2018年度春「地学 II」 第3回小レポート出題

問題

気候の変化を物理法則にもとづいて考えるためのモデルの考えかたに慣れるため、 まず、「ふろおけモデル」を考える。 ふろおけにたまった水の質量収支を考える。 収入となる水の流れ(単位時間あたりに動く質量)は、系外から与えられる。 支出となる水の流れは、系内の状態(水位)の関数として決まるものとする。 ここで、水の密度は定数とみなす。

さらに、次のように単純化する。

すると、ここでは、たまっている水の質量に比例することになる。 その比例係数を、数式では c 、プログラム例では outcoef と書いておく。

例題を次のように構成する。

そして、時間微分を差分(有限の時間きざみ)で近似して、 時間ステップを踏んで計算してみる。

もうすこしくわしい説明とプログラム例が、次のリンク先にあります。

具体的な課題は次のようにします。(プログラム例のページにも書いてある内容です。)

ストック量や流出量の時系列が、流入量、流出量の係数、ストック量の初期値を変えると それぞれどう変わるか、数値とグラフで見てください。 レポートでは、結果をことばで述べることを求めます。 グラフは提出しなくてもかまいません。

期限

7月9日(月) 5限終了まで。

形式、提出方法


2018-06-25 (授業前)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[2018年度春学期 地学教材の目次ページへ] [地学教材の目次ページへ]