気候システム論
地球全体としてのエネルギーの出入り: 太陽放射と地球放射

気象衛星「ひまわり」

5号まではGMS (静止気象衛星)、6, 7号はMTSAT (運輸多目的衛星)。 8号からは英語でもHimawari。 日本の気象庁が運用している。 もう少し詳しい情報は、 気象庁 (ウェブサイトhttp://www.jma.go.jp/) の 気象衛星センターのウェブサイト http://www.jma-net.go.jp/msc/ja/を参照。

気象衛星「ひまわり」は何を見ているのか

地球大気の鉛直温度構造 (対流圏とはどこか)[「地球の水と空気はどこにどれだけあるのか」のページの中へ]

「黒体放射」のエネルギースペクトルと「ひまわり」の(狭い意味の)赤外波長帯 [「電磁波」のページの中へ]

衛星画像の解釈

可視画像で暗い可視画像で明るい
赤外画像(ネガ)で明るい = 射出物体の温度が低い高いところにある薄い雲(巻雲[けんうん]など)鉛直にのびる雲(背の高い積雲、積乱雲)
赤外画像(ネガ)で暗い = 射出物体の温度が高い陸面、海面低いところにある雲(層雲など)・霧、雪氷面

(可視画像については太陽放射がじゅうぶん届いている場合)

全球画像動画から見られる特徴

(解釈は 大気と海洋の運動とエネルギー輸送の節の 大気の大循環のところで。)


(編集) 2007-05-07, 2010-05-16, 2013-05-08, 2015-06-11)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[地球全体としてのエネルギーの出入り」の本文へ]