ASIOS (2013) 謎解き 超科学

  • ASIOS, 2013: 謎解き 超科学。彩図社, 285 pp. ISBN 978-4-88392-957-3.

「超科学」はこの本独自の用語。柴谷篤弘さんがtrans-scienceの訳語として使ったのとは関係ない。ASIOSは「超常現象の懐疑的調査のための会」。「超常現象」はUFOとかテレパシーとかの科学では説明困難な話題をさし、ASIOSはその話題の本もたくさん出しているが、この本の対象はそれからはずれていて、世の中では科学的に正しいと思っている人がけっこういるが調べてみるとまちがいだったり根拠薄弱だったりする、しかもそれを信頼すると有害であるおそれがあるようなことをさしている。蒲田典弘氏によるあとがきでは「ニセ科学」という表現が使われている。

[出版社によるこの本の紹介ページ]がある。
ASIOSブログでは、[2013年10月19日の記事]で出版予告、各章の紹介がある。また[2013年11月01日の記事]に正誤表がある。
lets_skeptic氏 (蒲田氏)のブログには[2013年10月24日の記事「『謎解き超科学』でニセ科学に騙されないための足場をつくろう 」]がある。
著者以外では、NATROM氏のブログの[2013年12月30日の記事]で、とくに千島学説(本の項目番号22)、ホメオパシー(27)、母乳神話(21)について紹介している。

本の目次をこのあとに示す。それぞれの節の著者名を「/」のあとに入れた。無印は会員、*印は会員外の寄稿者。(名まえは本名と思われるものも、明らかにペンネームであるものもある。) 各節の表題、とくに[…]の中は、「超科学」的現象があると主張する人のいいぶんであることが多く、著者の主張はそれと違うことがある。各説の本文ではまず「伝説」という見出しのもとで世の中に広まっている認識が語られ、「真相」という見出しのもとで著者が正しいと考えている認識が語られる。「真相」は必ずしも「伝説」の全面否定ではないが批判を含んでいる。たとえば第2節の「サブリミナル効果」は実際にあることはあるらしいが、頼りにできるほど強いものではないらしい。その効果が強いという評判のもとになった1956年の実験報告は本人が6年後に作り話であることを告白した(しかしその話はあまり広まらなかった)のだそうだ。

(目次)
はじめに — かつての自分に贈りたい本 /本城達也
第1章 日常に潜む超科学の真相
– 1. 電磁波は健康被害を引き起こす!? [浴び続けるとガンになる恐怖の波長] /蒲田典弘
– 2. サブリミナル効果は存在するか? [潜在意識に訴え、相手を意のままに操る] /皆神龍太郎
– 3. 牛乳を飲むと不健康になる? [ベストセラー本に書かれた衝撃の事実] /道良寧子*
– 4. 「磁気がコリをほぐす」は本当か? [磁気治療器は効果があるのか?] /蒲田
– 5. ゲルマニウムで治癒力が上がる? [身に着けるだけで効果が期待できる?] /本城
– 6. デトックスで毒素を排出できる? [フットバスや足裏樹液シートで体内洗浄] /蒲田
– 7. 「水からの伝言」の不思議 [ありがとうの言葉が水の結晶を美しくする] /蒲田
– 8. 「マイナスイオン」とはなにか? [浴びるだけで効果がある大気イオン] /小波秀雄*
第2章 自然界に潜む超科学の真相
– 9. 万能細菌「EM菌」とは? [あらゆる分野に効果がある奇跡の細菌] /蒲田
– 10. ポールシフトは起きるか? [かつて地球を襲った大異変ふたたび?] /山本弘
– 11. フリーエネルギーは実現するか? [エネルギー問題はこれで解決?] /山本
– 12. 隕石落下はどれぐらい危険か? [ロシアを襲った脅威はまたくる?] /山本
– 13. 百匹目の猿現象は本当か? [ある群れの行動が他の群れへと伝播する?] /本城
– 14. 動物の地震予知はあてになるか? [動物の行動から地震が予測できる?] /横山雅司
– 15. キルリアン写真はオーラを写す? [生命のオーラをとらえた奇跡の写真] /本城
– 16. 相対性理論は間違っている? [物理学界を揺るがす大スクープ] /山本
– 17. 「ID論」とはなにか? [アメリカの科学者たちが提唱する新しい科学] /ナカイサヤカ
第3章 人体にまつわる超科学の真相
– 18. 血液型性格診断は信用できるか? [人間の性格は血液型で決まる?] /菊池聡*
– 19. 「ゲーム脳の恐怖」の真実 [ゲームをやりすぎるとゲーム脳になる?] /山本
– 20. 逆行催眠でよみがえる記憶 [潜在意識から記憶を取り出すテクニック] /菊池*
– 21. 母乳神話の真相 [乳幼児の食事で母乳にまさるものはない] /道良*
– 22. 千島学説は信用できるか? [ガン細胞は汚れた血液から生まれる?] /ナカイ
– 23. 死者の網膜写真 [網膜に残された死者の記憶] /本城
– 24. 人間は真空中で破裂する? [世間にまかり通る科学の俗説?] /横山
第4章 美容と健康にまつわる超科学の真相
– 25. サプリメントの効能と効果の錯覚 [効果の裏側には大きな錯覚が存在した] /石川幹人
– 26. 健康食品の広告トリック [広告に張り巡らされた巧妙な罠] /石川
– 27. ホメオパシーで病気は治るか? [日本でも静かに広がる “代替療法”] /黒川ゆき*
– 28. マクロビオティックの真実 [現代病を退ける奇跡の食事療法] /道良*
– 29. 酵素栄養学の誤解 [酵素が健康で病気知らずの体を作る] /道良*
– 30. 「オーリングテスト」とはなにか? [筋肉の反応でなんでもわかる診断法] /ナカイ
– 31. 手かざし療法の危険性 [手をかざすだけで病気が消失する] /原田実
あとがき — 「科学的に考える」ということ /蒲田
執筆者紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください