吉岡 斉 (1987) 科学革命の政治学

  • 吉岡 斉, 1987: 科学革命の政治学 — 科学からみた現代史 (中公新書 856)。中央公論社, 247 pp., ISBN 4-12-100856-1.

1970-80年代の科学技術論をふりかえろうと図書館で本を見ていてたまたまこの本を開いたら、科学の活動を熱機関に似たシステムとしてとらえる模式図に目がとまった。この著者の本はいくつか読んだのだがこの模式図を含む本は読んだことがなかった。【わたしは、20世紀後半の理科系育ちの習性だと思うが、(文字ばかりでなく、さし絵や写真でもなく)情報を表現するために構成された図のある本だと、読む意欲がわく。】

著者はこの本を書いた当時「科学革命」ということばにずいぶんこだわりがあったようだ。このことばのいろいろな使いかたをあげたうえで、基本的にはKuhnの使いかたを採用している。ただしKuhnのパラダイム論のうちの科学上の概念や理論にかかわる面は扱わず、科学者が集団を形成して行動することに注目する。わたしの印象では、この本が成功しているのはKuhnのいう通常科学を説明するシステム的模式を提示したこと(第4章)だと思う。Kuhnのいう科学革命についても、システムの交代として説明している(第5章)けれども、交代の起こるしくみまで説明できているわけではない。この本はむしろ「現代の通常科学のしくみと政治」の本なのだ。

ただし、科学革命と政治上の革命との関係についての議論(第5章第4節)も、著者が言いたかった論点なのだと思う。ここで政治上の革命は、民衆の自由・平等・政治参加が強まる方向の変革であり、よいことだとされている。著者は、科学革命が政治上の革命につながることも反革命につながることも同じ程度にありうるとする。著者の科学というもののとらえかたは全面的な性善説でも性悪説でもないのだ。

著者は自分のアプローチは「社会史的」なものだという。ただしこの用語は社会的文脈の中でとらえることを意味し、政治史・体制史と対立しない。また、対象となる巨大科学のプロジェクトの運営を政治的なものととらえる。ただしこの「政治的」は利害をになう諸集団の相互作用のダイナミックスをさし、非難を含まない。

現代科学のうち、巨大な実験・観測装置を使う分野に注目する。第1・2章で核物理学 (原子核・素粒子レベルの物理現象を対象とする分野)、第3章で新しい天文学について、実験・観測装置とそれを運営する体制の発達を中心に、歴史をたどっている。

第4章で著者は科学活動とそれを推進・支援する体制をあわせたシステムを考える。科学は専門分野ごとに組織されている。さらに、大規模な研究設備を使う分野ではたいてい、国が資金を出して利用ルールをつくっているので、科学活動は国ごとに組織されている。著者が扱う系は、ある国のある専門分野の科学活動ということになる。【国際共同設備の場合は、系は複数の国にまたがることになるのだろう。その場合も各国の政府を系の要素に含めることは必要だが。】

そのモデルは「開放系モデル」と呼ばれている。「定常開放系」と表現されているところもある。この表現には槌田敦氏の著作からの影響があると思われるがその名まえは出てこない。杉本(1978)への参照はあるので、熱力学の非平衡定常系のモデルを背景としていることは確かだと思う。ここでいう系には、ものの流れと情報の流れがあるが、流れが系内で閉じておらず外とのやりとりがあるので「開放系」なのだ。科学の場合、情報の流れは(閉じていてはいけないのだが)どちらかといえば系内の循環のほうが重要だ。しかし、「もの」の流れでは系外とのやりとり(資源の投入と廃棄物の排出)が重要だ。さらに、「もの」に含めるのは語弊があるとことわっているが、働く人の新陳代謝、とくに、研究業務のためにいらなくなった人の行き場(転職先)があることも系の働きの前提となる。【旧研究活動従事者の処遇の件は今も問題だが、とくに1980年代の日本の国立大学では重大問題となっていたのを思い出す。】

他の活動とは違ってとくに科学は、同じものを再生産しても無意味なので、完全な定常はありえない。しかし、系が外界とやりとりするものの流れに比べて系自体の構造変化は小さいという意味で準定常的なのだ。科学の発展は、ひとつにはそれぞれの系が生産を続けることによる。ここで著者は、活発さを維持するために必要な資源は増大するといい、また、それぞれの系は(準定常状態を維持しながらだが)成長をも目標としているという。【これは現実の系についての観察事実なのだろうが、もし科学の必然だとすると資源有限の時代には科学は行き詰まるのだろうか?】 もうひとつには、ある系が衰退・滅亡し他の系が成長するという新陳代謝による。【同じ対象をカバーする分野間でこのような交代が起こればKuhnの意味での科学革命といえるだろう。】 系の衰退の原因は科学内の問題の枯渇の場合もあるが、資源不足、人の新陳代謝の不足、(たとえば秘密主義による)情報の再生産の停滞などもある。

第4章の終わりから第5章にかけて、科学の私有化(スポンサーによる影響行使)の問題が論じられている。科学の自律性は厳密には成り立たないが、それを尊重するスポンサーがいればほぼ成り立つ。Ravetzの『批判的科学』でいう「アカデミズム科学」がこれで、典型は19世紀後半のドイツで成立し、1930年ごろまで主流だったと考えられる。しかし、第2次大戦以後の科学は、私有化が進んでいる。産業化ともいうが、私企業によるもののほか、軍を含む政府機関による独占的かこいこみもこれの内だ。 システムは複雑になり、上下関係をもつ分業体制が発達する。産業化した科学が自己維持しさらに成長していることは、システムとしては健全といえるかもしれない。【成長すればいずれ限界にぶつかるという意味では健全かは疑問なのだが。】 しかし人間社会が科学の生み出すパワーを制御することができるかという観点で、科学の産業化は健全なことでないと考えられる。

第6章では技術について論じている。技術についても科学の場合と同じ開放系モデルが適用できる。ただし技術は早くから私有化されていて、技術という系自体よりもむしろスポンサーの生存と成長が目標になっていることが多い。

20世紀の物理学が作り出した技術分野としては、量子力学に基づく電子技術と、原子核技術があげられる。しかし原子核技術は軍事面はともかく産業面でたいした地位をしめていない。【ここで原子力技術の歴史に関する具体的考察があるが、著者がその後まとめた別の本があるので、わたしは読みとばしてしまった。】

第7章では科学と国家権力とのかかわりを論じている。ドイツのナチ体制の「アーリア的物理学」とソ連のマッハ主義批判を対比した考察もある。現代の「科学立国」論にもコメントしている。「科学力」「技術力」という表現が使われるが、自由、平和、民主などには「力」はつかないことが指摘され、科学・技術を量化・序列化する思想として認識されている。

第8章ではノーベル賞を論じている。

「エピローグ」では、まず、イノベーションを起こすのは中規模科学であって巨大科学ではない(巨大科学には始まったイノベーションを開花させる役割はある)と言っている。

そして、日本の政策方針のうちで、「創造的な基礎研究」を重視するのはよいが、世界の競争で一位をめざすのは適切な目標ではないとする。

一般人から見て、科学の自己増殖がこのましいとは言えない。だれもが自由に科学の批判活動に参加できるのがよい、と論じている。【ただし、その議論の続きに「より広い知識階層の人々」ということばも出てくる。「知識階層」という表現はそうでない階層の存在を前提としているように思われ、「だれでも」とは違った思想のように思われる。しかし、だれでも参加できるとしても、積極的に参加する部分ができるだろうから、それを「階層」と呼べば矛盾はしないとも思う。】

全体として、この本は「科学革命」の本ではなく「通常科学」の本だと思う。ただし、Kuhnのいう科学革命をシステムの交代として扱うことができる。ここで提出されたシステムモデルは、これからの議論を組み立てるうえでも役立つと思う。ただし、もっと磨く必要がありそうだ。とくに、「成長」が出てくるところには、知識の成長と、資源の成長(の限界)という異質の問題がからんでおり、整理が必要だと思う。

文献

  • J. R. RAVETZ, 1971: Scientific Knowledge and its Social Problems. Oxford University Press.
  • [上の本の部分省略日本語版] J. R. ラベッツ 著, 中山 茂, 吉岡 斉, 江口 高顕, 須摩 春樹 訳 (1977): 批判的科学 — 産業化科学の批判のために。 秀潤社, 318+xxvi pp.
  • 杉本 大一郎, 1978: 宇宙の終焉 (ブルーバックス)。講談社。

折り返しのあとに詳しい目次をつける。

目次
プロローグ 科学革命への招待
– 1. 科学革命の概念
– 2. トーマス・クーンの科学革命論
– 3. 20世紀物理学の変革
– 4. 巨大科学時代の科学と社会
第1章 ミクロの世界の発見
– 1. 発見の時代
– 2. 量子力学の誕生
– 3. 量子力学の世界
– 4. 草創期の核物理学
第2章 加速器がひらく世界
– 1. サイクロトロンの時代
– 2. シンクロトロンの時代
– 3. コライダーの時代
– 4. 日本の加速器のあゆみ
第3章 現代天文学の革命
– 1. 宇宙に開かれた窓
– 2. 電波天文学の誕生
– 3. 宇宙空間天文学の誕生
– 4. 新天文学のライフサイクル
第4章 科学技術システムの構造
– 1. 開放系モデルの提唱
– 2. 科学の内的論理とは何か
– 3. 科学研究システムと外界
– 4. システムの生理と病理
第5章 産業化科学と科学革命
– 1. アカデミズム科学と産業化科学
– 2. 科学と企業の比較分析
– 3. 開放系モデルと科学革命
– 4. 科学革命と社会革命
第6章 科学革命と技術革新
– 1. 科学と技術の相互作用
– 2. 原子力技術の展開
– 3. 日本の原子力の草創期
– 4. 日本の原子力の展開とゆくえ
第7章 科学革命と国家権力
– 1. 科学における国家と革命
– 2. 科学革命とイデオロギー
– 3. 軍拡競争と科学者
– 4. ナショナリズムと科学立国
第8章 科学革命とノーベル賞
– 1. ノーベル賞の生い立ち
– 2. 科学界とノーベル賞
– 3. ノーベル賞の科学的・社会的功罪
– 4. 巨大科学におけるノーベル賞
エピローグ 科学革命の明日
– 1. 巨大科学とイノベーション
– 2. 何のための科学革命
後記 科学革命と私

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください