるが)、地理専門家の意見をきいてきめてほしかった。

章・節の見出しと、たまたま目にふれたところを見たかぎりで、大部分の用語はよいと思うが、つぎの点は指摘しておきたい。

  • 人間活動と自然現象の両方が「気候を妨害する」という表現は変で、「気候を変動・変化させる」「変動・変化の原因となる」というような意味だ。
  • 「地球工学」とされているものごとは日本語圏では「気候工学」あるいは「ジオエンジニアリング」と書かれていることが多い。(内容に即した表現としては、わたしはこれまで「意図的気候改変」と書いてきたが、「気候への介入」がよいかもしれない。)
  • 気候システムのエネルギー収支のところで出てくる「流束」は、英語の flux にあたり、日本語のこの分野の文献では「フラックス」と書かれることが多い(「流束」は「流速」と同じ音でちがう意味だから使わない)。物理用語としては「エネルギーフラックス密度」で、単位面積あたり・単位時間あたりのエネルギーの流れである。
  • 「気候モデル」は、地球の気候のしくみを計算機でシミュレートするためのソフトウェアであり、農業についても同様な「農業モデル」はありうるのだが、第4部の章の題名で出てくる「農業モデル」はそれではなく、現実の農業の経営の類型をさしている。
  • 図の出典が「GIEC」となっているところがあるが、「IPCC」と同じ(IPCCは英語、GIECはフランス語の頭文字略語)である。

本は、番号はついていないが、4部で構成されている。第2部から第4部が、おおまかにIPCCの3部会に対応し、第2部で人為起源気候変化(地球温暖化)のしくみと現象 (ただし、極端現象は第3部、将来の見とおしは第4部へ)、第3部で生物圏や人間社会への影響、第4部で対策(おもに温室効果気体排出削減をどのように実現するか)をあつかっている。第1部は第2部で前提となる、大気・海洋・雪氷をふくむ気候システム、とくにそのエネルギー収支をあつかっている。

この構成はよいと思うが、第1部での説明が地球のエネルギー収支から雲のはたらき(雲による温室効果をふくむ)にとんでしまうのはわかりにくい。第2部の途中にある、二酸化炭素などの大気成分による温室効果の説明をここにはさむべきだ。第2部の構成は、「すでに温度があがっている」「その原因はなにか」という、わたしならばやりたくない論法になっているが、温室効果の基本を第1部でだしておくという修正があれば、これでもよいと思う。

原書がフランスで出版されたものだから、具体的材料のうち世界全体の分布をしめすもの以外が、フランスやそのまわりの例にかたよる傾向はある。「気温の上昇」のところでは、フランスの年平均気温のこれまでの変化をしめしたところに、日本語版では日本の年平均気温のグラフをおぎなっている。

第4部の最後の章に出てくる「スマート都市」と「エコ都市」の対比は、技術を駆使してエネルギー利用効率の高い社会をめざすのか、生活様式をエネルギー資源をあまり使わないものに変えていくのか、というビジョンの対比であり、西岡 秀三 (2011) 『低炭素社会のデザイン[読書メモ]でいう「活力社会」と「ゆとり社会」と同じとみてよいと思う。

原子力について、巻末の著者紹介によればBréonさんは温暖化防止のために核エネルギーを使うべきだという主張をもっているらしいが、本文では、事故の危険や廃棄物管理の方針がさだまっていないことにもふれ、結論らしいところでは、依存を徐々に減らしていくべきだと言っている。

Bréonさんは気候科学者で、LSCE (気候と環境の科学の研究所)ではたらいている。本書によればIPCCの第5次評価報告書の著者になった。本書には書いてないが、人工衛星による植生・エーロゾル・雲・大気成分の観測に関する研究業績がある。

Luneauさんは、わたしは知らなかったが、ジャーナリスト、編集者、映像作家などの実績のある人だそうだ。

序文を書いているJouzelさんは、おもに南極などの氷床コアの分析で氷期・間氷期の大気中二酸化炭素や温度の変動を論じる研究をしてきた。そして気候モデルによる気候の研究にもかかわってきた。

折りかえしのあとにくわしい目次をつける。

== 目次 ==
目次
序文 [ジャン・ジュゼル]
はじめに / 今日の天気
– – 地質学と歴史でみる天気
気候の働き
– 気候観測のさまざまなシステム
– – 海中のミニ・ネットワーク
– – 毎日1000件以上の電波探測
– エネルギーの均衡
– – 太陽は気候の「燃料」
– – 日照のばらつきと、地球の調整
– – 地球は熱機関
– 雲の影響
– – パラソル効果
– – 温室効果
– – 収支
– – 不確実なフィードバック効果
– 氷期と温暖期、過去の気候
– – 古気候学
– – ミランコビッチ・サイクル
– – 炭素の役割
– 大洋大循環
– – 水温と塩分濃度
– – コリオリの力
– – 「大洋のベルトコンベア」
– 「炭素循環」
– – 炭素の保管庫
– – 緩慢なサイクルと、速いサイクル
– 気候を妨害する自然要因
– – 突発する破壊的かく乱
– – エルニーニョ
– – 太陽活動
人類が気候を妨害するとき
– 気温の上昇
– – 明白な温暖化
– – 人的活動のフットプリント(足跡)
– 後退する雪、氷河、海氷
– – 万年雪は終わりに向かう
– – 前例のない海氷の後退
– – 永久凍土の罠
– 海面の上昇
– – 海水面の水位が上昇する要因
– – 時代でみる海水面の上昇
– – 侵食
– – マングローブの消滅
– 温室効果
– – 温室効果ガスとはなにか?
– – 温室効果ガス
– – 人的活動による温室効果
– 化石燃料に由来する二酸化炭素の放出
– – 二酸化炭素が記録的に上昇
– – 炭素経済
– – 最大の放出国 — 数字の問題
– オゾンにからむ諸問題
– – 成層圏のオゾン
– – 対流圏のオゾン
– – 複雑な問題
– 森林破壊
– – 大規模な森林破壊
– – 炭素の吸収源かつ貯蔵庫
– エアロゾルとその他の放射強制力
– – 放射強制力
– – 負の放射強制力
気候温暖化の衝撃
– 暴風雨、熱波、その他の異常気象
– – 地理的なかたより
– – 大災害と人口
– 氷の融解または拡張 — 新たな開発可能領土か?
– – 北極、世界の新たな「ホットスポット」
– – 新しい貿易ルートの中心問題
– – 経済的躍進
– 水没する土地
– – 海水面の上昇と異常潮位
– – 堤防と砂丘
– – 土地の塩害
– – 悪影響の連鎖
– 陸地の生物多様性が危機に瀕している?
– – 全体に加速する無秩序
– – 侵略的な種
– 海の生物多様性が危機に瀕している?
– – 温暖化に直面する海の種 — 適応、移動、または消滅
– 温暖化の試練に耐える漁業
– – 海洋漁業への温暖化の衝撃
– – 淡水漁業
– 大混乱におちいる農業
– – 農業と気候変動
– 問われる健康問題
– – より高温に、よりリスクが高く
– – 微生物が増え、感染も増える
– – 媒介役と病原巣
– 気候難民と人口の移動
– – 地域全体がおびやかされる
– – 問題をはらむ人口移動
– 気候温暖化のコスト
– – スターン報告書の数字
– – 追加の要因
– – 数字の先に見える不平等
行動のとき
– 未来のシナリオの研究
– – IPCCの仕事
– – 未来のための4つのオプション
– – RCPシナリオ
– – すべては生活様式しだい
– もっとも楽観的なシナリオと悲観的なシナリオの結果
– – 温暖化に直面する社会
– – 最良から最悪までのシナリオ
– – 不確実性
– 温暖化を意識する
– – 制度として意識する
– – 市民社会の力
– – 不安要素
– 世界的なガバナンスのむずかしさ
– – パリの約束
– – デリケートな段階
– – サミットの透明性
– 資金をどう調達するか?
– – 資金源
– – 技術の移転
– 原子力発電は気候を救えるか?
– – 20世紀の技術
– – 議論をよぶ選択
– – 大きな事故
– – 異論の多い廃棄物の管理
– – 石炭とガス、そして原子力からも抜け出す?
– エネルギーの選択
– – エネルギーの移行に向かって
– – 再生可能か、核エネルギーか?
– – エネルギーの民主主義
– 地球工学の足跡
– – 地球工学の躍進
– – テストは不可能
– – 政治の放棄?
– 農業モデルの変化
– – 単一の農業モデルは終わり
– – 地域に密着した食糧制度に向けて
– 再考案すべき輸送
– – 「持続可能なモビリティ」に向けて
– – 商品の輸送
– 持続可能な年、エコタウン — 解決法は?
– – 環境を大切にする都市
– – スマートグリッド (送電網)
– 日常生活
– – 市民としての選択
– – 石油のない生活
– – 日常生活のエコロジカル・フットプリント
– 生活様式の革命は可能か?
– – 都市の中心問題
– – スマート都市か、エコ都市か?
– – 提案された軌道について熟考する
まとめ / 未来のための選択はなにか?
付録 参考文献とウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください