左巻 健男 (2022) こんなに変わった理科教科書

  • 左巻 健男 [さまき たけお], 2022: こんなに変わった理科教科書 (ちくま新書 1644)。筑摩書房, 237 pp. ISBN 978-4-480-07470-6.

2022年4月の新刊。新書判 縦書き。まだ実質的な読書メモができていないが、ひとまず (折りかえしのあとに) くわしい目次を出しておく。

== 目次 ==
目次
はじめに
第1章 理科教科書の70年
– 7つの区分で理科教科書を読みとく
– 戦後のスタートは墨塗り教科書から
– 文部省が編集した『私たちの科学』 『小学生の科学』
– 『小学生の科学』は 1学年に 5単元
– 中学『私たちの科学』は 1学年に 6単元
– 目指せ科学立国 — 系統学習時代
– スプートニク・ショックは日本も直撃 — 現代化の時代
– ゆとり教育は80年代から — 精選さらに精選、そして厳選
– 「個性化・多様化、さらなる精選」と「厳選・ゆとり」
– 厳選とゆとり教育の時代の理科教科書
– 授業時間も教育内容も充実
– 高校の理科教科書はどうだったか
– 米国の現代化運動が日本に影響
– 高校の理科は選択制
第2章 日本は科学の国という夢 — 超難しかった物理・化学
– 実験主体の豊かな授業
– 長期間教科書に残り続けた「すなぐるま」
– 小学校で習った滑車と輪軸
– 中学で運動の第二法則を学んだ高度な時代
– 中学校物理分野は測定、有効数字や誤差から学習
– 物体の質量と加速度の間にある関係
– 放射能・放射線を理解させていた 60年代
– 大きな転換点は、福島第一原子力発電所事故
– 金属の学習はどんどん軽い扱いに
– 誤解させる実験 「石けん水で物の溶け方」
– 水とエタノールを足した体積が合計にならない理由
– 意図的な理科授業の功績
– 原子・分子は早期導入が身につく
– 消えた周期表 — 周期表はなぜ大切か
– 中学の電池はボルタ電池からダニエル電池へ
– イオン化傾向とダニエル電池
第3章 君はかいちゅうの感染方法を知っているか — 体験で学ぶ生物・地学
– 小学生が学んだ伝染病
– 理科で学んだハエ退治
– パンのカビ、森のキノコ
– いつまで化石を教えたか
– 解剖事業の今昔
– クラスで育てた有精卵とショウジョウバエ
– 小学1、2年生が学んだ大量の植物の種類
– 60年代までの小学低学年は大量の動植物を学んだ
– 揺れる性教育
– 遺伝の法則は中学に前倒し
– メンデル遺伝と DNA学習で教えるべきこと
– 生物の分類の細分化
– 生態系の「分解者」の定義
– かつては地動説の立場で説明していた
– 山ができるしくみ
第4章 教科書の単位・定義・用語はいつ、なぜ変わったか
– メートル法でさえ定着は大変だった
– 現在の教科書検定基準は国際単位系
– 高校物理教科書の力の単位の移り変わり
– 単位ニュートンは2002年から登場
– 圧力の単位パスカル
– 体積の単位リットルは l から大文字 L に
– 「カロリー」から「ジュール」へ
– カロリーは推奨しがたい、もっともな理由
– 電気用図記号の「抵抗」
– 陽イオンと陰イオンで呼び方を変更
– 中学校理科から「化合」が消える
– 遺伝用語「優性、劣性」は「顕性、潜性」へ
– 富士山は活火山
– 地質年代の変更
– 地震の震度、体感から震度計へ
– 冥王星が惑星の仲間から外れた!
– 銀河系の図が変わった!
第5章 消えた理科実験を考える
– 小学生と炎
– かつてより手軽になった実験器具
– 分子の大きさを求める実験
– 光電池、発光ダイオード、コンデンサー
– 消えたクルックス管の羽根車実験
– 図工・美術や技術・家庭とのすみ分け
– 筆者が考える理科工作
– 備長炭電池 (木炭電池)
– カルメ焼きやダイヤモンドの燃焼
第6章 教科書づくりと学習指導要領
– 教科書使用開始のスケジュール
– 小中学校の教科書は無償
– 学習指導要領とは何か
– あの学習指導要領はどう作られたか
– 教科書検定は一発では合格しない
– 「検定外理科教科書」をつくる活動
– 検定教科書と検定外教科書の相違点
– 中学理科で身につけるべきこと
– 学習指導要領 (試案) の精神へ
第7章 理科の教え方学び方
– 知りたがりを育てる
– センス・オブ・ワンダー
– 小学校低学年「生活科」は何が問題か
– 科学を学ぶ目的
– 理科は、使わない知識か?
– 学校は、文化の総体を次世代に伝えるところ
– 科学文化をたのしむ
– 理科授業はいくらでも面白くできる
– この授業で質量保存の法則を学ぶと… …
– 楽しければいいわけではない
– カルシウムは何色?
– 知識軽視とプロセス固定化の弊害
– でっち上げの「科学の方法」
– 意識的に生活との関連を
– 当たり前のキーワード「習得」 「活用」 「探究」
– 高校化学、中心は物質世界
– 化学の本質的面白さとは
– 学校に広がるニセ科学
– 「水からの伝言」とは?
– どのように写真を撮ったか?
– EM は万能な微生物群か?
– とどのつまりは「EM生活」への誘い
– 物理は、理の学問
– 物質の特性を学ぶのが化学
– 生物は大小さまざま
– かけがえのない地球を学ぶ地学
おわりに
参考文献、協力者一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください