真山 仁 (2008) ベイジン

  • 真山 仁, 2008: ベイジン (上・下)。東洋経済新報社、ISBN 978-4-492-06147-3, 978-4-492-06148-0. (のち、幻冬舎文庫でも出版された。)

フィクション。「ベイジン」は北京であり、とくにオリンピック大会をさす。話の大部分の舞台は中国ではあるが北京からは離れた町の郊外だ。

2009年夏、マグマ [読書メモ]といっしょに著者からいただいて、すぐに読んだ。それから人に譲ってしまったので今は手もとにない。

しかし2011年になって思い出すことになった。まず日本で、事情は違うが小説の中のおそろしい事態と似たことが起きた。それから中国で、事態は違うが小説にえがかれたのと似た事情で生じたのではないかと疑われることが起きた。第1に期限に間に合わせること、第2にコストを安くすることが優先され、安全があとまわしにされるということだ。これは、計画経済が崩れて計画政治と市場経済になった中国のような体制で起きやすいことだろう。しかし日本ではありえないとは言えない。この小説の中では中国という設定ではあるが、まじめな日本人技術者もこの文化に加担してしまったのだ。

中国でこの本がどう扱われているかは知らないが、「禁止さえされていない」、つまり存在の情報が伝わっていないのではないだろうか。これが娯楽として読まれるような世の中になってほしいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.