新田尚ほか(2009) 数値予報と現代気象学

  • 新田 尚(たかし), 二宮 洸三, 山岸 米二郎, 2009: 数値予報と現代気象学. 東京堂出版, 224 pp. ISBN 978-4-490-20664-7.

わたしは気象庁の職員になったことはないが、学生や大学教員や研究者として、気象庁、とくにその数値予報関係のかたがたにはおせわになっていることが多いので、この本を読んで考えるべきことがいろいろあり、すぐには書ききれない。

しかしともかく、数値天気予報あるいは気候モデルについて勉強したい人や、この分野の科学史に興味がある人に、この本の存在を知らせておくことに意味があると思うので、読書ノートを書いた。

masudako

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください