気候システム論: 海陸の違いが原因となる気候の特徴

世界の陸上植生分布

llvegtyp.png

A=熱帯雨林, B=(それ以外の)常緑広葉樹林, C=常緑針葉樹林, D=落葉樹林, E=疎林, F=低木地, G=ツンドラ, H=草原, I=荒漠(砂漠), J=雪氷.

データはMatthews (1983 Journal of Climate and Applied Meteorology; 1984 NASA Technical Memorandum[別ページ]の文献リスト参照)。 その31区分を、上のようにまとめた。

([2018-12-21] これは、気候の研究者が、それまでに出版された植生に関する地図の情報をまとめたものです。 植物生態学の概念では「生物群系」あるいは「バイオーム」とよばれるものに近いようですが、 同じかどうかはわかりません。 また、作図したのはわたしですが、図の色の使いかたがうまくなかったと思っています。 情報源をえらびなおして、図をつくりなおしたほうがよいと思っていますが、 何年も実行できていません。)

([2018-01-11] 凡例にまちがいがあったので応急修正しました。)


2007-05-21, 2018-01-11, 2018-12-21
増田 耕一
[海陸の違いが原因となる気候の特徴の節の目次へ]