地理情報学

世界をサンプリングする

NCGIA (1990) 「GIS入門」 ユニット6 「世界をサンプリングする」に沿って

サンプリングの必要性

対象物の特性

変数の軸

空間(3次元)時間(1次元)主題(多次元)
xyzt気温降水量...
35oN140oN100 m2000年04月13日15.5oC0 mm...
.....................

定性的変数から定量的変数への段階的分類

(Stevens, 1946 による。Dent (1993) 4章に解説がある。)
(当授業での)分類「GIS入門」の訳語原語区別順序
名義型変数名義尺度nominal scale意味あり意味なし意味なし意味なしゼッケン番号
順序型変数序数尺度ordinal scale意味あり意味あり意味なし意味なし到着順位
間隔型変数距離尺度interval scale意味あり意味あり意味あり意味なし到着時刻
比例型変数比例尺度ratio scale意味あり意味あり意味あり意味あり速さ

時空間スケールと表現

ディジタルデータでは紙地図の場合のように「縮尺」は重要ではないが、 多くの場合、計算機の処理能力の制約のため、 広い範囲を扱うときには狭い範囲に比べて簡略化 (地図でいう「総描」に相当)する必要がある。

サンプル抽出の方法

誤差と精度

errorの2つの意味

精度

参考文献


2000-05-17, 2001-04-20, 2013-03-10
増田 耕一

[地理情報学の授業の目次へ]