平井幸弘、青木賢人 編(2009) 温暖化と自然災害

  • 日本地理学会災害対応委員会、平井幸弘、青木賢人 編(2009):
    温暖化と自然災害 — 世界の六つの現場から。古今書院, 155 pp. ISBN 978-4-7722-2006-4.

著者のひとりからいただいた。日本地理学会のシンポジウムがもとになっている。それぞれ現地を歩いている研究者による報告。目次は次のとおり。

  1. 佐藤照子: ハリケーン・カトリーナによるニューオーリンズ水没から学ぶ。
  2. 松本 淳、浅田晴久、林 泰一: バングラデシュにおける洪水とサイクロン。
  3. 菅 浩伸: モルディブ諸島にみる環礁立国崩壊の危険性。
  4. 青木賢人: 南米パタゴニアにみる氷河の融解・縮小。
  5. 石川 守: モンゴル北部の永久凍土の変動と森林の衰退。
  6. 遠藤邦彦: 中央アジアの沙漠化と深刻化する環境問題。

題名の「地球温暖化」との関係はちょっと注意が必要だ。4, 5章の氷河と凍土の融解は、実際にその地域で進行している温暖化の現われであり、それは全地球規模の温暖化の一部であると言ってもよいだろうと思う。しかしそれ以外の事例では、気候変動の影響はあってもどちらかと言えば自然変動と考えられるし、人間活動の環境への影響は確かにあるが気候への影響は不明確だ。ただし、いずれの場合も、これから温暖化およびそれに伴う海水準上昇が進行すれば、その地域の人間生活への影響が大きいにちがいない問題をかかえているとは言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください