このページの内容は学期中たびたび改訂します。

2018年の授業で紹介した本

授業で紹介した本は、その日付を、10月4日ならば「(1004)」のような形で 各項目のあたまに入れていきます。

図書館の所在情報は気づいたら改訂しますが、必ずしも最新ではありません。 授業関係書として置かれているものは、 環境資源学科のところにある場合と、生物生産学科のところにある場合があります。

気候システムの教科書・入門書・解説

気象学の教科書・入門書など

気象のうちの専門分野の入門書・教科書

放射

大気境界層、地表面でのエネルギー交換・水交換

雲・降水

海洋について

地球温暖化に関する参考文献

過去の気候変化

データブック

物理・化学などの背景知識

この授業では、基礎的な(だいたい高校レベルの)物理の知識を使う。 とくに、力学(力と運動)、熱力学(仕事・熱・エネルギー)、 気体の状態方程式(圧力・体積・温度の関係)など。 授業で詳しく述べることができないので、自習しておいてほしい。 どんな教材がよいかは個人差があり、一般的に勧めるのはむずかしい。 少数の例をあげておく。「読書ノート (教材関係)」 も参照してほしい。

[参考書の長いリスト] [2017年度の「環境気候学」で紹介した本]

(更新) 2018-12-05
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[2018年度授業向け情報目次] [気候システム論の参考書リスト] [気候システム論の教材目次へ]