野川 忍 (2007, 2012) わかりやすい労働契約法

  • 野川 忍, 2007, 2012: わかりやすい労働契約法 第2版。 商事法務, 255 pp. ISBN 978-4-7857-2018-6.

労働契約法の2012年改定について理解したいと思っているうちに、ある1フロア型としては大きめの本屋に行ったら、法律の学者向けの専門書はなかったが実務向けの解説書はかなりあった。労働法の本が50種類ぐらい、そのうち労働基準法の本が10種類くらいあったが、労働契約法の本はこれ1種類だった(ほとんどの本は背表紙だけが見える状態での判断だが)。2012年法改定を反映した第2版だというので買った。

しかし中身の大部分は2007年に成立した最初の形での労働契約法の説明と、それに至る経過の説明だった。2012年改定の話題は、本文では第4章第4節(3)の約12ページだけだ。ただし、60ページ以上におよぶ「第5章 資料編」には、成立以後2012年改定に至るまでの研究会報告や審議会建議、そして2012年改定の施行に関する通達の文章が含まれている。

2012年改定は有期(期限つき)雇用に関するもので、わたしがこれまで知っていたのは18条の無期限への転換のルールだけだったが、19条には有期雇用の更新に関する規定、20条には期限つきであるかどうかで労働条件に不合理な違いがあってはならないという規定がある。

わたしの属する任期つき常勤研究職の場合は、18条の適用除外にして19条を確実に適用させたほうが、雇用を安定化させる方向に働くのではないかと思った。

One thought on “野川 忍 (2007, 2012) わかりやすい労働契約法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.