読書ノート

恐怖につつまれた世界(フィクション) / State of Fear (Crichton)

【原題の意味はよくわからなかったが、 ドイツ語版の題名がWelt in Angstだそうなので、 それを訳したものをこのページの表題にした。 その後、注意深い読者によるweb記事を参考にして、 本文で "State of Fear" が出てくるところがわかった(前は読みとばしていた)。 そこでのStateは「国」という意味だが、 "State of Fear" 全体としてはドイツ語版題名のような意味でよさそうだ (作中のある人物が、作中の現実世界がそうなっていると主張する)。】

Jurassic Parkなどの原作で知られる CRICHTON (クライトン)のサスペンス小説(むしろ映画の原案というべきか)である。 題材として地球温暖化が使われており、しかも 今では多くの科学者が認めるようになった地球温暖化という現象 (WEART, 2003, 2008参照)が 作品中では否定されている。 もし、作中の世界は現実と少し違う科学の法則が支配していて地球温暖化が起きないのだというのならば、 なかなかおもしろい設定のSFだと思う (わたしにはSFを論評できる見識はないが)。 しかし、このあとに述べる状況から、著者は現実にもCO2を原因とした温暖化は起きないと 思っており、 しかも読者にその考えを広めようとしているのではないかと推測される。 したがって、これをSFと呼ぶのは適切でなさそうだ。 科学に関するなん種類かの人々の態度に注目し誇張して表現していることは 確かなので、科学技術社会論小説とは言えそうだ。

【もっとも、MORSS (2005)の指摘を読んで気づいたのだが、 集中豪雨などの気象現象が、 作中では、少なくともある集団にとっては 意図どおり制御できるものになっている点は、SF的だ。 (同じ世界で、気候は制御不可能だとされているのだが。)】

とびらには、おきまりの「この作品はフィクションであり...」のあとに、 「脚注はrealである」と書いてある。 実際、脚注には実在の文献やデータ源があげてある [注1]。 また、小説の終わったあとに「著者のメッセージ」と 「なぜ科学の政治化が危険なのか」という評論がつけてある [注2]。 この部分がフィクションでない保証はないとはいうものの、 (MCという署名があるが明らかに小説の世界の中であるIntroductionとは違って) 小説の世界の外であることは確からしい。 作中の人物が温暖化否定論を述べ、 「著者のメッセージ」によれば現実世界に関する著者の考えもそれに近いようだが、 それは、この問題に関する現在の科学者の考えのうちで、 ある種類の極端な見解を拾い集めたようなものである。

著者はよく売れる作家という意味では偉大だし、 医学博士だそうなので科学知識のかなりある人と言えるだろうが、 (わたしの判断によれば)温暖化の科学に関してよりどころになる識者とは思えない、 と注意しておきたいと思う。 (これはこの読書ノートを書くことにした第二の動機である。 第一はあとで述べる。)

ここでは、温暖化否定論の内容に関する議論は省略する。 ほとんど同じ温暖化否定論を述べている渡辺(2005)について 読書ノートを書いたので、 わたしの意見はそれを参照していただけばわかると思う。 CRICHTONの本の議論への直接のコメントとしては、 Pew Center on Global Climate Change 【[2016-12-02更新] その後 Center for Climate and Energy Solutions (http://www.c2es.org/)になった】にあった記事 [2016-10-15にWeb Archiveにある2005年末の時点でのコピー http://web.archive.org/web/20051225233523/http://www.pewclimate.org/state_of_fear.cfm] がよくまとまっている。 これは日本語訳もされている 【[2016-12-02更新] http://www.c2es.org/docUploads/Comments%20on%20State%20of%20Fear%20%28Japanese%29.pdf]。 またRealClimate (http://www.realclimate.org/)という blogには2004年12月に記事2件があり、 引用された気象データを提供しているNASA GISSの研究者が、 データをこんなふうに使われたのは残念だと言っている。

作中で温暖化否定論を講釈する「正義の味方」がMIT教授 (実は休職中でほかの仕事をしているのだが)となっているので、 実在のMIT教授(ほかの仕事はしていないと思う) LINDZENを 連想する人が多いようだ。 しかしLINDZENは「地球の気候には強い自己調節機能があるので、 温室効果をもつ二酸化炭素がふえたところで温度の変動は自然に小さくおさまる」 という信念をもっているらしい [注3]。 他方CRICHTONの作中のMIT教授は、 そういう自然のバランスへの信頼を否定し、 気候は徹底的にカオス的な変動をするものだと思っている。 そこから、数値モデルによる予測などできるわけがないという議論や、 人間が気候を制御しようとする試み(たとえば温暖化防止策)も 気候を乱す活動(たとえば都市化などの地表面改変)に負けず 気候を思いがけない方向に変動させ災害をふやす危険があるものだ、 という主張も出てくる。 この一部はフィクション中の発言にすぎないだろうが、 気候はカオス的だという部分は著者自身の考えらしい。 その前提を認めるならば、 思いがけない気候変動が起きて災害がふえる可能性はある。 著者はCO2による温暖化について心配無用と主張するが、 その他の気候変動について安心していいとは言っていないのだ。 (しかし、なぜか、安心してよいと言われたような印象が残る。)

温暖化否定論を主張する人に化石燃料業界やそこから研究費をもらっている 科学者が多いことは著者も承知している (作中ではそうでない人に語らせているが)。 しかし、著者に言わせれば、環境保護NPOの資金であれ、政府の資金であれ、 科学者の言うことはスポンサーが望むほうに偏るに決まっているのである。 著者は改善策として、 研究者が資金をもらう際にスポンサーを知らないですむようなしくみを 作ることを提案しているが、 そのしくみを運営する人の中立性を保証することは (政府資金の中立性さえ疑うのならば)無理な注文だという気がする。 むしろ、スポンサーつき科学になっても、 研究成果を公開の場に出し、複数の人が相互にチェックするという、 アカデミック科学から引き継がれたしくみを働かせることが、 信頼できる知識を得るために重要だろう(ZIMAN, 2000参照)。 「査読」(相互チェック)を経た論文だけを重視することは 現代の科学者の奇妙な習性だが、 偏りを減らすという意義はあることをわかってほしいと思う。 (ある分科の科学者の大多数に共通な偏りがある場合はこれでは解決しないが。) なお、研究発表の際にはスポンサーに関する情報も開示すべきだという主張があり、 一部の学術雑誌ではすでに制度化されている。 公平に適用されるのであれば賛同したい。

社会風刺としておもしろいのは、 環境保護NPOが 環境保護の大義はどうでもよく組織の存続・発展をめざす経営者と そのカモにされる愚かな有名人および一般人とで成り立っている、 という戯画的な描写だ。 環境団体はそんなものだと決めつけたら誹謗中傷だが、 そうならないように注意しましょうというのならばもっともだ。 ORWELL動物農場」を思い出した。

さて、題名になっている「恐怖」の問題である。 作中では老知識社会学者が、 現代社会では政治家・法律家・マスコミとさらに科学者が共謀して 人々を恐怖によって一定方向に誘導していると指摘する。 これは人間社会にとって健全な状態ではない。 想定された恐怖のもとは冷戦時代は共産主義だったがその後環境問題に代わった (「恐怖」という概念ではないが仮想敵の交代は米本(1994)も指摘している)。

この論点に、 気候科学者と科学論者が、まじめにある意味で賛同した発言をしているのだ (VON STORCH & STEHR, 2005)。 ただし全面的賛同ではない。 温暖化問題は存在し対策も必要だという立場からの発言である。 この発言をどう評価するか、わたしの考えはよくまとまっていないのだが、 ともかくこれを日本語圏の人にも知ってもらったほうがよいと思ったのが、 実はこの読書ノートを書くことにした第一の動機である。

VON STORCHたちの憂慮する事態をわたしなりにふたつの側面に分けてみると、 ひとつは、とくにマスコミが、温暖化に伴う危険を誇張したり、 自然災害をなんでも温暖化に結びつけて報道しようとしたりする傾向である。 GELBSPAN (2004)がひとつの典型かもしれない。 アメリカでは比較的少数派で化石燃料業界に対抗しようと強い主張になるのだが、 ドイツでは多数派になってしまったけれども人々の関心が薄れるのをおそれて、 はでな主張を続けているらしい。 そして科学者のうちにも、そういう論調で一般人に話す人が多くなってきている。 VON STORCHたちは、 いつか誇張がばれて、妥当な科学までが信用を失うことを心配する。

VON STORCHたちの憂慮のもうひとつの側面は、 科学者の発言が政治的になってきたことである。 実際、VON STORCH et al. (2004)が MANN et al. (1998)の研究の方法や結果の信頼度に疑問を示すと [この件は別ページ参照] (それでその研究を根拠のひとつにしたIPCCの2001年版報告書の結論が 否定されるわけではないのだが)、 そういう主張は「敵」(温暖化否定論者)を利するからするべきではないと 言い出す人がいたそうだ。 言わなくてもそういう気分になる人は多いだろう (わたしも、渡辺(2005)の読書ノートを書いているとき、温暖化を根拠づける側を 無批判にかばってしまい、あとで気づいて修正したところがある)。 こちらは、温暖化防止に失敗することへの恐怖とも言えるが、 むしろ人間である「敵」に対する恐怖によって、 科学がその信頼性をささえる理念を失ってしまう心配である。

社会が恐怖に支配されるのはよくないことだが、 安心にひたっていればよいものでもない。 適度な落ち着きをもって心配することが必要だろう (寺田寅彦の名言参照)。

余談

[おことわり] 余談の部分は、背景を知る人にだけわかる表現を含んでいます。

参考文献


2005-03-05; 更新 2010-04-04, 2011-03-24, 2011-09-12, 2015-07-04, 2016-06-29, 2016-10-16, 2016-12-02
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
2001-2006年度 慶応義塾大学 環境情報学部 非常勤講師
2016年12月現在本務: JAMSTEC 統合的気候変動予測研究分野
[読書ノート(気候と科学論の両方)の目次へ] [読書ノート全体目次へ]