卒論指導

2021年度 火曜 5限 (4月13日開始) A406教室

このページは、頻繁に書きかえます。用のすんだお知らせなどは消します。 残しておくものは、別のページにして、ここにはリンクを置きます。

当面の日程

[3年生のセミナーのページ]も参考にしてください。 (書いたことは、だいたい卒論生にも共通なので、そちらを見てください。 (ただし、このところそちらには新しい内容はありません (6月3日現在)。)

夏休みあけ、おそらく9月21日(火)の5限に、 気象系3研究室合同の卒論中間発表会を予定します。


気象観測データを見る

気象庁の地上気象観測データは、気象庁ウェブサイトから取得することができます。 [気象庁の観測データを使う (1)] (他大学の授業用につくったページですが) を見てください。

データの可視化技術などは[計算機を利用した気象分野の実習の教材] からたどってください。

おもに地上気象の観測データをあつかううえでの注意点について、つぎの本を参考にしてください。


毎日の天気図を見る

気象庁の過去の毎日の天気図のうち、2002年以後のものは、気象庁のウェブサイトの 「ホーム > 各種データ・資料 > 過去の天気図 > 日々の天気図」のページ http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/hibiten/index.html で見ることができます。

さらに過去のものは、国立情報学研究所の北本 朝展 教授による「デジタル台風」のサイトの 「100年天気図データベース」のページ http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/weather-chart/ で見ることができます。

簡略化された毎日の天気図と、それについての短い解説 (何を話題にするかは一定していませんが) を 1か月ぶんまとめたものが、2002年2月のぶん以後は、日本気象学会の雑誌『天気』にのっています。 たとえば『天気』2020年12月号には、2020年8月の日々の天気図がのっています。 このやりかたをはじめたときの説明は、2002年4月号にのっています。 『天気』の記事は日本気象学会ウェブサイトから PDF で無料公開されています。下の別の項目を参照してください。

2002年1月のぶんまでの同様なものは、日本気象協会から発行されていた雑誌『気象』にのり、 また、1年ぶんずつまとめて『気象年鑑』という本にのっていました。


解析雨量を見る

気象庁の「解析雨量」 (かつては「レーダー・アメダス解析雨量」とよばれたが、 データ源が多様になったので表現がかわった) のデータを Pythonで作図して、空間分布とその時間的動きをながめてみよう。 また、30分または1時間の降水量で しきい値をひいて、雨の event を抽出し、 その空間的ひろがりによって、雷雨と、低気圧・前線による雨とを区別することを考えてみよう。

データの可視化技術などは[計算機を利用した気象分野の実習の教材] からたどってください。 [2021-06-03] 日降水量を集計して作図するプログラム例、時間降水量の時系列をファイルに書き出すプログラム例を追加しました。

解析雨量について、その開発の中心になった人による本の、解析雨量に関する部分(数ページ)を読むこと。 できればそのほかの気象庁が提供している情報についても知ってほしい。


雷雨を主題としたい人へ

雷雨をもたらすようなメソスケール・ミクロスケール現象についての基礎知識をもつこと。


時系列を三角関数 (sin, cos) にわけて考えることについて

ひとまず、つぎのページを参考にしてください。

1年周期、半年周期などのサインカーブを最小2乗法であてはめるプログラム例は[計算機を利用した気象分野の実習の教材] からたどってください。

三角関数の成分にわける方法のうちで、 「調和解析」は、時系列が明確な周期性をもつ振動現象であるばあいに適した方法、 「パワースペクトル」や「ディジタルフィルタ」は、時系列がおおまかにはランダムなものだと認識したうえで 周期帯ごとにわける方法だといえます。 わたしが勉強したのはおもに後者のランダム時系列のあつかいで、とくにつぎの本の影響をうけました。


参考文献をしらべること ... ひとまず、日本気象学会の出版物

日本語の読み手が気象について勉強するならば、まず日本気象学会の出版物をあたるのがよいでしょう。

日本気象学会のウェブサイトは http://www.metsoc.jp です。

主要な刊行物として、つぎの3つがあります。


研究室について

わたしは、中川先生から、居室(3409号室)と、そのむかいの実験室をひきつぎました。 居室のほうは、新井先生が残された本が入口近くにありますが、 おもに、わたしが持ちこんだ本が置いてあります。 気象の教材、Rの教材、地球温暖化問題の本などがあります。 本の大部分(自分がすぐつかいたいもの以外)は貸し出し可能です。 (今年度は学生を居室に入れないことという規制があるのですが、 本を借りにくることはみとめようと思います。) 実験室のほうは、Windowsのパソコンが6台あって、動くそうですが、まだ動作を確認できていません。 つかってみたい人は言ってください。 ただし、そのうちいくつかは、OS を Linux に変更するかもしれません。 また、古い観測機器などを整理する必要があります。 整理のてつだいをお願いするかもしれません。 (実験室が整備できるまで、計算機による自習は、3号館2階のコンピュータ室か、各自のパソコンでやることをすすめます。)

オフィスアワー ([親ページ]参照)


2021-04-14 .. 2021-06-03
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
増田の個人サイトでの [立正大学の授業用の教材ページ] [教材目録ページ] [日本語入り口ページ] [ホームページ]