平凡社 (2020) プレミアム アトラス {世界, 日本} 地図帳 新訂第4版

  • 平凡社, 2020: プレミアム アトラス 世界地図帳 新訂第4版。平凡社, 162 pp. ISBN 978-4-582-41737-1.
  • 平凡社, 2020: プレミアム アトラス 日本地図帳 新訂第4版。平凡社, 176 pp. ISBN 978-4-582-41736-4.
  • (いずれも、奥付には「新訂第4版」としての初版発行日 2020年2月21日 が書かれており、それよりもまえの版の情報はない。)

わたしにとって、地図帳は必需品だ。時事的な話題でも、学術的な話題でも、地名がでてくると、それは世界のどこであるか、関連して思いあたる場所とどういう位置関係にあるか、たしかめたくなる。

ふだん、わたしは、高校の地理の教科書として出版されている (ただし教科書用とは別に販売されている) 地図帳をつかっている。このところ見ているのは帝国書院の『新詳高等地図』の2017年12月発行の版(B5判)だ。帝国書院はこのほかに『標準高等地図』(A4判)を出しているし、二宮書店が出しているものもあるが、わたしにとっての意義はそのうちどれでもあまりちがわない。

しかし、教科書用よりはもうすこしくわしい情報がほしいこともある。それで、ハードカバーの大きい地図帳(たとえば平凡社の『世界大地図帳』)を買ってみたこともあるのだが、重いものだと、家の中で置いてあるところからとりだすのもめんどうになって、なかなか見ない。適当な大きさ・重さ・くわしさのものがほしい。

地図類をいろいろ置いている本屋さんに行ってみると、帝国書院、平凡社、昭文社、朝日新聞出版などが出しているペーパーバックの地図帳がある。帝国書院の『最新基本地図』などは世界と日本を1冊にしているが、平凡社は世界と日本をほぼ同じ装丁(色はちがう)で組にして出版していて、2021年1月に店頭で見たかぎりではつぎの4組がある (「??」のところに「世界」と「日本」がはいる。)

  • ワイドアトラス ??地図帳 新訂第3版 2020年11月 B4判
  • プレミアムアトラス ??地図帳 新訂第4版 2020年2月 A4判
  • ベーシックアトラス ??地図帳 新訂第4版 2020年10月 A4より小さめの判
  • 字の大きなアトラス ??地図帳 新訂第2版 2019年3月 A4判

紙面が大きいほうがありがたいこともあるが、わたしはときには持ち歩きたいこともあり、かばんにA4判ははいるがB4判ははいらないので「ワイド」は買わないことにした。字が大きいのがありがたいこともあるが、情報量 (地名の個数) を優先して、「プレミアム」をえらんで買ってきた。

この4種類に共通だと思うが、教科書用地図にくらべると、主題図 (何かの分布をしめした地図) がすくなく、地勢 (おおまかな地形)と地名を主とした図 (仮に「基本図」とよぶことにする) が大部分をしめている。

しかし、いくらかの地理知識の主題図と解説をつけている。(中村 和郎 駒沢大学名誉教授が助言しているそうだ。) それを特別付録のような感じで巻頭につけた結果、地図帳全体の目次や基本図の凡例が本の途中になって見つけにくくなってしまった。(小口[こぐち]の紙の色を見て、濃い色で はさまれた白い紙をさがせばよいことがわかったが。) 目次と凡例は巻頭に配置してほしいと思う。

「プレミアム」の日本地図帳では、基本図の大部分は「分県図」とされている。ただし、昭和期の分県地図帳のように県の外が白紙になっているのではなく、表題になっている県をふくむように設定された長方形の図幅の地図である(ただし、ひろがりの大きい都道府県は複数の図幅に分割されている)。「分県図」の縮尺は (いわゆる北方領土を例外として) 45万分の1で統一されている。

世界地図帳では、基本図の縮尺は世界の地域によってまちまちだ。各大陸 (アジアとヨーロッパはわける)の全体について2500万分の1ぐらい、報道や地理教育でよく注目される地域について400万分の1ぐらいの図をふくめている。国ごとにそれぞれがおさまるような図幅をふくめたところも多いが、ロシアやアメリカ合衆国については、「主要国の行政区分」のほうに全国をみわたせる図を置いて、基本図のほうは分割している。

世界、日本とも、主要都市の地図がふくまれている。市街地はベージュ、緑地は濃い緑、市街地でも緑地でもないところは薄緑、道路は白ぬき (幹線道路だけ別の色) という、平凡社『世界大百科事典』付録の地図でも見られたスタイルだ。日本では市街地のうち商業地区や大きな建物の色を変えている。

折りかえしのあとに、2冊それぞれの目次を書きぬいたものをつける。ただし、日本地図帳の分県図の図幅名(都道府県名とはかぎらないが)は省略し、都市図の対象都市はまとめて書いた。

===== 世界地図帳 目次 =====
[ ]
– 世界は驚きの風景にあふれている
– 面積・人口ランキング
[ビジュアル世界地理]
– 地球が生み出す壮大な自然 — 世界の山・川・湖・島
– 躍動する地球 — 世界の地震・火山・プレート
– 多発する異常気象 — 世界の環境変化
– 止まらない人口爆発 — 世界の人口
– 世界の国々 — 国旗とデータ
– 索引図
目次
– 地図凡例
[各国図]
– 世界の国々 [1/7500万]
– アジア [1/2500万]
– – 日本周辺 [1/1120万]
– – 朝鮮半島 [1/320万]
– – 中国 [1/1400万]
– – 中国東北部 [1/640万]
– – 中国南東部 [1/640万]
– – 中国西部 [1/800万]
– – 東南アジア北部 [1/1120万]
– – 東南アジア南部 [1/1120万]
– – 西アジア東部 [1/1120万]
– – インド [1/800万]
– – 西アジア西部 [1/1120万]
– – – イエメン [1/1400万]
– – 中東 [1/640万]
– – ロシア西部、中央アジア [1/1280万]
– – ロシア、ウクライナ [1/640万]
– – ロシア東部 [1/1280万]
– ヨーロッパ [1/1300万]
– – スカンジナビア北部 [1/380万]
– – – アイスランド [1/400万]
– – スカンジナビア南部、デンマーク [1/380万]
– – イギリス、アイルランド [1/320万]
– – フランス、ベネルクス [1/400万]
– – スペイン、ポルトガル [1/340万]
– – ヨーロッパ中南部 [1/360万]
– – アルプス [1/160万]
– – ヨーロッパ中部 [1/340万]
– – ヨーロッパ北東部 [1/380万]
– – ヨーロッパ南東部 [1/320万]
– アフリカ [1/2750万]
– – アフリカ北西部 [1/1250万]
– – – カーポベルデ [1/800万]
– – アフリカ北東部 [1/1250万]
– – – ソマリア [1/1250万]
– – アフリカ南部 [1/1250万]
– 北アメリカ [1/2500万]
– – アラスカ、カナダ西部 [1/1120万]
– – カナダ東部 [1/1120万]
– – アメリカ合衆国西部 [1/850万]
– – – ハワイ [1/300万]
– – アメリカ合衆国東部 [1/850万]
– – アメリカ合衆国北東部 [1/400万]
– – 中央アメリカ [1/1200万]
– – – パナマ運河 [1/75万]
– – メキシコ主要部 [1/600万]
– – 西インド諸島東部 [1/600万]
– 南アメリカ [1/2300万]
– – 南アメリカ北部 [1/1400万]
– – ブラジル主要部 [1/480万]
– – 南アメリカ南部 [1/1120万]
– オセアニア [1/3000万]
– – オセアニア主要部 [1/1800万]
– – オーストラリア主要部 [1/500万]
– – ニュージーランド [1/400万]
– – 太平洋の島々
– 北極、南極 [1/4300万]
[都市図]
– ソウル
– 北京
– 上海、香港
– シンガポール
– マニラ、バンコク、デリー
– イスタンブール
– モスクワ、ワルシャワ、プラハ、ブダペスト
– ロンドン
– パリ
– コペンハーゲン、ベルリン
– アムステルダム、ウィーン
– ローマ
– マドリード、モントリオール
– アテネ、カイロ
– ロサンゼルス
– サンフランシスコ、ボストン
– シカゴ、ワシントン D.C.
– ニューヨーク
– メキシコシティ、サン・パウロ
– リオ・デ・ジャネイロ、ブエノスアイレス
– メルボルン、シドニー、ホノルル
[世界の国々]
– 主要国の行政区分
– – 中国、インド
– – ロシアとCIS諸国、イギリス、イタリア、フランス、ドイツ
– – アメリカ合衆国、ブラジル、オーストラリア
– 世界の小さな島々
– 世界主要都市の気候
[ ]
– 地名索引
– 漢字音読の手引き
– 略語一覧
– 1990年以降の独立国など
[ ]
– フラー図法による世界地図

===== 日本地図帳 目次 =====
[ ]
– 日本とその周辺
– 日本の世界遺産
[ビジュアル日本地理]
– 山岳列島、日本 — 日本の山
– 恵まれた水資源 — 日本の河川・湖沼
– 地震と火山の国 — 日本の地震・火山・プレート
– 多様性に富んだ気象 — 日本の気候
[ ]
目次
– 都道府県名、都道府県庁所在地一覧
– 地図凡例
– 日本全図 [1/1000万]
– 南西諸島 [1/250万]
– 九州 [1/250万]
– 関東、中部、近畿、中国、四国 [1/250万]
– 北海道、東北 [1/250万]
[分県図]
– [各 分県図] [1/45万]
– 北海道 〈国後島、色丹島、択捉島、歯舞群島〉[1/80万]
– 日本の国立・国定公園
[都市図]
– 都市図 [1/2万] 熊本、那覇、福岡、広島、神戸、大阪、京都、名古屋、新潟、金沢、横浜、東京、千葉、さいたま、仙台、札幌
– 都市周辺図 [1/15万] 大阪・神戸、京都、名古屋、東京・横浜
[ ]
– 江戸時代の日本
– 市町村別 人口・面積一覧
– 地名索引
– 市町村の人口順位の変遷
[ ]
– パノラマ日本中央部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください