2018年度 秋学期 地学 第2回小レポート課題

問題

前提となる情報

金星、火星の太陽からの距離は、地球の場合を1として、それぞれ0.72、1.52である。

金星、地球、火星がそれぞれ太陽放射を反射する割合は、0.78, 0.30, 0.16 である。 【ここまで第1回小レポート課題と同じ。】

そして、太陽・地球間の平均距離で太陽に正面を向けた面に届く太陽放射の 単位面積・単位時間あたりのエネルギー (S地球) は、 1360 W/m2 [有効数字 3けた]である。

惑星のエネルギー収支を、0次元・定常で考える。 ひとまず、惑星が出す放射をひとつの温度の黒体放射で代表させると、次のようになる。 (「惑星」と書いたところに惑星の名まえを入れることを想定している。)

(1/4) (1-α惑星) S惑星 = σB Te,惑星 4

問い

  1. 金星、火星がそれぞれ地球と同じ反射率(α地球)をもっていた場合の それぞれの有効放射温度をもとめよ。
  2. 金星、火星がそれぞれの実際の反射率(α金星、α火星)をもつ場合の それぞれの有効放射温度をもとめよ。

補足

地球の有効放射温度が 254 K であることを使ってもよい。 (そうすれば、ステファン・ボルツマン定数の値を使わなくても答えられるだろう。)

4乗根は、平方根をもとめる演算を2回くりかえすことによって計算できる。 たとえば、R言語で変数 x の4乗根は、xの値を入れたあと、sqrt(sqrt(x)) とすればよい。

しめきり

11月5日(月) 5限終了直後まで

提出方法

原則として、ToyoNetACEを利用。講義中に説明する。

紙による場合、講義のときに提出。 A4の紙を縦長に使って横書き。原則として1枚。 もし複数枚になる場合は、1枚ごとに名まえを書くこと。


2018-10-22 (授業後)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[日程・各回の内容] [2018年度 秋学期授業向け情報目次] [地学の教材目次] [教材目次]