教材

おもに、非常勤講師として担当している大学の授業のために用意したものです。


気候システム論

地球の大気・水圏を、エネルギーと水の循環を中心として概観する。 ただし話題は大気圏のうち比較的地表に近い対流圏に重点をおく。 そして、気候変化をエネルギーと水の循環の変化としてとらえ、 その一例として、大気中の二酸化炭素の増加による温暖化について考える。

東京農工大学 農学部 2007-2015年度「環境気象学」の増田担当分の教材です。 2016年度は後期の「地球環境地学」の部分分担と 「グローバル プロフェッショナル プログラム」の講義分担で、この内容の一部分を使う予定です。

大気物理学

2010年度後期、横浜国立大学 教育人間学部「大気物理学」の教材ページです。 教材集として完結させていません。 小倉義光(1999)『一般気象学[読書ノート]への参照、気候システム論教材ページへの参照が多いです。

モンスーンとはなにか --グローバルにみたモンスーン、大気・海・陸間のエネルギー循環--

2004年 8月 31日, 横須賀のJAMSTEC本部で行なわれた「海洋科学技術学校」で 講演した際のプレゼンテーション資料を形式だけHTMLにしたものです。


地球(おもに大気・水圏)に関するデータの取得と利用について

気候・水文の定量的扱い、数理モデル

コンピュータの利用に関する教材

(おもに東京都立大学 理学部 地理学科 在職中に書いたものですが、 2001-2006年度に慶応大学湘南藤沢キャンパスの授業で使ったので、 当時のそこの計算機環境特有のことがらも部分的に含まれています。)


読書ノート(教材関係)


(更新) 2016-09-07
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
増田の[日本語入り口ページ] [ホームページへ]