東洋大学 板倉 2018年度 秋学期


「地学」

9月24日から、月曜 4限 (15:00--16:30) と 5限 (16:40--18:10)の2クラス、2305号室

(計算機実習のときはパソコン教室(2208号室など)を使う可能性があります。 そのときは前回の授業およびこのウェブページで予告します。)

このページの内容は、とくに示さないかぎり、4限と5限に共通です。

日程と各回の内容 (毎回更新予定)

(第1回(9月24日)に話した内容は、28日に文章にしました。)

シラバス

シラバスとしては、春学期に担当した「地学 II」(旧カリキュラム)と同じものを提出しました。 しかし、提出後に、新カリキュラムでは多くの受講生が「地学」をさきに「地学概論」をあとで学ぶことがわかったので、 「地学」の項目を、初歩のものをふやし、初歩の人にわかりにくいものを減らすように調整します。 ただし、「地学概論」で(来年度もわたしが担当するとすればそこでは)宇宙・地球科学全体の重要な(とわたしが考える)主題をとりあげ、 「地学」という科目では、おもに物理にもとづく大気・水圏の見かたをあつかう、という科目の性格づけは変えない予定です。

教材ウェブサイト

この授業の教材は、講師の個人ウェブサイトの中の、このページ http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/earth_sci/2018aki/ からリンクされたところに置くようにします。 おもに、それぞれの授業の「日程と各回の内容」のページを見てください。 授業前に材料を置く場合も、授業後に話したことを書いたり補足したりする場合もあります。 授業各回のあいだの期間に目をとおしてください。 授業中にもアクセスできるようにしておくことを勧めます。

教材を、 大学のシステム「ToyoNetACE」の中のそれぞれの授業のページに置くこともあるかもしれません。 その場合は、個人サイトの各科目の「日程と各回の内容」のページに、 ToyoNetACEを参照せよという覚え書きを入れておきます。

小レポート提出受け付けには、ToyoNetACEを使う予定です。

教科書

次の本を使います。この本の流れにそって授業するわけではなく、 各回の主題ごとに関連するページを見ます。

参考になる本の紹介

公開講演会などのお知らせ

個人ブログに 「行事お知らせ」という記事分類で、 一般向けに科学の内容を紹介する講演会などのお知らせを書くことがあります。 おもに、主催者や講演者を知っているときに紹介したくなるので、 分野は気候・気象関係に偏る傾向があります。 また、専門的なものもまじります。 とくにみなさんに勧めたいものがあれば、授業中にもふれます。 いずれにしても、授業をサボることを勧めるつもりはありません。

講師連絡先

授業関連の相談は、なるべく授業直後に声をかけてください。 その場ですまなければ別の日時を約束するようにします。

大学の授業用情報システムを使った連絡のとりかたを、 わたしが理解したら、ここに書きます。

それで用がたりない場合のために、 [(個人用)電子メールアドレス]


2018年度 春学期「地学概論」「地学II」の教材ページはここにあります。


更新(最新) 2018-09-25
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
増田の個人サイトでの [地学の教材ページ] [教材目録ページ] [日本語入り口ページ] [ホームページ]