2018年度 学期 地学 第1回小レポート課題

問題

金星、火星の太陽からの距離は、地球の場合を1として、それぞれ0.72、1.52である。金星、火星に達する太陽放射の単位面積あたり単位時間あたりのエネルギーは、それぞれ地球の場合のなん倍になるか。

そして、金星、地球、火星がそれぞれ太陽放射を反射する割合は、0.78, 0.30, 0.16 である。 金星、火星がそれぞれ吸収する太陽放射の単位面積あたり単位時間あたりのエネルギーは、それぞれ地球の場合のなん倍になるか。

結果の数値を、計算過程の簡潔な説明をそえて答えてください。数式を使う場合、数量を示す文字は教材に合わせる必要はなく各自で決めてよいが、どの文字が何の数量を示すかの説明をそえてください。

仮定

この問題は、フライシュとクレゲナウの本でいう「比率法」で考えるようにつくりました。 「絶対法」で考えたい人のために、 太陽から地球までの平均距離で、太陽に正面を向けた面の、 単位面積・単位時間あたりに達する太陽放射は、1.36 × 103 W/m2である」 という情報を追加しておきます。

しめきり

10月15日(月) 5限終了直後まで

提出方法

原則として、ToyoNetACEを利用。講義中に説明する。

紙による場合、講義のときに提出。 A4の紙を縦長に使って横書き。原則として1枚。 もし複数枚になる場合は、1枚ごとに名まえを書くこと。


2018-10-01 (授業前)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[日程・各回の内容] [2018年度 秋学期授業向け情報目次] [地学の教材目次] [教材目次]