真山 仁 (2006) マグマ

  • 真山 仁, 2006; 文庫版 2008: マグマ。朝日新聞出版 (朝日文庫 ま-27-1), 393 pp. ISBN 978-4-02-261565-7.
    (その後、角川文庫からも出版された。)

わたしはフィクションを読む習慣がないのだが、この本は著者とお会いする機会があって直接いただいたので、その夜に読んでみた。1時間くらいで読めた。確かに読み進めやすく書かれた本だと思う。

テーマは地熱発電だ。

「ハゲタカ」の作者らしく、いわゆるハゲタカファンドがからんでいる。ハゲタカファンドの若手が、地熱発電会社の社長として送りこまれ、再建に奮闘するのだ。ただし、このハゲタカは、破綻した会社を買い取って再建して売るもので、確かに従業員解雇を含むきびしい「リストラ」をするのだが、食い荒らして逃げるという種類の悪者ではない。

地熱は、二酸化炭素排出が少なく、環境にやさしいエネルギー資源とされている。(熱水とともに出てくるガスの有害成分が少ないことを前提にしていると思う。) また、原子力に代わる可能性があるものとして位置づけられている。しかも作中では、地熱に取り組んでいる複数の人の動機がいずれも原子力の危険性にかかわるのだが、結局同じ作者のメッセージという感じがしなくもない。ほかの動機から地熱に取り組む人も登場させてほしかった、というのが、この本に感じたわたしのささやかな不満だ。

地熱のいちばんのむずかしさは、光や電波の通らない地下にある資源が頼りであることだと、(自然科学者である)わたしは思う。地下資源の利用は常にそうなのだが、鉱業の場合は掘り出してしまえば終わりであるのに対して、地熱発電では熱水または高温岩体が持続してくれることが設備建設の前提だ。しかし本書では、この問題は比較的軽く扱われている。むしろ、国立公園の開発規制、温泉への影響を心配する温泉街の反対、公金による事業の利権食い(これは過去の問題とされているが)、現状ではほかの発電方法よりも単価が高めであること、という社会的困難がとりあげられている。いくつもの困難を乗り越えて、地熱発電会社はともかく動き出す。

著者が電力中央研究所主催の講演会の記録(著者のウェブサイトからリンクされている)で言っているように、実際にはむずかしいところを、小説だからつごうよく進むところもある。とくに買い手獲得はうまくいきすぎているので現実の参考にならないと思う。しかしともかく、このところ仕事上の問題をひとりで悩む傾向があったわたしは、もしかしたら体当たりで営業活動してみるべきかもしれないというヒントを得た。しかし、残念ながら、実行に至っていない。

なお、モデルが見え見えの架空の会社名がいろいろ登場するが、モデルの会社に関する事実を語っているのではなく、企業像を借りただけなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください