ASIOS, 奥菜 秀次, 水野 俊平 (2011) 検証 陰謀論はどこまで真実か

  • ASIOS, 奥菜 秀次, 水野 俊平, 2011: 検証 陰謀論はどこまで真実か。文芸社, 341 pp. ISBN 978-4-286-10304-4.

ASIOS (http://www.asios.org/)とはAssociation for Skeptical Investigation of Supernaturalで、「超常現象の懐疑的調査のための会」だそうだ。超常現象とは、たとえば、いわゆるUFOやテレパシーなどをさすらしい。本書はその会長の本城(ほんじょう) 達也氏、メンバーの寺薗 淳也、ナカイ サヤカ、長澤 裕(ゆたか)、原田 実、 藤野 七穂(なほ)、皆神 龍太郎、山本 弘、横山 雅司 各氏と、メンバー外の奥菜氏、水野氏が分担執筆している。

ここでいう陰謀論とは、ウィキペディア(2010年7月現在)をひいて、「ある出来事について、広く人々に認められている事実や背景とは別に、何らかの陰謀や策謀があるとする意見を指す名称」とされている。わたしはむしろ「陰謀を想定しなくても解釈できる現象について、陰謀を想定した解釈を主張し続けること」と言ったらどうかと思う。

本書で扱われている陰謀論のうちには、科学的に考えてありえないものもあるが、部分的には実際に陰謀があったと考えられるものもあり、不確かなものもある。そこで「真実度」という数値を添えることが試みられている。その数値は最大30%となっており、あげられている陰謀論のいずれについても著者たちは基本的にはまちがいだとしていることになる。

最初にあげられているのが「地球温暖化説はでっち上げだ」という主張だ。批判対象は、いわゆる温暖化懐疑論すべてではなく、「研究者の組織が温暖化説が正しくないことを承知でうそをついている」という説だということに注意しよう。批判はもっともだが、温暖化説の弁護としては「なぜ二酸化炭素は地球温暖化の原因と考えられているのだろうか? 簡単にいえば、『他に容疑者がいないから』である。」では弱い。もう少し物理的因果関係に踏みこんでほしかったと思う。また、「ジョーンズの『トリック』疑惑は晴れた」というのは正しいと思うが、それに関連して「ただ、ジョーンズにも明らかに非はある。たとえばワッツら懐疑派からのデータの提示の要求を頑(かたく)なに拒み続けたことだ。」の「明らかに」は強すぎる。ジョーンズの材料データにはデータ提供元から再配布不可の条件がついていたものもあったのだ。

次にある「ケムトレイル」のうわさは初めて知った。大気中を汚染物質が流れていることは事実で、その通り道をchemical trailと呼んでも悪くはない。しかし、ある集団が意図的に有毒な物質を流しているという陰謀説を裏づける観測事実はない。

人工地震というものはある。地下構造を知るために爆薬などを使って起こす。地下核実験によっても地震は起こる。しかし、1995年兵庫県南部地震(阪神大震災)、2004年スマトラ沖地震、あるいは本書の話題ではないが2011年東北沖地震(東日本大震災)が人工的に起こされたというのは荒唐無稽と言ってよい。本書では複数の章に出てくるが、HAARPというものがある。アメリカ合衆国のアラスカ大学で運用されている施設で、電波を発信して電離層やオーロラの状態をいくらか変化させている。しかし環境を変化させることをねらった実験ではなく、基本的には自然のシステムを観測しているのだ。ところがこれについて、電離層をこわす兵器ではないかといううわさがさらに変形して、地震を起こす兵器ではないかといううわさが生じたらしい。

2001年9月11日事件については、アメリカ政府関係者による自作自演説がある。それは多くの場合、「ツインタワー(貿易センタービル)は制御爆破解体された」「ペンタゴンに突入したものはジャンボジェットよりも小さい」といった主張を伴う。しかし、証拠を科学的に検討すると、こういった主張には無理があり、旅客機がハイジャックされて突入したという公式見解のほうが筋がとおっている。

ただし、「アメリカ政府は事前にこれを知っており、石油利権獲得のためにイラク攻撃をしたくて9.11のテロ攻撃を黙認した」という陰謀説については、本書は必ずしも否定していないようだ。さらにわたしが考えると「アメリカ政府周辺(中枢ではない)の少数の人々が、イスラム過激派のふりをしてテロをそそのかした」という陰謀説さえ、否定するのはむずかしいと思う。(ただし、わたしはそのような陰謀説を積極的に主張するつもりはない)。

どうやら陰謀説には科学技術的要素のあるものと純社会的なものがあって、前者は科学的に確からしさを論じることができるけれども、後者は当事者が語らない限りわからないこともあるようだ。

折り返しの先に目次を書き出しておく。

まえがき — 陰謀論の定義 (本城)
第1章 私たちの日常は陰謀に満ちている!? — 日常生活編
地球温暖化説はでっち上げだ (山本)
有害物質を大量に含んだ雲ケムトレイルに気をつけろ (寺薗)
競馬にはサインが隠されている (山本)
「思考盗聴テクノロジー」で特定の市民を攻撃する集団がいる (山本)
SARSはアジアの人口減少を狙ったアメリカの陰謀だ (寺薗)
第2章 日本は昔から陰謀だらけ!? — 日本史の陰謀論
孝明天皇は暗殺され、明治天皇はすりかえられた (原田)
満洲事変はソ連による謀略だった (原田)
国鉄・下山総裁はGHQに謀殺された (原田)
ロッキード事件はアメリカが仕組んだ田中角栄つぶしの謀略だった (原田)
日航ジャンボ機は米軍に墜落させられた (原田)
阪神・淡路大震災はアメリカの地震兵器によって引き起こされた (原田)
日本政府は「世界征服計画書」(田中上奏文)を作成した (藤野)
「古史古伝」は公開されると時の政府から弾圧された (藤野)
第2次世界大戦で、日本は負けていなかった(ブラジル勝ち組陰謀論) (皆神)
日本が朝鮮の民族精気を絶つために風水を破壊した(日帝断脈説) (水野)
第3章 世界史も陰謀だらけ? 欧米の陰謀論
ナチスによるガス室でのユダヤ人虐殺はなかった (奥菜)
CIAはマインド・コントロール実験(MKウルトラ)により暗殺者を作り上げた (奥菜)
アメリカがハープを使って人工地震・人工津波を起こしている (奥菜)
湾岸戦争はアメリカがしかけた (奥菜)
9.11テロはアメリカの自作自演だ (長澤)
CIAが世界に麻薬を蔓延させている (奥菜)
地球的通信傍受システム・エシェロンが私たちの生活を監視している (奥菜)
ノーベル賞は選考時に人種差別をしている (原田)
インド洋津波は、核爆弾によって人工的に起こされた (寺薗)
ダイアナ妃は英国王室に謀殺された (ナカイ)
第4章 宇宙開発をめぐる陰謀
アポロは月には行っていない(アポロ陰謀説総論) (横山)
アポロ1号と13号も疑惑に包まれている (寺薗)
アポロ計画で持ち帰った「月の石」は、地球の石だった (本城)
スペースシャトル「チャレンジャー」の爆発はペンタゴンが起こした (寺薗)
神舟7号の「中国初」船外活動は、地上で撮影されたやらせだった (寺薗)
第5章 定番・有名な陰謀論はどこまで本当か?
フリーメイソンとイルミナティとユダヤが世界を支配している (皆神)
切り裂きジャックの正体はフリーメイソンだった (皆神)
UFO陰謀論 — ロズウェル事件とエリア51 (皆神)
「M資金」はGHQの秘密資金だ (原田)
あとがきに代えて — 陰謀論にだまされないためにはどうしたらよいか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.