日本自然災害学会 (2022) 自然災害科学・防災の百科事典

  • 日本自然災害学会 編, 2022: 自然災害科学・防災の百科事典。丸善出版, 777 pp. ISBN 978-4-621-30664-2.

2022年1月の新刊。A5 横書きで、表紙はかたいが「ハードカバー」というには薄め、紙ケース入り。定価 24000円 (+税)。(個人で買うにはちょっと高いが、ちょうど職場で本を買う目的のおかねがあったのでそれで買ってもらった。)

趣旨が似た出版物がいくつかあり、まえがきの参考資料としてリストがあげられている。新しいと思っていた本もだいぶ年数がたっているので、更新したほうがよいところもあるだろう。

  • 日本自然災害学会がかかわったもの: 『自然災害科学事典』 (1988 築地書館)、『防災事典』 (2002 築地書館)。
  • 防災科学技術研究所の人たちが中心になったもの: 『災害の事典』 (1992 朝倉書店) 、『自然災害の事典』 (2007 朝倉書店)
  • 京都大学 防災研究所が中心になったもの: 『防災学ハンドブック』 (2001 朝倉書店) 、『自然災害と防災の事典』 (2011 丸善出版)
  • 日本災害情報学会 『災害情報学事典』 (2016 朝倉書店)
  • 北原 糸子 ほか 編 『日本歴史災害事典』 (2012 吉川弘文館)

全15章で、各章が、多くは見開き2ページ、ときには4ページの項目にわかれている。ひとまず、章の題目と編集者をあげておく。
1章 防災の哲学 /寶 馨
2章 自然災害の科学 /橋本 学
3章 地震災害 /清野 純史
4章 火山災害 /高橋 和雄
5章 土砂災害と地盤災害 /諏訪 浩
6章 津波災害 /間瀬 肇
7章 異常気象災害 /鬼頭 昭雄
8章 強風災害 /石川 裕彦
9章 洪水災害 /山本 晴彦
10章 雪氷災害 /上石 勲
11章 都市災害 /能島 暢呂
12章 災害をめぐる人間行動と社会的反応 /矢守 克也
13章 自然災害に対する人文・社会科学的アプローチ /寶 馨
14章 災害リスクマネジメント・防災計画 /目黒 公郎
15章 防災の将来・ガバナンス・防災投資 /林 春男

編集方針は、章ごとの編集者にまかされたようだ。第14章は目黒さん自身が大部分の項目を執筆している。そのほかはおおぜいの分担執筆だが、日本語圏全体から専門家をえらんだと思われる章と、章の編者にとって身近な人でかためたと思われる章がある。項目にまたがって内容を調整するためには後者のやりかたもよいのかもしれない。総論の第1章と人文社会科学の第13章の話題はとても多様で、その編集は本全体の編者が担当している。

第2章は自然災害の原因となる現象を理解するための地球科学の知識をのべた章だ。大気・気候・海洋が最後の3項目にまとめられていて、ほかの大部分は (地震・火山をふくむ) 地球内部の話題だ (ただし津波はその途中にふくまれている)。大気・水圏に関心のある人としては不満を感じるが、大気・水圏については地球物理の概念だけですむが地球内部については地球物理と地質の概念をそれぞれ説明しておく必要があるということなのかもしれない。

折りかえしのあとに くわしい目次をつける。「/」のあとに、章の編者と各項目の執筆者の名まえをあげた。

== 目次 ==
刊行にあたって /寶 馨
– [参考資料] 自然災害を幅広く扱った事典等
本事典の目的と構成
編集委員一覧
執筆者一覧
目次
見出し語五十音索引
1章 防災の哲学 /寶 馨
– 災害とは /寶 馨
– 人間の安全保障と防災 /小森 大輔
– 天災と人災 /寶 馨
– 防災と風土・文化・宗教 /佐藤 翔輔
– 日本の特性 /寶 馨
– 防災とレジリエンス /清水 美香
– 自らの命を守る (自助) /牧 紀男
– 助け合いによる防災 (共助) /牧 紀男
– 防災における行政の役割 (公助) /牧 紀男
– 地域防災計画 /牧 紀男
– 都市計画・国土計画と防災 /藤井 聡
– 被災地への協力・援助 /沼田 宗純
– 災害時の人道支援 /渥美 公秀
– 低頻度巨大災害 /寶 馨
– 緊急事態への対処 /寶 馨
– ボランティアの役割 /松田 曜子
– 科学・技術と防災 /小池 俊雄
– 企業の防災 /橋本 道雄
– 教育現場の防災 /片田 敏孝
– 広域波及災害 /寶 馨
– 疾病災害 /山本 太郎
– 原子力災害 /関谷 直也
– [コラム] 天災は忘れた頃にやってくる /寶 馨
2章 自然災害の科学 /橋本 学
– 地球の形成と進化 /深畑 幸俊
– 地球を測る /西村 卓也
– 地球の構造 /澁谷 拓郎
– プレートテクトニクス /橋本 学
– 日本列島の大地形と構造 /深畑 幸俊
– 地震の科学 /澁谷 拓郎
– 海溝型地震 /西村 卓也
– プレート内地震 /伊藤 喜宏
– 深発地震 /澁谷 拓郎
– 地震の観測 /伊藤 喜宏
– 津波の科学 /佐竹 健治
– 地震の予知・予測・予報 /橋本 学
– 火山とテクトニクス /筒井 智樹
– 火山噴火の科学 /井口 正人
– 大気の科学 /武見 哲也
– 気候の科学 /榎本 剛
– 海洋の科学: 海面水位の変動 /秋友 和典
– [コラム] 南海トラフの巨大地震 /橋本 学
3章 地震災害 /清野 純史
– 過去の地震を振り返る /福和 伸夫
– 地震の起こり方 /関口 春子
– 地震津波 /奥村 与志弘
– 地震の大きさと揺れ方 /後藤 浩之
– わが国の地震観測の現状 /藤原 広行
– 地震の揺れ /香川 敬生
– 早期地震警報のしくみ /山本 俊六
– 地震動のシミュレーション /川瀬 博
– 振動台による地震動の再現 /佐藤 栄児
– 地震に対する構造物の応答 /五十嵐 晃
– 耐震設計法 /高橋 良和
– 地震による構造物被害: 建築構造物 /松島 信一
– 地震による構造物被害: 土木構造物 /大町 達夫
– 地震による地盤災害 /森 伸一郎
– 地震リスク /清野 純史
– 地震災害の波及 /能島 暢呂
– 地震に伴う「人間被害」 /大田 裕
– 文化財の地震被害 /古川 愛子
– 災害廃棄物 /佐藤 研一
– 地震災害からの立ち直りの過程 /林 春男
– [コラム] 地震の発生確率 /能島 暢呂
4章 火山災害 /高橋 和雄
– 日本の活火山 /山里 平
– 世界の活火山 /宇井 忠英
– 噴火のエネルギーと規模 /中田 節也
– 噴火のメカニズム /中道 治久
– 噴煙の運動 /小屋口 剛博
– 噴出物による直接的災害 /中田 節也
– 付随現象による災害 /清水 洋
– 山体崩壊と火山性津波 /宇井 忠英
– 地殻変動 /中道 治久
– 火山活動のモニタリング /山里 平
– 火山内部構造のモニタリング /清水 洋
– 噴火予知 /山里 平
– 火山ハザードマップ /安養寺 信夫
– 被害想定 /安養寺 信夫
– 火山防災情報と伝達 /田中 淳
– 火山防災の制度と計画 /田中 達也
– 噴火時の避難 /田中 淳
– 火山砂防計画 /石井 靖雄
– 火山地の地域づくり /杉本 伸一
– 復旧・復興事業 /松井 宗廣
– 生活復興 /木村 拓郎
– 航空インフラ被害 /小野寺 三朗
– 火山災害の教訓 /高橋 和雄
– [コラム] 宝永噴火から学ぶ教訓 /鎌田 浩毅
5章 土砂災害と地盤災害 /諏訪 浩
– 地すべり /釜井 俊孝
– 深層崩壊 /千木良 雅弘
– 表層崩壊 /飯田 智之
– 崖崩れ・落石 /松倉 公憲
– 土石流 /諏訪 浩
– 豪雨による土砂災害 /石川 芳治
– 地震による土砂災害 /釜井 俊孝
– 火山噴火による土砂災害 /山越 隆雄
– ハザードマップと警戒避難 /山越 隆雄
– 地盤沈下 /大島 昭彦
– 地盤の陥没 /桑野 玲子
– 地盤の液状化 /飛田 哲男
– 地盤の環境汚染 /勝見 武
– [コラム] 天変地異の恵み /諏訪 浩
6章 津波災害 /間瀬 肇
– 津波実態 /森 信人
– 海岸および陸上構造物の被害 /安田 誠宏
– 生活および社会・経済への被害 /永松 伸吾
– 想定地震と想定津波 /安田 誠宏
– 想定被害 /奥村 与志弘
– 災害対策上の課題 /奥村 与志弘
– 日本の巨大津波 /今村 文彦
– 海外の巨大津波 /今村 文彦
– 津波の発生原因と仕組み /鴫原 良典
– 海洋から沿岸域への津波伝播 /越村 俊一
– 津波の沿岸・陸域伝播と浸水シミュレーション /高橋 智幸
– 瓦礫や砂移動を含む津波伝播 /高橋 智幸
– 構造物に作用する津波力 /木原 直人
– 津波と高潮の違い /間瀬 肇
– 地震・津波観測監視システム /金田 義行
– 津波観測と津波予測 /近貞 (山本) 直孝
– 沿岸・陸上構造物への津波力 /有光 剛
– 粘り強い防波堤 /平石 哲也
– 粘り強い海岸堤防 /加藤 史訓
– 可動型津波防波堤 /平石 哲也
– 津波避難シェルター /重松 孝昌
– [コラム] 世界津波の日と防災の日
7章 異常気象災害 /鬼頭 昭雄
– 異常気象とは /前田 修平
– 異常高温 /藤部 文昭
– 熱波 /藤部 文昭
– ヒートアイランド /高根 雄也
– 暖冬 /高野 清治
– 冷夏 /高野 清治
– 寒波 /田中 博
– 寒雪害 /篠田 雅人
– 長雨 /鈴木 真一
– 日照不足 /山本 晴彦
– 干ばつ /山本 晴彦、兼光 直樹、渡邉 祐香
– 山火事 /森 章
– 温暖化と異常気象 /鬼頭 昭雄
– [コラム] 海洋熱波 /石井 雅男
8章 強風災害 /石川 裕彦
– 風の性質と計測 /林 泰一
– 積乱雲と災害: 積乱雲の構造と発生環境 /竹見 哲也
– 積乱雲と災害: 竜巻とダウンバースト /小林 文明
– 積乱雲と災害: 降水と雹 /小林 文明
– 積乱雲と災害: 雷 /高橋 幸弘
– 積乱雲の観測と予測 /楠 研一
– 台風 /筆保 弘徳
– 台風の構造と強風 /吉野 純
– 台風がもたらす災害 /石川 裕彦
– 温帯低気圧と強風 /吉田 聡
– 波浪災害 /森 信人
– 高潮災害 /森 信人
– 地形と強風 /石川 裕彦
– 都市の構造と強風 /竹見 哲也
– 建物の強風被害とその防止・低減 /丸山 敬
– 強風による飛散物と建物被害 /丸山 敬
– 社会基盤の強風被害とその防止 /八木 知己、荒木 啓司、松宮 央登
– ゲリラ豪雨をもたらす積乱雲の早期探知及び危険性予測 /中北 英一
– [コラム] ノンエンジニアド建造物と科学的に分析し防災に役立てる /西嶋 一欽
9章 洪水災害 /山本 晴彦
– 降水の観測 /山本 晴彦、兼光 直樹、渡邉 祐香
– 降水量の記録 /山本 晴彦
– 前線性の豪雨 /田中 健路
– 台風による豪雨 /竹見 哲也
– 大雨警報と記録的短時間大雨情報 /牛山 素行
– 日本の河川 /田中 茂信
– 洪水地形: 治水地形分類図 /黒木 貴一
– 洪水災害の発生状況 /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– 堤防 /田中 茂信
– 氾濫 /田中 茂信
– 千曲川水害: 洪水災害の事例 (1) /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– 倉敷市真備水害: 洪水災害の事例 (2) /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– タイの洪水: 洪水災害の事例 (3) /佐山 敬洋
– 防災情報 /山本 晴彦
– ダムと河川の管理 /角 哲也
– 気象レーダーと気象衛星 /三隅 良平
– 避難情報 /牛山 素行
– 洪水ハザードマップ /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– 都市型水害 /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– 遊水地・調節池・霞堤・調整池 /山本 晴彦
– 洪水によるライフラインの被害 /宮島 昌克
– 農業における水害 /山本 晴彦、渡邉 祐香、兼光 直樹
– 水防法・水害と社会 /寶 馨
– [コラム] 災害地名と災害碑 /高橋 和雄
10章 雪氷災害 /上石 勲
– 雪氷災害の種類と変遷 /上石 勲
– 降雪 /本田 明治
– 積雪 /尾関 俊浩
– 雪氷の観測と実験 /伊藤 陽一
– 道路雪氷とその対策 /松澤 勝
– 屋根雪とその対策 /高橋 徹
– 雪崩とその対策 /松下 拓樹
– 吹雪・吹きだまりとその対策 /金田 安弘
– 着雪・冠雪・落雪とその対策 /佐藤 研吾
– 融雪災害とその対策 /松元 高峰
– 凍上および凍結融解とその対策 /川口 貴之
– 多雪地域での雪氷災害 /上石 勲
– 寡雪地域での雪氷災害 /中村 一樹、上石 勲
– 農林水産業の雪氷災害 /勝島 隆史、井上 聡
– 鉄道・交通の雪氷災害 /河島 克久
– 住民協力とボランティア /上村 靖司
– 行政の取組み /諸橋 和行
– 雪氷災害予測と雪氷情報 /山口 悟
– 新しい雪氷災害への取組み /山口 悟
– 氷河湖決壊洪水 (GLOF) /奈良間 千之
– [コラム] 令和初の大雪から考える雪国の風土 /上石 勲
11章 都市災害 /能島 暢呂
– 都市災害の特徴 /能島 暢呂
– 都市への曝露量の集中 /能島 暢呂
– 都市の脆弱性の高まり /能島 暢呂
– ハザードマップと地域危険度評価 /能島 暢呂
– 都市空間のリスク /福和 伸夫
– 宅地造成地のリスク /橋本 隆雄
– 臨海地区のリスク /中村 孝明
– 電力 /朱牟田 善治
– 都市ガス /丸山 喜久
– 上水道 /宮島 昌克
– 下水道 /庄司 学
– 通信 /鈴木 崇伸
– 道路 /片岡 正次郎
– 鉄道 /岡村 敏之
– 産業被害 /渡辺 研司
– 企業防災 /渡辺 研司
– 経済被害 /多々納 裕一
– 地震火災 /廣井 悠
– 延焼火災の現象と予測 /廣井 悠
– 市街地防火対策 /廣井 悠
– 法制度と防災事業 /越山 健治
– 震災復興計画 /越山 健治
– 事前復興計画 /越山 健治
– [コラム] 世界のメガシティ /山崎 文雄
12章 災害をめぐる人間行動と社会的反応 /矢守 克也
– 脆弱性 /多々納 裕一
– 防災まちづくり /牧 紀男
– 地域防災 /矢守 克也
– 防災教育 /城下 英行
– リスクコミュニケーション /矢守 克也
– 災害情報 /矢守 克也
– 災害報道 /近藤 誠司
– 避難行動 /竹之内 健介
– 避難所運営 /阪本 真由美
– 災害対応 /紅谷 昇平
– 被災者支援 /渥美 公秀
– 心のケア /矢守 克也
– 災害時医療・看護 /高田 洋介
– 災害復興 /宮本 匠
– 経済復興 /梶谷 義雄
– 災害文化 /矢守 克也
– 災害法制 /山崎 栄一
– 研究・実践の方法 /矢守 克也
– 自然災害と感染症災害 /矢守 克也
– [コラム] コロナ禍の人間行動と「臨時情報」 /矢守 克也
13章 自然災害に対する人文・社会科学的アプローチ /寶 馨
– 災害史 /北原 糸子
– 災害の変遷: 江戸時代の巨大災害とその復旧策 /北原 糸子
– 世界史に影響を与えた災害 /北原 糸子
– 日本史に影響を与えた災害 /北原 糸子
– 災害と人文地理学 /春山 成子
– 地図と災害 /岩橋 純子
– 災害と地域研究 /西 芳実
– 都市の変容と災害 /川瀬 博
– 社会経済システムと災害 /多々納 裕一
– 災害の経済学 /多々納 裕一
– 災害と貧困 /立木 茂雄
– 日本による防災分野での国際貢献 /松岡 由季、竹谷 公男
– 災害と法律 /山崎 栄一
– 高度情報通信ネットワーク社会の防災 /山本 佳世子
– 超高齢社会の防災 /寶 馨
– 災害と家庭 /竹内 裕希子
– 災害と女性 /天野 玲子
– 災害と報道・マスメディア /中川 和之
– 文化遺産防災 /大窪 健之
– [コラム] 顕著な災害を起こした自然現象の名称 /大西 晴夫
14章 災害リスクマネジメント・防災計画 /目黒 公郎
– 災害メカニズムの理解 /目黒 公郎
– 災害イマジネーション /目黒 公郎
– 災害対策基本法における「防災」の定義と「減災」 /目黒 公郎
– 総合的災害管理と二つの危機管理 /目黒 公郎
– 防災計画とアクションプランの連携 /目黒 公郎
– 被害抑止対策 /目黒 公郎
– 被害軽減のための事前準備 /目黒 公郎
– 災害の予測と早期警報 /目黒 公郎
– 被害評価と災害対応 /目黒 公郎
– 復旧と復興 /目黒 公郎
– 災害リスクの低減と災害レジリエンスの向上 /目黒 公郎
– 災害リスクと対策の優先順位 /目黒 公郎
– 情報とコミュニケーション /目黒 公郎
– マスメディアによる災害報道の実態と課題 /目黒 公郎
– 保険・補償と災害 /目黒 公郎
– 国土保全と災害対策 /目黒 公郎
– 持続可能な災害対策の推進 /目黒 公郎
– 関東大震災からの教訓 /目黒 公郎
– 伊勢湾台風災害からの教訓 /寶 馨
– 阪神・淡路大震災からの教訓 /目黒 公郎
– 東日本大震災からの教訓: 災害対策における誤解と真の意義 /目黒 公郎
– 東日本大震災からの教訓: 復旧・復興時の人材不足問題 /目黒 公郎
– 東日本大震災からの教訓に基づく復旧・復興への提案 /目黒 公郎
– 熊本地震災害からの教訓 /目黒 公郎
– 地震と火災 /目黒 公郎
– 国際災害対応プロジェクトの課題 /目黒 公郎
– [コラム] 地震保険のリスクコントロール機能 /目黒 公郎
15章 防災の将来・ガバナンス・防災投資 /林 春男
– 社会の不可逆的変化による災害の多様化 /天野 肇
– 20世紀以降の災害発生の時間的推移 /川崎 昭如
– 国連と日本が連携して創った防災議論の世界的潮流 /松岡 由季
– 2005兵庫行動枠組の採択 /西川 智
– 2015仙台行動枠組の採択 /竹谷 公男、小野 裕一
– 国連仙台防災枠組: 七つのターゲット /竹谷 公男
– 国連仙台防災枠組: 四つの優先行動 /奈良 由美子
– 防災の中心概念としてのレジリエンス /井ノ口 宗成
– レジリエンスと SDGs の関係 /小池 俊雄
– レジリエンスと地球環境問題との関係 /肱岡 靖明
– 人口減少社会での防災のあり方 /永松 伸吾
– 日本におけるレジリエンスの展開 /廣木 謙三
– ハザードの予測 /佐竹 健治
– 予防力の向上 /塚原 健一
– 対応力の向上 /田村 圭子
– 防災基礎力の向上 /木村 玲欧
– 防災情報サービスプラットフォームの構築 /臼田 裕一郎
– 国難災害をのりこえる /河田 惠昭
– 南海トラフ地震対策 /鈴木 進吾
– 首都直下地震対策 /酒井 慎一
– 首都圏洪水対策 /佐山 敬洋
– [コラム] いのち・くらし・しごとを守る /林 春男
引用参照文献一覧
– 欧文文献
– 和文文献
索引

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください