中島 映至 (監修) (2010) 気候科学の冒険者

  • 中島 映至(てるゆき) 監修 (2010): 気候科学の冒険者 — 温暖化を測るひとびと。 技術評論社、237 pp. ISBN 978-4-7741-4094-0.

2009年12月13日に店頭に出ていたが、奥付は2010年発行となっていた。

東京大学気候システム研究センター(CCSR)主催のサイエンスカフェの記録を本にしたものだそうだ。中島氏を聞き手として、中澤高清(東北大)、住 明正(東大)、沖 大幹(東大)、枝廣淳子(環境ジャーナリスト)の各氏が、それぞれ、仕事に志してからの経歴と、関心をもっていることを語る。中島氏の章は「編集部」が聞き手となっている。読者にとって、科学の内容がよくわかるとは限らないが、科学者への親しみは増すだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください