GKS (Graphical Kernel System)による2次元グラフィックス

コンピュータグラフィックスというと、 3次元物体の現実的感覚を与える動画など、 高度な技術をさすことが多くなってきました。 しかし、数量データを解析したり伝えたりする場合にまず必要になるのは、 むしろ、2次元平面上のグラフや分布図をつくる技術です。 その目的には既製品のソフトウェアもいろいろありますが、 その機能に不満を感じた場合に改造することはむずかしいです。 基本的な部品を組み合わせて2次元平面上で図形を表示する技術を 知っておくことが有意義だと思います。 そういう教材があまり見あたらないので、 少し古いものですが、復活させることにしました。

ただし、ここで基本的部品というのは、図形を論理的に構成する際の基本であり、 ハードウェアにあまり依存しないように、ある程度抽象化したものをさします。 そのような部品のセットのひとつとして、 ISO (国際標準化機構)の標準ともなったGKS (Graphical Kernel System)という ものがあり、 その標準に従ったプログラムライブラリとしてNCAR Graphicsというものがあります。 ここではそれを使った例文を紹介していきます。 【今のところオンラインに置いている内容は、紹介文だけで、ソースプログラムは含んでいません。】 プログラム言語としてはFortranとCの両方を使いますが、 一部の例文はFortranだけになっています。 実行環境としてはUnix系OSを想定しています。

この教材は、わたしが東京都立大学在職中の1993-2000年の間の授業、 とくに1996年度の「情報基礎3」のためにつくったものをもとにしています。 そのときの機種はDEC Alpha、OSはOSF/1でした。 その後、2005年に、慶応SFC CNSのUnix系OS (Solaris, Linux)上で使うように、 書きかえを試みたのですが、 そこで動作するところまで至りませんでした。

目次 (各ページへのリンク)


2000-05-13; 2005-08-10; 2005-10-10; 2012-05-13; 2015-06-14
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[コンピュータ関係の教材目次へ]