環境気象学: 雪氷圏

海氷

海氷密接度の季節変化

密接度とは、海面のうち氷に覆われている面積の比率である。 ここで示す図は、 人工衛星のマイクロ波放射計による観測にもとづく、 アメリカ合衆国National Snow and Ice Data Centerの0051データによるもので、 1985年から1995年までの毎月の値がある。


北半球(北緯45度以北)、3月(面積最大の月)

nhmar.png


北半球(北緯45度以北)、9月(面積最小の月)

nhsep.png


南半球(南緯45度以南)、9月(面積最大の月)

shsep.png


南半球(南緯45度以南)、2月(面積最小の月)

shfeb.png


海氷域面積の季節変化

海氷の広がりを示すには、大きく分けて次の2とおりがある。


海氷域面積(密接度>15%)の季節変化(全球、北半球、南半球)、単位 1012 m2

seasonal.png


海氷域面積(密接度>15%)の時系列(全球、北半球、南半球)、単位 1012 m2

timeser.png

(前には説明を「海氷面積」と書いていたが、訂正した。 図中に英語でareaと書いてしまっているが、extentのほうが適切。)


(2006-05-06) 2007-05-14, 改訂 2007-10-29, 2008-06-02
増田 耕一
[雪氷圏の節の目次へ]