東洋大学 板倉 2020年度 秋学期


「地学」

9月21日から、月曜 3限 (13:20-14:50) と 4限 (15:00-16:30) の2クラス, 3101教室

日程と各回の内容 (学期中毎週更新)

シラバス

Syllabus (in English)

授業のすすめかた (暫定)

実習の回は対面授業にしたいと考えていますが、11月以後に設定します。 学期開始の段階では、詳細は未定です。

すくなくとも9月-10月のあいだは、講義の回とし、遠隔授業をおこないます。 課題配信型とテレビ会議型を併用します。

教材を提供する場として、ToyoNetACEと、 講師の個人ウェブサイトの中の このページ http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/earth_sci/2020aki/ を併用します。 内容を毎週月曜の授業こまにあわせて更新します。 (13:20までに準備しますが、授業をして気づいた点をあとで改訂することもあります。)

ACEと個人ウェブサイトとをどう使いわけるかは、一定していません。 他方に重要な情報があるばあいはそこへの誘導を入れておく予定ですが、 念のため、両方を見るようにしてください。 もし情報が矛盾している場合は、更新日付が新しいほうを優先させてください。

テレビ会議型は、Webexのミーティングの機能をつかいます。 月曜3-4限の時間 (13:20--16:30) にわたって、ひとつのWebexミーティングを設定します。 その接続用のコードは、ACEの「コースニュース」の機能をつかってお知らせします。 そのうちで2回、50分程度の講義をします。原則として同じ内容をくりかえします。 時間は、【第1回は、】 3限 13:20--14:10、4限 15:20--16:10 を予定しています。 【第2回以後、変更するかもしれません。 その場合は schedule.html のページとコースニュースで明示し、このページの記述も書きかえます。】 履修登録しているのとちがうこまに出席してもかまいません。 講義以外の時間は、質問を受けて応答する時間にします。 わたしは顔を出しませんが、呼びだされれば応答します。 月曜14:45-15:15 ごろは、わたしの自宅付近で大きな音がする可能性が高いので、 講義の時間からははずしているのですが、質問への応答は可能です。

他の授業や移動などのつごうで、月曜3-4限の時間に接続できない人がいれば、 別の時間帯に Webex のミーティングを設定しようと考えています。 該当する人は、下に[授業用電子メールアドレス]としてしめしたアドレスあてにメールをください。 曜日・時間帯は、10月以降は固定したいと思いますが、9月中は各回ごとに決めます。

小レポート課題を、原則として毎週出します。 実習の回は実習のレポートとします。 講義の回は、授業内容に関連する数量(物理量)の計算・グラフ作図などの練習問題を予定しています。

最後の3回のレポートは、期末試験にあたるものとします。

  1. 記述問題 (学んだことの確認)
  2. 記述問題 (授業内容に関係する主題について各自考えたこと)
  3. 計算問題 (物理量の計算。手計算と「電卓」程度でできるもの、ただし単位換算などを含む)

小レポート、期末レポートとも、提出さきは、ACEの中に設定します。 しめきりは、小レポートは原則として次の授業の日、 期末レポートは「試験・補講期間」またはその翌週に設定します。

成績評価の重みは、小レポート 40%、期末レポート 60% を予定しています。 成績評価では、小レポートは、答えているかどうかで評価し、結果が正しいかどうかはあまり気にしません。 期末レポートは、結果も見ます。

教材ウェブサイト

この授業の教材は、 大学のシステム「ToyoNetACE」(ACEと略す)の中のそれぞれの授業のページに置きます。

また、講師の個人ウェブサイトの中の、このページ http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/earth_sci/2020aki/ からリンクされたところに置きます。 おもに、それぞれの授業の「日程と各回の内容」のページを見てください。 授業前に材料を置く場合も、授業後に話したことを書いたり補足したりする場合もあります。

教科書

次の本を使います。 この本の流れにそって授業するわけではなく、 各回の主題ごとに関連するページを見ます。 教材ウェブページでは『図表』として参照します。 (2020年度春学期に教科書としたものと同じ本です。 2018年度に参照した『図録』、 2019年度に参照した『図説』とは、同類ではありますが、別の出版社のものです。 前年度にわたしの授業をとった人には、同類の本を複数買わせることになってすみません。) キャンパス内の書店であつかってもらいます。

参考になる本の紹介

紹介した本の多く(全部ではありません)は、東洋大学板倉の図書館にあります。 また、図書館ウェブサイトから「電子ブック」として読めるものもあります。 図書館にあるかどうかをなるべく注記していくようにします。

講師連絡先

学期後半の実習の日には、板倉に出勤する予定ですが、 学期初めの段階では、わたしは板倉に出勤せず、 授業の時間帯には、東京都内の自宅におります。

ほかの受講生にもみられてかまわない質問などは、 ACEのそれぞれの授業の「掲示板」に書きこんでください。

そのほか、ACEの中で連絡をとる方法を わたしが理解したら、ここに追加して書きます。

それで用がたりない場合のために、 [授業用電子メールアドレス]

(参考) これまでの学期の同様な授業のページ


(更新) 2020-09-21 (授業前)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
増田の個人サイトでの [地学の教材ページ] [教材目録ページ] [日本語入り口ページ] [ホームページ]