「地学」(2018年度秋学期) 第1回 2018年9月24日

地学の話題のひろがり

まず (ここでの授業科目名としてではなく)「地学」ということばがさす対象について述べる。

「地学」は、漠然と、地球に関する学問、大地に関する学問をさしているが、 それ以上に明確な定義が合意されているわけではない。 明治時代には、「地学」と「地理」がだいたい同じ意味に使われたこともある。 たとえば、「東京地学協会」という学会名はそのなごりで、 その「地学雑誌」は地球科学と地理学の内容を含んでいる。

日本では、学校教育の「理科」の細分として「地学」が使われ、 その意味の広がりは第二次世界大戦後はだいたい一定している。

日本の学校教育での「理科」は、 学術を自然科学と人文学・社会科学にわければ自然科学であり、 基礎科学と応用科学にわければおもに基礎科学であるような分野についての 知識とそれを扱う技能を教える科目だといえる。

第二次世界大戦後の高等学校の教育課程では、 理科は物理・化学・生物・地学の4分野にわけられることがつづいてきた。 (「理科総合」のような科目がつくられたこともあるが、 その内容はこの4分野から提供されたものの混成で考えられてきた。) また、中学校の理科の「第一分野」はほぼ物理と化学、 「第二分野」はほぼ生物と地学に対応する。

この4分野のうちで地学はどういう特徴をもつ科目だろうか。 ひとことでいうのはむずかしく、わたしがする表現も一定しないが、 ひとまずわたしなりに、4分野の性格づけを考えると、次のようになる。

地学を構成する専門分科

大学レベルの専門教育としては、 教員養成の専門分野としての地学があることはあるが、 研究者養成としては、地学全体をまんべんなく学ぶコースはほとんどなく、 地学の研究者や大学教員になるためには、 細分されたいずれかのコースの教育を受けることになる。 わたしの理解では、地学の専門コースは、 大きく対象で宇宙の科学と地球の科学にわかれ (惑星の科学は両方にまたがるが)、 地球の科学の教育課程は、 基本的には研究の方法によってわかれている。(さらに対象によってもわかれる。) 次に述べるのは、わたし個人がいま認識している、おおざっぱな分類である。

この科目であつかう内容

東洋大学 板倉キャンパスのカリキュラムには、 「地学概論 (実験を含む)」と「地学」という科目がある。 (旧カリキュラムでは「地学」のところが「地学 I」「地学 II」だった。)

わたし(増田)が担当する場合は、 「地学概論」では、高校の地学とだいたい同じ範囲の宇宙・地球科学の全体をおさえることをめざして わたしが重要だと思った主題をとりあげ、 「地学」では、わたしの専門に近い、大気・水圏を対象とし物理の方法を使って 得られた知見をおもにとりあげることにした。

ただし、[シラバス]を提出した段階では、 「地学概論」をさきに学ぶだろうと思って、「地学」ではその一部分をくわしくあつかうことを考えていた。 その後、新カリキュラムでは多くの受講生が「地学」をさきに履修することがわかった。 シラバスの文面はなおさないが、内容を修正し、「地学」の授業のなかで、 地学全般にわたる初歩的なことからあつかうようにする。


2018-09-28
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[日程と各回の内容] [2018年秋学期の入り口ページ] [地学の教材ページ]