Paul Edwards (2010) A Vast Machine

  • Paul N. EDWARDS, 2010: A Vast Machine: Computer Models, Climate Data, and the Politics of Global Warming. Cambridge MA USA: MIT Press, 517 pp. ISBN 978-0-262-01392-5.

気候モデルやそれに関連するデータについての科学技術社会論。予約注文していた本が届いた。

4月27日に、読書ノートを書き始めた。当初はこのブログ記事と同じ内容だが、だんだん改訂していく予定。ブログ記事のほうはまちがいの訂正が必要な場合以外は改訂しない予定。

見たところでは、この分野の科学技術の事実を社会科学の立場から整理したものとしてはほかに例がない本だろうと思う。評論としては弱いかもしれない。

最初と最後の部分を読んだところで、読者への注意。本書ではmodelということばを狭い意味で使ったり広い意味で使ったりしているので、文脈で区別する必要がある。狭い意味は、計算機上のプログラムで、完全にではないが物理法則を基礎として、対象物の数量の定量的な近似を計算するものだ。(1980年代以後に気候あるいは気象の専門家間で限定なしに「モデル」と言ったらだいたいそうだ。) 広い意味ではこのほかに、たとえば、人工衛星が受けた電磁波の強さから気温を推定したり、年輪の幅から気温を推定したり、あるいは不規則に分布する観測点の気温から全球平均気温を推定したりする際の背景として想定される構造、つまり統計学用語でいうモデルをも含む。(さらに広い範囲の知識の構造を含んでいるかもしれない。)

ひとまず各章の表題をそのまま紹介する。
Introduction
1. Thinking globally
2. Global space, universal time: Seeing the planetary atmosphere
3. Standards and networks: International meteorology and the réseau mondial
4. Climatology and climate change before World War II
5. Friction
6. Numerical weather prediction
7. The infinite forecast
8. Making global data
9. The first WWW
10. Making data global
11. Data wars
12. Reanalysis: The do-over
13. Parametrics and the limits of knowledge
14. Simulation models and atmospheric politics, 1960 – 1992
15. Signal and noise: Consensus, controversy, and climate change
Conclusion

さて、第9章の題のThe First WWWとは何でしょう?

なお、著者のウェブサイトは http://pne.people.si.umich.edu/ 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください